「第12回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」を平成30年4月29日(祝)に開催いたします。報告は30年祝う会カテゴリ記事をご覧ください。

「ひやおろし」とはなんぞや?

めっきり涼しい朝晩になりましたねえ…
あと10日で…そう、来る9月23日は秋分の日…日本が海の幸、山の幸に溢れる秋は日本酒が最も旨い季節…そう、秋の到来なのですね。
11020000969
《秋の肴と言えばコレ》
P1013676
《カサマノマサカニホンイチトイウクリモドウゾ》

そんな秋の旨い酒の肴にぴったりな、この時期の旨い日本酒は、皆さんご存知の「ひやおろし」なのですが、何を隠そうっ!

これから瓶詰される

当蔵の酒はすべてっ!

そんな「ひやおろし」

なんですよっ!
ブログトップ用
えっ?
なんでっ?
なにいってんの?
いつも、ひやおろしって書いてないじゃん!

と、言われる方々いらっしゃるかもしれませんが、ワタクシ、磯が、若かりし頃から蔵人の大先輩達に教わった「ひやおろし」の定義は
「秋口のひんやりとしはじめた空気の中、貯蔵タンクより卸され出荷される酒」
ですから、当蔵の製品で言うと「大吟醸」、「吟醸」、「生酒」、それから「純米 山田錦」とラベルに書いてある製品等、新酒を瓶詰し冷蔵貯蔵している製品以外は、すべてタンクに貯蔵、一定期間貯蔵熟成させてから出荷してるので…そう、これから壜詰する製品は全部「ひやおろし」になるのですね。

それから、そんな「ひやおろし」の定義の真偽は置いといたとしても…今頃になって「ひやおろし」とか「秋あがり」なんて言っていると「今頃何を悠長に言ってるんだ!」と言われそうな昨今の秋の日本酒戦線。
早いところなんか、お盆明けには「ひやおろし」の売り込みしてますからねえ…

しかし、これも、ワタクシ思うのですが…最近なんて、9月上旬まで真夏日が続いたりする訳ですから…そんなに早く「ひやおろし」を瓶詰してはイカンと思うのですが…みなさん、如何ですかねえ…?
もう、酒造組合で「ひやおろしと書くなら9月以降の壜詰、10月1日以降の出荷に限る」とか決めた方が良いと思うんですがねえ…どうなんでしょねえ?最近の日本酒の季節感とやらは…

と、言う事で、ワタクシの愚痴はともかく、そんな当蔵の「ひやおろしの中のひやおろし」ともいうべき…今年の

稲里 純米 熟成出荷が、そろそろ旬を向かえます。

ブログ用ボトル
静かに熟成を重ねた「幽玄」な味わい。
燗酒は勿論、冷たくしないでお楽しみ頂きたい食中酒です。

近年は好評につき…と、いうか「真夏でも旨い燗酒飲みたいっ!」と、言う燗酒ファンのために年間通して定番出荷されております「稲里 純米 熟成出荷」ではありますが、やはり、新しいブレンド酒に移り変わる、この時期に呑むのが醍醐味と言わざるを得ませんねえ。

『稲里 純米 熟成出荷』
定番出荷
原材料/米(国産)・米麹(国産米)
原料米/ひたち錦・山田錦・吟のさと・五百万石等(出荷時の熟成度合いによって数種類の清酒のブレンドとなります)
精米歩合/55~65%(出荷時の熟成度合いによって数種類の清酒のブレンドとなる場合がございます)
アルコール分/16度 
価格/1800ml・3,000円(税別)、720ml・1,500円(税別)

果報は寝かせて待て!

「稲里 純米 熟成出荷」は、春に搾った新酒を酒蔵の中で静かに、あえて常温で長期間寝かせ、貯蔵熟成管理にも手塩をかけたお酒です。
20120217-IMG_2962s
しかし「ただ熟成させました」というだけではあまりにも能がございません。
私達も「こだわりでなく味をお求め頂く」をモットーとしているプロの酒造家の端くれ、皆様には、当蔵醸造部、酒造りの最高責任者「常陸杜氏 石川博之」によります数種類の原料米、精米歩合、貯蔵日数の異なる原酒を絶妙にブレンド、「いきすぎない熟成感」をテーマに「毎年変わらぬ、磯蔵ならではの熟成酒の味わい」をお楽しみ頂きますよう努力を重ねました。
IMG_6131 2

食事と共にお楽しみ頂く食中酒に最適

時が育んでくれた、熟成酒ならでは、角が取れ、まるみの出た芳醇な旨味をどっしりとお楽しみいただきたく、アルコール度数も飲み応え重視の16度。
けして、近年流行の「呑みやすい・すっきり」というお酒ではございませんが、苦味・渋味・酸味のバランスが、食中酒としても良い仕事をいたします。
P1010566
できれば常温、または温かく燗酒でお楽しみください。(常温〜上燗がオススメ!)よりいっそうその奥深さをお楽しみ頂けると思います。
P1010564
じわじわ効いてくる玄人好みの職人技を四季折々、旬の味覚と共にじっくりとお楽しみください。

当蔵は、秋から冬、春から夏、そしてまた秋へと、日本特有の四季の移り変わりとともに生れ、成長する日本酒をきっかけに、自然の恵み豊かな日本の素晴らしさを是非、思い起こしていただきたいと考えます。
なぜなら、日本全国各地が海の幸、山の幸にあふれる秋は
酒が最も旨く飲める贅沢な時期 とも言えますから・・・

と、言う事で…

「つめたくしないでっ!」の

キャッチコピーでお馴染みの

秋の旨い酒の肴と相性バッチリ!

『稲里 純米 熟成出荷』を

ぜひご笑味くださいっ!
  

カテゴリー:旬の味・出荷情報│投稿:2018年09月13日 07:55

秋の磯蔵イベント情報

9月

14日〜16日
NEW ACOUSTIC CAMP 2018』水上高原
main
  
25日 
十六酔乃宴』浅草 日本酒文化専門店 窖
いざよいチラシ

28日 
いばらきの地酒まつりin屋形船』浅草 あみ清
IBARAKI

29日   
海琳堂 酒蔵見学ツアー』磯蔵酒造
39453635_1721045771327789_7837364920541773824_n

10月

1日
茨城の地酒で乾杯セレモニー』水戸 京成ホテル
A4TT_乾杯チラシ_ol

6日    
稲荷囃子保存会 豊穣祭』笠間 車坂神社
10712970_767517156641728_7943459415324526017_n

7日 
イネカリ収穫祭』笠間上郷地区
稲刈り収穫祭チラシ2018表02-01

8日
稲田◯日 稲刈大作戦』稲田駅前 田んぼ
th_20161001-7Y9A0243
   
音吉15周年』鴬谷キネマ倶楽部
40402786_2012672825464400_7876611197821255680_n

13日    
SAKE meeting 2018秋』ボックスヒル取手
41460103_2296295120384102_2076271264871219200_n

21日   
『造酒司きき酒会』茨城県庁
県庁きき酒
      
結城紬着心地体験と〜酒蔵見学の旅』磯蔵酒造
結城紬

26日〜28日
『日本酒Bar いばらき』水戸駅ペデストリアンデッキ
28日    
『和飲風土イベント』ひたちなか クリスタルパレス
29日〜31日 
『酒造組合イベント』新宿西口

11月

3日〜4日 
『JAふれあいまつり』笠間 芸術の森公園
10日   
『笠間乾杯条例5周年 SAKE GARDEN』笹目宗兵衛商店
23日〜24日
『稲田◯日 ジャンボリー』稲田

と、言う事で…

勉強の秋 
スポーツの秋
食欲の秋
ちいちゃい秋
八代亜紀…(お約束なので)

いろんなアキがありますが…

日本酒の秋

皆様、各会場で、旨い酒をぜひ!   
カテゴリー:催事部│投稿:2018年09月11日 05:53

窖では『十六酔乃宴』

「日本酒文化専門店 窖」では、この秋より「十六酔」と称した、月に一夜限りの酒宴を開催いたします。
18893081_1957846031110631_653424940910076005_n
満月「十五夜」よりも「月が少し躊躇って出てくる」という、翌日の夜、そしてその夜の月を「十六夜・イザヨイ」と申しますが、「窖」では、そんな情緒あふれる月に誘われ「いざ、酔いに!」と出かける酒宴を「十六酔」と名付けました。
th_18836071_1345047988945512_8560931008654884992_n
そんな「十六酔乃宴・イザヨイノウタゲ」、記念すべき第一回は、9月25日の十六夜に開催です。
そして、10月からも、毎月、満月の翌夜「十六夜」に開催してまいります。
年内の予定は下記の通り。
9月25日(火)
10月26日(金)
11月24日(土)
12月24日(振替休日)
ゆるゆると美酒の夜をご一緒しましょう。
40820118_2218300721731826_5338250277088657408_n

十六酔乃宴
◉開催詳細
・初回9月25日(火)19時〜21時(20時半ラストオーダー)
以降、毎月満月の翌夜開催
・会費:2,500円
・日本酒厳選五種呑み放題
・おつまみはありませんのでお好きなものをお持ちください。
・特に予約は必要ありませんが、年内開催に関しては事前予約(窖にて前払い)の方に限り笠間焼のぐい呑みを進呈いたします。
th_18767806_1360383700705707_2355602261177316344_n


いざ酔いに 浅草へっ!

18882245_1957845981110636_8371191313703647491_n
  
カテゴリー:直売処「窖 あなぐら」│投稿:2018年09月05日 07:43