1
 かつて、杉田妙法寺は観梅の地として有名だった。現在は梅林などはなくなっているが、何本か古い梅の木が残っている。
 ちなみに、「梅林」は近くの小学校の校名として受け継がれたことは、杉田に住む人たちにはよく知られていることだ。


2
 横浜市教育委員会文化財課と横浜国際観光協会が設置した案内板に、こんなことが書かれている。
 このあたり一帯は地質が穀類や蔬菜類には適さないので、天正年間(1573〜1592)領主間宮信繁が梅樹の植え付けを奨励し、その果実を売らせて生活の一助とさせました。
 梅樹は土地に合い繁茂し、元禄(1688〜1704)の頃には3万余株となり、寛政〜享和(1789〜1804)の頃には近隣の森・根岸・滝頭・富岡の村々も梅樹を植えたと伝えられています。
 明和〜安永(1764〜1781)の頃、杉田の梅は、金沢探勝のルートとして加えられるようになり、文化〜文政(1804〜1830)の頃には江戸近郊の名所として文人墨客が訪れ、佐藤一斎の「杉田村観梅記」、清水浜臣の「杉田日記」が出版されてからは一層有名になりました。
 観梅客は海路・陸路から訪れ、熊野神社境内の高台は梅見の場所として知られました。ことに妙法寺境内は名木が多く梅林の中心でした。
 境内には熊野神社とともに梅を読んだ句碑が建っています。
 妙法寺は牛頭山と号す日蓮宗の寺院で、文和元年(1352)の創立です。旧間宮家累代の墓碑があります。


3
 境内にはいくつか俳句が残されているが、これはそのうちの一つ。作者は飛鳥田孋無公である。

4
 さびしさは 星をのこせる しぐれかな 飛鳥田孋無公

 磯子区民だけではなく、横浜市民なら多くの方々がこの苗字を聞いてあの人を思い浮かべるに違いない。
 そう、飛鳥田一雄・元横浜市長。

5
 俳句の下にこんなことが書いてある。
 飛鳥田一雄の叔父。飛鳥田一雄の父親は飛鳥田喜一、その弟ということになるらしい。
 これは正しいのかどうか、調べようがないのだが、ちなみにネットで検索すると飛鳥田孋無公(本名は忠作)は厚木市の生まれという情報が出てくる。
 飛鳥田元市長も厚木生まれなので、ここに書いてあるように叔父さんなのかもしれない。