isogame的ドラゴンクエストVIII & ドラゴンクエストIX プレイ日記

isogameって奴がドラゴンクエストIXをプレイしながら日記を書き綴っているblogです。
4年ぐらい前にドラゴンクエストVIIIプレイ日記を見事に完遂して、調子に乗ってファイナルファンタジーXにも手を出してみましたが
プレイ日記書くのが面倒になって挫折して以降、久しぶりに書き始めましたが
さてはて最後までプレイ日記を書き綴ることができるのでしょうか。
まずは4日目以降の書き続けているかどうかが見物です。

※プレイ日記ですので,ものすごい勢いでネタバレを含んでいます。
※ isogame はこのプレイ日記を書いている人の名前で“ドクオ”は主人公の名前らしいよ!!

第21章・誘拐犯と話をつけにいったら人質に逃げられていた
前回までのあらすじ
とにかくお友達になればいろんなものをくれるとかいう
マキナさんとやらを訪ねて屋敷に行ったら主人公ドクオたちを見るなり
なんか突然不機嫌になっちゃって屋敷からみんな追い出されたかと思ったら
マキナさんが一人になった隙に誘拐されちゃって、ああ大変みたいな。
しかも実はマキナさんはもう死んでて、みんながマキナさんだと思って
接しているのはマウリナさんだっていう話を死んだマキナさんから聞いて
どうなっとんねんっていうところまで。

誘拐犯はいくらだかわからないが、身代金を要求してきている。
だが、ドラクエというゲームの性質上、今までに金で解決して片付いた例は見たことがない。
つまりは力づくで取り返すということになるのであろう

それが誘拐犯相手ではなく、誘拐犯を背後で操っている魔物かもわからんけどな…

と、ありったけのポケットマネーをゴールド銀行に入金してから出発(小心者
それらしき洞窟につくと、看板が立っている。

「気のいいアニキと オレのアジト」

・・・・。

はぁ。

そして入り口、道中にも

「ご用の方は この先に お進みください。」だとか
「足もとにお気をつけて」とか「魔物にご注意ください」とかやけに親切そうな案内板が多数。

奥には商談でもやりましょう的な雰囲気の漂うテーブルとイスが置いてあって
これまた「座ってお待ちください」みたいな看板。

罠?

と思いきや、
身代金を持ってきてくれたんですか?!とやけに興奮気味の誘拐犯が登場。

ハートマークをちらつかせてキモい感じが漂っています。

そしてもう一人いる仲間に「おじょうさんをつれてこい」と指示。
どうやら今目の前にいるキモやつのほうが気前のいいアニキっぽいです。

「大変です、おじょうさんがいなくなりました」

たいへんですねー

間抜けすぎてまた別の誘拐グループに横取りでもされたのでしょうか。

行ってみると、たしかにおじょうさんを監禁していたと思われる
部屋の鉄格子がグニャグニャに
なっています。
たいへんな力です。さすがは人形にへんな実を食べさせただけあります。

と、奥にこれより先は危険すぎる魔物がいるから入るなとか書いてある看板が。
ここを仕切っている誘拐犯たちもさすがにこれより先は探索できないみたいです。

仕方ないので主人公ドクオたちが探索。

ここもまた複雑な迷路みたいになっていて、数回に分けての捜索。
やはりイクミンタイマーが痛いところ。

途中、ズオとかいう魔物に会っちまったらお前らの旅もそこで終わりだろうとかいう石盤みたいなのも発見。
こんな伏線が用意されているなんて、もういかにもここのボスはズオですよって言ってるようなものではないですか。

と、ダンジョンの奥にて。

ズオオオオオオオオオオオオオオ!!!

まさかの名前=叫び声で登場したズオさん。
マウリヤさんは、いかにもヤバそうなのに平気な顔で
「あなたとってもユニークね。わたしのお友達にならない?」
これはもう神の領域に達していらっしゃる。

しかしズオにぶっ飛ばされて意識が飛ぶマウリヤさん。

あらあらかわいそうに。
と、ここで一旦街に戻って回復してから戦闘開始でもいいですよという
ドラクエ9での暗黙の了解
、イベント中断がおこる。

しかし既にHP/MP共に前回の状態で再突入、一体の雑魚敵にも会わずにここまで来ている状態。
これはもう戦うしかないんだぜ?

戦闘開始。

と、開始後数ターンまではわりと順調にダメージを与えていたと思うが
ズオがクモの糸っぽいのを乱射してこちらのメンバーの1ターン行動不能などが
相次ぐと回復が思ったタイミングで実行できず、いきなり大ピンチに。

慌てて他のメンバーに特やくそうなどを使わせて急場をしのぐも、モッチィが死亡
まだまだザオラルがあるからなんとでも立て直しが効く、とのんきにかまえていたら
そのザオラルを習得している唯一のメンバーがモッティだったというオチ。


回復系呪文を覚えていたのはこいつがメインだったこともあり、このあとはほぼグダグダ。
イクミンはイクミンタイマー前に死亡、しばらくイドコアと主人公ドクオのみで
戦ったが、じきにドクオもやられ、本格的にダメじゃないの感が漂い始める。

唯一力自慢のイドコアが残ったことで、特攻しか選択肢はなくなった。

まあ、ここまで書いたなら大体結果は予想がつくと思うが、最終的にはイドコアひとりでとどめを刺したんですけどね!

戦闘が一通りおわると、タイミングを見計らったかのように誘拐犯が登場。

「やべえ。おじょうさん……死んでる。」

まあ、ズオにぶっ飛ばされましたからね。
意識を失ったか、打ち所が悪くてマジで死んだか…

マウリヤさん、ここで息を吹き返す。

誘拐犯、死人が生き返ったかゾンビだと思って逃げ惑う。

ドクオ、冷静な目で誘拐犯を見送る。

そこへマキナさん(の亡霊)が姿を現し、マウリヤはもう人形に戻れと一言。

マキナさん、成仏。

よかったね。
なんなんだこの箇条書きでお茶を濁した感が漂うプレイ日記は。

それからサンマロウに戻ると、マキナさん(マウリヤ)が街に戻るなり
旅に出ると言ってどっか行っちゃったという噂でもちきり。

しかし屋敷の、マキナさんの墓のそばにはマウリヤさん。もう、ただの人形に戻っている。
旅に出たことにして、人形に戻って、ようやくすべてが終わったのね。

船を俺らにくれるという話もしていってくれたためか、難なく船もゲット。
そうそう、女神の果実も無事にゲットしたので、これよりこの大陸を離れ
第3の大陸を目指して船旅を始めることとする。

テポドン発射先うrl(トラックバックうrl)

このエントリーにコメンツしちゃおうぜ

絵文字を挿入:
おなまへ:
メーる?:
 うrl:
  評価:顔 
クッキーの食べカスを次回まで維持
カテゴリー別
最近の日記
いつも一言余計なひとこと
さて、ついこの間までドラゴンクエストVIIIのプレイ日記を書いていたかと思っていたら
実に最後のプレイ日記を書いてから3年チョイ経過していたのですね。

……ファイナルファンタジーX?あれはもう忘れましょう。

そしてこれを書いている7月11日はドラゴンクエストIXが延期の末やっと発売される記念すべき日です。
今日入手できるかどうかはまだ未定ですが、届き次第プレイしようと思います。

チェッカーズに登録
ブログリーダーに登録
livedoor Blog(ブログ)
Syndicate this site