でっていう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・w















                いや〜今回 この前の続きです♪(・∀・)ニヤニy














意外にうまくまとまりがきかなかったんで、 今回後編になってしまいました・・・w















まぁ〜ということでね?






ぷいちゃんからも指摘があったのでテンプレ変えましたよ・・・・・ええでいず〜(;´д`)ヾ w














まぁ、  ね?    そんなこんなで アフロな内容を探って見ましょうか・・・・



















※捏造カナリあります(・∀・)

前回までのあらすじ・・・・・・・・・・・・・



















汁 「まったく 、 おれはこんなことをしてる場合じゃないんだったな!! 」
















イ〜 「 どうしラッぁーーーー!  旦那っぁぁーーーーー!!!! 」

















汁 「ちょwww いちいち耳元で叫ばないでくれる!!wwww 








耳キーン (・∀・)    って逝ってるじゃないの!!!w   」









 








「 まったく・・・・・・・・・いや、 何ね。  人探しをしようかなとさ〜 」










イ〜「ほう、  じゃあ何か?  その アフロと体で勝負しようってのか?」























「 ちょwwww      何を勝負するのよwww    ていうかアフロ関係ないじゃん?wwww  」




















イ〜「  なら 仕方ないな。  俺がとっておきの  情報減 の場所を しってるぜ? 」













「   あの・・・・・・・・・・・・・・漢字違うけど、まぁいいかw      




    とりあえず、 おしえてもらおうかそこに。  」














イ〜 「 おkだ。    とっておきの 情報厳 だぜ・・・・・・・」















「   あの、    何か  そんなに 厳しい  情報何すか?wwwwwww」   












 「「「  いらっしゃいませーーーーーーーーーーーーー♪ ご主人様♪^^ 」」」























汁 「  ちょwww   アレ?w   これっ・・・・アレ?wwww 」


























フェルノ 「 いらっしゃいませ ご主人さ・・・・・・・・・・・^^    変態様♪ ^^ 








   

   な、 何やってんのよ。 汁wwww 」






















汁 「  いやいやいやww    あの、 萌える!!!(*´∀`)ハァハァハァ 



じゃなくって  フェル子 こそ何やってんのよww  」




















フェル子 「いいじゃなの!!!   私だって 下僕どもを 手下につかせたいんだからね!!1! 」














汁  「ハイハイ・・・・・  」





















フェル子 「  ちょwww おまwww                             








ったくww       で? どういう風の吹き回し?」





















汁 「   いや、何  ちょっと・・・・・・・・・」












フェル子 「 まったく、  にゃんこ さんはしってるのこのこと? 」















汁 「ぇ?wwww    あ、 まだ 最後まできいt・・・・・・・」























フェル 「私たちが こういう関係に あるのって。 まぁ 関係なんか持ちたくないがね。」















汁  「  なんだと!!!     許す!!!!wwwww  」
















フェル 「  まったく  もてる 女っていうのは  ツライモノネ ・・・ 」





















汁 「あのwwww   ねぇ 聞いてww  」





























フェr 「 でも  私はそんな  安くないわよ。   毎週月曜日の9時からの

恋愛ドラマみたいじゃないと  却下だからね  」






















汁 「  ちょwwww    いや、あのねあのね  あのねのね・・・・・ 」























フェル 「 でも  汁 だったらどうみても  深夜12時以降の  B級ドラマよね。  









アフロー探偵物語とか、 太陽に アフロありとかだものね 」


















「 おいw   ちょっと すごいとこから だすなこのーーーw^^^^^^」































フェル 「  で、   どういう 風の吹き回し? 」


















汁 「話 戻しすぎだろうがぁーーーーーwwwwwwwwwwwwww おkww」

















しばし、  話し合いが進むにつれて・・・・・・・・・・・
















フェル子 「 なるほどね、  とりあえず  私の関係な者に伝えといたわこのアフロガ・・・・・・」 










汁 「 あ、ありがと^^     何かキコエタ・・・・・・? 」














キセa 「 イン 姉さん。 


とりあえず  手当たりしだい関係になりそうな人物を集めてきましたっす!! 」









フェル 「 あ、 すまないね  」















キセa 「  な〜に、  姉さんのためなら  



たとえ イン姉さん のお金で 温泉やらホスト通い 行ったとしても  自分 喜ん

で 仕えさせていただきまっす!」 













フェル 「  ちょwwwwww



どうりで  有り金   減ってると思ったらお前かwwwwww   」














キセa 「  な〜に  そこまで気づかない姉さんの 図太さに 惚れますぜ?」










フェル 「   それ  褒めて ないからね? 一様wwwww    」














汁 「 でw    そんなに   人 あつまったの?w 」










キセa 「  もちろんっすよ〜    ちょっと 表にでろや このアフロが 」













汁 「   ちょっと!ww     おじさん 興奮するじゃないか^^^^ 」













さっそく  出てみると   いるわいるわの  人だかり。














軽く  20人は いるようだ・・・・・・・・・・・・・















汁 「   あの ・・・・・・・・・ 」




















フェル 「   ん?  どうした  間違いなく この中にいるかもしれないぞ?」

















タナカ 「    僕を  呼びましたかい?  ナカータです♪  かっこいい俺!!!!!1(・∀・)  」










汁「   俺の ほうが   かっこいいから!!1! 」







タナカ  「  俺!!!!!」  










汁  「  俺だからーー!!!1!1!wwwwwwww  」











各自永遠と 、   10分経過・・・・・・・・・・・・・・・・・・






















タナカ「   中々やるね   汁さん・・・・・・・・・・・・ 」






汁 「  あんたもなW     タナカ君・・・・・・・・」
















って   アフロ同士で  友情芽生えたって しょうがねえじゃねえか!wwww





















まったく・・・・・・・・・・・・・・・・・・w           


















ン?



























     ジロー  「  萌える!!!!! 萌え萌えだこのぉーーー!!(゜д゜)  」










にゃんこ  「   にゃ〜ん♪ (スリスリ)    」


















汁「   あ、  じゃましてすいまs・・・・・・・・・・・・   










アレ?  なんだいまの・・・・・・・・・・・・w   







色んなやつがいるもんだ・・・・・・・w」



















イ〜「  なぁ 旦那  どうだい 聞いた感じ いそうか?  デンスケってやつ?」










汁「   いや、だめだ〜 ここからじゃ洗い出せないみたいだな・・・・・・」









フェル 「  そうか、  すまんな。  」





















汁 「  いや、いいんだ・・・・・・・・・・・・








  変わりに  体で払ってもらおうかぁっぁあーー!!www   」













汁さんが  動く前に 首筋に  フォトンの  ツメが  少し刺さりそうになる。










フェル子 「  ビースト なめないでね♪ ^^^^^ 」










「 あ、すいませn・・・・・・・・・・・・・・・w    」













キセa 「  汁さん   いい情報が入ったっす。  何かうちの系列店なんすけどね。


もしかしたら、  そのデンスケ    ホスト になってるとかなってないとか。


まぁいってみて下さい。




後の処理 は知りませんがね・・・・・・・・・・・・・・・」









汁 「なに その意味ありげな   最後の台詞は・・・w 





とりあえず、  いくしか ないようだなぁ・・・・・・・・ 」 














しばらくして、    さっそく店構えが目に入る・・・・・・・・・














汁「 ここか・・・・・・・・・  」














 ガラララらー













汁    「    なっ!  !    ! ! 」










汁さんが  入って 目にしたのは    どうやら 知り合いのようだ・・・・















ニーナ 「   そうね    ドンペリでも 持ってきてもらおうかしら 」







ホストA 「 いや、でもですね  お嬢さん 未成年にしかみえn・・・ ブブッ!」














水を 引っ掛ける そのしぐさは何か手馴れている・・・・・・・・・・w







にーn 「 あんまり 私を  怒らせないでくれる? ぼうや



ちょっと背が 低いからって いけないわ。   お嬢じゃなくって 女王様ってよびなさい。」






ホスとB 「 申し訳ございません  ミスユニバースクィー−ン!!!!1」








にーn 「まったく レディの 扱いもしらないなんて、  ホストが聞いてあきれるわね。






 年増の女は ごまかせても、 とびきり若い、 とびきり若い女性には大人の扱いをするものよ?






ドンペリ  もってこいって言ったら、 オレンジジュースの一つでも持ってきてくれるのが、




気の利いたホストじゃなくって? 」











A「  すいません!  どうぞ オレンジです!!!」














にーn 「 あらあら、やーね。 本当に オレンジもってきてどうするのよ。





オレンジで 収まる女だと思ったの? 大人なら メロンソーダ の一つや二つのめるわ 」












B「 イヤーー!  さすがっすね!     大人だ!!!」














汁 「・・・・・一緒に参加しt(・∀・)・・・・・・・・・・・いやいやここは



我慢しよう・・・w  それに、 見なかった 事に  しよう・・・・・うんww  」











あ、そういや〜  写真持ってたな デンスケの ・・・・・・・・・・・





































































画像


いんのかこんなやつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・w



























結局、   その日は   見つからなかったのでありました・・・・・・・・・・w







       
                汁 の 不適な 日々・・・・・続く?w