オススメできません…

 follow us in feedly
イベント出店で試飲販売しながら…
酒蔵の売店でお客さんと接しながら…
浅草の窖(直売所)に立ちながら…

ワタクシ、日々

「もったいないなあ」

と思っていることがあるのです。

それは

「オススメはどれですか?」

と訊かれる方々が多い事。


特に、「窖」を開店してからは強くそう感じています。
新コロ前の浅草にはそれこそ世界中の方々にご来店いただいたのですが…ヨーロッパの方々…特に、スペイン、イタリア、フランスなどの方々などは、あれこれ聞く前にまずは試飲(言葉が通じないせいもあるのでしょうが…)、そして試飲すれば十中八九の方が「これが好き」と即断されますが…

日本人は本当に

「オススメはどれですか?」

と訊く人が多い。


それから

「人気があるのはどれですか?」

も多いんですよねえ…

しかも「試飲できないからオススメを聞きたい」ならまだわかるのですが、散々試飲したのにまだオススメを訊く方々も少なくなく…
「アンタ味見シタヤナインカイっ!」
と、ツッコミ(笑)を入れたくなることもしばしば…

モチロン!その製品のことを一番よく知っているのは造った本人ですから、その人にどれが旨いか聞くことは美味しい製品を選ぶ最短距離ではあるのですが…

が、しかしっ!

味って…

呑む人の好みってあるでしょ?

料理との相性ってあるでしょ?

飲む温度で大分変わるでしょ?

そして何より

味覚はかなり個人差あるでしょ?


だから「オススメはどれですか?」と聞かれた際に
本当にそのお客さんを思って答えるなら

「貴方のことを知らないので
 
 オススメできません」

と言わざるを得ないのが

本当のところ


だと思うのですね。

だからすぐに

「貴方の好みの味

 好きな肴や、好みの飲み方

 教えてください!」


と、聞くことにしてるのですが…

しかし、十中八九の方々は「こいつ何言ってんだ?」と言う雰囲気になるので、世の中難しいですねえ…

まあ
「和を以て貴しと成す」に始まり
「郷に入れば郷に従え」とか
「赤信号 みんなで渡れば怖くない(笑)」
で育ってきた日本人ではありますが…

そろそろ

我儘に、贅沢に

自分好みの「味」を

探してみては

いかがでしょうか?




そのための秘訣?

「まずは試飲して

 あれこれ考えず単純に

 旨かったものを選ぶ!」


ですかね。

え? 車だから試飲できない?
そんな時は

呑み屋さん、酒屋さん

そして酒蔵にいる

味の達人に

「どんな酒が呑みたい!」

「どんな肴で呑みたい!」

「どんな温度で呑みたい!」

等々、貴方の好みを

我儘に伝えてみましょう!


きっと

今の貴方にとって

最高の味の酒を

オススメしてくれるでしょう!


えっ?
そんなのメンドクサイ?

そんな貴方には
「一番在庫がダブついている酒」
または
「一番儲かる酒」
をオススメさせていただきましょう…




ま、冗談はともかく(笑)

せっかく酒を飲むのですから

自分にとって

本当に美味しい酒を

我儘に、贅沢に

自分の舌で

自分の好みで

探してみましょう!

IMG_8112
(写真は最近オートバイで近所の山ん中を我儘に走り回り発見した地図にない沼)

令和4年春 
磯蔵酒造 
蔵主 磯 貴太


 follow us in feedly