酒と肉のロックな日々…ROCK IN JAPAN 2019

 follow us in feedly
皆様、お暑うございます。
空もすっかり夏もようなこの頃、無事、フジロックの出店も終わった今週末は…
そう、茨城の夏の風物詩、ロックインジャパンフェスティバルが、今年で20周年目の開催となりました。
rij
そして開催地の「ひたちなか市」25周年!
と、言う事を記念してか、なんと2週に渡っての
(これはここ数年同じですが)
5日間での開催
(これは初めてですねえ)
だそうですね。
ogp


みなと屋の誕生

我々の運営するエリア「みなと屋」は、開催から2、3年遅れての設立となった気がしますので…17、18年くらいになるのですねえ…いやはやオモエバトオクヘキタモンダ…
思い起こせば、当時の海浜公園のスタッフさんから
「ロックイベントに合わせて公園でも何かしたい」
「公園に遊びに来た皆さんにもロックイベントの雰囲気を」
と、言うようなオーダーが、その当時、笠間焼協同組合の理事長だった寺本先生を通じて、当蔵主にも相談があり、音楽好きな蔵主は「それでは!」と、寺本先生と夜な夜な酒場で討論しながら考えたのが…
「物を売って稼ぐのではなく、茨城らしさを伝える場所」
「コンビニ的にモノを売って終りではなく、人々の交流を楽しめる場所」
「肉屋は肉、魚屋は肴、酒蔵は酒、陶芸家は陶芸家らしく…」
と、言うような「スローで地元感満載な茨城の愛を伝える」と、言うような感じのコンセプトで、実は、ロックイベントに来る方々よりも、海浜公園にきた方々を対象にはじめた「みなと屋」ではありましたが…
rif4
(設立間もない頃のみなと屋と若干細い蔵主)

初めて早々からたくさんのロックインジャパンのお客様に気に入っていただけたようで、当初の開催会場では収まりきれないほどのご来場を頂き、開催会場も大きな所へ変更、出店団体も倍以上に増え…
198717_158618970879356_100001937618417_300284_6563669_n
そして10年になるかならないかの頃からは「ロックインジャパンオフィシャルエリア」となったのであります。
576b7256


おやじBAR

そんな「みなと屋」の個性の一つに「おやじBAR」というものがあります。
481143_353726691368582_1555078185_n
元々は、店のカウンターで、陶芸家を始めとする(笑)、呑んベエでスケベエな(失礼)なオヤジ達が、ロックファンな若者との会話を酒の肴にして呑んでいる…そう、呑んでいる量は客より店のオヤジ達の方が多かったりするのですが…そうやって生まれる「茨城と他所からきたお客さん」そして「若者とオヤジ」の交流が、今時、素敵に感じたもんだから、「ここはオヤジバーだな」と、当蔵主が命名させていただくと、ノリの良いオヤジさん達はメニューに「オヤジ 0円」とか書いたりして(笑)、その後「みなと屋」の出店ブースには「おやじBAR」としてバーカウンターを作りお客さんと交流する場とする事が、どの店舗も設置しなければならない最重要事項となったのであります。
minatoya_3


公園に来た方々にもロックフェスの雰囲気を

それから、開催当初から大事にしている部分として「公園に遊びに来た方にもロックフェスのお祭り騒ぎな雰囲気を…」と、いうのがありまして…
P1012065
実は「みなと屋」はロックフェスのエリアと海浜公園の遊園地の境界線にありまして、言ってしまえば「ロックインジャパンの開催エリアの外」に位置しているのであります。
1146617_503058523102064_1528476053_n
よって、海浜公園の駐車料金510円(バイクは260円)と入園料450円(中学生以下は無料)をお支払いいただけましたら、ステージこそ観れませんが、どなたでも、グラスステージやDJブースで鳴っている爆音のロックミュージックをBGMに、フェスの雰囲気、そして、ロックインジャパンに来たみなさんとの交流を楽しめる(閉園の18時まで)のも、「みなと屋」の個性の一つと言えるでしょう。
ad39b23f
「ロックフェスの雰囲気と音が聴こえれば、そして、酒があればなおよろし」という方々も是非ともちょっくらお出かけください(飲酒運転は絶対にしてはいけません)。

真夏のロックフェスでマス酒

そんなこんなで「みなと屋」というエリアを作ることになった際、たくさんの友人達から「真夏の…海っぺりの…宿泊できない公園で…ロックを聴きにくる…20代を中心とした若者相手に…日本酒なんて売れる訳ない!」って、よく励まされた(笑)んだけど…
事実、最初の2、3年は、本当に、たまたま来た音楽事務所のお偉いさんとか…娘の付き添いで来た居場所に困っていたお父さんとか…仕事をサボりにくる呑んベエの陶芸家とか…当蔵の音楽仲間とか...呼び出された近隣の酒仲間等の限られた酒好きの方々にしか呑んでいただけなかった当蔵ブースですが、あれから十数年…
262953_158618980879355_100001937618417_300285_703053_n
近年のロックインジャパンでは、おかげさまを持ちまして真夏の…海っぺりの…宿泊できない公園で…ロックを聴きにきた...20代が中心となる若者達に…毎年、ものすごくたくさんの日本酒を呑んでいただけるようになりました!
4ffaf577
なかでも、枡で呑む樽酒は本当に大人気で、樽酒を枡でグイッと一杯引っ掛けたら…枡に名前を書き入れて…お目当てのミュージシャンを楽しんだら…また磯蔵ブースに戻って、eco贔屓なお替わりの枡酒を一杯引っ掛けて…を繰り返すのが正しいロックインジャパンの楽しみ方…だとか(蔵主談)
13882129_1735272410058549_6826847327327958498_n
まあ、それがホントかどうかは置いておいても、枡酒をお替わりしにくるみなさんの笑顔を、そしてそれを仲間と酌み交わす楽しそうな皆さんを目にする度に、更には、当蔵ブースで酒を酌み交わし「おっ!そちらも枡酒ですね!どこからの参加ですか?誰を見に来ましたか?」と新しい出会いが生まれる度に、当蔵人達は「ああ、酒を造っていて本当に良かった」と、思うことができるのですっ!

肉のイイジマが出店協力

そのように、当蔵の日本酒「稲里」各種は勿論の事、木内酒造さんの「ネストビール」、明利酒類さんの「百年梅酒」、富永酒造さんの焼酎「金砂郷」等の茨城の名地酒が存分にお楽しみいただけます「酒なら任せろっ!」な、磯蔵酒造の出店ブースではありますが、酒の肴となると、ちと厳しい状況だったものですから、2008年より、「常陸牛」や「ローズポーク」の茨城の肉で名高い「肉のイイジマ」さんに出店を手伝っていただいております。
bdcb5571
今年も酒によく合う多彩なメニューで、皆さんの胃袋を満たしてくれますよ。
68ab7c7d
そして、何を隠そう、近年は数百キロの常陸牛一頭から600g前後しかとれないという牛ヒレ肉の最高峰、幻の「シャトーブリアン」のステーキを、なんと!ほぼ原価で販売すると言う暴挙にまで出ておりますイイジマさん。
f74d3ee0
「そんなのフェスで喰うヤツなんかいやしねえ!」
と、いう大方の予想も裏腹に毎年予定数量を完売!
「でも、そんな事しても商売になんねえじゃん」
と、いう声に「Mr.meet」の異名も名高い飯島社長は
1910184_680162475408654_5735679371332448476_n
「日本中から茨城を訪れてくれる若者達に茨城の肉の素晴しさが伝わればそれでいい…愛だよ 愛っ! まあ、日本最大級のロックフェスで、日本最高級の茨城の肉が食べれる。 最高っ!シャトーブリアン二枚でダブルシャトー!」
(多分ブルーシャトーに掛けているのだと思われますが…)
P8050176
と、相変わらず、その域に達していない我々には難解なジョークを発しながら、満面笑みをうかべております。

と、言う訳で、今年のロックインジャパンフェスティバルは
今週末の

8月3日、4日

来週末の

8月10日、11日、12日

の5日間

茨城県ひたちなか市は

ひたち海浜公園で


たくさんの皆様と一杯やれます事、楽しみにお待ちしております。

 follow us in feedly
カテゴリー:催事部│投稿:2019年07月29日 09:52