「家族・絆・家づくり」イシンホーム岡山支店長 樋口のブログ

こんにちは イシンホームの樋口です。 長年総合建設業の営業に携わってきましたが、個人のお客様の家づくりをお手伝いすることに魅了されてイシンホームにやってきました。 お客様の”生き方”や”価値観”を大切にしながら、真っ直ぐに、直向(ひたむ)きに家づくりのご提案をさせて頂きます。

2019年12月

2019年お疲れ様でした!

こんにちは




2019年も今日で終わりですね




年末は




岡山支店のみんなで仕事納めの昼食会に行きました




夜の慰労は時々するのですが、主婦の方も多いので時にはランチで慰労です




S__11911182




(偶然にも前の会社の同期に店で会いました、ビックリ




昨日は日生までカキオコを食べに行ってきました




もう通って10年以上になる樋口家のお気に入りのお店




さすが年末なので人が行列になってます




S__11911181




待つこと1時間




S__11911180




こちらのお店、ソースではなく、出汁醤油でも頂けるのです




牡蠣そのもの味を楽しめる出汁醤油はおススメです




それだけでは足らず、日生のスーパーで殻付き牡蠣を買って帰ります




S__11911179




そのままホットプレートでガンガン焼いて食べます




S__11911178




いやー美味かったです




年末年始、しっかり休んで年明けの激務に備えますね




ブログをご覧の皆様、今年一年ありがとうございました




皆様、良い年をお迎えください

フラット35 今月の金利は??

こんにちは




さて毎月お送りしていたフラット35の金利情報




先月は上がっていましたが、今月はどうなったのでしょうか




12月の金利を見てみましょう




(画像はクリックすれば拡大されます




【買取型】2019年12月金利表_ページ_1




新団信運用開始に伴い、一般団信ご利用時の金利を提示金利として表示します




90%以下の融資率、団信加入無し及び団信種類に応じて融資実行時の適用金利は異なりますのでご注意を




返済期間20年以下 ⇒(10月)1.06% ⇒(11月)1.12% (11月)1.16%


同 フラット35S適用後 (10月)0.81% ⇒(11月)0.87% ⇒(11月)0.91%




返済期間21年以上 (10月)1.11% ⇒(11月)1.17% ⇒(11月)1.21%


同 フラット35S適用後 (10月)0.86% ⇒(11月)0.92% ⇒(11月)0.96





2か月連続で上昇しましたね




ここ数か月がかなり低金利だったので戻ったということでしょうか




検証してみますね




ここ最近の金利をグラフを拡大して見てみましょう




題






6月の金利よりは低いですが、だんだん上昇してきているのが気になります




いずれにしてもここ1年のグラフを見ても低金利と言える水準です




今後の動きには更に注意です




ローンの相談もお気軽にイシンホームまでお聞き下さい

住宅の地震対策 イシンホームの場合

こんにちは




今朝のNHK「あさイチ」で家庭の地震対策について特集されていました




その中身が正にイシンホームの考える地震対策と同じ方向のお話でしたので、ここでご紹介させて頂きます




番組ではまず地震の負傷者が”建物の倒壊”より”家具や家電の下敷きや、ガラスなどの飛散”による原因が多いことを伝えています




S__11059214




阪神大震災当時は”旧耐震”の住宅が多かったと思われますが、建物倒壊による被害は17%程度しかなかったようです




(耐震基準が見直され、昭和56年6月1日以降に適用されている耐震基準を“新耐震基準”、それ以前に適用されていた基準を“旧耐震基準”と呼ぶようになりました。新耐震基準では震度5程度の地震を受けても建築材の各部が損傷を受けないことが条件であると定められています。つまり、昭和56年以前に旧耐震基準にもとづいて建てられた建物が震度5程度の地震を受ければ、建物の各部が損傷を受けるということも大いにあり得るのです。また、新耐震基準では震度6~7程度の大規模地震についても言及されており、そのレベルの地震を受けても倒壊、あるいは崩壊しないという条件が定められています。しかし、旧耐震基準では大規模地震についての記述は一切ありませんでした。すなわち、いわゆる大地震については何も定められていなかったのです。)




テレビでは震度6での本棚の実験を実施したところ、何も施していない本棚の書籍は一気に飛び出しました




それはまるで凶器のよう




S__11059219




お話されていた講師の方も、こうおっしゃっています




S__11059220




S__11059222




S__11059223




なるほど、住宅においては建物の丈夫さを高めるよりも内部の家具や家電が飛び出さないようにすることが肝心のようです




イシンホームの考える地震対策はまさにこれ




「耐震構造」+「減震ブレーキ工法」という組み合わせです




S__11059229




「耐震構造」は皆さんご存知のものですが、「減震ブレーキ工法」とは聞きなれないものですよね




詳しい説明は下記のHPをご覧ください




減震ブレーキ工法(SMRC株式会社)




大震度にも対応し(画像はクリックすれば拡大されます)




S__110593229




制震や免震にも負けない工法です




S__1105932239




実際にイシンホームの家に住んでいる方が2016年の熊本地震に遭われた時のインタビューでは




S__11059231




S__11059232




とおっしゃっています




イシンホームの考える地震対策をモデルハウスで体感されませんか




野田展示場、城東展示場に体験装置を常設しております




7A0DA1A4-6E5F-44B7-9956-D83C26572C5E











注文住宅の値引で注意すること

こんにちは




今日は「注文住宅に値引」というある意味究極のテーマに沿ってお話したいと思います




私は以前からこの”注文住宅の値引”に懐疑的な思いがありますので、お時間のある方は以下の記事も併せてご覧ください




2018/6/17 住宅に値引きは必要か??




お客様の立場からすると”値引”をしてもらえると嬉しいですよね




私も”家を売ること”以外では買う立場ですので、生活の数々の場面で値引きしてもらえるととても嬉しいです




しかも住宅という大きな買い物ですと、〇〇万円、いや〇〇〇万円という高額の値引が期待できそうですよね




しかし私が住宅会社の内部にいて至った結論は、「基本的に高額の値引はあり得ない」です




この理由について書いてみますね




まず注文住宅の大きな特徴が、「この世にまだ存在しないものを買う」ということです




住宅でも建売住宅や車、テレビ、服といったものは買うべきものが既に目の前にあります




上記のモノを買う場合、既に買う対象が決まっていてあとは”いくらで買うか”が問題ですから、力いっぱい値引き交渉しても受け取る商品が変わらないので、安心して値引き交渉することができます




ところが注文住宅は買う対象が存在しない訳ですから、買う対象が「どんなものなのか」をしっかり把握してからでないと、値引き交渉する意味がありません




値引した分を、安い材料や手抜工事をされる可能性は否定できませんよ




家を建てたことがある方は経験上分かると思いますが、”どんな家が建つか?”は「図面」と「仕上表(仕様書)」で決まると言っていいと思います




図面は例えばこんなもの




平面1階




どれだけの大きさの家で、どこに窓が付いて、ドアがどこに付くかが分かりますね




上記は平面図というものですが、これ以外に立面図、電気図などいろいろな図面を基に家を作ることになります




皆さん、契約前にこの図面を見ることはよくあると思います




ではこれで全てが分かるでしょうか




使う材料や設備が気になりませんか




それを示すものが仕上表(仕様書)です




仕様書画像




拡大してみましょう




仕様書画像2




仕様書画像3




こと細やかにどこにどんな材料を使うかが書かれていますね




実際の建築にはこの表が無いと何を使って家を作っていいかが分からないのです




では値引き交渉する前にここまで確認している方がいるでしょうか




間取りについてはお客様も拘られますが、この材料について気にされる方はほとんどいないです




なので、値引きした部分を安い材料に変えて回収することも可能なのです




間取りと仕上表がキッチリと決まっていたらダイレクトに会社の利益が損なわれますので、〇〇万円、〇〇〇万円などという値引が出てくるはずがありません




あるとすればそれは最初から値引できる金額として上乗せされていたと考えるのが妥当だと思います




”値引を求めてこられたら下げる”または“競合した会社の値段を見ながら下げる”といった、私からすると古い営業スタイルの会社もまだまだ多いです




ここで注意事項ですが、最初から値引分が上乗せされている会社にはしっかり値引き交渉しないと、”高い家”を買わされますよ




「そんな会社どうやって見つけるんだよ」と言われそうですが、簡単です




見積を出してもらった後、もう1社見積もりをとってみてください




競合他社が出てきた途端に、〇〇万円、〇〇〇万円という値引を言ってきたらこれは最初から盛られていたと考えていいです




ただ決算やキャンペーンなど会社からの指示で特別に利益率を下げることを認められているものは、妥当な値引きと言えるでしょう




因みに樋口のポリシーは「後で値引できるんだったら、最初から下げろ!」です




見積を見られたお客様からするとサービス精神のない営業に見られるかもしれませんが、これが一番皆さんに公平で、最良の住宅を提供できる方法だと私は信じております




なので樋口の値引には必ず「何故そうなったか」という理由をお伝えすることができます




皆さんも今一度値引についてお考えいただきたいです


防衛大学校 棒倒し

こんにちは




先日、ご契約を頂いたお客様からチョコレートを頂きました




S__10993712




S__10993714




ん、「防衛大学校」との記載があります




そうなんです、お客様のお子様が防衛大学校にいらっしゃるそうなんです




チョコレートはお客様が防衛大学校の「開校記念祭」に行かれたお土産です




「開校記念祭」といえば”棒倒し”が有名ですね




25




写真からも迫力が伝わってきます




私は見に行ったことはありませんが、
防衛大学校の卒業生の方からお話を伺ったことがあります




以前から一度見に行きたいと思っておりました




いつの日か機会があれば見に行きたいものです




Youtubeにも動画がたくさんありますね









お客様から防衛大学校の興味深いお話を伺うこともできました




ありがとうございます




美味しくいただきました




余談ですが、自衛隊関係でいうと「富士総合火力演習」も一度見てみたいです




この迫力はスゴイらしいですね




25



プロフィール

イシンホーム津山店...

  • ライブドアブログ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック