「第十回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」無事終了いたしました。ご参加ありがとうございました。ご報告とお礼の速報はこちら→10回祝う会:開催御礼

今年も開館っ!お燗酒場「泉町快燗」

間際の告知になってしまい大っ変っ申し訳ございませんっ!

フェイスブックにイベント頁を作った時点ですっかりお知らせしたつもりになっておりましたっ!

大変急なお知らせになってしまい、皆々様には誠に申し訳ございませんが、本日、暦の上では最も寒い日であるという「大寒」を向かえた翌日、明日、1月21日に、水戸は泉町にあります「泉町会館」にて、温かなお燗酒で身も心も存分に温まっていただきましょう!と、いうイベントお燗酒場「泉町快燗」を今年も開催いたしますっ!
快燗ロゴ
私達酒造業界では「大寒の朝汲んだ水で酒を仕込むといい酒が出来る」なんていう言い伝えがあったりもいたしますが、「大寒」の本日は雪が舞散る冬らしい冬でございまして、昨年末からお正月にかけての暖かさに醪(もろみ=醗酵中のお酒)の温度管理大わらわだった当蔵も「大吟醸」の仕込みを前に、ここのところの「寒の内」の寒さの戻りに「ほっと」ひと安心な磯蔵です。
39
と、言う事で(笑)、そんな「大寒」を向かえた明日の土曜日、1月21日にお燗酒を思う存分、心行くまでお楽しみいただこうという「一年で一夜限りのお燗酒場」を、水戸は泉町にあります「泉町会館」にて今年も開館いたします!

題してっ!大寒に ほっと!快感!お燗酒場!

『泉町快燗』
大寒とは1年中で最も寒さの厳しい時季を意味します。
そんな平成29年の大寒を1月20日に向かえた「寒の内」初めの土曜日にお燗酒には一言ある茨城の酒蔵が、水戸は泉町にあります「泉町会館」に集結!
蔵元自らがお燗番、「これぞ!」という酒を、「ここぞ!」という温度で提供心身ともに温まるお燗酒にて、皆様のお越しをお待ち申し上げます。
28
寒さの厳しい大寒に ほっと!快感!お燗酒場!

「水戸 泉町快燗」

日取:平成29年1月21日(土曜日)

時間:午後3時開館 午後7時頃閉館

会場:泉町会館
   茨城県水戸市泉町2-3-17

入館料:ちょこっと300円(ぐい呑み代)
・館内のお酒は全てお銚子(徳利)1本 300円です。
・酒の肴はそれぞれの価格での有料販売となります。

参加蔵
・出品酒は全て燗酒となります。
「磯蔵酒造 (稲里)」
「吉久保酒造 (一品) 」 
「明利酒類 (副将軍) 」
「岡部 (松盛)」
「石岡酒造 (筑波) 」

酒の肴
・お燗によく会うお料理を提供いただきます。
「風流酒座 ろじや 」
「ガムボール バー」

主催:泉町快燗実行委員会
  (お問合せ先:磯蔵酒造内0296−74−2002)

協力:泉町二丁目商店街振興組合
9
55
57
それでは最後に蔵主からのメッセージを…
(心の広い方のみお読み下さい)

大寒に ほっと!快感!お燗酒場

「泉町快燗」

1月21日、開館いたしますっ!

心身ともに温まる燗酒が

カ・イ・カ・ン・・・(セーター服でお燗中)
快燗ロゴ
  
Posted by isokura at 14:51ちょっ蔵

平成29年 どんと焼き

当蔵の酒米を作ってくださる笠間は上郷地区にて、今年も「どんと焼き」が開催されたので参加して参りました。
IMG_0562
田圃で竹を組んで櫓のようなモノを立てて、そこにその年のお正月飾り等を持ち寄って焼き、その火で焼いた餅を食べて、無病息災を願うお祭りの事ですね。
IMG_0531
この「どんと焼き」の「どんと」は、燃える際に青竹が「ドン」と破裂する音から来ているのではないかと…ただ、地方によっては「とんど」や「どんど」と言うトコもあるらしいんで、ホントのところは…?
IMG_0534
今回は3、4メートルはあるであろう、高くそびえ立つ藁の櫓が
IMG_0536
あっ!と、言う間に燃え上がる姿にちょっと感動いたしましたね。
IMG_0537
主催されていた農家さん達から聞いた話しでは「どんと焼き」は本来、子供が主催し櫓作りから
15977625_379764735731629_115623615179341173_n
着火、そして消化に至るまでを子供が取り仕切るのが習わしだったところが多かったそうですが
IMG_0540
近年は「危ない」と言う理由で大人が主催するのは勿論
IMG_0544
場所によっては「消防法」や「ダイオキシン問題」
16105529_379765072398262_7377466513307240169_n
「野焼き問題」に「青少年育成問題(火遊びという問題なのか?)」
16105930_379765199064916_5621360712690692028_n
そして「放射能問題」等々の理由で取りやめになっている地域も多いとか…
IMG_0548
寂しいかぎりですね。
IMG_0550
そんな中、冬の風が冷たい中、たくさんの方々が集まっておりました。
IMG_0554
みんな篠棒に刺した餅をもって火柱に向かう姿は圧巻。
P2015_0117_151241
燃え上がると4、5メートル離れていても熱が伝わってきます。
IMG_0561
人間と他の動物の決定的な違いは「火」を操るかどうかだと聴いた事がありますが、キャンプの焚火もそうですが、「炎」には人間のDNAに響く何かがあるように思います。
IMG_0562
これからも是非続けていただきたいと思いましたね。
15966009_379764112398358_8639503309733077698_n
(上の写真は当日開催した酒粕詰め放題イベントで奮闘中のミツコ女将)
P2015_0117_152339
上郷の農家の皆さん、これからも是非宜しくお願いいたします。
  
Posted by isokura at 17:39農業部

お待たせしましたっ!純米吟醸 出荷開始です!

ラン!ランララ、ランランラン〜♬
大変長らくお待たせいたしましたっ!
定番出荷と申しながら、昨年秋より長い間欠品となっておりました
「稲里 純米吟醸」
4fbb765b
の新酒が出来上がり、しぼりたての新酒の出荷が開始いたしましたっ!
eac60ce6
長年にわたる試験醸造の結果
1931141_946263102154031_3998157248848607066_n
すっきり綺麗な味わいが秋にはふくよかに育つ「ひたち錦」や
12208653_1078758032158490_4320225525794559227_n
煌びやかな香りが特徴の酵母等による
12219632_1090457434300567_3581472358496997054_n
現代の日本酒ファンの趣向や飲食事情に焦点を当てた
14650689_1125380117511581_6323246165616646751_n
今までとはひと味違った当蔵の目指す「旨さ」が確立できた
12195934_925716664208675_8741447654211905956_n
と、言う判断のもと2015年に「定番出荷」として新発売!
12187676_938432279582489_6480811354136749893_n
という運びとなった訳ですが
12646983_1120908221276804_7038289553054561443_n
当蔵の予想を上回る有難いご好評を頂き
12801552_845778245532020_1615582986819165836_n
酒蔵一同心より感謝を申し上げます。
12832519_845778258865352_5829979650626126928_n

満を持して新酒出荷開始!

『稲里 純米吟醸』

味わいある純米酒ながらも

瑞々しく煌やかな吟醸香

それは夜空に輝く「星」のように瞬いて
item06-01
「米の旨味しっかり」でありながら「すっきりやさしい口当たり」と「煌めくような吟醸香」の共存がここにあります。
item06-01-2
「ピュアいばらき」、「愛醸一献」等、長年にわたる試験醸造の結果、すっきり綺麗な味わいが得意な「ひたち錦」や、煌びやかな香りが特徴の「ひたち酵母」等により、現代の日本酒ファンの趣向や飲食事情(香りある酒を比較的低温で呑む方が増えている)に焦点を当てた、今までとはひと味違った当蔵の目指す「旨さ」を確立する事ができました。
よって「純米吟醸」という製品をあえて定番出荷しないで参りました当蔵でございますが、長年の試験醸造の賜物「磯蔵酒造らしい純米吟醸の味わい」を2015年より「稲里 純米吟醸」として定番出荷させていただきました。
『稲里 純米吟醸』
原材料:米、米麹  原料米:ひたち錦(笠間産) 精米歩合:55%
アルコール分:16度 保存方法:常温
容 量/小売価格 1800ml / 2,800円(税抜) 720ml / 1,400円(税抜)

【呑み方のポイント】
勿論、常温も◎ですが、その味と香りは冷やしても線が細くならないので冷酒にも最適、酒の肴に合わせて冷やした酒を常温に戻しながら…がおすすめ。更には、ぬる燗にしてみると、いつもの燗酒とはひと味違った「雅」な感じ(贅沢感)が、お祝い等の特別な日は勿論、意外に洋食にもよく合うので、ぜひお試し下さい。


こちらのWEB「酒販部」でも販売が再開いたします!

と、言う訳で、一年中在庫のある(はずの)当蔵のスタンダード「定番出荷」ですので、皆様、これからも是非ともなが〜いおつきあいの程、どうか宜しくお願い申し上げます。  
Posted by isokura at 22:34旬の味・出荷情報