「第十回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」無事終了いたしました。ご参加ありがとうございました。ご報告とお礼の速報はこちら→10回祝う会:開催御礼

今年の祝う会 ここが変わります!

さて、なんとか開催までたどり着く事ができました今年の「ちょっ蔵新酒を祝う会」ですが
杉玉
JR水戸線で行く酒蔵の新酒祭
磯蔵酒造
第11回 ちょっ蔵 新酒を祝う会
おかげさまで今年も酒ができました

平成29年 4月30日 [日曜日]
12:00開蔵   20:00頃閉蔵
参加料:前売入蔵券2,500円(定員2,000名)
いずれも当日酒蔵にて「記念酒(新酒4合瓶)」等と引換えいたします。
会場:磯蔵酒造 茨城県笠間市稲田2281番地の1 
JR水戸線稲田駅下車徒歩3分
[お問合せ]☎(0296)74−2002(9:00〜17:00)mail- info@isokura.jp
主催:ちょっ蔵新酒を祝う会実行委員会(磯蔵酒造内)
協力:JR東日本水戸支社、JR稲田駅・友部駅 当蔵近隣の皆様
0002329M

前回ご案内させていただきましたように、今後も続けて開催させていただけるよう、今までと多少なりとも開催概要が変わることになりました。
03_入蔵券をお買い求め頂く皆様へ_1
そこで、本日は今までと変わったところ、そして開催までに良くあるご質問のQ&Aをお知らせさせていただきます。
_DSC6344
初めて参加される方々 は、勿論の事
何度も参加されてる方々
過去十回皆勤賞!という方々 も
ぜひご一読頂いてから、来月より販売開始予定の前売入蔵券の購入をお願い申し上げます。
11159563_10152802705636024_5640230183700824411_n


今年の祝う会はここが変わります

1.入蔵者数に制限を設けます

会場スペースやトイレの都合上、参加人数を定員2,000名といたします。
前売入蔵券が2,000枚に達した時点で入蔵券の販売を終了、また、その際は当日券の販売はございません
_DSC0549

2.開催時間を短縮いたします

泥酔者、トラブル撲滅のため、開催時間を短縮、午後12時開蔵、午後20時閉蔵といたします。   
また、近隣の皆様とのトラブルの原因になりますので、午前9時以前のご来蔵はご遠慮下さい
_DSC0077

3.駐車場が無くなります

飲酒運転撲滅のため、本年よりどんな理由があろうとも、お車での参加は一切、お断りとさせていただきます
電車でご参加下さい。
当蔵近隣に駐車場はございません。路上駐車は絶対にお止め下さい
また、当日の稲田駅駐車場の空車場所は月極駐車場所なので絶対に駐車しないでください
015cfebd

4.紛失物、盗難には一切関知いたしかねます

紛失物が多く、また、大変残念な事に置き引き等の犯罪も発生、「アナウンスして欲しい・探して欲しい・保証して欲しい」という声の多さと、その対応にて運営に支障がでております。
よって、大変申し訳ございませんが、本年より会期中の紛失物及び盗難に関しては、実行委員及び酒蔵では一切関知いたしかねます。お荷物、金品はご自分の責任にて管理下さい。
拾得物のアナウンスもいたしません。
見つかった拾得物は全て入口「受付」にお預かりしておきます。
また閉会後は磯蔵酒造にて保管いたしますが、一ヶ月を過ぎた場合は警察に届けるか処分をさせていただきます。
_DSC3061

5.実行委員の判断に従って頂けない場合は退場願います

呑み過ぎと見られる方へのお酒の提供は一切行いません
本年より、更に厳しく制限させていただきます。
また、実行委員及び酒蔵の判断に従っていただけない場合は、どんな理由があろうとも、退場または警察等に通報させていただきます
何卒、開催主旨をご理解下さい。
20150426-7Y9A0004



第11回「祝う会」の事前Q&A


さて、毎年開催についてたくさんのお問合せをいただきます「ちょっ蔵 新酒を祝う会」でございますが、今年もそんなお問合せから、特に「よくあるご質問」を、こちら「蔵人日記」にて皆様からのお問合せに先立ってお答えさせていただきます。

Q「前売入蔵券はどこで買えますか?」

 A「磯蔵、協力酒販店さん、出店者さんの店頭でご購入ください」

前売入蔵券は3月1日より4月21日の間、当蔵及び販売協力酒販店にて販売開始、また祝う会に出店の決定した店舗にも、随時、お取り扱いをいただく予定です(お取り扱い店舗については、順次、こちら「蔵人日記」でお知らせいたします)。
また、前売入蔵券の購入はお取り扱い店舗の店頭での現金引換えのみとし、通信販売等はいたしません。
04

Q「前売入蔵券はいつまで買えますか?」

 A「4月21日までの販売です」

前売入蔵券は3月1日より当蔵や販売協力酒販店にて販売開始、また出店の決定した店舗等にて平成29年4月21日(金)まで販売予定です(お取り扱い店舗については、順次、こちら「蔵人日記」でお知らせいたします)。
また、前売入蔵券の購入はお取り扱い店舗の店頭での現金引換えのみとし、通信販売等はいたしません。なお、なお、本年より前売入蔵券が2,000枚に達した場合も入蔵券の販売を終了、また、その際は当日券の販売はございません
_DSC0052

Q 「前売券がなくても参加できますか?」

 A「2,000名までならご参加頂けます」

本年より定員が2,000名となりました。
よって、前売が2,000名に達した場合は当日券の販売はございません
また、当日券の販売がある際も2,000名に達した時点で当日券の販売を終了とさせていただきます。
「必ず参加する」と思ってくださる皆様は是非とも前売入蔵券をお求め下さい。
20150426-7Y9A0065

Q「前売入蔵券の払い戻しはできますか?」

 A「開催の延期、中止以外での払い戻しはできません」

大変申し訳ございませんが、開催の延期や中止以外での入蔵券のキャンセル、及び払い戻しはお受けいたしかねます
また、荒天等で途中終了になった場合、そして催事及び出演者がキャンセル、変更になった場合等も払い戻しは致しません。
_DSC2600

Q「呑めない人は無料ですか?」

 A「20才以上はどなたも有料です」

「新酒を祝う会」はあくまでも呑み会ですので大変恐縮ですが、20歳以上の方は呑める呑めないに関わらずご入蔵の際には「入蔵料(記念酒付)」をいただきます(呑めない方は、呑める方へのお土産にして下さい)。
また、20才未満は無料となりますが、小さなお子様をお連れの際は、酒蔵には危険な場所が多々ございますので自己責任において十分にお気をつけいただきお連れ下さい。
_DSC5936

Q「雨でも開催しますか?」

 A「雨天結構(笑)です」

雨天決行ですが、荒天の場合等、途中終了になる事もございます。
_DSC2766

Q「駐車場はありますか?」

 A「本年より無くなります」

飲酒運転撲滅の観点により、本年より駐車場をお借りする事を止めました。
「ちょっ蔵新酒を祝う会」には一般の参加者の皆様が駐車可能な駐車場のご用意は一切ございません。
どのような理由があろうとも、お車での参加は一切、お断りとさせていただきます。電車でご参加下さい。
また、当蔵のある笠間市稲田はかなりの田舎のため公共の駐車場はございません
開催続行を脅かす大きな問題となっております飲酒運転、路上駐車は絶対におやめください
さらには、当日の稲田駅駐車場の空車場所は月極駐車場所なので絶対に駐車しないでください
603877_10151395236281024_1129324516_n

Q「場所取りをしたいのですが、何時から並べますか?」

 A「午前9時よりお並び頂けます」

交通、近隣の皆様とのトラブル回避の為、午前9時以前のご来蔵はお断りさせていただきます
当蔵のある稲田地区にはハイキングコースもございますので、早く着いた方は稲田の自然を存分にお楽しみ頂き、当蔵周辺の滞在はお控え下さい。
また、こんな事は書きたくはありませんが「何処まで許されるのか?」等の子供じみた質問も増えて参りましたので、書くことにします。
開蔵前の「列の場所取り」や知人等での「列への横入り」、さらには会場内での、先に入蔵した方が後から来る方々の為にシートで「場所取り」する等々他の人々から見て目に余る「常識的でない行為」はお止め下さりますよう、お願いを申し上げます。
_DSC0104

Q「座席はありますか?」

 A「レジャーシートをご持参下さい」

残念ながら十分なお席のご用意がございません。
是非、レジャーシートや折り畳み椅子等をご持参ください。
また会場スペースの都合上、お持ち込みテーブル、テント、パラソル等は他の参加者のご迷惑となりますので使用をお断りする場合がございます。
_DSC0589

Q「ペットを連れて参加できますか?」

 A「ペットはお留守番でお願いします」

残念ながら会場、催事の都合上、ペットをお連れになってのご参加は出来ません。
DSC078960001

Q「飲食物の持込みは可能ですか?」

 A「瓶、缶、そしてアルコール以外はどうぞ」

お弁当等をお持ち込みいただく事(勿論自己責任にてお願いいたします)は可能ですが、瓶類、缶類のお持ち込みはご遠慮下さい
また、大変恐縮でございますが、一応(笑)当蔵の新酒を祝う会となっておりますので、瓶、缶、紙容器に関わらずアルコール類のお持ち込みは一切お断りさせていただきます。
_DSC2887

Q「どんなつまみがありますか?」

 A「毎年数十種類のご用意があります」

近隣の飲食店や商工業者の方々による酒の肴の模擬店が15〜20軒も出店して下さいます。
焼鳥や牛串焼、天婦羅から、蕎麦、ラーメン等、50種類以上の酒の肴が皆様の胃袋だけでなく五感までも楽しませてくれることでしょう。
_DSC0177

Q「喫煙できますか?」

 A「喫煙所でのみ可能です」

会場内は基本的に禁煙となりますが、一部喫煙可能なエリアもございますので、喫煙は必ず予め灰皿が用意されている喫煙エリアにてお願い致します。
810_7598

Q「写真をとっても大丈夫ですか?」

 A「どうぞ...でも...」

会場内へのカメラ・録画機材の持ち込みは可能ですが、許可のない出演者の撮影・録画・録音等は禁止致します
携帯電話での撮影・録画・録音も禁止です
悪質な場合はテープ、フィルム、その他メディア類はすべて没収、機材もお預かりさせていただきます。
また、 会場内の映像・写真を磯蔵酒造が断り無く公開・使用する事がありますが、何卒、ご了承下さい。
_DSC0560

Q「記念酒は何本まで買えますか?」

 A「記念酒の販売はございません」

記念酒は当日参加した方のみが前売入蔵券及び当日入蔵料との交換でのみお楽しみいただける製品でして、記念酒等との引換えは開催当日、酒蔵でのみ、販売もいたしません(入蔵券の購入も当日参加いただくお一人様1枚までとさせていただきます)。
これまでは「友人が来れなかったので友人の分を…」や「入蔵券を複数持っているので複数本を…」という方々もいらっしゃいますが、どのような理由であれ、記念酒の交換は参加者お一人様につき1本のみとさせていただきます。また、2本目以降をご希望の方や記念酒が足りなくなった場合は同等の当蔵製品との交換となります事をご了承下さい。
_DSC0195

Q「タクシーは呼べますか?」

 A「ご自分の責任にてご利用下さい」

多くの皆様がご利用されますので、タクシーは、ご自分の責任でお手配下さい(連絡先の電話番号等は当日お配りする資料に掲載されております)。
お呼出もいたしません。タクシー会社にお名前と共に携帯電話番号をお伝え下さい。
また、酒蔵門前の安全確保、混雑防止及び交通の妨げにならないよう、タクシー、運転代行とのお待ち合わせは駐車場または稲田駅前等でお願いいたします。
20120429-IMG_8462

Q「出演・出店したいのですが?」

 A「現在、募集いたしておりません」

残念ながら、開催時間、会場のスペース等の都合上、現在ご出演、ご出店いただいている皆様でいっぱいいっぱいの状況です
また、募集することになった際はこの「蔵人日記」等でご案内させていただきます。
62623_462100787197838_943526359_n


それでは、今年も飲酒マナーを守りつつ…

たくさんの皆さんと一杯やれる事

実行委員一同、心より楽しみにしております。
  

カテゴリー:29年祝う会│投稿:2017年02月18日 20:10

開催決定っ!第11回ちょっ蔵新酒を祝う会

今回は本当にいろいろありましたが…


お陰様を持ちまして

今年もっ!

第11回ちょっ蔵新酒を祝う会

の開催が決定いたしましたっ!
13091663_994883217269711_208306633_o
昨年はおかげさまをもちまして、10周年を向かえる事ができました「ちょっ蔵新酒を祝う会」でございますが、過去10年間、いささか楽しみ過ぎた、または自由にやり過ぎたためか…
しかし、毎年何らかのトラブルが発生していたのも事実、今までの、10年分の問題が浮き彫りになってしまい、本年の開催発表は何かと厳しい状況でした。

酒は人ありき…

「ちょっ蔵新酒を祝う会」はヴォランティアスタッフの皆さんのご協力、そして何より酒蔵近隣の皆様の多大なるご理解により開催ができておりますが、参加する一人一人が「今後も社会に愛される酒の飲み方、飲酒マナーとは何か?」を今一度本気で考え、全ての皆様が楽しい時間を過ごせるとともに、次回もまた開催させていただけるような素敵な「ちょっ蔵新酒を祝う会」をいっしょにつくっていきましょう。 

それではつ!今年もたくさんの皆様と乾杯できる事、楽しみにお待ちしておりますっ!
0002329M
JR水戸線で行く酒蔵の新酒祭

磯蔵酒造 第11回


ちょっ蔵 新酒を祝う会


おかげさまで今年も酒ができました

いろいろありますが
今年も生きて酒が呑める
こんなに有難い事はありません
たくさんの方々と酒を酌み交わし
生きている事を実感していただきたい
そう「酒は人ありき」です
祝う会チラシ毎年 のコピー
平成29年 4月30日 [日曜日]


12:00開蔵   20:00頃閉蔵
参加料:前売入蔵券2,500円(定員2,000名)
いずれも当日酒蔵にて「記念酒(新酒4合瓶)」等と引換えいたします。
※前売券が定員に満たない場合のみ当日券3,000円を販売いたします。
※前売入蔵券は3月上旬より磯蔵酒造、祝う会出店各店、または協力店にてお求め下さい。
_DSC3043
会場:磯蔵酒造 茨城県笠間市稲田2281番地の1 
JR水戸線稲田駅下車徒歩3分
_DSC0052
[お問合せ]☎(0296)74−2002(9:00〜17:00)mail- info@isokura.jp
_DSC0240 2
主催:ちょっ蔵新酒を祝う会実行委員会(磯蔵酒造内)
2_DSC0122
協力:JR東日本水戸支社、JR稲田駅・友部駅 当蔵近隣の皆様
20120429-IMG_8454

で、ここで皆様に大切なお知らせがございます

開催の為にとても重要な要項となっております。

参加される皆様は、面倒くさがらず、是非、最後までご一読頂き、ご理解、徹底いただける方のみご参加下さいます様、宜しくお願い申し上げます。

そして当日も、お近くに踏み外しそうな方々がいらっしゃいましたら、一緒に参加している「酒仲間」として勇気を持って声をかけ合い「酒が呑める日本」を守ってまいりましょう。
20120429-IMG_0444

変更点です
ご理解、徹底いただける方のみご参加下さい


本年より ちょっ蔵 新酒を祝う会 は…

◎ 入蔵者数に制限を設けます

会場のスペースやトイレの都合上、参加者数を定員2,000名といたします
前売入蔵券が2,000枚に達した時点で入蔵券の販売を終了、また、その際は当日券の販売はございません

◎ 開催時間を短縮いたします

泥酔者、トラブルを減らすため、開催時間を短縮、午後12時開蔵、午後20時閉蔵といたします
また、近隣の皆様とのトラブルの原因になりますので、午前9時以前のご来蔵はご遠慮下さい

◎ 駐車場が無くなります

飲酒運転撲滅のため、本年より駐車場を無くします。
本年よりどんな理由があろうとも、お車での参加は一切、お断りとさせていただきます
電車でご参加下さい
その他、当蔵近隣には駐車場はございません。
路上駐車は絶対にお止め下さい
また、当日の稲田駅駐車場の空車場所は月極駐車場所なので絶対に駐車しないでください。

◎ 紛失物、盗難には関知いたしかねます

開催中の紛失物があまりにも多く、また、大変残念な事に置き引き等の犯罪も発生、「探して欲しい・補償して欲しい」との声とその対応にて運営に支障がでております(大半が落とし物と置き忘れですが)。
よって、大変申し訳ございませんが、本年より会期中の紛失物及び盗難に関しては、実行委員及び酒蔵では一切関知いたしかねます
お荷物、金品、お子様はご自分の責任にて管理下さい。
また、毎年「犯罪者の肩を持つのか?」等のご意見を頂きますが、この対応をそう感じる方は参加をお止め下さい。

◎ 実行委員に従わない方は退場願います

今まで同様ですが、呑み過ぎと見られる方へのお酒の提供は行いません
本年より、更に厳しく制限させていただきます。
また、実行委員及び酒蔵の判断に従っていただけない場合は、退場または警察等に通報させていただきます
何卒、開催主旨をご理解下さい。
20130428-7Y9A5269

毎年ながら…
ご理解、徹底いただける方のみご参加下さい


● 飲酒運転、違法駐車、無断駐車は絶対にお止め下さい。
● 未成年者の飲酒は絶対にお止め下さい。
● 呑めない方も入蔵料を頂戴いたします(未成年は無料です)。
● テントやパラソルのご使用、ペットを連れての入蔵はできません。
● 会場内の映像、写真を磯蔵酒造が断り無く公開・使用する事があります。
● 瓶類、缶類、そしてアルコール類のお持ち込みはお断りいたします。
_DSC0658

こんな方々は参加をお断りいたします


「宴会はいつだって無礼講」と思っている方々
泥酔や喧嘩など、他人に迷惑をかけたり不愉快にさせたりする無責任な行動、言動は一緒に居る仲間までも楽しめなくしてしまいます。 
互いを気遣う心で「乾杯」できる事を楽しみましょう。

「誰かがなんとかしてくれる」と思っている方々
ちょっ蔵新酒を祝う会での「楽しさ」そして「環境」は誰かが与えてくれる、保証してくれるものでありません。皆様はお客様でなく参加者です。楽しい時間と空間を一緒につくりましょう。

「自分が良ければそれでよい」と思っている方々
ポイ捨て、立ちション、違法駐車に飲酒運転…自分勝手な行動は社会における酒呑みの肩身を狭くしています。 「酒が呑める日本」を守る「飲酒マナー」とは何かを、よく考えて参加下さい。
11109194_831913810217796_5984041183574677798_n
以上、全ては「祝う会」を今後も開催させていただく為に必須となった要項です。

参加される方は何卒ご理解いただき、徹底しての参加をどうか宜しくお願い申し上げます。
20150426-7Y9A0094
今後、前売入蔵券の発売時期や発売場所等、「祝う会」の詳細は当「蔵人日記」で発表してまいります。ぜひご確認下さい!
IMG_5580
それではつ!今年もたくさんの皆様と乾杯できる事、楽しみにお待ちしておりますっ!
IMG_5069
  
カテゴリー:29年祝う会│投稿:2017年02月11日 06:24

今年の新酒を祝う会につきまして

本日は節分です。
節分とは「季節を分ける」、そう明日の「立春」から季節的には「春」になるのですね。

当蔵の「春」と言えば、毎年4月末に開催しております「ちょっ蔵新酒を祝う会」。
_DSC0762
お陰様で昨年は10周年記念会を向かえる事ができ、2,000人を超える皆様と旨い酒を酌み交わす事ができましたね。

今年の新酒を祝う会は…

さて、11回目となる今年の「祝う会」、例年であればとっくに開催の発表がある時期、楽しみにしてくださっている方々はちょっと心配をおかけしておりますが、実は昨年…いえ昨年までの10年間…いささか楽しみ過ぎた、または自由にやり過ぎたためか…

残念ながら2月3日現在

開催の発表ができない状況でおります。


これまで何度もお願いさせていただいて参りましたが、当蔵の「ちょっ蔵新酒を祝う会」は運営してくださるヴォランティアスタッフの皆さんのご協力は勿論、JRさん、消防署さん、警察さん、笠間市さん、そして何より酒蔵近隣の皆様の多大なるご理解、ご協力により開催ができておりましたが、毎年何らかのトラブルが発生していたのも事実、そして昨年おきてしまった大きな、しかし、たったひとつのトラブルにより、今までの、10年分の問題も浮き彫りに…ご協力頂く皆様のご理解、ご協力を得られなくなってしまった現状です。

が、しかし、当蔵としましては、本年も、そして、これからも「祝う会」を開催して行く所存

開催を発表できるまでに

もう少し、後いくつかの

超えなければならないハードルが

残されておりますが

当蔵は、開催に向け総力を挙げて努力し

多少なりとも開催期日や時間

そして運営方法等を変えても

必ずや、近いうち!なんとしても!

第11回の「ちょっ蔵新酒を祝う会」の

開催を発表させていただきます!



酒は人ありき…参加しようと思ってくださる皆様も、会をいっしょに創って行く参加者として「毎年開催するには何が重要か?」を、今一度、思い起こしてくださります様、磯蔵酒造一同、心よりお願いを申し上げます。


「ちょっ蔵新酒を祝う会」は

人々との出会いの大切さ

素晴らしさを実感

感謝しながら

今年も酒が呑める事に

新酒で乾杯!

互いにお祝いし合う場

であり、そんな場所を

楽しい時間を過ごせるとともに

また来年も開催させていただけるような

素晴らしいお祝いの空間を

参加者全員でつくっていく

そんなイベントです。


また、酒や飲酒が社会の隅へと

追いやられつつある昨今

酒を 好きな時に

好きな場所で 好きなだけ

飲むことができる

日本の素晴らしさ

そして そんな日本が

我々、酒を愛する者の

飲酒マナー向上でのみ

守ることができることを

皆で考える機会にする

というのが新酒を祝う会の

第一回からの一貫したテーマです。


「酒が飲める事を互いに祝い合う」

「そんな祝いの場をみんなでつくる」

「酒が飲める環境をみんなで考える」


それが「ちょっ蔵新酒を祝う会」です。


「ちょっ蔵新酒を祝う会」は、酒蔵近隣の皆様の騒音、交通等へのご理解、ご協力、そしてなにより、多くのボランティアの方々の、当日は勿論、準備や後片付けにいたるまでの多大なご協力により成り立っておりますが、酒蔵に集まった皆さんもお客さんでなく参加者なのです


参加する一人一人が互いを思いやり、どうすれば楽しい時間が過ごせるかを、そして、今後も社会に愛される酒の飲み方、飲酒マナーとは何かを本気で考え、実行していく事が「ちょっ蔵新酒を祝う会」の最も重要な要素なのです

参加する全ての皆様が楽しい時間を過ごせるとともに、次回もまた開催させていただけるような素敵な「ちょっ蔵新酒を祝う会」を皆でいっしょにつくっていきましょう


      平成29年 節分 磯蔵酒造 蔵主 磯 貴太
               磯蔵酒造 社員一同

  
カテゴリー:29年祝う会│投稿:2017年02月03日 06:18