「第13回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」を平成31年4月28日(日)に開催いたします。報告は31年祝う会カテゴリ記事でご確認ください。

第10回記念会「十六酔乃宴」

 follow us in feedly
満月「十五夜」よりも「月が少し躊躇って(とまどって)出てくる」という、翌日の夜、そしてその夜の月を「十六夜・イザヨイ」と申しますが
izayoiutage
当蔵の東京は浅草直売処「日本酒文化専門店 窖(あなぐら)」では、そんな情緒あふれる月に誘われ「いざ、酔いに!」と出かける酒宴を「十六酔」と名付け、毎月の十六夜(いざよい)の夜に「十六酔乃宴(いざよいのうたげ)」と称する宴会を開催しております。
40820118_2218300721731826_5338250277088657408_n

十六酔乃宴

「十六酔乃宴(いざよいのうたげ)」は
42498182_2229482523946979_8837785596895166464_n
「十六夜の晩は、いざ、酔いに、浅草へ!」というテーマで
42575655_2229482730613625_8528082128020176896_n
19時から21時までの2時間
44708881_2245364445692120_3593456122742177792_n
会費2,500円で稲里五種の呑み放題
52859455_2320258881536009_1008550413789560832_n
ツマミはご自由にご持参下さい!
18767806_1360383700705707_2355602261177316344_n
と、言う、所謂「呑み放題イベント」です。

なんと!今月は10回目!

「十六酔乃宴」は昨年の9月より開催、毎回、たくさんの呑んベエの皆様にお楽しみ頂き、この度、来る、来週の火曜日、6月18日の開催で第10回を数えることとなりました。
いざよいチラシ
そこで「第10回 」を記念いたしまして、今回の「十六酔乃宴」には特別ゲストをお迎えいたします!

窖に笠間の妖怪 現わるっ!

富士の溶岩でできた、まさに穴ぐらな妖しさの「窖」。
IMG_0780
その開業より2年間、いつかでるのでは?っと思っておりましたが、とうとう出てしまいます…
そう、磯蔵のある笠間は、その豊かな自然の象徴でもあります「佐白山」という山の中腹に住むと言う仙人「スチャラカサマ」の異名で呼ばれることもある笠間の怪人、いや、妖怪…本人曰く「遅れて来た老型新人」、唄って踊れるポップアーチストっ!

アイデコシンヤ(83才)
_DSC0276
が、とうとう窖は「十六酔乃宴」に現れてしまうのですっ!

アイデコシンヤ(83才)

IMG_2043
『アイデコしんや プロフィール』
ハロー!アイデコしんやでーす。
歳は今年83才、シカシ、オマタセ待望の超老型新人、それワタシです。
シカシ、タシカニ、肉体年令は80ですがハートは16才となっておりますのでそこんとこヨロシク!
笠間の芸人で、超オクテな宇宙人、ある時はポップアーチスト、またあるときはミュージシャンだったりと、変幻自在のトリックスター!職業はへんなオジサンです。

1936年 2月5日 青森県青森市に生まれる。 同級生に寺山修司、沢田教一がいる。
1954年 武蔵野美術大学に入学、上京。 映画「暴力教室」にてロックに犯される。卒業後はディスプレイや店舗設計等の仕事に付くかたわら、アクセサリー等の自作アートを展開。
1972年 ロックを実体験するためロンドンに渡英。
1973年 帰国後、吉祥寺にライヴハウス「OZ」を、西荻窪にWORK SHOP「ジャムハウス」をOPEN。
1974年 西荻窪商店街の映画館の跡地にて「西荻街まつり」を開催。
1976年 「西荻街まつり」で出合ったジャパニーズヒッピーたちと共に、有機八百屋、自然食レストラン、本屋が集まるビル「ほびっと村」を設立。 村長として10年間在籍。(ほびっと村は現在も西荻窪に健在)
1989年 茨城県笠間市に引越し。 以後「アイデコ」を屋号にアートや音楽活動を幅広く展開中。
と、言う事で、齢83才にして、ポップアート活動は勿論
IMG_2041
バンド活動から芸人活動まで
20190310-7Y9A1872
「老いてなお盛ん」な氏の活動ですが
ND5_7401
窖にお出かけ頂いております皆様は目にした事もあろうかと思いますが…
作家本人が「駄菓子」ならぬ「駄焼き」
または「駄菓子的アート」と称する
IMG_2042
浅草土産「アイデコ酒バッジ・ペンダント」
27495941_1631540146923393_1066206563_n
や「アイデコ浅草バッジ・ペンダント」
27157802_1631541770256564_1839495972_n
の製作をきっかけに窖と急接近
55897080_2341919932703237_8048381353898541056_n
この度の「十六酔乃宴」への出演とあいなりました。
20140427-7Y9A3948

十六酔乃宴 第10回記念会

と、言う事で、シンヤは…
しゃべるのか?
アート実演するのか?
唄うのか?
別の芸を見せるのか?
笑うのか?
怒るのか?
呑むのか?
喰うのか?
寝るのか?
まったくもって謎に包まれた「アイデコシンヤ」の登場となります今回の「十六酔乃宴 第10回記念会」は、来週の火曜日、6月18日の19時よりの開催ですので、お時間がございましたら是非皆様お誘い合わせの上、浅草は「日本酒文化専門店 窖」までお出かけ下さい。
「第10回 十六酔乃宴 10回記念会」
日 時:令和元年6月18日(火曜日)19時より21時まで
ゲスト:アイデコシンヤ(笠間の怪人)
場 所:日本酒文化専門店 窖(あなぐら)
    東京都台東区浅草2−2−1森田ビル101
    ☎03-3845-2002
会 費:2,500円
参 加:当日店頭にて会費をお支払頂きご参加下さい。
    事前予約(窖店頭にて前払い)もお受けしております。
定 員:30名
    参加人数が30人を超えるような場合は事前予約を優先、その後は先着順とさせて頂きます。
内 容:・アイデコシンヤのパフォーマンス?(今回のみ)
    ・日本酒厳選五種呑み放題
    ・おつまみはありませんのでお好きなものをお持ちください。

それでは

6月18日は

いざ、酔いに

浅草へ!




 follow us in feedly