日本の頑張るお父さんにっ!父の日ですよっ!

 follow us in feedly
もうすぐ「父の日」。

父の日は、日頃はなかなか伝える機会の少ない、お父さんへの感謝の気持ちを伝える、とてもいい機会ですね。

ところで、みなさん、父の日はなぜ6月の第3日曜なのか?ご存知ですか?

それではこの度も、お伝えさせていただきます!

父の日の由来・起源

「父の日」は、国や地域によって様々ですが、日本でも定番、世界で最も広く知られる「6月の第3日曜の父の日」は、アメリカで始まったものだそうです。

アメリカでは100年以上前から「母の日」がありましたが、男手ひとつで6人の子供を育てたウイリアム・スマートさんに育てられたソノラさんは、教会での「母の日」の祝典に参加した際「なぜ父の日はないのか?私を育ててくれた大好きなお父さんのために父の日も作ろう!」と、教会の牧師さんと相談、1910年のウイリアムさんの誕生日、6月5日に「父の日」を開催しようとしたようですが、準備が間に合わず延期(笑)、なんとか第3日曜日に「初の父の日」の祝典を開催したのが「父の日」の起源になったとのことです。

しかし、母の日はすぐに定着しましたが、父の日はなかなかそうもいかず、正式にアメリカの祝日として認定されたのは、なんと60年後の1972年、そう、今から50年前になりますね。

父の日が日本に広まったのはいつ?

日本史に「父の日」が出てくるのは意外と早く、1950年頃だそうですが、一般的にお祝いされるようになったのは、1981年に設立された「日本ファーザーズ・デイ委員会」が日本で父の日が広まるのに大きな影響を与え、既に「母の日」が浸透していた1980年代の日本では、父の日もすぐに人々に親しまれるようになったそうです。

父の日に何を贈りますか?

ちょっと昔気質の皆さんは「父の日だからバラを贈ろう!」と考える方もいるのではないでしょうか。
これは、アメリカで初めて行われた父の日の祝典で「健在の父に感謝を贈る者は赤いバラ」、「亡くなった父に想いを馳せる者は白いバラ」を捧げたことがきっかけだそうです。
面白いことに、ちょっと前の日本では、父の日にお父さんに贈る花としては黄色いバラが一般的だったそうですが、これは前述の「日本ファーザーズ・デイ委員会」が企画した「イエローリボンキャンペーン」で「黄色いリボンでお父さんに贈り物をしよう」としたため、いつしか「父の日は黄色のバラ」が定着したんだそう…

と、言うことでっ!
「ベルサイユの薔薇」よろしく
ロマンチックに「薔薇の花」も
勿論いいのですが…

やっぱり

日本のお父さんが

一番喜ぶ贈り物は


そうっ!

旨い日本酒っ!

に、他なりませんよねっ!


(断言!)

と、いうことで、本日は
「日本の父の日に似合う稲里」
をご紹介させていただきますっ!
final.00_01_53_15.静止画061

いつも一緒のお父さんには


いつも一緒だから
  
当たり前すぎて感謝を伝えづらい
 
そんなお父さんには是非こちら…



『稲里 純米大吟醸 日々是好日』

INASATO Like a wonderful everyday
何気ない日常の有り難さ「日々是好日」です…
日1800ml

これで茨城が呑めます
地元の水「石透水」、笠間の田んぼで育てた茨城原産「ひたち錦」、茨城発祥の「小川酵母」、茨城で生まれ育った杜氏と蔵人達…そんな何気ない日常をあるがまま受け入れてこそ見えてきた地元の素晴らしさ、有り難さ。それは「日々是好日」です。 当蔵は創業150周年を機に、鑑評会の出品は「みんなが目指す良い酒」でなく「我々の目指す旨い酒」を、地元の材料と人で醸した純茨城産の純米大吟醸で出品しています。

数量限定酒
米/ひたち錦(笠間産100%使用) 
精米歩合/40%
原材料/米(笠間産)・米麹(笠間産米) 
アルコール分/15度
日720ml
    
オススメの味わい:会席料理、鮨、天麩羅、和食全般
オススメの温度帯:ロック△ 冷酒◎ 常温◎ ぬる燗◎ 熱燗○
※オススメの料理・温度帯につきましてはあくまでも参考とお考えください。
 
 なぜなら味覚はあなたの感覚が全てであり、他人とは共有できないものと当蔵では考えます。 
 そう、今のあなたの味覚が今のあなたにとって一番正直で正しいのですから…


価格(税抜)/1800ml・6,200円 720ml・3,100円



食通なお父さんには


日本人は和食でしょ!

食事にはこだわる

食通のお父さんにはこちら…


『稲里 純米 山田錦』 

INASATO Like a phase moon
まるい旨味とシャープなキレ それは満ち欠ける「月」のように…
月

全ては日本食を美味しく食べるために
日本食、特に鮨や会席料理等、淡く繊細な味わいが時間をかけて少しずつ、代わる代わる出てくる料理を美味しく食べることを目的としました。スペック的には純米大吟醸なのですが、料理を邪魔しないよう香りを控えめに醸造、料理の余韻を膨らませる優しくまあるい旨味と、シャープにスッと消える後味のキレの両立を追求。インパクトは弱いかもしれませんが、だからこそ良い仕事をする脇役に徹する実力派です。

原料米/山田錦(茨城産100%使用) 
精米歩合/50%
原材料/米(茨城産)・米麹(茨城産米) 
アルコール分/15度
20111107_baba03

オススメの味わい:鮨、刺身、会席、蕎麦、和食全般
オススメの温度帯:ロック△ 冷酒◯ 常温◎ ぬる燗◎ 熱燗△
※オススメの料理・温度帯につきましてはあくまでも参考とお考えください。
 
 なぜなら味覚はあなたの感覚が全てであり、他人とは共有できないものと当蔵では考えます。 
 そう、今のあなたの味覚が今のあなたにとって一番正直で正しいのですから…


価格(税抜)/1800ml・4,000円  720ml・2,000円



爽やかなお父さんには


いつまでもスマートで

子供達に愛される

爽やかなお父さんにはこちら…


『稲里 大吟醸 五百万石』 

INASATO Like a calm wind
ふわりと広がりすうっと消える穏やかな「風」のように…
item02-02

「大吟醸こそ料理に合う」もあるのです
「香り穏やかに醸造すれば、米をたくさん削りミネラルを限定することにより苦味・渋味・酸味が少なくなる大吟醸だからこそ繊細な味わいに合う」という考え方のもと、繊細な味付けが多い「和食」との相性を追求しました。また、そのポテンシャルは、お燗(温度の上げ過ぎに注意!)でも発揮され、その気品漂うお燗酒を当蔵では「雅燗(みやびかん)」と呼び、会席料理や御節料理などに合わせて楽しんでいただいております。

原料米/五百万石(富山県なんと市産100%使用)
精米歩合/50%
原材料/米(なんと産)・米麹(なんと産米)・醸造アルコール
アルコール分/16度
item02-02-2

オススメの味わい:会席料理、鮨、刺身、天麩羅
オススメの温度帯:ロック△ 冷酒◎ 常温◎ ぬる燗○ 熱燗△

※オススメの料理・温度帯につきましてはあくまでも参考とお考えください。
 なぜなら味覚はあなたの感覚が全てであり、他人とは共有できないものと当蔵では考えます。 
 そう、今のあなたの味覚が今のあなたにとって一番正直で正しいのですから…

価格(税込)/1800ml・3,960円  720ml・1,980円




と、言うことでっ!

来る6月16日

父の日の贈り物は

今年もお父さんが

もらって嬉しい

「稲里」でキマリっ!
241847480_940131029938564_5666576670071001027_n

ですねっ!



 follow us in feedly