2009年03月05日

虹のかかるまで

虹のかかるまで
 

わたしの 心のなかで

わたしを 責め つづける

 もうひとりの わたしよ

わたしは あなたを 愛します

 

おそばに いても いいですか

泣きながら わたしを たたく

そんな あなたの そばで

わたしも 泣いて いいですか

 

 

わたしの 心のなかで

わたしに 責められ つづける

 哀しいほどの わたしよ

わたしは あなたも 愛します

 

おそばに いても いいですか

泣きながら わたしに たたかれる

そんな あなたの そばで

わたしも 泣いて いいですか

 

 おそばに いても いいですか

 もうじき 雨は あがるから

 おひさまの ひかりで

 きっと きれいな 虹が

 ふたりの わたしを つなぐまで

 

 きれいな 虹の かかるまで

 おそばに いても いいですか

  
Posted by issin888 at 01:01Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月21日

ひとりになりたい

 

ひとりに なりたい

 こころが そう 言うときは

ひとりに なるほうが いい

 

愛されたいのかい

 それとも

 愛したいのかい

 

 ゆっくりと たずねて みようか

 

たまねぎを きざむと

 なみだが しみでてくるのは

あくびが 伝染するのと

 きっと おんなじ 理由だと

  へちまは 笑ってたな

 

愛したいのかい

 それとも

 愛されたいのかい

 

 ゆっくりと たびして みようか

  
Posted by issin888 at 01:19Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月06日

とんかつの詩

「とんかつの詩」

 

ブタは すっかり あきらめてしまった

 

ずっと ずっと 小さい頃から

あきらめちゃダメ!!

その言葉を いくえにも

宝物のように いくえにも

かたときも はなさないで 生きてきたのにね

 

だって

いま 目の前に いるのは 

 腹をすかせた おおかみ なんだもん

 

ぼくを くわなければ 死んでしまう

 そんな おおかみ なんだもん

 

でもね

 ふしぎとね あきらめるとね

 こわく なくなるんだ

  

  こうしたことで なりたって きたんだって

  せかいの ひみつを ひとつ しったような

 

 だけど

ぼくを そだててくれた きみ

    きみの そんざいは きえないよ

 

 そして きみに かんしゃしている

  ぼくの そんざいも きえない はずだ

 

 はらを すかせた おおかみは

  ぼくを たべて

 きっと きもちよくなるだろう

 

 だって

 ぼくには かみさまが すんでいるのだから

 

おおかみは

 きもちよくなって きっと ねむるだろう

 そして

 ゆめを みるだろう

 そして こうこつを かんじるだろう

 

  こうこつを あじわって

  いのちは そうして つながっていく

  

ぼくは いしきなく たべつくされる

   そして いしきなく よみがえり はじめる

    そうなんだ ないものは ない

     あるものに つながれば いいのだ

 

 こわかった だけ だったんだ

 

  あきらめると 底を かんじる

   其処から はじめ られる ん だね

  
Posted by issin888 at 01:38Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月13日

復活 いっしん いのちのうた

昨日、広島の養護学校高等部に通う長男和也の
 クラスメイトが 病のため 天国に
 召されました。

 18年の人生のほとんどを 車椅子で過ごし
 高校生活のほとんどを 病院で過ごさざるを
 得なかった彼女は 和也の 大の仲良しだった
 ようです。

 この詩は 
  彼女に ささげます。 いのちに 感謝。

   
「いのちのうた」
(1)
青い大空 見上げるとき
見えないけれど 星たちは いる
おひさま 両手 拡げるとき
ちいさな胸に しあわせ 宿る

 あなたのことを 想い続ける
 夢見ることは 生きていくこと
 いつも 笑顔で 見ていてくれた
 いのちのうたは あなたのうた
(2)
雨に打たれて うつむくとき
大地の下で 種は 芽吹くよ
いつか お花が こころに 咲くよ
みんなの胸に しあわせ 呼ぶよ

 友たちのこと 想い続ける
 夢追うことは 生きていくこと
 いつも あなたの しあわせ願う
 いのちのうたは 平和のうた
(3)
時の流れは 大田(かわ)に 似ている
戻ることなく 瀬戸(うみ)に還る
岸辺で 歌う いのちのうた
流れに 乗って 地球旅する

 あなたのことを 想い続ける
 夢見ることは 生きていくこと
 なみだ 笑顔で 歩いてゆくよ
 いのちのうたを うたい続ける

  
Posted by issin888 at 01:15Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月11日

七夕を過ぎて

七夕を 過ぎて

  

七夕に 別れを
 惜しんで 残りの364日

 楽しみに 向かう。

 生きていると いうことは
  楽しみの 集積です。


 もう 一生 会えない人を
  思う 夜に。

 ご恩を いただいた
  昔の上司の 訃報に
   捧げます。



「 かなしみを 」

かなしみを おく
 そっと おいて いく

 それで いい

かなしみを しっかり
 あじわったの だから

 それで いい

ゆっくりと
 そして たしかに

 わたくしは あるいて

 すこしずつ
  かなしみが とおくなる

 わたくしが
  あなたの
  おもいでと
  いまを いきる ために

  
Posted by issin888 at 00:56Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月12日

ポケット

息子 和也と
 カープの貯金が 減っていると 
  そういう 会話になりました。
 ・・・・・ ないどころか と いう状況ですが(*c*:


「 貯金を 貯める って どういうこと?」

 そう問いかけると
  なぜか ポケットの ことについて
   話すこととなりました。
 
親子で
 ポケットのこと 話していました。

和也と 会話していると
 すごいセンスを 感じます。

IQ 53 の彼が 言う言葉には
 かないません。

大筋の 会話です。
 ポエム風に 加工しました。

 

「 ポケット 」

みんな ほんとうは しらないね
てに いれてから では
ポケットは つくれないって ことよ

ポケットを つくるとき はね
こんなものを いれるんだ って
よく かんがえて ポケットを
たのしんで つくるんと いいよ

ポケットに しまいこむんじゃ なくて
ともだちが こまったときに
とりだしやすい ように
ポケットを つくっておくと いいよ

ちちうえさま そういう ことよ
ポケットは いっぱい つくると いいよ

☆★☆★☆★☆

  
Posted by issin888 at 22:31Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月21日

「 馬鹿で ありたい 」

ご無沙汰しております。
 お元気でしょうか?生きて 生かされていますよね^^

 久しぶりの 投稿です。

哀しい事件を 聞くと
 やりきれない 気持ちになります。

百獣の王 ライオンは
 自分と 自分の家族が 飢えないための
  獲物を 確保したら 他の獲物は 逃す。

 肉食動物は 自らの いのちを 輝かす

  そのためにのみ 獲物を 追いかけます。

人間という輩は
 「 征服欲 」という やっかいな代物を授かって
「こんな獲物を 獲った」と、自慢するために
  内臓や 脳みそを 抉り取った 猛獣を 飾ったりする。

剥製をみていると この野獣の子どもは
 きっと さびしかった だろうな・・・ そう思う。

自分を 活かす ということは
 ただ 孤独から 抜け出すという以上に

 自分が 今 ここに 存在するために
  果てしない ご先祖様たちの
   今までが 集積している 自分だと知ること

 過ちは 取り返しようが ないけれど
  あの少年の 気づきを 祈りたいです。


「 馬鹿で ありたい 」

お日様を 見上げて
 漂う雲に イラついて
 「あの雲は じゃまだな」
 そんなことを 言う人が いる

「誰の邪魔を しているの?」

そう聞くと
 「俺は お日様を みたいからな」
 「 俺の邪魔を しているんだ」

実は
 お日様が そんな君を 見たくないから
 雲が お日様を 守っていることを 
     「 俺 」は 知らない

大地に お日様の
 たくさんの 恩恵が 蓄えられているから
 「俺」が 生きて 生かされていることを
  「俺」は 知らない

この空間は 僕らしだいで
天国にも そうでない 世界にも なる

誰かを 信奉して 安らぐ 人も いる
誰かを 誹謗して 安心する 人も いる

僕は ただ
 ありきたりの 丘で
ゆるやかな 風に 思いを 乗せる
 そんな ひとりの 馬鹿で ありたい

 生きるために 生き抜く ために
  たくさんの 日差しを 吸い込んだ
   草たちを ただ ゆっくりと かみしめる
  僕は ひとりの 馬鹿で ありたい


  
Posted by issin888 at 21:19Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月23日

「 いのち 」

息子 和也が 独り言 言ってた
  言葉を 紡いだ 詩です。


「 いのち 」

たいせつに 
 せんにゃぁ いけんのんよ
  ひかっとるん じゃけぇ

ほこりを かぶとったら 
  みがきんさいね
  きもちが よう なるよ

いのちはね こたえてくれるんよ
 じゃけぇ たいせつに するんよ

  
Posted by issin888 at 22:37Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月18日

食う とは 空に つながります

じゅん先生のブログ 訪ねました。

 函館の三色丼 の記事がありました。
 
http://plaza.rakuten.co.jp/cutcutjun/

 よだれ たらたら です。

 食う とは 空 に つながると 思いました。


「 はらごしらえ 」

まぁ くえ しっかり くえ
ゆっくり くう ことだ
あじわって くう ことだ

かみしめて くう ことだ

その めしつぶが
じぶんの はらぞこに 
しっかりと おさまるまでの
ものがたりを あじわい くう

まぁ くえ ゆっくり くえ
たいようと だいちと
 あめと かぜと 
おひゃくしょうさんの あせを

かみしめて くう ことだ
それから ゆったりと ねて
おまえの みちを きめる ことだ
  
Posted by issin888 at 00:36Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月16日

「 10年 」

 「 10年 」
 
つくり だす のは なんだろう
 ふあんな きもちと
  こわがる こころ
しっぱい したら どうしよか
 
つくり だすのは だれ だろう
  ながれる くも なら わかろうか
 
 つくり だすのは あたし だろうよ
  ふあんな きもち  ゆれる こころも
  
10ねん まえの あのころも
 ふあんに ゆれてた あたしだ けれど
 なにに ふあんを かんじて いたか
  いまは すっかり わすれて いるよ
 
 つくり だす なら えがおが いいな
 つくり だす なら みんなの えがお
 10年 むこうの あたしの こえが
  すなおな あたしを おもい ださせる 
 
☆★☆★☆★☆
  
Posted by issin888 at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月06日

新しい出会い「あせ」

遠藤友彦さん エントモさんの講演

良かったです^^ 最高でした。

グラウンドの土の匂いと

 皮のグローブの匂いと 熱い汗の匂いと

 北海道の冷気に 野球部の生徒たちの汗が

 湯煙になって舞い上がるような そんな講演会でした。

あいにく、娘は急用で行けませんでしたが、

私の中に落とし込めましたので 彼女に伝えます。

マラソンも好きだけど 駅伝が もっと好きですから^^

「 あせ 」

あせるな いいから かんがえろ
ほんとは なにが したい のか
ほんとは どこに いきたい か

さかだちを して かんがえろ
じょうしき なんて とっぱらえ

かぞえきれない それほどの
にんげんたちが いきてきた
そんな ちきゅうで いきている
そもそも それが きせき なんだな

さかだちを して かんがえろ
どうすりゃ おいらは うれしく なるか
あせを ながして かんがえろ

あせるな もぉっと かんがえつくせ
ほんとは なにが したい のか
ほんとは どんなに いきたい かって

  
Posted by issin888 at 22:55Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月03日

kyouto 今日と 京都

 
3月31日〜4月2日 京都を 訪ねました。
 
 前島ひで子さんと
  息子和也の スペシャルコーチングセッションを受けてまいりました。
 
  「 チチウエサマ サクラ キレイ ジャネ
     キレイト オモウッテ キレイナ コトヨ 」
 
   花寺という異名をもつ 法金剛寺の桜を 愛でつつ 彼は言いました。 
 
 お返しに
   「 咲いてよし 散りてなおよし
     みどり葉を 残せよ 枝垂れ 京桜 」
 
  一服と 煙草を くちに運ぶと
 「 チチウエサマ オトナトシテ ハズカシュウ ナイヨウニネ!!」
  わかっているけれど・・・
 「 大人として 恥ずかしゅうない ちゅうのは どういうことや?」
 
 ・・・・ 「 ソレヲ ジブンデ カンガエルンガ オトナ ナンヨ 」
 
     いつもの 応えでした。
 
  仁和寺の御室桜は まだでした。
 
  「 チチウエサマ ザンネンデシタ!!
     デモ サクヨ サクトキハ サクラガ シットルンヨ 」
 
   竜安寺では 石庭の混雑に 辟易として
     裏手に廻ると
 
     こんな文字に出会いました。
 
  「 吾 唯 足 知 」
 ・・・ ワレ タダ タルヲ シル つくばいに刻まれた文字でした。
 
   「 チチウエ ドウイウコトナン? 」
 
   ・・・・  今ここに 僕らが おる ゆうことよ
 
      来年は 合格した娘と きっと 同じ場所を 訪ねようと
        思いました。
 
      御室桜は 咲くときを 知っているのでしょう。 
 
                     いっしん拝
  
Posted by issin888 at 02:04Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月31日

今日と にて

いっしんです。和也と 妙心寺を 訪ねました。禅 臨済宗 総本山です。 ただ在る 自分たちを観ました。中にある退蔵院で、日本最古という水墨画 瓢箪図を 観ました。詩と絵を合わせた詩画。とらえどころのないナマズを、カドのないヒョウタンで捕えよという禅の問いを 表す画でした。娘の浪人確定のメールを受け取った後でしたので 不思議に感じました。合格 不合格では 表せない必然を 味わいました。家族一同 無限にある答えを 創作しつつあります。
もちろん 笑顔でね 明日は仁和寺で 桜を めでます。来年 娘に咲けよ と。  
Posted by issin888 at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月29日

サンダーバード「 雷鳥 」

金沢に向かう長女からメールが届きました。
パートナーの皆様に 詩エア 申し上げます。 コー父いっしんです。
 
大阪で乗り換えた「サンダーバード」という特急電車は、
地震被災地「能登半島」に向かうボランティアで一杯だったって・・・
 
友達ができたって^^
「 どこに行くか ではなくって 何をしに行くか なんよね 」
目標と 目的の違いを 彼女は 何気に体得しつつあります。
 
「誰かの役に立ちたい」・・・そんな空気がメールと一緒に届きました。
想いが 想いを 寄せ合う・・・サンダーバードという特急だったようです。
 
ネットで「雷鳥」を調べると・・・・ユーラシア大陸北部と北米大陸北
部に生息する。日本は生息地のうち、最も南に位置する。日本で
は中部地方などのおよそ2500m以上の高山地帯に住む。
 
氷河期の遺存種。
氷河が後退する際に高地に取り残されたと考えられている。イヌワ
シなどの天敵を避けるため、朝夕のほかに雷の鳴るような空模様で
活発に活動することが名前の由来である。
 
・・・・そうありました。
 
・・・・力強く 氷河期を 乗り越えて、大きく 育ってほしいな。
 雷のなるような時にこそ 翼を 拡げて。
        ・・・すべてが、学び。かわいい子には やっぱ 旅 かもね^^
 「雷鳥」
 
カミナリノ ヒヲ ツバサニ ウケテ
カナシミ モヤシ ヒノ トリト ナレ
 
アマツチ ツナグ カミナリノ ヒヨ
コノミヲ モヤセ タビタチ ノ タメ
 
ダレニモ ゴマ カサ レヌ ヨウニ
ナニ ヨリ ワタシノ ユレル ココロニ
 
カミナリノ ヒノ ソラニ コソ 
マイテ ココロニ ホノヲヲ トモセ
 
カミナリノ ヒヲ ツバサニ ウケツ
カナシミ モヤシ ヒノ トリト ナル
 
☆★☆★☆★☆
  
Posted by issin888 at 00:22Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月23日

「 ハンディ 」

 おみえいただき ありがとうございます。
 
「 ハハハハハ〜!!」 
長女が 次女と風呂に入り
 中から 笑い声が聞こえてきます。
 
音階でいうと「ララララララ〜♪」でしょうか^^
 「 ハンディを授かった子どもらぁに
  あきらめんのんよ いう仕事につきたいんじゃけぇ
   わたしも 簡単に あきらめるわけには いかんのんよ〜♪」
 
 なんだか 彼女には 本当に 教えられます。
 
 
   「 ハンディ 」
 
軽くなる ことを ハンディ って いう
手に もてる 軽さを ハンディ って いう
 
 手に余る 自分を 感じたとしたら
 ハンディって 笑ってみるよ
 
けっこう 重たいのは 事実だとしても
 重たさを 感じる 自分は 意外と 軽い
 
 あきらめないで って 呼びかける私が
  そんなに 簡単に あきらめるわけには
   いかないんだよね
 
  一緒に 歩いて 行く なかま なんだもの 
  
Posted by issin888 at 21:45Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月22日

合否の枠の外にあるもの

一応 結果報告は 必要かと・・・
 パートナーシップに感謝しつつ
   父親のアップセットを 受け取ってくださいませm(。。;m
    広島在住 コー父 いっしん こと 石田博俊です。

合否 というのは 非常なもので
 イエスか ノーか
  白か 黒か

  はっきりします。

 彼女は 結果を 受け取りました。

  夢を 砕く結果でしたが

  「 後悔しとお なかったけぇ
     後悔しとらんけぇ ええんよ^^」

   でした。

   自転車で 走りたかった だけ 
    こけた理由は 学びになった そんな感じ。

  彼女は 探究の時間を 持つことになります。

  合否では 味わえない世界です。

  息子は
  「 チチウエサマ
     フーセント ユメハ 
      フクラマセル タメニ アルンヨ 」
    そういいました。

   長女は
   「 風船を 膨らませすぎると
      割れるけど
      中に 閉じ込められとった空気が
       世界に はじけるようにも
        思えるンょ^^」

     そう 言います。

     いやはや もう 子どもでは ない。

     しっかり 承認してやります。

   岸さん 生きている「存在」 
   そして 自分を表わすコミュニケーションとは
   かくも 触発を 呼び合う
    かけがえのない もの なのですね。

    親子というよりも
     子どもたちを 素晴らしいパートナーとして
       受け取りました。

  
Posted by issin888 at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月21日

春分

娘の試験結果 発表が 明日です。
 穏やかな 静かな夜です。
 
春分。
 
 春は 何を 分けるのだろう・・・
 
  どちらでも よい。
 
  そこから 始まる。
 
 「 春分 」
 
もしも ねがいが かなうなら
もしも あなたに かなうなら
 
 しずかに わけあう ひと なろう
 
もしも ねがいが とどくなら
そして こたえが ひらくなら
 
 しずかに あなたを だきしめる
 
 おだやかな はる しずかに ねがう
 
☆★☆★☆★☆
  
Posted by issin888 at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月17日

いのち

ご縁ある皆さま
パートナーシップを ありがとうございます。

  発信地は 北海道 から 第二弾
副題
  「 いのちが しゃべりつづけ てる^^;」・・・いっしん題

本題「 ザ・coach 」 北海道の石川尚子コーチが
 岸英光を まさに 脱がせまくり 裸にしてしまいました!!
   そこまで 岸さんを 裸にするか!!!

 これは、岸英光氏の 「 源泉 」を 感じざるを得ない
  裸のプロフェッショナルです。

  特に・・・ 登別温泉 混浴風呂でのシーンは圧巻でした!!









    嘘ですm(。。)m そんな場面は ありません。


   ただ、
    2枚組みの 圧巻DVDを 税込み3,990円 で
   販売するという 意図は 
   「 コーチングを文化にする 」アプローチそのものだと 思いました。

 これは 「買い〜!!」 であり、 「甲斐〜!!!!」になります。

  岸さん 石川さんの コーチングへの取り組み姿勢 感じます。

  そして、岸さんは

    1対1 でも 1対多 でも まったく 変わらない岸さんなんだと
      つくづく 感じました。

    「 軽い〜!! 」 そして 「しみる〜!!!」

 お申し込みは 今すぐ!!
    →→→  
http://www.ymrp.com/

    視聴後、
      なんだか 北海道の 青空のように 心が 澄み切ってきます。

    そして、「 じゃ、やろっか 」に なるはずです!!


    別に いっしんが 儲かるわけでも なんでもないんですけど

     やっぱ いいものは いい だから 買ってください!!

お申し込みは 今すぐ!!
    →→→  
http://www.ymrp.com/


      登別温泉みたいに あったかく なるよ!!

 

     「 いのち 」

たいせつに せんにゃぁ いけんよ

 ひかっとるんじゃけぇ

ほこりを かぶっとるときは

 みがくんよ

きもちが ようなるよ

 

いのちはね こたえて くれるんよ

 じゃけぇ たいせつに するんよ

  
Posted by issin888 at 22:12Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月12日

ご案内

≪3月19日(月)前島ひで子さん講演会のご案内≫

 

「 太陽である自分を許可する 」
    ・・・・ 前島ひで子さん から 学べたこと。 いっしん拝
 
 面白い一日を振り返りながら、さっきまで「約1.5時間くらい」
お風呂に入っていました。
 いつも「カラスの行水」ですので、これは実は革命的なことでした。
 記憶にないほど いっしんにとっては 長風呂でした。
・・・ちなみに通常5分 カップラーメンの世界ですから・・・。
 
 すっごいリラックスしていたら、「太陽である自分」を感じました。
太陽である自分が見ることができる地球は、いつも輝いています。
 
 けれど、全体としては、輝いていますが・・・同じ陽光をあたえなが
元気にイキイキしている人と うつむいて元気のない人がいます。 
 
 食べきれないほどの食事を残している地域もあるし、飢えて泣いて
いる人々が多い地域もあります。
 
太陽を見上げている人もいるし、誰かが自分を陥れようとしていると
周りににらみをきかしている人もいます。
 
 感謝している人もいるし、「当たり前だ」と、ふんぞり返っている人も
います。儲けている人と、儲けていない人と、儲けたいけど儲からな
い人と、全然気にしていない人と、勝ったとか、負けたとかいう人と、
「楽しめるかどうか」を基準にしている人と、すっごい いろいろいます。
 
最近、ここ50年くらいかな?
寝ている人が多くなっていることが不思議でした。・・・・
どうやら、太陽である自分が見えない「夜」という世界で働いているよ
うです。
 
・・・・いずれにしても「太陽である自分」ができることは、「愛の光」を
地球に注ぐことだけです。
 
「こうでなければダメである!!」という人が、ここ2〜3千年に現れ始
めました。
「正義」という錯覚を自ら気づけず、従うものを求めました。従わないも
のは「悪」と名づけられました。
 
自分の暮らす地域で「国」というユニットを定め、「国」を守るために・・・
時に先制攻撃をする国も現れました。
まだ攻撃されていないことを理由に、今こそ、攻撃に備えて軍備を整え
ることこそが、「美しい国」を守る道だという人もいます。
 
その軍事準備費があれば、地球上の飢えている人々を十分に救うこと
ができるほどの軍事費なのですが・・・
「国」を守るために、「地球」を壊す準備をしようとしています。
 
この100年くらいの間で、ずいぶん あちらこちらで 炎が 多く見えるよ
うになりました。
 正直言うと、「泣き叫ぶ声」が、以前にも増して聴こえるようにもなって
きています。・・・・・「母なる地球」といいながら・・・・神に救いを求める
人も増えています。
 
 神を語る人を盲目的に信じることで、ひと時の安寧を求める人も多い
ようです。
「皆さんご自身が神なのですよ」・・・・私の声は なかなか 届きません。
 
 
・・・・ いかがでしたでしょうか?
 前島ひで子さんとの「出会い」から、私「いっしん」こと石田が「触発」を
受けて、いただいたメッセージです。・・・くれぐれも、ご存知のように「 い
っしん 」は、ただのオヤジです。
だからこそ、コミットします。
「地球から、戦争をなくす私でいきる」
 
国ごと 地域ごと 職場 そして 家庭においても。
 傲慢でしょうか? ・・・・すでに 息子和也は その境地 ですが^^;
もし、ご都合がよろしければ、3月19日(月)・・・来週の月曜日・・・午後
1時開場 RCC文化センターでの前島ひで子さん講演会にて、お会いで
きますことを心より楽しみにしております。
 
☆★☆★☆★☆
 
→ まずは、メールを issin888@mail.goo.ne.jp

 

★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆

 

「前島ひで子さん講演会」

 

 □開催日時 平成19年3月19日(月)

      午後1時開場 午後1時半〜4時半

 

 □開催場所 RCC文化センター

      広島市中区橋本町5−11

        tel 082-222-2277

     

 □参加費用    2,000円

      高校生 1,000円 中学生以下無料

   ( 会場費+講師旅費交通費に充当します。)

 

 □お申込み・問合わせ先

   生命の学校 広島校 事務局

    螢織爛蕁tel 082-277-6060

         fax 082-277-6334

        メールアドレス

             issin888@mail.goo.ne.jp

★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆

 

  
Posted by issin888 at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年03月09日

「ちちうえさま」


 長女の二次試験 初戦敗退に 大きく動揺
 コーチング用語で「 アップセット 」

(セットアップ・・・準備完了の逆の状態です)
 していた いっしんこと石田博俊です。

ごきげんいかがですか?

 いっしんは しょっちゅう アップセットして
  和也や 長女に たしなめられています。
  次女 に そして 妻に あきれられています。

 僕らは マイナスのエネルギーに悩まされがちですが
 マイナスで 自分自身を 追い込む 追い詰めるエネルギーも
 実は「エネルギー」であるということを 忘れがちです。

 振り子と同じで
 マイナスに 大きく振れた後、 プラスの方向に進むのが
 詩善の摂理・・・自然の摂理なんでしょうね。
 だから、世間で言う「 ポジティブに!! 」とか
 「プラス思考で!!」 というセンスには 疑問を感じます。

 「プラス思考」の鎧を身に着けていた いっしん自体が
 昨年の今頃 強烈なウツ状態にあったのですから
 身をもって 体験した感があります。

 本当に プラス思考というのは、 自然体で
 生きていくという それだけのことだと 感じます。

 糸を切らないように気をつけることが大事です。
   それを世間では 「あきらめない」 と言います。
    「投げ出さない」でもあります。
 
 セカンドチャンスに挑む 娘が マジな眼差しで
 「 おとうさん ・・・
    今度 受験に言ったら 下宿決めてきて ええ? 」

 ・・・・ 完全に 志望校に合格すると言う前提の 娘・・・・

  「 オッケー^^ 」・・・・ 促されるように
    考える間もなく 返事をしていた 父親の私・・・

  

  だから、「大丈夫^^」

 江戸時代の人に ニューヨークをリアルタイムで見れることや
 平安時代の人に 東京と広島で 話ができることを言っても
 鎌倉時代の人に 鉄の翼で 空を飛ぶ なんて言っても
  信じないはずですよね

 でも、いっしんは 「すべてのことは 良い方向に 向っている」
  そして、「すべてのものは つながっている」
そう 感じています。
  確信に 近いです。

以前 シェアした詩ですが どうか 味わってみてください^^

大河ドラマ 観ていて 和也は 
なぜか ボクを   「  ちちうえさま 」と 呼ぶように なりました。
    これは 詩 というよりも
いつも ニコニコしている
 彼に     いつも プンプンしがちな
 ボクが 問いかけた時の     会話 そのものです。
 
 岸英光氏(日本が誇る「zen コーチ」)
http://www.communication.ne.jp/profile.html
がいう
 「 可能を開く 」というセンスに 近い 息子との会話でした。

 Pureな こころは 美しいものです。
 何もかも 大人は 難しく考える癖が ついているのかも・・・

      ::::::::::::::::::::::::::::::
      「ちちうえさま」  いっしん&かずや

      お前 どうして 
   いつも ニコニコ しているんだ?

      チチウエ サマ ボクハネ
      イツモ タノシイコト 
   タノシク ナレル コト
       ソンナ コトヲ イツモ 
   カンガエ ヨルンヨ
    
   ソシタラネ
   ナンデカ タノシク ナルンヨ ボク

      お前 悲しいことは ないのか?

      カナシイコトハ 
   カンガエン コトニ
       キメタンヨ チチウエ サマ

      ぼくは なんて 未熟なのだろう

      チチウエサマ 
   チチウエサマ モ デキルヨ
      ダッテネ タノシイコトヲ
   タノシクナレル コトヲ
       カンガエル ダケ ナンヨ ホント ナンヨ

      ヒキザンヨリ
   カンタン ナンヨ チチウエ サマ
       オコラレ テモネ 
    ナンカ ウレシク ナルンヨ
       
  チチウエ サマ デキルヨ キット デキルンヨ

  
Posted by issin888 at 20:24Comments(0)TrackBack(0)