「第十回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」無事終了いたしました。ご参加ありがとうございました。ご報告とお礼の速報はこちら→10回祝う会:開催御礼

田植終了とさなぶり!

しばらく更新がなされなかった、この蔵人日記ですが、更新中断に特に深い意味はございません。
6月に入ったとたん、あれやこれやと何か落ち着かない日々…
P1013203
都会の子供達を笠間に連れて来て田舎体験させるイベントに参加したり…
11350524_469767999846897_5595628975324501730_n
東中野でリニューアルした稲里が呑める店「和ごはん一献丸屋」さんのお祝いにおよばれしたり…
P1011312
「日本酒造り愛好会」の昨年の反省と今年の計画があったり…
P1011357
水戸で40年以上稲里が呑める店「ニュー五一小屋」さんの人事異動があったり…
P1013187
笠間の乾杯条例の会議があったり…
11231862_469001289923568_7441818992440605459_n
香港に研修旅行に行ったり…
10421441_469001253256905_4910979957542373706_n
夏の「ロックインジャパン」の会議が続いたり…
P1013136
笠間の秋のイベント「笠間浪漫」の会議があったり…
P1013191
地元の中学校の酒蔵見学があったり…
P1013168
浅草の飲食店「雷門おすぎ」さんの改装?に行ってみたり…
11391500_475028915987472_6347852748853615781_n
「和ごはん一献丸屋」さんで「第10回磯蔵酒造蔵元を囲む会」を開催いただいたり…
P1011351
西荻窪で稲里が呑めるようになった焼鳥店「志そ鳥」さんに伺ったり…
11200789_475029115987452_1346661007280235791_n
久しぶりに渋谷区は幡ヶ谷の「ラコスバー」に呑みに行ったり…
11350443_475028632654167_1028720903694367837_n
久しぶりに「ゴールデン街」にでかけたり…
10665085_469001263256904_2049949556145857576_n
と、この19日間は、ワタクシ、ほぼ何か予定が入っておりまして…

と、なんだかんだと言い訳いたしますが、そんな状況にも関わらず、当蔵の酒米を作ってくださる「本物の地酒(米)を育てる会」の皆様のご活躍により、今年の酒米の田植が淡々と進み、おかげさまを持ちまして昨日、6月19日をもちまして、今年のすべての田植が終了いたしました!

当蔵では現在使用する原料米、山田錦、五百万石、ひたち錦、日本晴の約85%を、笠間市内と桜川市の、何所で誰がどのように育てたか解る、そしてできれば当蔵の欲しい澱粉とミネラルを必要なだけ有する酒米として栽培しております。
残りの15%も、富山は「なんと農協」で育成いただいております、山田錦と五百万石を使用、こちらも農家さん達と酒を酌み交わしながらな「顔の見える」関係をつくっていただいておりますので、有難い事に「100%!」何所で誰がどうやって作っているか解る酒米での酒造りをさせていただいておりますね。

そういえば、昔から田植が終了する事を「さなぶり」と言うようですが、これどういう意味なんでしょうねえ…
まあ、「さな」は早苗の事で…「ぶり」は振り分けで…「早苗振り」と、言う事でしょうね。
うん、きっとそうに違いない!
それでは、いい機会なのでインターネットで検索してみましょう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜検索中〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ほう…

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サノボリともいう。田植え終了後の祝いまたは休日。田植えの始めの日をサオリ,サビラキなどというのに対していわれる。田の神が,田植えが終るのを見て帰る日と信じられ,この日に田の水口やあぜ,または床の間などに,苗を供えて田の神を祀る風習が日本各地にみられる。

百科事典マイペディアの解説

田植終了後,田の神を送る行事。〈さのぼり〉とも,西日本では〈しろみて〉とも。田や水口(みなくち),屋内の荒神や竈(かまど)神に苗を供え,田植に参加した人を招いて祝宴をはり(早乙女(さおとめ)を特に上座にすえた),のち忌ごもりを行った。

世界大百科事典 第2版の解説

田植の終りに田の神を送る祭りで,田植始めに行うサオリに対する。〈さ〉は田植もしくは田の神を意味し,サナブリはこの神が昇天するサノボリの転訛といわれる。地方ごとの呼称も多く,サノボリは四国,九州地方に,サナブリは東北,関東地方に多い。北陸,中国地方にはシロミテという地域もある。シロは植田,ミテは完了の意味で,神事としての意識が薄れてからの呼称と思われる。田の水口や屋内の荒神(こうじん),竈神に残り苗を供えて祭り,とくに,早乙女(さおとめ)を上席にして宴を催す風習もある。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田植終了の祝いをいう。早苗振りなどと書くのは根拠のない当て字である。九州地方ではサノボリといって、田の神が田植を終わって天に帰る日という。静岡県などで田植開始の日をサオリ(田の神が天から降(くだ)る日)ということによってみても、「サ」が「田の神」のことを意味していたと考えられる。サナブリには、めいめいの家の田植の終わった祝いである家サナブリと、村全体の田植の終わった場合の村サナブリとがある。関西地方ではサナブリのことをシロミテとよぶ土地が多く、これにもサナブリと同様に家々の小シロミテと、村全体の大シロミテとの二つがある。家サナブリは日が一定していないのが普通であり、一軒が終わるとまた次の日に他家のサナブリを行う。村サナブリは村全体の田植が終了してからのことであるので、期日を決めることができるが、遅れて7月に入ってする場合もある。また静岡県や長野県には、村サナブリの日を毎年一定している例もある。サノボリの際には早乙女(さおとめ)や作男に対して小宴を開いている。埼玉県川越市では荒神様に苗を2把、ぼた餅(もち)、果物などを供えるという。また馬鍬(まぐわ)をきれいに洗ってこれにも供え物をする。サナブリは普通田植についていうが、麦のサナブリ、芋のサナブリを祝う例もある。

世界大百科事典内のさなぶりの言及

…祭日も農耕の段階に応じて春秋に分布し,とくに田植時に盛んにまつられ,秋は稲の刈上げにまつられる。〈さなぶり〉〈さのぼり〉〈さおり〉〈さんばい降(おろ)し〉などは前者の例であり,西日本から太平洋沿岸を千葉,茨城,埼玉の一部にわたって分布する亥子(いのこ)や関東北西部から甲信越地方に分布する十日夜(とおかんや)は後者の代表的なものである。田の神の石像が南九州に限って分布するのが注目される。…
※「さなぶり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。


あぁ…「早苗振りなどと書くのは根拠のない当て字である」とある…なんたることか…

が、まあ、地方や時代によりいろいろ解釈の違いはあるようですが、基本的には「田んぼの神様に感謝しお祝いする事」のようですねえ。

それでは、早速一杯やろうではありませんか、「さなぶり」で。  
Posted by isokura at 10:13蔵主

写真で見る春の磯蔵

何時になく催事の多かった今年の春。
祝う会の準備から片付け等にかまけ全く整理されていなかったコンピューターに保存された写真、撮ってあった写真、いただいた写真、奪った写真(笑)等々、そんな3月末から5月末までの…磯蔵、春の写真を一挙公開!
13315454_622855497908262_1092769442925439570_n
th_1422413_982160735201828_6924777978917808957_n
13178848_616260558567756_6365552357574401628_n
th_1957996_1165375806841080_4443463108443461139_n
th_10155190_667537060056231_8875294382973170011_n
th_10398454_430692520474204_3949742200507006020_n
th_10649749_845778052198706_8493277582696363772_n
th_10612814_545164475664662_6616186035015557573_n
th_11037554_1050007978378310_1770960068633293285_n
th_11108870_845778215532023_9118866816294257671_n
th_12524257_538765489624146_7838398587841070143_n
th_12524397_545462002287828_3905477732957986531_n
th_12592233_1548657505447151_8716752661278441456_n
th_12592668_1670263286558033_328500466991156916_n
th_12644757_551897694965826_5619524644933826660_n
th_12670349_1073161899396251_8697293072908299618_n
th_12645130_10207276925855641_9074873853089712995_n
th_12650844_1670263446558017_23967322967693733_n
th_12670527_987404374642490_80459978058623964_n
th_12744632_1049171415128633_7920991137009869817_n
th_12718143_845778228865355_3890979901772047981_n
th_12791058_1054616924584082_3582883474532109519_n
th_12794394_1050007341711707_2013110669706332658_n
th_12799345_539201206247241_6965614015764116633_n
th_12801552_845778245532020_1615582986819165836_n
th_12802883_1054616917917416_4192986839419055238_n
th_12802895_563314270490835_7729878475054623838_n
th_12803101_1738189913084868_8277977169454912063_n
th_12804800_536160649884630_806354088963484691_n
th_12814361_549607071882399_2264059763795255859_n
th_12821463_540408382793190_2557062465820985906_n
th_12832519_845778258865352_5829979650626126928_n
th_12919684_845778192198692_1360760639861018447_n
th_12932960_810191159113602_7382542693418075438_n
th_13001161_618585778292374_3064336111183227544_n
th_13015146_855367537906424_4012757802929253556_n
th_13124957_612837815576697_7655951251032088131_n
th_13151568_612837808910031_3411472264247850687_n
th_13173682_269304686749606_5840231600455881060_n
th_13244624_799269650173552_5211174855568726105_n
th_13220852_269304660082942_1483383822144273294_n
th_13265992_1214822871864022_1565575828625073971_n
th_13221706_269304623416279_8425391732069774451_n
th_13307434_1008977739179640_1114888066888986424_n
th_13315237_856670004461409_2544065467063817858_n
th_13315380_856670027794740_1921676160105748525_n
th_13321915_856670211128055_3345470553730803763_n
th_13315570_1008965059180908_2152288719584578199_n
th_13321743_1008963692514378_3004434720406572839_n
th_13321609_1008996309177783_952743018924301210_n
th_13321743_1008963685847712_7002173562803803594_n
th_13321609_1008996322511115_6680042177634269919_n
th_13321677_1008969545847126_2833733091555248566_n
th_13322025_1217683081610352_4382036750863007608_n
th_13322043_1008999239177490_3710116837471437412_n
th_13322043_1008999242510823_5948106990185255515_n
th_13322085_856670024461407_6425911218433698452_n
th_13322043_1008999245844156_8035803756458750412_n
th_13322089_856670061128070_6169973689185759653_n
th_13327351_1008978522512895_8626985808811044787_n
th_13327365_856670104461399_1016652835616501124_n
th_13327540_1008960192514728_2857769007102581613_n
th_13327540_1008960195848061_91396500977977548_n
th_13344625_1008998862510861_2308214224004269380_n
th_13332833_856670057794737_329351001391874577_n
th_13331051_1008977332513014_6388737524900449617_n
th_13331051_1008977329179681_807813892909093649_n
th_13331051_1008977325846348_3711956594694559966_n
th_a2ddb5b5-s
jpg-small
th_DSC_0051
th_img_0_m
th_o0400030013654678179
th_1e4cc0d8-s
th_9606_435494269977619_3846293851929561839_n
th_271008_photo
  
Posted by isokura at 05:58写真で見る磯蔵

盛りだくさんな5月最後の土日

祝う会終了後、あっという間の一ヶ月。
皆様如何お過ごしでしょうか?
何時になく何かと慌ただしかった今年の磯蔵の春ですが、そんな晩春5月末、最後の土日、28日、29日も催事が盛りだくさんでございます!

ちょっ蔵お寺では寄席


5月28日午後に、当蔵のある笠間は稲田は親鸞聖人縁の地「西念寺」にて、当蔵は「祝う会」でお馴染み立川談四楼師匠率いる「立川談四楼一門」によります落語会「ちょっ蔵お寺では寄席」を開催します。
20160428_b55a89
立川流第一期真打ち談四楼師匠の名人芸は勿論、色物としてスタンダップコメディも入る、笑いあり、涙ありの本格的な寄席を是非お楽しみください!
flyer

平成28年5月28日(土)
13:00開場/13:30開演/16:30閉会
会場:稲田禅房 西念寺(さいねんじ)
茨城県笠間市稲田469
参加料:2,000円(当日券の発売が決定いたしました!)
出 演
立川談四楼
立川寸 志
立川只四楼
ナオユキ(スタンダップコメディ)
※この度、寄席の「色物」としてご出演下さる「ナオユキ」さんは、ただいま各方面の演芸場は勿論、ライヴハウスや各種イベント、そして海外でも活動される引っ張りだこの松竹芸能所属のスタンダップコメディアン。
当日も、西念寺の後、夜には東京に戻り、もうひと後援されるという、ものすごい過密スケジュールの中、出演を決定してくれました。
是非ご期待下さい!

酒米田んぼオーナー制度の田植体験


5月29日の日曜日には当蔵の酒米を作ってくださっている笠間は上郷地区にて「酒米田植体験」が開催されます。
笠間市の自然豊かな上郷地区で、農薬を一切使わず、環境に配慮したおいしいお米を作り、こだわりの地酒を作ってみませんか?
11391500_475028915987472_6347852748853615781_n
イベントは全4回で、1年を通して、田植え体験、田んぼの生きもの調査、稲刈り体験、酒蔵見学を行います。
茨城県笠間市上郷地区では、三方を山に囲まれ、湧き出る清水が小川となり、里山の田んぼを潤しています。この豊かな自然環境を次世代に残すため、空中散布を止め、農薬の使用を地域全体で減らし環境に優しい農業を実践しており、その結果、ホタルやタガメ、野生の日本みつばちなどが生息しています。
酒米田んぼオーナー制度では、この環境に優しい米づくりを応援してくださる、オーナーを募集しています。この酒米田んぼのオーナーとなり、自然の営みによって大切に育まれたお酒を手にすることで、地域の食文化や自然環境を守り、環境保全型農業に取り組んでいる生産者や地域全体を応援することに繋がります。

制度概要
オーナーの権利
◯オーナー自身が育てた米でつくるオリジナル純米酒 4合瓶(720ml)6本
※酒米品種:日本晴、精米歩合:70% 
※平成29年4月初旬までに配送予定。
◯仕込みの時期に磯蔵酒造での酒蔵見学への参加
※交通費、食事代は別途必要
募集期限
平成29年1月31日(火) ※ただし、定員になり次第締め切り。
権利期間
会費の納入が確認できた時点で権利発生とし、お酒の発送をもって権利終了となります。
募集数
200口
会 費
1口 10,000円
イベントスケジュール
田植え
5月29日(日)
草取り・生き物調査
7月10日(月)
稲刈り
10月16日(日)予定
酒蔵見学
平成29年1月29日(日)予定
その他
農作業はお米農家がバックアップしますので、安心してお楽しみいただけます。
料金は、前払いとし、オーナー辞退での返金はいたしません。
天災や異常気象等により結果的に収穫できなかった場合は、同等レベルの代替米を充てることがあります。
P1013180
制度の趣旨にご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ、「笠間市農業公社」までお問い合わせ下さい。

稲田◯日 お田植祭


当蔵のある笠間市「稲田」の駅前、御影石縁の鍋島翁の碑の公園に、「稲田」の象徴した「石と田んぼ」のモニュメントができました。
13178848_616260558567756_6365552357574401628_n
稲田はなぜ稲田って言うのか?
鍋島さんて誰?
そんな自分の住んでる街の知ってるようで意外と知らない話を、その道の達人にしていただきながら、来る5月29日にみんなで田植をいたします。
13315454_622855497908262_1092769442925439570_n

稲田◯日会員で無くても、稲田の住民でなくても参加は自由です。
13時集合13時30分開始です。
P1011338
大人も子供も…どろんこ遊びだけでもたのしいですよ。
P1011353
ぜひおでかけください。
  
Posted by isokura at 18:05催事部