英会話スクールAEON

October 23, 2004

6cf9786e.jpg

テーマ:
ある場所の位置や特徴を説明する。

今回から1つ上のレベルのクラス(ODYSSEY)に通うことになった。当然、ネイティブ講師もクラスメイトも初対面の人ばかりなので、自己紹介をした。AEONに入った当時はよく自己紹介してたが、久しぶりの自己紹介だったので、何か緊張したな〜。^^;

前のクラスでは、ラッキーマンツーマンの日もあったのに、このクラスは定員(8人)いっぱいの状態だった。上のクラスになるほど開講されてるクラス数が少なくなるので、そのせいだろう。ネイティブ講師1人に生徒2人がベストなんだけどな〜。

ま〜、英会話スクールって、学校のように英語を教わる場所ではないので、わいわい賑やかにやっていこう〜っと。

前のクラスの時は、この人、このクラスのレベルだとちょっときついんじゃないかな〜って人もちらほらいたが、さすがに、今回から通うこのクラスだと、短期留学やワーホリや海外出張経験のある人とかがちらほらし始める。でも、彼らの英語を聴いてる限りでは、あんまり私のレベルと変わらなさそうだ。ただ、ある一定の基本ライン(?)のレベルは全員がクリアしている事ははっきり感じ取れる。

ま〜、とにかく、みんなと仲良くやっていこう。^^


気になったWords:
exotic = 異国情緒のある
quaint = 古風で趣のある
hilly = 坂の多い
mountainous = 山の多い
spread out = 広大な
redneck = 田舎者
country bumpkin = 田舎者
boonies = (さげすんだ意味を含んで)田舎
boondocks = (さげすんだ意味を含んで)田舎
It's about a 5-hour train ride from Toronto. = そこは、トロントから電車で5時間くらいのところです。
It reminds me of Hokkaido. = そこは、北海道を思い起こさせます。
It's kind of like Kyoto, but/only/except not as big. = そこは、なんとなく京都に似ていますが、それほど大きくはありません。
overrun with 〜 = 〜であふれている
eucalyptus = ユーカリ
run-down = 荒れ果てた
magnificent = 壮大な
vacant = 空いている
breathtaking = すごい、息をのむような
rolling hill = 起伏する丘陵

October 02, 2004

8bc5db6e.jpg

テーマ:
師と仰ぐ人や影響を受けた人について話す。

スピーチユニットだったので、割と簡単にスラスラこなせた。

さて、今まで1年間やってきたこのクラスEncounterも今日で卒業だ。Encounterをやる前は、View Pointっていう文法中心のクラスを取っていた。初めはそれでよかったのだが、文法中心のクラスはどうしても会話する時間が少なくなってしまう。

当時、実際に人を相手にした会話がどうもイマイチだな〜という悩みがあった。文法などの知識面については今はいい教材がいっぱいあるので、高いお金を払ってまで英会話スクールで習う必要もないし、自宅ではできない"生きた"人間を相手にした会話の量を増やしたいな〜と思っていた。また、View Point卒業時の担当ネイティブ講師のコメントも似たような事を言っていたので、AEONに入って3年目にして初めて会話中心のクラスを取ることになった。

そしてこのクラスEncounterをやる事になったのだが、当時、会話をする時に頭の中で文を作り、文法チェックをしてから話すって感じで話してたので、思ったことがスラスラ英語で出てこなかった。なので、まず、文法間違ってもいいから、クッキーモンスターみたく"Me study English."って喋りになってもいいから、考えないで、思いついたらすぐ口に出す事を心がけた。

かなりブロークンな喋りになったと思うが恥ずかしがらないで、相手を圧倒するぐらいどんどん喋るようにした。すると、知らないうちに、それまでの文単位ではなく、フレーズ単位で考えたり喋ったりするようになり、そのフレーズもフレーズ間には少し長めのポーズが入ってしまうが、1フレーズは結構速いスピードで話すようになってきた。いわゆるVOA Special Englishのような喋り方だ。

話し言葉は特に事前に用意してない話の場合は、書き言葉と違って、必ずしも文字化した際に文として完成してない場合も多い事に気付いたので、つまり、あるフレーズを言った後、続きを喋らないで、別の文を喋り始めたり、なんて事が普通に起こるのが話し言葉の特徴だと。日本語とは文法など違うけれども、話すという概念においては英語も日本語も同じなんだな〜って結論に達してからは、スラスラ英語が出てくるようになった。時々、日本語で喋った時と同じく、ちょっと前に自分が英語で喋った事を忘れて、それを誰かに指摘されて、"えっ?そんな事、俺言ったっけ?"なんて場面も出てくるようになったけど。(笑)

てなわけで、会話の初歩は卒業したかな〜って感じかな〜。今後はもっと文法・語彙面はもちろん、いろいろな状況での話の組み立て方や相手に分かりやすい話し方などなど、スキルアップさせなきゃいけない事項がいっぱいあるな〜。来週からの1個上のクラスOdysseyでは、初心に戻って頑張ってみっかな〜♪


気になったWords:
mentor = (賢明で信頼のおける)助言者、指導者、師
influence = 影響力を及ぼす人(注:mentorの意味範囲以外にも面識のない人にも使える)
achieve a goal = 目標を達成する
bring <人> down = <人>を意気消沈させる
let bad things bring me down = 悪い出来事によって傷つく
He is different/special in that <節> = <節>という点で、彼は違う
be obsessed with 〜 = 〜に取りつかれる
belief = 信念
withstand the test of time = 時の試練に耐える、長く歴史/記憶に残る
put forth one's best effort = ベストを尽くす
persistent = 持続する、固執する
determined = 断固とした、頑固な
       注:persistentはただ繰り返す、determinedは強い気持ちのイメージ
have fond memories for 〜 = 〜についての楽しい思い出を持つ

September 18, 2004

9ce66796.jpg
テーマ:
話の中で具体例をあげたり、求めたりする。

絶好調だった。テーマ自体がそれほど難しくなかったので、今まで他で覚えた単語や表現なども交えながら、かなりたくさん喋った。段々調子にのってきて、海外TVドラマから仕入れた表現まで自然に出てきた。

レッスンの最初の方でいつもリスニング・クイズの時間があるけど、今回は1回で全ての内容が聴き取れた。いつもはメモを取りながらでも2・3回は聴かないとよく分からなかったが、最近は1回聴いてすぐ分かるだけじゃなく、聴いた後も音がしばらく頭の中に残ってる感じがする。もうすぐ始めて1ヶ月になるシャドーイングの効果なのかな〜。


気になったWords:
specific = 明確な, はっきりとした, 具体的な
Can you be more specific? = もう少し具体的に言ってもらえますか?
For example? = (注:単刀直入すぎるので、例を求める際にはあまり用いない)
I'm into team sports. = チームスポーツに興味があります。
a quick breakfast = 簡単な朝食
some toast = (注:toastはuncountable)
For instance, ... = 例えば、...。(注:具体的な論拠として取り上げる際に用いる)
For one thing, ... = 例えば、...。(注:理由を述べるのに用いる)
nowadays = 近頃、最近
You mean like dessert wines? = デザートワインのようなものですか?
simile = 直喩(like/asなどの比較を示す語を用いて、直接他のものと比較する修辞法)
     例:Love is like a rose ....
metaphor = 暗喩(like/asなどの比較を示す語を用いず、直接その言葉を言ってたとえる修辞法)
     例:Love is a disease ...
ethnic = 民族の, 民族(学)的な, (国籍は違っていても文化・言語・宗教の共通性をもつ集団についていう)
Every time I forget my umbrella, it rains. = 私が傘を忘れると必ず雨が降る。
I'd get to live a much longer life. = もっと長生きできるだろう。
What a life! = なんて素晴らしい!
touristy = 観光客向けの
port = ポートワイン(ポルトガル産の赤ブドウ酒で通例食後に飲む)
Moroccan = モロッコの
What exactly does he do that is stupid? = 具体的には、どんなバカな事を彼はするのですか?
Like who? = 例えば(だれ)?
skeptical = 懐疑的な
theory = (発音に注意)

September 11, 2004

b2a4df77.jpg
テーマ:
無くした自分の持ち物を探す。

基本的なパターンを練習した後、実際に物を隠して探すという練習をやった。最初に捜索チームが1分間ほど部屋の外に出てる間に、パートナーチームがいくつか物を隠す。そして捜索チームがパートナーチームにいろいろ質問しながら物を探すって段取りだ。

実際やってみると、分かってはいても自分のペンとかが無くなると、練習とはいえ、あっ!ないっ!ってびっくりしてしまう。^^;

今回はシチュエーションに対応してテーマとなってるパターンの文も全てスラスラ使えて楽勝だった。ただ1つ、"I could have sworn 〜"(=確かに〜だった)を忘れていたのが残念。これを使うタイミングはいっぱいあったんだけどな〜。
I could've sworn I remembered that phrase! =P


気になったWords:
look everywhere for 〜 = 〜を探してあらゆる所を見る
I thought I saw 〜 = 〜を見たと思ったけど。
swear (that) 〜 = 〜だと断言する(swear/swore/sworn)
I could have sworn it was in this room. = 誓ってもいいですが、確かにそれはこの部屋にありました。
give you a hand = 手伝う
I give up. = もう諦めます。
I guess it'll turn up somewhere. = どこかで出てくるだろう。
a carton of milk = 牛乳1カートン/個
refrigerator = 冷蔵庫

September 04, 2004

648802c6.jpg
テーマ:
娯楽についての感想・意見を聞いたり話したりする。

先月は夏休みや夏風邪のせいでほとんど参加できなかったので、久しぶりのクラスだった。久しぶりで口がちゃんと動くか少し心配したが、最近やってるシャドーイングの効果か、だいたいいつも通りで、ブランクを感じるような事はなかった。安心、安心♪

今回は最初私がいつも見ているCATVのFOXチャネルの話がメインとなった。特に、KING OF THE HILLの話でお互い盛り上がった。後半は、映画Harry PotterとThe lord of the ringsとの比較論となった。Harry Potterの方はファンタジーというよりもUKの実際の学園生活をリアルかつデフォルメ(?)してるが、The lord of the ringsは純粋なファンタジー作品という意見が多かった。

ところで、少し前から気になってたが、喋っている時に非常に文法不足感を感じるようになった。1年くらい前は、語彙不足感を強く感じていた。最近、特に語彙が増えたわけではないと思うが、PenguinReadersなどの多読の効果で、喋っている時、特に知らない単語があっても、知ってる単語の組み合わせで難なく話し続けられるようになったせいだろう。Speaking中に自分でgradedしてるようなものか。で、今度は文法不足感を感じるようになったようだ。

ここ1年は1)語彙、2)文法というプライオリティでやってきたが、これからしばらくは1)文法、2)語彙にした方がいいかも。もちろん、これらのスキルだけに専念するわけではないが。


気になったWords:
plot = (小説・劇などの)筋、構想、プロット
imaginative = 想像力に富んだ
cheesy = 安っぽい
opening act = 前座
It wasn't all that great. = あまり良くなかった。
believable story = 真実味のある話
fabulous = 素晴らしい(=wonderful)
predictable = 話の筋がすぐ読める
lousy = 最低の
exhilarating = うきうきさせる
crap = くそ、くず
cinematography = 映画撮影(法)
I'll say. = 全くです。(同意)
lame = 古くさい
remarkable = 卓越した
a second = もう1つの、 別の、他の(=another)

August 01, 2004

a29825a3.jpgテーマ:
仕事を依頼・指示したり、引き受けたりする。

今日は台風の影響か、クラスメイトはみんなお休みで、ラッキーマンツーマンとなった。いつもは最初、短めの雑談をしてからレッスンに入っていくが、今日はマンツーマンという事で、いつもより長い雑談となった。担当のネイティブ講師は、最近うなぎと生牡蠣を食べたらしく、うなぎは不味くはないが脂っこいのが嫌だと言っていた。彼は、こってり系の料理は嫌いなのだ。あと、彼の故郷のワシントンDCの港近くでも、牡蠣がたくさん取れるとか言ってたな〜。

そしてレッスン。いつもはテキスト中心にレッスンを進めるのに、今回はなぜかGiving Assignmentsをテーマに、テキストを離れたレベルでのレッスンとなった。しかも、いつもより話すスピードが速い!ほぼナチュラルスピードだ。簡単なfriendって単語でさえ、全然違う音に聞こえて、聞き返したぐらいだ。どうも、いつものクラスでは全体のレベルに合わせて手加減してくれてる分、私が結構余裕を持ってレッスン参加してる事を彼はよく知ってるので、今日はサービス精神旺盛にスパルタモードでやってくれてるようだ。

私が発話する時も、『もっと速く!』っとリクエストされる。で、これでもかと速く発話しようとすると、さすがに舌がもつれたりイントネーションなどのプロソディがおかしくなってしまう。そうすると『もう一度!』と檄が飛ぶ(>_<)。私がなぜかその発音を苦手とする単語:reportが文の中に出てきた。リポートと第2音節にストレスがあるのは知ってるし単語レベルではちゃんと発音できるのだが、文の中だとなぜか、ポートと第1音節にストレスが付いてしまうという悪い癖が私にはある。案の定、今回も、ポートって言ってしまった。そういう癖がある事に気付いた彼は、reportの含まれる文を何度も私にリピートさせる。でも、なぜか3回に2回はポートと言ってしまう。すると、さらに檄が飛ぶ!まるで巨人の星の星一徹のようだ。とお〜ちゃん、もう勘弁してくれ〜って気分になりそうになったが、何とか歯を食いしばる。

そしてレッスンが終わった。これまでの小さな自信は粉々に崩れてしまった。初めて英語のスピードの怖さを知った。自分自身にもの凄く腹が立った。くやしい!もちろん、未だ未だ初級と中級の間をうろうろしてるレベルなのでこれが現実だし、特に語彙や文法を今後は強化しないと、とは感じていたが、そういう問題じゃない。今まで1つの素材について最低でも数百回、時には千回を超えるリピーティングをやってきたのでそれで十分だと思っていた。でも、これを例え1万回にしても駄目だろうとリピーティングの限界を初めて感じた。この壁を越えるためには、あれしかない!今までずっとその必要性を感じなかったので一度もやらなかったが、今こそ、あれが必要な時が来たようだ。あるキーワードが本能的に頭にひらめいた。そう、シャドーイングしかない。

気になったWords:
assignment = 割り当てられた仕事/任務
faith in 〜 = 〜に対する(理屈を超えた心情的な)信頼/信用
value 〜 = 〜を評価する
trust 〜 = 〜を信用する/信頼する
in good hands = 信頼できる(確かな/有能な)人に任せて
That should be no problem. = 大丈夫だろう。
be willing to 〜 = (相手の意を汲んで)快く(=やむを得ずの意)〜する
take care of 〜 = 〜を責任もって引き受ける
well-organized = うまくまとまった
evaluate 〜 = 〜を評価する
get back to 〜 = 〜に後で返事をする/手紙を書く
leave 〜 up to you = 〜をあなたに任せる

July 17, 2004

18d4eece.jpgテーマ:
相手の理解を確かめながら話す。

1ヶ月ほど前に夏風邪をひいて、風邪自体は2〜3日で治ったんだけど、その際、喉が敏感になったみたいで、喋ってない時はいいんだけど、喋ろうとすると未だに時々咳きがでる。そのため、リピーティングや音読をする際、ちょっとしんどい。なので、今回は予習・復習とも軽めに済ませた。

ペア・ワークは道案内と趣味を話すシチュエーションでやった。でも、今回は練習だからいいけど、実際の場面でこうも頻繁にAre you with me (so far)?とかOK?とかDo you [know/see] what I'm saying?なんて連発したら、何か相手を馬鹿にしてるみたいだな〜と感じた。

気になったWords:
keep an eye on 〜 = 〜から目を離さない
pages one through five = 1ページから5ページまで
swing with your hips = 腰を回す
stay focused = 集中する
trust him = 彼を信用する
It ought to be fun. = おもしろいですよ。
extend with your wrists = 手首をまっすぐに伸ばす
finalize 〜 = 〜を終わらせる(=complete)
renegotiate = 再交渉する
tea service = ティーセット
train tracks = 線路

July 13, 2004

51b73a89.gifAEONのカウンセリングを受けてきた。”カウンセリング”といっても10月で今の契約が切れるので、契約更新のセールストークを聞きに行くようなもんだけど。

今、取ってるクラスはENCOUNTERっていう会話中心のグループレッスン。ちなみに、この会話中心のグループレッスンは難易度順に、VOYAGE(初級) < DISCOVERY < ENCOUNTER < ODYSSEY(上級)の4つのクラスがあって、スクールによって違うのだが、うちのスクールでは1つのクラスではテキスト4冊を使って2年で終了するサイクルになっている。

カウンセリングをやった結果、担当講師の評価シートに、上のクラス(ODYSSEY)に進んでもいいとコメントされてたので、今のENCOUNTERはめでたく1年で卒業する事になった。

そもそも、ENCOUNTERを取る前は、VIEW POINTっていう文法中心のクラスを取ってたが、当時、構文を使った会話はできてるのだが、自分の発する英語の中に、形容詞/句・副詞/句の修飾語句や助動詞がほとんど使われてない事に気付いて、その点に修正をかけるために一度文法を意識するのを辞めて本能の赴くまま喋りたいと思って、今のENCOUNTERを選択した。最初はかなりブロークンな英語を喋ってた時もあったが、今では自分のレベルなりに修飾語句や助動詞を使って文のニュアンスに変化を付けたりするようになってきたので、確かにそろそろENCOUNTERは卒業なのかもしれないな〜。

でも、ENCOUNTERのテキスト、未だ半分残ってるのにもったいない感じもする。まっ、ODYSSEYのテキストを見せてもらったら、レベルは少し上がってるけど、雰囲気はENCOUNTERと同じみたいだから、まっ、いいか。

July 03, 2004

122d59c1.jpg夕べは英会話スクール(AEON)のレッスンがあった。今取ってるクラスはENCOUNTERっていう毎回テーマの決められた会話中心の最大定員8人のグループレッスンってやつです。でも、いつも2〜3人しかいませんが…。夕べのテーマはストレス解消法だったけど、典型的O型の性格のせいなのか、うれしい事に、これまでストレスで深く悩んだって経験がほとんどないです。だいたい、嫌な事があっても一晩寝たら、忘れてますから。ははは^^;。そういう意味では、性格の中に、stress management systemが組み込まれていると言えるのかな〜。

テーマ:
ストレス解消法について話す

ストレスがたまっている状況を表す表現:
feel stressed out
on edge
at the end of my rope
getting on my nerves

気になったWords:
reduce/relieve stress
feel at peace with = 〜に満足している
bother me
affect my health = 健康に影響を与える
lose sleep = (心配で)眠れない
set aside = 〜を(予備に)取っておく
efficiently = 効率的に
migraine = 偏頭痛
insomnia = 不眠症

Archives
Search ThisSite
My Profile

ita_profile2_73x
いた
Cookieeeeee!!
Me studying English, but sometimes me don't study.
Me want to enjoy English and want to be able to speak English very well.
Have fun !! ^^/

-- 現在使用中の英語教材 --
『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』
『英検準1級 でる順パス単』
『即戦力がつく ビジネス英会話』

-- 現在使用中のPiano教材 --
『チェルニー 30番練習曲』
『バスティン 中級レパートリー3』
『YAMAHA クラシックピアノ 個人レッスン』

-- Gender --
男の子^^v

-- 趣味 --
English
Piano♪
Game Content Dev.

-- 好きな動物 --
Kittens & Cats

-- 職業 --
IT Consultant(外資系)

-- 資格 --
TOEIC800
MBA(in Australia)

-- ここ以外の生息地^^; --
Alcom World分室
YouTube分室
ニコニコ動画分室
SoundCloud分室
Kanagawa in Japan

-- 好きなArtist♪ --
Perfume、いきものがかり

-- 好きなGame --
SIMS4SIMS3、SIMS2
FF7、艦これ、Skyrim

-- MySIMSブログ --
Everyday Life
in Sims World





Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。

My Recommendations