酒は Don’t think. Feel.

 follow us in feedly
最近、酒蔵にいらっしゃる方々で
または、電話やメールでお問い合わせいただく際
「日本酒はあまり詳しくないので…」
「日本酒は初心者なので…」
それから
「日本酒を勉強したい…」
「日本酒を覚えたい…」
そんな殊勝な、そして熱心な、飲み手の皆さんの声が増えたのは、酒蔵として嬉しいものではあります…
12670527_987404374642490_80459978058623964_n

が、しかしっ!
そうおっしゃる方が多ければ多いほど、嬉しくもありながら、心配にも思ってしまう今日この頃の磯蔵です

そうっ!ワタクシは

日本酒を楽しむには

覚える必要は勿論

勉強する必要も

そして

初心者もプロも

全く関係ない


と、思っているのですっ!

(今回の話はあくまで呑み手として楽しむ際の話ですので、鑑定官は勿論、酒蔵や酒販店、飲食店で等、業界で働く方々とは別の話です…)
1383681_649376318445299_756387854_n

味覚は百人百様…

なぜならば!
人の「味覚」は育ってきた環境に基づき「何を食べ何を飲んできたか」によって人それぞれに育まれる百人百様の「感覚」なので、厳密には「味は他人と共有できるものではない」
からです。

(これは味を厳密に判断する際の話で、よくある「Aさん:あのケーキ美味しかったよねー Bさん:ねー」…というような味の共感・共有の楽しさ、嬉しさは、また別の次元の話とお考えください)

ましてや
人間の「味覚」は「体調」は勿論、「気温や品温」、「どこで?誰と?どう飲むのか?」、そして、目の前の「酒の肴に合うか合わないか?」でも大きく変わる
ので、せっかくの
「過去の記憶」や「勉強した知識」は、たいして役に立たないどころか…それらが偏見となって、味を素直に感じることができなくなっていることも、多々ある
のではないでしょうか?
1005868_525147840868148_1673795414_n

だから

味覚にとって

大事なのは

知識や頭で

考えるのではなく

今の自分の感覚で

感じること


ただそれだけなのです。

そして

味覚は

自分がそう感じたら

誰が何と言おうと

それが正解


ただただそれだけの事なのです。
399032_351876068195327_100001188106052_883876_1904934432_n

しかし、旨い酒を探す要素と言えば…

しかしまぁ、日本人はホント、この「自分で感じる」が苦手なようで…旨い酒を探す要素と言えば…

テレビで、本で、見た事、聞いた…
手間ひまかけて造った…
伝統の酒蔵・技法…
製法が材料が純粋…
希少・高価な材料…
こだわっている…
人気がある…
値段が高い…
米の品種…
おすすめ…
精米歩合…
日本酒度…
無添加…
酸度が…
限定…
辛口… 
……
…と、いうような、ワタクシ的には「だからなんだっ!」と言わざるを得ない要素を重要視される方々のなんと多いことか…「それらが自分にとっての旨い酒だ」だなんて言われると、一生懸命「目指す旨さ」を造っている酒蔵としては、とても哀しくなってしまいます。

(まあ「それを楽しむのが日本酒じゃん!」と言う価値観の人はそれでいいですが…)
531426_458580947524838_1176270454_n

自分の感覚に正直に…

そこでっ!皆様には

他人の評価、そして

蔵元の表示にもとらわれずに

初めての酒はまず常温で試飲して

次に肴があるなら合わせてみて

物足りないなら温度を上げ

飲みづらいなら温度を下げ

そして、自分の感覚で

旨いと思った状況を楽しむ…


を、オススメいたしております。
417517_304638706252397_100001188106052_767264_1726630436_n

だって試飲できないじゃん…

えっ?出先では車だから試飲できない?
そもそも、試飲できる場所がない?

そんな
試飲できない場合は、日夜試飲を重ねているであろう「味の達人」のいる、呑み屋さん、酒屋さん、そして酒蔵に尋ねてみるのが一番!
です。

あっ!
いきなり「オススメ」を尋ねてはダメですよ!
ちゃんと「どんな酒が呑みたい!」「どんな肴で呑みたい!」「どんな温度で呑みたい!」等々
貴方の望みを我儘に伝えてから、それに合う酒をオススメしてもらいましょう!

きっと、今の貴方にとって最高の味の味を探してくれるでしょう!
150984_460251220691144_1692742526_n

えっ? そんなのメンドクサイ?
そんな貴方は「一番在庫がダブついている酒」または「一番儲かる酒」をオススメしていただきましょう…

まぁ、冗談はともかく(笑)

何度も言いますが…

「味」に重要なのは

「こだわり」でなく、ましてや

「素材、技法、思想、伝統」でもありません。

「今、貴方が求める旨さかどうか」のみ


なのです…。


酒はDon’t think. Feel.

せっかく呑むのですから

味を情報や頭で考えるのでなく

自分の舌、自分の五感で

自分にとって本当に旨い酒を

呑んでくださいっ!


令和4年秋 
磯蔵酒造
蔵主 磯 貴太


(写真:高橋隆太)


 follow us in feedly