October 25, 2012

次回ピアノ発表会の選曲

22回目のピアノレッスン♪教則本『バスティン 大人のピアノ教本 BOOK1』の最後の曲『FOR ELISE(エリーゼのために)』(Beethoven)(アレンジ版)も何とか無事に花丸をゲット。結局、この曲は1ヶ月くらい弾いていた事になる。左手で小さい音を出すのが、意外と難しかったな〜。

次の教則本『バスティン 大人のピアノ教本 BOOK2の方は先月から既にレッスンが始まっていて、ちょうど第1章が終わったところ。BOOK2の内容は、見た目にはBOOK1より少し五線譜が小さく書かれているのと、少し音符が増えた感じがする。でも、実際に弾いてみると結構複雑な(でも面白い)リズムの曲が盛り沢山って感じ。先生も、アメリカの教則本は垢抜けてるね〜って言われてた。

四期の併用曲集『バスティン ピアノ名曲集 第1巻』の方は、先生が『Minuet in G(ト長調のメヌエット)』(J.S.Bach)(BWV Anh.114)に一瞬花丸を付けようとしたけど、やっぱもう1週間練習してみましょうっという事になった。この曲はノンレガートで弾く部分がいっぱいあるけど、ノンレガートの音って何か聞いててかわいい感じがするので、ついそういう気分で弾きたくなる。

さて、来年2月に当スクール主催の発表会があるので、先生に何の曲を弾きたいか訊かれた。ん〜、この質問、いつも返答に困ってしまう(^_^;)。自分のレベルを無視すれば、Mozart、Beethoven、Debussy、Ravel、Chopinなどいろいろな作曲家の弾きたい曲はある。でも、今の自分のレベル(ピアノ始めて半年)に合ったクラシックピアノ曲で、しかも発表会に適した演奏時間・内容の曲となると、そもそもどれくらいの数の曲があるのか分からないので、その中で"弾きたい曲"と訊かれても答えようがないわけだ。

全音ピアノピースには楽譜の裏に難易度表がつけられてるそうだが、全てのクラシックピアノ曲が収録されてるわけではないので、イマイチな感じ。ほぼ全てのクラシックピアノ曲を難易度(テクニックレベル+音楽性表現レベル)付けしてくれたデータベース、どっかにないのかな〜。

とりあえず、先生も考えときますと言われてたので、ゆっくり検討してみよう。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
ランキング参加中!よかったらクリックして下さい^^/

ita2 at 08:53コメント(0)トラックバック(0)01.Piano  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
Search ThisSite
My Profile

ita_profile2_73x
いた
Cookieeeeee!!
Me studying English, but sometimes me don't study.
Me want to enjoy English and want to be able to speak English very well.
Have fun !! ^^/

-- 現在使用中の英語教材 --
『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』
『英検準1級 でる順パス単』
『即戦力がつく ビジネス英会話』

-- 現在使用中のPiano教材 --
『ショパンへの道』
『J.S. Bach, Inventions & Sinfonias, BWV 772-801』
『全訳ハノン ピアノ教本』
『YAMAHA クラシックピアノ 個人レッスン』

-- Gender --
男の子^^v

-- 趣味 --
English
Piano♪
Game Content Dev.

-- 好きな動物 --
Kittens & Cats

-- 職業 --
IT Consultant(外資系)

-- 資格 --
TOEIC800
MBA(in Australia)

-- ここ以外の生息地^^; --
YouTube分室
ニコニコ動画分室
SoundCloud分室
Kanagawa in Japan

-- 好きなArtist♪ --
Perfume、いきものがかり

-- 好きなGame --
SIMS4SIMS3、SIMS2
FF7、艦これ、Skyrim

-- MySIMSブログ --
Everyday Life
in Sims World





Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。

My Tweets
Itasan(@itasan2) ^^/
Recent Comments
  • ライブドアブログ