令和3年 4月25日に開催予定でした「第15回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」は、本年秋への開催延期とさせていただきます。

がんばるぞっ!茨城の酒類業界!

 follow us in feedly
明日、県庁に直談判に行きます。

何を談判するのかって?

「茨城の酒類業界を助けてください!」

と、言いに行くのです。
final.00_01_42_04.静止画057

酒造業も…
酒類卸業も…
酒販業も…
業界的には、コンビニや、スーパー、そして大手問屋や大手メーカーなんかが伸びている背景もあるようで、そんなに厳しくもないような数字だそうですが…
しかしっ!茨城の…地場の…業務用の…個人店の…と限定して数字を調べてみたら…
緊急事態宣言や蔓延防止の期間中や前後は

「前年比50%減」

「コロナ以前比80%減」


なんてのも珍しく無いのが茨城の酒類業界の現状でした。

そして、そんな状況を踏まえると、今回の「公共の場での飲酒禁止」が我々業界与える影響は、これまでになく大きなものとなるだろうと予測でき、1日でも早い、緊急の助成、救済措置が必要不可欠と感じている今日この頃です。
IMG_5580

そこで、そんな状況を、とりあえず「県庁に伝えないとまずいのでは?」と、フェイスブックで交流のある酒類業界の皆さんに問いかけたところ、たくさんの皆さんが賛同、協力してくださり、そして何より、参議院議員の上月さんが「そんな危機的状況なら急いで手を打たないといけない、出来ることは手伝うよっ!」と、この10日あまり、まるで自分の事のように必死に情報を集め、より良い方向性を提示してくださり、本当に「いつ寝てるの?」ってほどたくさんの電話とメールで、これまたたくさんの酒類業界人とやりとりしながら、ついに明日の「直談判」まで導いてくれました。
ND5_6880

ワタクシ、正直言いまして「政治家」と呼ばれる方々に、あまり「働く」という印象を持っておりませんでしたが(身内にもおりましたが…)、今回の上月さんとのやりとりをさせていただくにあたり、たった二週間程度のやり取りではありましたが「こんな働く政治家っているのですねえ…」と、不謹慎とは思いつつも、心よりそう思ってしまった次第です。
_DSC6344

また、賛同してくれた業界の方々も、不肖ワタクシを信用くださり、本当は見せたく無いような売り上げデータ等も「お前にならいいか…」と、気持ちよく提出くださる方々ばかりで…こんな哀しい陳情話ながらも、自分は本当に恵まれた環境で仕事をさせていただいてることが改めて身に染みた日々でございました。
final.00_01_39_01.静止画056

さて…
と、言うことで、明日は県庁に茨城の酒類業界の大変な状況を真摯に伝え、そして1日も早い救済措置を発動してもらえますよう、酒造業、酒類卸業、小売酒販業を代表する皆さんと頑張って直談判して参ります。

どのくらいの結果が出せるかは、今はまだ未知数ではありますが、とりあえずここまで来れたこと、関係者の皆様に感謝申し上げたく、日記に書かせていただきました。

まだまだ、終わったわけではありませんし、これからが本当の勝負どころになるんだと思いますが、ご賛同、ご協力いただいた皆様に心より感謝を申し上げます。

がんばるぞっ!

茨城の酒類業界っ!

ND5_9061

磯蔵酒造 蔵主 磯 貴太


 follow us in feedly