「第12回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」を平成30年4月29日(祝)に開催いたします。報告は30年祝う会カテゴリ記事をご覧ください。

ようこそ!夜の浅草、窖へ!

東京は浅草にあります当蔵の直売処、「日本酒文化専門店 窖(あなぐら)」ですが、本日、10月15日より、試験的に夜間営業いたします。
th_玄関狛犬右
閉店時間はなんとっ!

午前0時っ!
th_18767806_1360383700705707_2355602261177316344_n
これにより
営業時間:午前11時〜午前0時
定休日:水曜日
と、あいなりました。
th_玄関狛犬左

また、毎月16夜の夜は
いざよいチラシ
『十六酔乃宴・イザヨイノウタゲ』(呑み放題イベント)
40820118_2218300721731826_5338250277088657408_n
記念すべき第一回は、9月25日の十六夜に開催、そして、10月からも、毎月、満月の翌夜「十六夜」に開催してまいります。
年内の予定は下記の通り。
10月26日(金)
11月24日(土)
12月24日(振替休日)
ゆるゆると美酒の夜をご一緒しましょう。
『十六酔乃宴』
◉開催詳細
・初回9月25日(火)19時〜21時(20時半ラストオーダー)
・会費:2,500円
・日本酒厳選五種呑み放題
・おつまみはありませんのでお好きなものをお持ちください。
th_玄関狛犬なし
窖の夜間営業は
18838821_1441870605905993_5870791087170813669_n
あくまでも試験的な試みではありますが
P1014935
昼間の喧騒に比べ
18836071_1345047988945512_8560931008654884992_n
夜は格段に静かな浅草は浅草寺周り
18839140_1345048122278832_7477730486825569349_n
昼間はたくさんの人々でごった返す雷門や
p1
肩ををぶつけずには歩けない仲見世も
051016_sensohji02
そして浅草寺の境内も
src_11120514
ひっそりと…しかし、美しくライトアップされ、とても神秘的に貴方のお越しをお待ちしております。
18519564_1342682149142529_4444560563453952289_n
皆様、是非とも、お出かけ下さい。

【店舗のご案内】
「日本酒文化専門店 窖(あなぐら)」
〒111-0032
東京都台東区浅草2-2-1 伝法院通り 森田ビル1F
電話:(03)3845-2002  
電子郵便:anagura@isokura.jp
定休日:毎週水曜日  
Posted by isokura at 08:55直売処「窖 あなぐら」

東京に新たな取扱店

茨城県外ではあまり買える場所、呑める場所のない当蔵の酒。
勿論、「地元の水と米を、地元の蔵人が酒にして、まずは地元でこそ呑んで頂く」こそが、私達の目指す「本物の地酒」の理想でありますが…
しかし、「別に県外には売らない」訳ではありませんし(実際に県外どころか、国外の香港や韓国でも販売して頂いてますしね)、当蔵主の言い分をもってすれば「その町に仲間の顔が見えてくれば、そこは私達にとっての地元」と都合良く(笑)考えております磯蔵酒造、「この味が気に入った」と言ってくださる皆様には1本からでもお渡しさせて頂いております。

そして今、珍しく、東京で当蔵の酒が買える酒販店さんが増えましたっ!
東京は台東区、西浅草の「酒商 升宏 MASUKOU」さんです!
IMG_2852

「升宏」の杉山社長が、当蔵の酒、そして酒文化に対するスタンスに共感を頂戴した事をきっかけに「蔵元とお客様を繋ぐ専門店」として、どなたでも気軽に酒が選べる明るくお洒落で素敵なお店と、幅広い業務用酒販店としても活躍されております「升宏」さんにお取扱のオファーを頂戴出来た事はとても恐縮至極です。
IMG_2850

日本一の道具街として知られる「カッパ橋」にほど近い「升宏」さん。
IMG_2851

飲食店の皆さんは、道具の仕入に行った際にはぜひ立ち寄ってみてください。
IMG_2853

酒商 升宏
〒111-0035
東京都台東区西浅草2-19-9
営業時間:13:00 - 19:00
日曜・祝日定休
電話番号:03-3841-0059

アクセス:
酒商 升宏は路地をちょっと入ったところにあります。浅草国際通りから合羽橋本通りを進み、「AEON まいばすけっと」さんの角を左折すると、「西浅草川村公園」があります。公園の角を右に曲がると左手に「酒商 升宏 本陣」の看板が見えてきます。

地下鉄・私鉄
東京メトロ銀座線「田原町」駅下車 徒歩5分
つくばエクスプレス「浅草」駅下車 徒歩5分

お車でお越しの方へ
ご来店の場合はお近くの有料駐車場をご利用ください。  
Posted by isokura at 17:01営業部

収穫の時は今!

10月に入り酒米の収穫も架橋を向かえておりますが、そんな今週末は様々な収穫祭が開催されます。
いずれのイベントもどなたでも参加出来ますので、ぜひ、収穫の喜びを一緒に味わいにお出かけ下さいっ!



6日(土曜日)

稲荷囃子保存会 豊穣祭

10712970_767517156641728_7943459415324526017_n
笠間市は芸術の森公園前の神社「車坂神社」にて、当蔵では何かとお世話になりっぱなしの「笠間稲荷囃子保存会」の皆様によります「豊穣祭」が開催され、当蔵も協賛、開催を応援させて頂きます。
昔ながらの神社の境内に組まれた櫓を中心に様々なお囃子に合わせて踊る、まさに、懐かしい鎮守の杜の盆踊りのような、狐や狸がでてきて一緒に踊ってもおかしくないような、日本昔話のワンシーンのような、素敵なお祭りですので、皆様是非お出かけ下さい!



7日(日曜日)

酒米イネカリ収穫祭

日本晴を中心に、山田錦や吟のさと等の酒米を無農薬で作ってくださっております、笠間市は上郷地区は「上郷うまい米づくり研究会」の皆様によります、酒米オーナー制度の「酒米イネカリ収穫祭」が開催されます。
稲刈り収穫祭チラシ2018表02-01
呑んでは勿論、田んぼに入るのも、安心・安全な米作りを子供達と一緒になって、田植〜草刈り〜田んぼの生き物調査〜稲刈〜酒蔵見学と一貫して行っておりますこのイベントも、オーナーになっていない貴方も、オーナーになってみたい貴方も、とりあえず見に行ってみたい貴方も、どなたでも参加出来ますので、ぜひご家族でご参加下さい!


7日(日曜日の夜)

音吉15周記念特別講演

お米の収穫ではございませんが、収穫祭という意味では、間違いなく収穫祭な、新宿ゴールデン街は「Bar音吉」さんの周年イベント「音吉15周年記念特別講演」が、今年も東京は鴬谷キネマ倶楽部で開催されます。
40402786_2012672825464400_7876611197821255680_n
音吉さんのコネクションによる「新宿ゴールデン街の秋の文化祭」的なこのイベントは、当蔵ではお馴染み「ザ・パーマネンツ」、「浜 ユウスケ」、「椿会」、「あずみけいこ」等の大物出演者がオールスターで勢揃い、そして新宿や湯島で当蔵の酒が呑める「蕎麦 角ヤ」さんも出店、勿論、当蔵も出店いたしますよっ!
茨城からもアクセスの良い妖しい街「鴬谷」での開催、当日券もあるよ言う事なので、ぜひ、遊びに来てくださいっ!



8日(体育の日)

稲田◯日 稲刈大作戦

当蔵のある稲田で遊ぼうと言うNPO法人「稲田◯日 INADA en-nichi」により、稲田駅前にありますモニュメント田んぼの稲刈をいたします。
th_20161001-7Y9A0243
稲田にすんでいる人も、すんでない人も、稲田を好きになってくださる方々なら老若男女どなたでもご参加頂けます。
また、植えてあるのは餅米なので、収穫されたお米は、11月に開催されますキャンプイベント「稲田◯日ジャンボリー」にてお餅つきをして食べますので、そちらも是非ご参加下さい。

と、言う事で、様々な収穫祭が目白押しな今週末。
たくさんの皆様と収穫の喜びを分かち合えます事、酒蔵一同、楽しみにお待ちしております!  
Posted by isokura at 08:40農業部