「第11回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」は無事終了いたしました。多数のご来場、ご協力ご支援に感謝いたします。報告は29年祝う会カテゴリ記事をご覧ください。

ラーメンで一杯!如何ですか?

今週の23日から4日間、水戸は千波湖畔にて開催されます「水戸のラーメンまつり」にちょっくら出店いたします。
s-mitoramen2017

このラーメンまつりには当蔵、祝う会でお馴染みの「パーマネンツ」のドラマー「宮田朋幸」氏率いる濃厚豚骨スープで名を馳せる
「百麺」
shop-0001
新潟は長岡生姜醤油ラーメン
「我武者羅」
shop-0004
それから「NEW ACOUSTIC CAMP」でご一緒させて頂いている
「ソラノイロ」
shop-0003
そしていっしょに車椅子バスケットを応援してくれている水戸の
「ひでまる」
shop-0011
と、当蔵のお知り合いラーメン屋さんが多数参加されますっ!
どのラーメンもとても美味しいので、ぜひ、何日か参加、何杯も食べて見てください。

それから、岩手は大船渡から三陸の海鮮を届けてくれる
「BLUE CORN」
g-logo001
も出店されますので、ラーメンのサイドメニューにぜひどうぞっ!

勿論っ!当蔵も、吉久保酒造さん、明利酒類さん、岡部さんと一緒に茨城の地酒ブースにて出店、ラーメンによく合う日本酒を提供させて頂きますので、是非とも宜しくお願いいたします。

今回のラーメンまつりは11月23日から26日の4日間で開催!


水戸黄門さまが愛したラーメンゆかりの地「水戸」で,県内外から12ブースが集結。
県内のB級グルメや出張酒蔵,ステージイベントなどを楽しめます。
「水戸のラーメンまつり3」特設サイト
イベント詳細
日  時:平成29年11月23日(木曜日・祝日)〜26日(日曜日) 
     雨天決行・荒天中止
     午前10時〜午後7時(最終日は午後5時まで)
     ※各日終了30分前にラストオーダー

会  場:千波公園 さくら広場
参加方法:◯ファストパスチケット(2杯1組 1,600円)※数量限定
      10月25日から全国のセブンイレブン,セブンチケットで購入いただけます。
      ※ファストパスチケット限定専用入口からラーメンの提供を受けられます。
     ◯ラーメンチケット(1杯 600円) 
      11月1日から全国のセブンイレブン,セブンチケットで購入いただけます。
      また,開催日に会場内「チケット売り場」でも販売いたします。
      ※チケット1枚につき,会場内のお好きなラーメン1杯とお引換えします。
      ※トッピング,大盛りをご希望のお客様は各店舗にて注文の際に現金でのお支払いとなります。
出店ラーメン店:

県外出店店舗
百麺           (東京都世田谷区)
ど・みそ         (東京都中央区)
ソラノイロ        (東京都千代田区)
生姜醤油専門 我武者羅  (東京都渋谷区)
麺や厨/博多ラーメン池めん(静岡県)
らあめん元×G麺7     (東京都/神奈川県)

県内出店店舗
活龍 海老蟹専門 甲殻堂      (つくば市) 
麺堂 稲葉             (古河市) 
つくば福来ラーメン開発プロジェクト (つくば市)
特級鶏蕎麦 龍介          (土浦市)
旭川らあめん ひでまる       (水戸市)
麺屋 渡来人 Try-Jin       (東茨城郡大洗町)

主  催:水戸ラーメンまつり実行委員会
     事務局(旅館組合内)029-225-2291

25日及び26日には「観光漫遊バス〜秋の水戸満喫編〜」がラーメンまつり会場近くの千波湖西駐車場を発着します!

その他の詳細情報はこちらでご確認下さい!  
Posted by isokura at 10:18ちょっ蔵

新酒っ!初しぼり!初絞り!初搾りっ!

今年の新酒第一弾っ!「初しぼり」の出荷が始まりましたっ!
15940427_928558710578481_4247692022764255156_n
私達の言う「初しぼり」は、チューハイなんかに使われる「生搾り」とは勿論の事、麒麟麦酒さん等が言う「一番搾り」とも意味合いが異なりまして、私達酒造業界では、その年(酒造期)の最初、一本目の酒をしぼる(醪を酒と酒粕に分離する作業=上槽と呼ばれる)事を「初しぼり」と呼びます。
P1010081
そして当蔵では、その今年最初の酒には毎年「自然発泡活性濁り生原酒」を選んでおり、その酒を「稲里 初搾り」という名称で出荷販売しております。
23472892_2030432483851985_4743056360720733581_n
ここで面白いのが、この「しぼり」なのですが…「しぼり」と平仮名で書く酒蔵が最も多いかな?そして「絞り」と書く場合や、当蔵のような「搾り」を使用する蔵等、何通りかの「しぼり」が存在してますね。
23519023_1537503673029968_3848083287135066896_n
これ、何が違うのか気になったので、当蔵「初搾り」の名付け親である蔵主に訊いてみたところ…
「『しぼる』はなんか素っ気なさ過ぎ、『絞る』はなんか絞首刑を連想してしまう、『搾る』は乳搾りとか連想するし、字画も多いから、一番丁寧そうな気がする」と、相変わらずの自分勝手な偏見に満ちた返答が…
o0480027013800198715
しかし、この「活性にごり生原酒」を「ちょうどいい濃さ」、「ちょうどいい発泡具合」、そしてなにより「目指す旨さ」にしぼるのには、他の「清酒=普通にしぼった酒」に比べて作業に時間と人出がかかるのも事実(無圧袋吊りしぼりよりも手間は多い)なのです。
64675_168621629950272_425107380_n
そんなもので、この作業を他の酒の仕込みがどんどん増えていく仕込み中期以降に行うのは人手や時間の問題で難しくなってくるので、当蔵では一番最初に搾る酒「初搾り」として出荷しているのでございます(他の酒蔵さんの「初しぼり」もにごり酒が多いのはやはり同じ理由なのでしょうか?)
302708_496590073719660_1591751471_n
と、前置きは非常に長くなって申し訳ございませんでしたが、今週頭から出荷の始まった「稲里 初搾り(1800ml・720ml)」と、それを火入れ・割水した「稲里 にごり酒(ドレス瓶 500ml)」は、おかげさまで今年も「旨いっ!」のお声を頂戴しながら、日々出荷作業も順調にすすんでおります。
takumi03
「なるべくお正月〜お雛様まではっ!」
っと、毎年、在庫も余裕をもって醸造、瓶詰めしておりますが、ホワイトクリスマスに!〜忘年会の乾杯酒にっ!〜お屠蘇替わりにっ!〜新年会の乾杯に!〜成人式の乾杯にっ!〜節分に…と、いう酒宴が楽しい時節柄、上記のような醸造理由により「売切御免」な「季節の味」ですので「呑むぞっ!」と言ってくださる皆様はお早めの確保を、どうか宜しくお願いいたしますっ!
1459783_229509540563492_274821421_n

稲里 初搾り

『稲里 初搾り』は酵母菌の活性による微炭酸が楽しい瓶内自然発泡にごり生原酒です。
冷やしては勿論、ゆっくりと常温に戻しながらお楽しみいただけば、よりその旨味をお楽しみいただけます。
f0f63b0a-s
商品名:稲里 初搾り (いなさと はつしぼり)
酒質:活性にごり酒
容量:1800ml・720ml
原材料:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
アルコール分:17度
保存方法:要冷蔵
小売希望価格:1800ml/2,376 円(税込)/ 720ml/1,188 円(税込)
数量:無くなり次第終了
◉『稲里 初搾り』は、酒の中の酵母菌が生きている、醗酵状態の活性酒です。保存の期間・状態・飲まれる時期・環境により味が変化し続けるのが特徴。ぜひ皆様の感覚で“美味しい状態”を探してみてください。
◉火入れ殺菌をしていない生酒ですので、温度変化で醗酵による炭酸ガスが吹きだす恐れがございます。品質保持には必ず冷蔵保存し、開栓時は十分ご注意下さい。
◉キャップにガス抜き栓がございます。ビンを横にしたり移動時に揺らしたりするとこぼれる恐れがございますのでご注意下さい。
◉賞味期限については「にごり酒・日本酒の賞味期限」をご参照ください。

稲里 にごり酒

『稲里 にごり酒』は、「稲里 初しぼり」を火入れ(熱殺菌)、そして割水(アルコール分調整)することにより、その美味しさをいつでも、どこでも、どなたでも、安心・安定して味わえるようにいたしました。
常温や冷酒は勿論、甘酒感覚で温めてもお楽しみいただけます。
img_nigori2
商品名:稲里 にごり酒 (いなさと にごりざけ)
酒質:にごり酒(火入れ)
容量:500ml
原材料:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
アルコール分:15度
保存方法:常温可(紫外線に注意!)
小売希望価格:500ml/1,188 円(税込)
数量:限定2,017本・無くなり次第終了
◉『稲里 にごり酒』は「もろみ」の成分(濁り)が沈殿します。ビンを軽く振り混ぜ合わせてお召し上がりください。
◉紫外線を浴びると、もろみ成分が変色しやすい酒質です。日の当たらない場所で保管いただくと、色変わり少なくお楽しみいただけます。
◉賞味期限については「にごり酒・日本酒の賞味期限」をご参照ください。
takumi03

お買い求め

『稲里 初搾り』『稲里 にごり酒』は、11月13日に出荷が開始、茨城県内を中心とした酒販店様での販売、各種飲食店様でのご飲食にてお求め頂けます。
当蔵へご連絡いただければ、お近くの販売店・飲食店様をご案内いたします。
また遠方の方には通信販売もございます。
 1)お取扱いいただいている、各種通販サイト様
 2)蔵へ直接のご連絡(お電話・メール)
 3)当蔵運営の通販サイト「酒販部
の、ご都合よい方法でお買い求めください。
934082_410593569150766_8184109797790966363_n
秋は新穀が実り、酒造りの始まる時期。そして蔵人が最も緊張するという今年の仕込み第1号が『稲里 初搾り』と『稲里 にごり酒』です。
23472126_2030432957185271_2078940118978428970_n
発酵さなかの「もろみ」姿をそのままに、『稲里 初搾り』は微炭酸の「活性にごり生原酒」に、『稲里 にごり酒』は火入れにより常温保存が可能、なめらかでスッキリとした喉ごしの「にごり酒」に仕上げました。
23435251_2030433063851927_8846532306255678443_n
『稲里 初搾り』は酵母菌の活性による微炭酸が楽しいお酒です。
10294450_789576761127942_3378386445095517933_n
冷やしては勿論、ゆっくりと常温に戻しながらお楽しみいただけば、よりその旨味をお楽しみいただけます。
23517652_1516670925080587_5383380148894370441_n
『稲里 にごり酒』は、常温や冷酒は勿論、甘酒感覚で温めてもお楽しみいただけます。
10416610_1533975746914667_8010869866747236253_n
印象的なドレス瓶は、ご進物にも最適とご好評いただいております。
nigori-bottle2_l
食前酒や忘・新年会の乾杯、クリスマスや新年のご挨拶にも良く似合います。
31585_168440593301709_1145497575_n
洋食との相性もぜひお試し下さい。
12508863_939644519422309_3329200005848731865_n
磯蔵酒造、今年の仕込み第1号となります、『稲里 初搾り』と『稲里 にごり酒』を、ぜひよろしくお願いいたします。
15027758_665495483631560_1255987433393255402_n

美味しい、楽しい飲み方については、こちらもどうぞ↓
banner_fun

特集ページを用意しました!

2つのにごり酒を詳しく紹介しております、『稲里 初搾り・にごり酒』特集ページも用意しました。ぜひご覧になって下さい。

『稲里 初搾り・にごり酒』特集ページへ

※遠方の方の為に通信販売もご用意しております。  
Posted by isokura at 19:08旬の味・出荷情報

六本木ヒルズで一杯やっていただきましたっ!

先日、初参加させて頂きました「東京ハーヴェスト2017」。
23472444_1548318358578906_8209953428228415276_n
基本的には農産物のイヴェントで
23376245_1548318355245573_4979172969941195345_n
「東京からラブレターを…」をテーマに
23517824_1613969012030500_5606233671475792069_n
農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える
23473005_1549575415119867_438245219554266477_n
東京を代表する大規模な収穫祭なのですが
23435107_1548318361912239_8801867954985177308_n
「酒造りは農業」と考える当蔵に白羽の矢が立ち
23376613_1548318205245588_8315698699928567014_n
今回の参加とあいなりました。
23376535_1548318148578927_1553032268291476532_n
と、言う事で、通常の蔵人達との出店でなく
当蔵の米を作ってくれる農家の1人
11745383_1660364810867379_3814321006083951564_n
「いこまらいすせんたあ」の生駒氏と

当蔵の近隣で「野菜も酒と同じく微生物が作ってくれる」と言う考え方で野菜を作る
oohashi
「Kamos」の大橋氏

そして、当蔵の東京浅草直売処
23316453_1535316483211511_4202804103966938358_n

「日本酒文化専門店 窖」の佐々木氏

という布陣で「酒場ぁ(BAR)ちょっ蔵」を出店させて頂きました。
23559544_1549575358453206_8295958058801682074_n
「六本木ヒルズだしな、高級でオシャレな人多いだろうから、あまり呑んでもらえないかな…」
23376209_1613968998697168_2301286831402821643_n
なんて、思いながらの参加でしたが、蓋を開けてみたら
そんな心配もどこ吹く風(六本木は風が強かった!)
23376131_1613969148697153_731916068966858547_n
ものすごいたくさんの方々にご試飲頂きっ!1,000杯近い酒を呑んで頂くという、手伝ってくれたみんながてんてこ舞いの、とてもたくさんの方々に一杯やって頂く出店ができましたっ!
23376077_1505147082903188_2033877824923221103_n
また、ヒルズと磯蔵のマッチングに不安を感じたのか?東京中からお知り合いや仲間達が心配して駆けつけて下さったり
23379990_1613969118697156_5743286701039916453_n
各地の農家さん達ともいろんな話しをさせて頂き、いろんな繋がり…絆もできたりして
23319239_1505108972906999_1897285254728525446_n
この度はホントに嬉し楽しい参加になりましたっ!
23380282_1569084569815090_5984529474973275018_n
(2日目の朝、ヒルズの中で迷子になってしまったりいたしましたが…)

紹介してくれたレイチェル氏っ!

誘ってくれたマチダ氏っ!

面倒見てくれたサチエ氏っ!

会場で声をかけてくれた農家の皆さんっ!

心配して駆けつけてくれた皆さんっ!

高級昼ご飯を御馳走してくれた「誠屋・百麺」のミヤタ氏っ!

和服で活躍してくれたササニシキっ!おっと違ったササキ氏っ!

本業を投出し手伝ってくれたオオハシ、イコマの農家コンビっ!

そして何よりっ!

当蔵ブースにお立ち寄りいただき、一杯やって頂きました
たくさんの呑んベエの皆さん達にっ!

磯蔵酒造 蔵人一同 心より感謝を申し上げます。

ありがとうございましたっ!

そのうち、また一杯やりませうっ!



  
Posted by isokura at 12:54蔵主