OxfordBookworms多読

December 26, 2004

『Kidnapped』(再読)

87a1f81a.jpg

I ran to the side of the ship. "Help, help! Murder!" I screamed, and my uncle slowly turned to look at me. I did not see any more. Already strong hands were pulling me away. Then something hit my head; I saw a great flash of fire, and fell to the ground . . .
And so begin David Balfour's adventures. He is kidnapped, taken to sea, and meets many dangers. He also meets a friend, Alan Breck. But Alan is in danger himself, on the run from the English army across the wild Highlands of Scotland . . .

Written by Robert Louis Stevenson
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230066
PRICE: ¥630

PAGES : 72 pages(内ストーリー部は、57頁)
CHAPTERS: 5 chapters
GLOSSARY: 27 words

初読時は難しいと感じたが、再読するとそうでもなかった^^;。でも、再読で深く読むと明らかにストーリーとして欠けてるっていうか、省略されてる部分が気になって、なんか映画本編ではなく映画のプレビューを見せられてる気分。やっぱ、そろそろ薄目のペーパーバックもターゲットに入れた方がいいかもね〜。

この本を読むまでは、スコットランドってイギリスの西部にあるって思ってたけど実際には北部だったんだ〜^^;。あの有名なエジンバラも、スコットランドにあったとは知らなかった!スコットランドって言ったら、バグパイプしか思いつかなかったけど、ヘザーって植物やいくつかのScottish Word、そしてスコットランドの地理についてもこの本を通して知る事ができてよかったな〜。

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
lad = 若者
bairn = 子供(Scottish Word)
dearly = とても
loch = 入江(Scottish Word)
the Carolinas = North Carolina州 & South Carolina州
unseeing = 見ていない
firth = 入江
uneven = 平坦でない、でこぼこした
secretive = 隠したがる

総多読冊数 = 131冊(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 12, 2004

『Kidnapped』

87a1f81a.jpg

I ran to the side of the ship. "Help, help! Murder!" I screamed, and my uncle slowly turned to look at me. I did not see any more. Already strong hands were pulling me away. Then something hit my head; I saw a great flash of fire, and fell to the ground . . .
And so begin David Balfour's adventures. He is kidnapped, taken to sea, and meets many dangers. He also meets a friend, Alan Breck. But Alan is in danger himself, on the run from the English army across the wild Highlands of Scotland . . .

Written by Robert Louis Stevenson
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230066
PRICE: ¥630

PAGES : 72 pages(内ストーリー部は、57頁)
CHAPTERS: 5 chapters
GLOSSARY: 27 words

難し〜い!Robert Louis Stevensonの作品は海賊もので面白いんだけど、文体が難しくてじっくり読み込めない。リトールドのせいかとも思ったが、以前読んだ同じStevensonが書いた『Treasure Island』(PenguinReaders版)もやっぱ面白いけど読みにくかったので、リトールドってよりも原作自体が結構読みにくい本なのだろう。ネイティブの子供たちは原作を読んで難しさを感じてるのかな〜?小学校高学年くらいの読み物かな〜?

お勧め度:★★☆☆☆

気になったWords:
shipwreck = 難船させる/する
bairn = child(Scottish Word)
whistle = 口笛を吹く
wade = (川などを)歩いて渡る
readily = たやすく
fatherly = 父親らしく
closely = 接近して
lad = young man(Scottish Word)
grand = fine(Scottish Word)
heather = ヘザー(植物名)
porridge = ポリッジ(かゆみたいな食べ物)
Gaelic = ゲール語
dearly = 非常に
ye = you(Scottish Word)
tide = 潮
shellfish = 貝
aye = yes(Scottish Word)
roundhouse = 後甲板後部の船室
inherit 〜 = 〜を授かる
public house = 酒場
plaid = プレード、長い肩掛け
dominie = schoolteacher(Scottish Word)

総多読冊数 = 131冊

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 18, 2004

『Justice』(再読)

566b7051.jpg

London: November.
Terrorists blow up the Queen's coach outside Parliament. The Queen escapes, but five people are killed, and forty others badly hurt -- ordinary, innocent people, like Alan Cole, the Queen's coachman, who loses his leg in the bombing. And for Alan and his daughter Jane there is more terror to come, in the search for the truth behind the bombing. Will the terrorists be caught and brought to justice?
But what kind of justice? What can give Alan Cole his leg back, or give life back to people who have been blown to pieces by a bomb?

Written by Tim Vicary
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230058
PRICE: ¥630

PAGES : 72pages(内ストーリー部は、56頁)
CHAPTERS: 6chapters
GLOSSARY: 51words

この作品のようにリトールドでない、そのレベル用に書かれたオリジナル作品は読みやすいが、再読しても初読時以上の発見・感動はあまりないので、再読の楽しさはどうしても半減してしまうみたい。

これがリトールド作品だと、初読時に多少難しい箇所があっても、元々曲がりなりにもそれなりのボリュームを持った原作ストーリーを辿ってる分、再読すればするほど、新たな発見・感動があって再読が非常に楽しい。"腐っても鯛"ってとこか?まあ、初読時にそれだけ理解ができてないって事にもなるんだけど。

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
beneath = 〜の真下に
halfway = 中間点で
doorway = 玄関口
desperately = 絶望的に、ひどく
terrify = こわがらせる

総多読冊数 = 130冊(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 12:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 08, 2004

『Justice』

566b7051.jpg

London: November.
Terrorists blow up the Queen's coach outside Parliament. The Queen escapes, but five people are killed, and forty others badly hurt -- ordinary, innocent people, like Alan Cole, the Queen's coachman, who loses his leg in the bombing. And for Alan and his daughter Jane there is more terror to come, in the search for the truth behind the bombing. Will the terrorists be caught and brought to justice?
But what kind of justice? What can give Alan Cole his leg back, or give life back to people who have been blown to pieces by a bomb?

Written by Tim Vicary
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230058
PRICE: ¥630

PAGES : 72pages(内ストーリー部は、56頁)
CHAPTERS: 6chapters
GLOSSARY: 51words

リトールドではなく、このレベル用に書かれたオリジナルなので比較的読みやすかった。内容的には初めは『24』のようなハイテク&テロって感じのものを予想してたが、実際にはこのレベルのオリジナルストーリーにありがちな温いスリル感だった。まあ、語彙制限のある本に表現の多彩さや内容の奥の深さを求めるのは酷だろう。そういうのが読みたければ、やはり普通のペーパーバックを読まないと。

とはいえ、全編を通じて結構面白く楽しめたのは、著者のTim Vicaryの力量だろう。特に最後の章は、サスペンス映画並みのハラハラ・ドキドキの連続で、一気に最後まで読み切ってしまったくらいだ。少なくとも今まで読んだ彼のオリジナル作品には外れがないな〜。

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
lorry = 貨物自動車、トラック
mews = ミューズ(路地に面して、または中庭を囲んで並んだ馬屋)
punish 〜 = 〜を罰する
confess = 告白する、自白・自認する
coach = (国王用の)公式馬車
boot = (自動車の)トランク
bastard = いやなやつ
artificial = 人工の
shaky = 震える
shakily = 震えて
beneath = 〜の真下に
halfway = 中間点で
damn = ちくしょう
arrange = 手配・準備をする
inspector = 警部
detective = 刑事、巡査
corridor = 廊下
untie = ほどく
stroke = なでる、なだめる
parliament = 議会、国会
explode = 爆発する

総多読冊数 = 130冊

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 30, 2004

『The Prisoner of Zenda』(再読)

b5937a34.jpg

'We must leave for Zenda at once, to find the King!' cried Sapt. 'If we're caught, we'll all be killed!'
So Rudolf Rassendyll and Sapt gallop through the night to find the King of Ruritania. But the King is now a prisoner in the Castle of Zenda. Who will rescue him from his enemies, the dangerous Duke Michael and Rupert of Hentzau?
And who will win the heart of the beautiful Princess Flavia?

Written by Anthony Hope
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230120
PRICE: ¥630

再読したので、ちょっと理解があやふやだった部分がクリアされた。全体を通してなかなか面白かった。もう少し、ページ数を増やしてくれれば、もっと楽しめたのにな〜。レベルアップしたら、ぜひ原作も読んでみたい作品だ。

お勧め度:★★★★★

気になったWords:
ditch = 溝、水路
moat = (都市・城壁・動物園の飼育場の周囲の)堀
madame = 英米人でない婦人、特にフランス婦人に対する呼びかけ(強勢は第2音節)
madam = 婦人(強勢は第1音節)

総多読冊数 = 129冊(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 15:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

October 17, 2004

『The Prisoner of Zenda』

b5937a34.jpg

'We must leave for Zenda at once, to find the King!' cried Sapt. 'If we're caught, we'll all be killed!'
So Rudolf Rassendyll and Sapt gallop through the night to find the King of Ruritania. But the King is now a prisoner in the Castle of Zenda. Who will rescue him from his enemies, the dangerous Duke Michael and Rupert of Hentzau?
And who will win the heart of the beautiful Princess Flavia?

Written by Anthony Hope
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230120
PRICE: ¥630(以前は¥609だったのにレートが変わったか?)

なかなか面白かった。やっぱ冒険物は面白いな〜。ストーリー的には典型的なプロットだが、その分、読み慣れてない英語で読むには迷子になりにくくていいかも。リトールド版ってことで省略されててちょっと物足りなかったり、分かりにくかったりした部分もあったが、リーディング力の影響も多少あるかも。その辺りは再読した時に分かるだろう。

お勧め度:★★★★☆

気になったWords:
ditch = 溝
marshal = 陸軍元帥
Majesty = 陛下(注:Your Majestyは呼びかけ語またはyouの代わり、His Majestyはheの代わり)
duku = 公爵(注:loadより上)
load = 侯爵(注:dukeより下)
highness = 殿下(注:皇族の敬称)
nobleman = 貴族
step = 踏む
gateway = 門口
moat = ほり
cross 〜 = 〜を渡る
play-actor = 役者
watchman = 見張人
horceback = 馬に乗った
dine = 食事を取る
inform 〜 = 〜に告げる
summer-house = あずまや
revolver = 輪胴式拳銃
bleed = 出血する
well-met = よいところで会った
drawbridge = 吊上げ橋
coronation = 即位式
half brother = 異母兄弟
amused = おもしろがっている
gallop = 疾駆する

総多読冊数 = 129冊

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 05, 2004

『The Last Sherlock Holmes Story』(再読)

244f96f7.jpg

For fifty years after Dr Watson's death, a packet of papers, written by the doctor himself, lay hidden in a locked box. The papers contained an extraordinary report of the case of Jack the Ripper and the horrible murders in the East End of London in 1888. The detective, of course, was the great Sherlock Holmes -- but why was the report kept hidden for so long?
This is the story that Sir Arthur Conan Doyle never wrote. It is a strange and frightening tale . . .

Written by Michael Dibdin
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Crime & Mystery
ISBN : 0194230074
PRICE: ¥609

初読で苦労した分、再読はかなり楽に感じた。もやもやしてた部分も再読ではっきりした事もあってか、著者に対しても多少は好意的になったが、やっぱ、ホームズファンとしてはこういうストーリーは好きになれないな〜。

あっそうそう。amazon.co.jpにも在庫されるようになったようなので、リンクにも追加しておきます。

お勧め度:★★☆☆☆

気になったWords:
inhate 〜 = 〜を吸引する
scarlet = bright red(注:緋色とか言われても全然どんな色か分かんないじゃん!=>英和辞書(辞書へのツッコミです^^;))

総多読冊数 = 128冊(再読はカウントしません)

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 11:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 27, 2004

『The Last Sherlock Holmes Story』

244f96f7.jpg

For fifty years after Dr Watson's death, a packet of papers, written by the doctor himself, lay hidden in a locked box. The papers contained an extraordinary report of the case of Jack the Ripper and the horrible murders in the East End of London in 1888. The detective, of course, was the great Sherlock Holmes -- but why was the report kept hidden for so long?
This is the story that Sir Arthur Conan Doyle never wrote. It is a strange and frightening tale . . .

Written by Michael Dibdin
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Crime & Mystery
ISBN : 0194230074
PRICE: ¥609

ふ〜、やっと読み終わった。未知語も多かったが、文体が分かりにく〜い(>_<)。内容自体もコナン・ドイル以外の人が勝手に(?)書いたシャーロック・ホームズの話で、ちょっとうさんくさかったな〜。

昔NHKでやってたイギリス制作・海外ドラマのシャーロック・ホームズシリーズのビデオ版を全編3回以上は観てきた私としては、あんな弱々しくお間抜けなホームズや、あんなに頼りないワトソンのホームズへの友情を平然と書かれちゃ〜、ちょっと待った〜!っと声をかけたくなるな〜。

まあ〜、最後の最後でそれなりにうまくまとめてはいるが、この作品、著者のMichael Dibdinにとっては処女作になるんだけど、何をやりたかったんだろう?単なる売名行為にしか見えないんだけど。権利の許可とか取ってんのかな〜。

…とプンプン状態なのだが、この作品、原作はかなりバイオレンスな描写で、生理的に読むのが結構きついだろうな〜と感じた。かなり酷い殺害シーンがあるからね。表現の緩やかなこのリトールド版でも、ゲロいな〜って感じたから。無責任にホームズの名声に寄りかかったスプラッター物のお話しって事かな。

お勧め度:★★☆☆☆

気になったWords:
telegram = 電報、電文
red-handed = 現行犯の/で
pregnant = 妊娠した
mastermind = 首謀者、黒幕
breathe = 呼吸する
horror = 恐怖
flora = (一地域の)植物相
blank = 空砲
conclusion = 結末
conversationally = 落ち着いた話しぶりで
snuffbox = かぎタバコ入れ
snuff = かぎタバコ
inhale 〜 = 〜を吸引する
rubbish = ばかげたこと
murder = 殺人
dreamt = dreamの過去/過去分詞(dreamedも可)
cocaine = コカイン
tea planter = 茶園経営者
inform 〜 = 〜に告げる
lane = 小道、路地
argument = 議論、要旨、主題
escape 〜 = 〜をのがれる/脱出する
explode = 爆発する
ashamed = 恥じて
feared = おびえた
fetch 〜 = 〜を取ってくる/連れてくる
lowlife = 社会の下層の者
helpless = 役に立たない
foot soldier = 歩兵
commander in chief = 最高司令官
disappear = 姿を消す
cut 〜 to pieces = 〜をずたずたに裂く
pretend 〜 = 〜のふりをする
being = 生き物
criminal = 犯人
fellow = やつ
fast-moving = 展開の速い
scarlet = 緋色

総多読冊数 = 128冊

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
丸善インターネットショッピング
ita2 at 14:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 13, 2004

『Skyjack!』(再読)

0304c074.jpg

When a large plane is hijacked, the Prime Minister looks at the list of passengers and suddenly becomes very, very frightened.There is a name on the list that the Prime Minister knows very well -- too well. There is someone on that plane who will soon be dead -- if the hijackers can find out who he is!
And there isn't much time. One man lies dead on the runway. In a few minutes the hijackers will use their guns again. And the Prime Minister knows who they are going to kill.

Written by Tim Vicary
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230155
PRICE: ¥609

最近は受容語彙習得の効果も加味して意識的に再読するようにしている。もっとも内容がつまらない作品ではやらないつもりだが。

初読の際、終わりの方がもやもやとした感じでどうも後味が悪かったが、再読時は、初めから終わりまで、英文を鮮明に感じ取れたので、後半も、"あ〜、そうだったのか〜"ってすっきりした。リーディングスピードは初読時の2倍くらいだった。

再読したせいで未知語は無くなった。同じ単語に2回出会ったという意味ではなく、GradedReaderの場合、使用可能な語彙数が制限されてる分、1つのストーリーの中に何度も同じ単語が使われる(しかもいろいろなニュアンスで)ので、1回読んだだけでも効果があるのだが、再読するとさらによく定着するようだ。少なくとも、この本に出てきた単語は、今後別の場面で出会ってもすぐ理解できるようになったと思う。

お勧め度:★★★★★

気になったWords:
glossary = 用語解説
What/Who/Where/How等 (in) the hell ...? = 一体何を/誰が/どこで/どうやって等...?

総多読冊数 = 127冊(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 11:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

September 06, 2004

Skyjack!

0304c074.jpg

When a large plane is hijacked, the Prime Minister looks at the list of passengers and suddenly becomes very, very frightened.There is a name on the list that the Prime Minister knows very well -- too well. There is someone on that plane who will soon be dead -- if the hijackers can find out who he is!
And there isn't much time. One man lies dead on the runway. In a few minutes the hijackers will use their guns again. And the Prime Minister knows who they are going to kill.

Written by Tim Vicary
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Thriller & Adventure
ISBN : 0194230155
PRICE: ¥609

今まで読んだ作品の中では、最も未知語が多かった。Oxford Bookwormsシリーズは、巻末にそのレベルでは難しいと思われる単語が(英語による)意味と一緒にリストされているのだが、その量も数ページにおよぶものだった。

ただ、ストーリー自体がハラハラ・ドキドキで次はどうなるんだろうっと読者を飽きさせない内容だったので、ストレスはそれほど感じなかった。もう一度再読して、未知語を無くしておこう!^^/

お勧め度:★★★★★

気になったWords:
tear = 〜を裂く、破る(tear/tore/torn)
take apart = ばらばらにする
liberation = 解放
kneel = 膝をつく(kneel/knelt/knelt)
groan = うめく
goddam = いまいましい
petrol = ガソリン
binoculars = 双眼鏡
ambassador = 大使
handcuff = 〜に手錠をかける
handcuffs = 手錠
colonel = 大佐
SAS = Special Air Service(英国空軍特殊部隊)
Scotsman = スコットランド人
aisle = 通路、アイル
bend = 曲げる(bend/bent/bent)
commando = ゲリラ隊、コマンド
inspector = 警部
innocent = 罪のない、無垢の
sweat = 汗
liberate = 〜を解放・自由にする
nationality = 国籍
tarmac = 滑走路、舗装路
undress = 服を脱ぐ
mummy = mother
(air) hostess = スチュワーデス

総多読冊数 = 127冊

入手先/関連サイト:
Oxford University Press Japan Graded Readers Website
amazon.co.jp
丸善インターネットショッピング
ita2 at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Search ThisSite
My Profile

ita_profile2_73x
いた
Cookieeeeee!!
Me studying English, but sometimes me don't study.
Me want to enjoy English and want to be able to speak English very well.
Have fun !! ^^/

-- 現在使用中の英語教材 --
『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』
『英検準1級 でる順パス単』
『即戦力がつく ビジネス英会話』

-- 現在使用中のPiano教材 --
『チェルニー 30番練習曲』
『バスティン 中級レパートリー3』
『YAMAHA クラシックピアノ 個人レッスン』

-- Gender --
男の子^^v

-- 趣味 --
English
Piano♪
Game Content Dev.

-- 好きな動物 --
Kittens & Cats

-- 職業 --
IT Consultant(外資系)

-- 資格 --
TOEIC800
MBA(in Australia)

-- ここ以外の生息地^^; --
Alcom World分室
YouTube分室
ニコニコ動画分室
SoundCloud分室
Kanagawa in Japan

-- 好きなArtist♪ --
Perfume、いきものがかり

-- 好きなGame --
SIMS4SIMS3、SIMS2
FF7、艦これ、Skyrim

-- MySIMSブログ --
Everyday Life
in Sims World





Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。

My Recommendations