「第12回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」を平成30年4月29日(祝)に開催いたします。報告は30年祝う会カテゴリ記事をご覧ください。

窖に品切れ人気商品!そして新商品も!続々入荷!

東京、浅草は磯蔵酒造の直売処「日本酒文化専門店 窖(あなぐら)」では、人気で品切れをしておりました各商品、そして初公開の新商品等、続々入荷中でございます!

酒粕サブレ

妖しい蔵主イラストパッケージにもかかわらず、売れ筋で品切れが続いておりました「酒粕サブレ」が入荷しました!

「酒粕サブレ」
ORIGINAL SAKE BISCUIT
"SAKE sable" Handmade limited edition ¥700
IMG_3183


ともしび博士 陶酒器?と陶雑貨

奇々怪々の笠間焼!妖しさ抜群の陶芸作家「ともしび博士」によります窖の人気商品「Dr.TOMOSHIBI CERAMIC ART」が待望の入荷です!

「ぐい呑みさん」
"Mr. SAKE cup" ¥3300
IMG_3187


「うなずきハシオキ」
"Nod chopstick restraint" ¥500
IMG_3184


「ハシオキドール」
"Chopstick restraint doll" ¥1100
IMG_3185


「マメ鉢さん」
"Mr.Mini pot" ¥3300
IMG_3186


「億千万ストラップ」
"Billion-thousand-million Lucky strap"¥1100
IMG_3188


高橋協子 陶酒器と陶雑貨

窖では新入荷になります、笠間の陶芸作家「高橋協子」氏(つばめ窯)の作品群。高橋さんの作られる、日本の民話や郷土史などをモチーフに製作される、昔懐かし「まんが日本昔話」のような、独特の世界観と、洞窟のような「窖」の店の雰囲気とに共通点を見いだした蔵主が、かなり前からオファーをかけておりましたが、そこは、一点一点手作業で作陶して行く、大量生産のできない作風に加え、引っ張りだこの作家さん、長かった月日を乗り越え、満を持して今回の入荷となりました!
今回は7種類、約20点の少量入荷ですので、ぜひお早めにっ!

「目出たいぐい呑み」"Festive reversible cup"
おかめとひょっとこ ¥3800
「招福ぐい呑み」"Lucky reversible cup"
おかめと鬼 ¥3800
IMG_3193


「酔いどれぐい呑み」"Drunken cup" 鬼・狸・河童・狐 ¥3200
IMG_3190


「天狗面」"TENGU Mask" ¥3200
IMG_3189


「白獅子」"White guardian lion" ¥4100
IMG_3194


「白狐」"Messenger white fox" 大¥27000 小¥4500
IMG_3192


牧ノ原 深蒸し 煎茶

そして最後は、茨城は水戸で静岡の牧ノ原台地の茶葉を販売する「茶舗 牧ノ原」の「深蒸し煎茶 ティーバック」です。
IMG_3182
何故に窖で「お茶」なのか?と、申しますと、当蔵主と牧ノ原さんは夜な夜な茨城の酒場にて、このティーバックを使用した日本酒カクテル「ティーシュ」や「オカンティー」等を考案(作り方は簡単!カップにティーバックを入れて酒を注ぐだけ)、一部で非常に受けが良かった事が要因にあるようですが…
IMG_3180
それを置いといても!浅草にピッタリ!まさにザ・日本!なカワイイ「缶カンパッケージ」!
とは裏腹に!中身は、日本の伝統的製茶法「直火」で仕上げられた本格的高級「煎茶」!
しかし!急須がない外国人や一人暮らしの若者も気軽に楽しめる「ティーバッグ仕様」!
外国人は勿論、ペットボトルのお茶に慣れた現代の日本人も本格的な高級煎茶を楽しむ機会はほとんどないかと思われますので、この機会にぜひ、気軽にお楽しみ頂けましたら幸いです。
IMG_3181
MAKINOHARA
Deep steam Japanese tea
\1100
  

カテゴリー:直売処「窖 あなぐら」│投稿:2018年11月13日 11:41

Bar Anagra(uが無い)

バー・アナトラ プルメリアバー Bar Lennon…など
ここ数年?、十数年?水戸の夜に賑わいを見せた「Bar」に立ち続けた優男「土井 献・ドイ ササグ」(献血の献と書いてササグ なんと献身的な名前だろうか)。
41991315_1840593719310219_5810819442698878976_n

何の因果か解りませんが、11月1日より、当蔵の東京は浅草の直売処「日本酒文化専門店 窖(あなぐら)」の閉店後に、同場所で「Bar Anagra(バー・アナグラ)」を開店して頂く事になりました。
45347898_249082305771439_6237108175326150656_n

「Bar Anagra(バー・アナグラ)」は当蔵が経営・運営するのではなく、土井さんが経営される個人商店なので、ウイスキーやワイン等の洋酒等も楽しめるお店ですが、日本酒は稲里を提供してくださるそう。
44112875_1445342608902750_7128956815785590784_n

と、言う事で、浅草の「窖」は

「日本酒文化専門店 窖」
24059136_2038294746399092_1002647203115541296_n

11:00〜18:00 土曜日のみ11:00〜19:00
P1014883

水曜日は昼の部定休日となります。
IMG_1369


「Bar Anagra」
玄関狛犬右

18:00〜0:00(土曜日のみ19:00〜)
カウンター 正面

当分の間不定休でなるべく営業いたしますが、毎月十六夜は「十六酔乃宴」の為お休みとなります。
また、日本酒セミナーや貸切パーティー等が開催される際もお休みとなります。
45347898_249082305771439_6237108175326150656_n

午前11時から午前0時までの営業となりましたっ!

えっ?

なんで「Anagra」に

「Anagura」の「u」が無いのかって?

それは、ぜひ店頭で土井さんに訊いてください!


それでは、みなさん、昼も夜も
東京は浅草の窖にて
たくさんの皆さんと一杯やれます事
楽しみにお待ちしておりますっ!


  
カテゴリー:直売処「窖 あなぐら」│投稿:2018年11月03日 19:24

第2回 十六酔乃宴 開催!

「日本酒文化専門店 窖」では、この秋より「十六酔」と称した、月に一夜限りの酒宴を開催いたしております。
いざよいチラシ
そして、今週の金曜日、10月26日は第2回目の開催となりますっ!
18893081_1957846031110631_653424940910076005_n
満月「十五夜」よりも「月が少し躊躇って出てくる」という、翌日の夜、そしてその夜の月を「十六夜・イザヨイ」と申しますが、「窖」では、そんな情緒あふれる月に誘われ「いざ、酔いに!」と出かける酒宴を「十六酔」と名付けました。
th_18836071_1345047988945512_8560931008654884992_n
そんな「そして年内の予定は下記の通り。
11月24日(土)
12月24日(振替休日)
ゆるゆると美酒の夜をご一緒しましょう。
40820118_2218300721731826_5338250277088657408_n

第2回 十六酔乃宴
◉開催詳細
・10月26日(金)19時〜21時(20時半ラストオーダー)
・会費:2,500円
・日本酒厳選五種呑み放題
・おつまみはありませんのでお好きなものをお持ちください。
・特に予約は必要ありませんが、年内開催に関しては事前予約(窖にて前払い)の方に限り笠間焼のぐい呑みを進呈いたします。
th_18767806_1360383700705707_2355602261177316344_n


いざ酔いに 浅草へっ!

18882245_1957845981110636_8371191313703647491_n
  
カテゴリー:直売処「窖 あなぐら」│投稿:2018年10月23日 07:39