05.Oxford Bookworms 多読

December 28, 2005

『A Pair of Ghostly Hands and Other Stories』4

20051228-APairOfGhostlyHands.jpg
If you wake up in the night and hear a tap running somewhere in the house, what do you do? You get up, of course, and go and turn the tap off. Later, you hear the tap running again. You are alone in the house, and you know you turned the tap off. What do you do then?
The ghosts in these stories all have unfinished business with the living world. They come back from the grave to continue their work, to keep a promise, to look for something they have lost. Sometimes they want to help people, sometimes they want to punish them -- or kill them.

Written by Sir Arthur Quiller-Couch、M.R.James、E.F.Benson、A.M.Burrage、Edith Nesbit
(Retold by Diane Mowat)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Fantasy & Horror
ISBN : 019423018X
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 10,660 words

Ghost&Horrorの短編集。それぞれ異なる著者で『A Pair of Ghostly Hands』、『Lost Hearts』、『Mrs Amworth』、『The Waxwork』、『John Charrington's Wedding』の5作品が収録されている。

正直、ホラーものはあまり好きではないので読んでる間はあまり面白いとは思わなかったが、全部読み終わった後、冷静になって振り返ってみるとまあまあ面白かったかな〜。

『John Charrington's Wedding』はGhostものではありながらちょっともの悲しくもロマンチックなストーリーでこの本の最後に持ってきたのは正解だと思う。『The Waxwork』は夜寝る前に読むと、怖い夢を見るくらい怖いのでご注意を。^^;

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
basin = たらい、洗面器(台)、流し(=sink)
washbasin = 洗面器(台)(washbowl)
hypnotize = 〜に催眠術をかける、魅する
hypnotic = 催眠術の、催眠術にかかった
hurdy-gurdy = (楽)ハーディガーディ(同度の2本の弦とドローン弦数本を張ったリュート状の楽器)
cork = コルク、栓
coffin = ひつぎ
cemetery = 墓地、埋葬地
cellar = 地下室、ワインの貯蔵
burglar = 住居侵入者、(通例、夜間の)強盗
laid = lay(〜を横たえる)の過去・過去分詞(lay/laid/laid)
razor = かみそり
waxwork = 蝋細工(人形)
at rest = 永眠して、休息して、眠って
restless = 落ち着かない
servant = 使用人
manservant = 下男、しもべ、従者
hall = (中世の王侯豪族の)大邸宅、(大家の)玄関の広間
flowering = 花がいっぱいに咲いた
housekeeper = 家政婦
business = やるべき仕事、務め
ghostly = 幽霊の、ぼんやりとした

総多読冊数 = 146冊(706,220語)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作『A Pair of Hands』入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本『一対の手―ある老女の怪談』入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

『Oxford Bookworms 多読』 A Pair of Ghostly Hands & Other Stories(再読始)
『VOA Special English 多聴』 News、Agriculture Report
ita2 at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 11, 2005

『Wyatt's Hurricane』(再読)4

20051128-Wyatt'sHurricane.jpg
Hurricane Mabel is far out in the Atlantic Ocean and moving slowly northwards. Perhaps it will never come near land at all. But if it hits the island of San Fernandez, many thousands of people will die. There could be winds of more than 250 kilometres an hour. There could be a huge tidal wave from the sea, which will drown the capital city of St Pierre. Mabel will destroy houses, farms, roads, bridges . . .
Only one man, David Wyatt, believes that Mabel will hit San Fernandez, but nobody will listen to him . . .

Written by Desmond Bagley
(Retold by Jennifer Bassett)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Thriller & Adventure
ISBN : 0194230236
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 11,000 words

う〜ん。再読しない方がよかったかも。初読時はハラハラドキドキでとても面白かったが、再読時は面白くないわけではないが、ストーリーが分かってしまってる分、なんか今ひとつ物足りなかった。

いつもの再読ではそれなりに楽しめてたのだが、こういう系統のストーリーの本は再読しない方がいいのかも。

お勧め度:★★★★☆

気になったWords:
savage = 野蛮な、激しい
desperately = 絶望的に、死物狂いで、ひどく
howl = (発音[haul])ほえ声
one-man = 1人だけの

総多読冊数 = 145冊(695,560語)(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本『ハリケーン』入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

『Oxford Bookworms 多読』 Wyatt's Hurricane(再読終)
ita2 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 28, 2005

『Wyatt's Hurricane』4

20051128-Wyatt'sHurricane.jpg
Hurricane Mabel is far out in the Atlantic Ocean and moving slowly northwards. Perhaps it will never come near land at all. But if it hits the island of San Fernandez, many thousands of people will die. There could be winds of more than 250 kilometres an hour. There could be a huge tidal wave from the sea, which will drown the capital city of St Pierre. Mabel will destroy houses, farms, roads, bridges . . .
Only one man, David Wyatt, believes that Mabel will hit San Fernandez, but nobody will listen to him . . .

Written by Desmond Bagley
(Retold by Jennifer Bassett)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Thriller & Adventure
ISBN : 0194230236
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 11,000 words

めちゃめちゃ面白かった!今まで読んだGRの中では一番ハラハラドキドキの面白いストーリーだったと思う。特に、導入部は映画の導入部みたいな迫力で、読者を一気にストーリーの中へ引きずりこむようなタッチだ。

内容的には、映画"THE DAY AFTER TOMORROW"にも引けを取らないっていうか、よく似ているな〜っと思った。ハリケーンの話だけではなく、軍や政治的背景、友情・愛情などの人間模様等々、そして何より各登場人物のキャラクタが非常に魅力的に描かれていて、映画化されてもおかしくない出来のよさだ。

原作もぜひとも読んでみたいな〜。原作者のDesmond Bagleyの小説は、このパターンのものが多いようなので、彼の別の作品もチェックしてみたいな〜と思う。

お勧め度:★★★★★

気になったWords:
overland = 陸路で、陸上で
savage = 野蛮な
rebel = 反逆者
desperate = 自暴自棄の、絶望的な
contour line = 等高線
tearing = (引き)裂くような
desperately = 絶望的に
stubborn = 頑固な
tore = tear(=裂く)の過去形(tear/tore/torn)
howl = 遠吠えの声
mountainous = 巨大な、山の
shelter = 避難する、隠れる
fierce = 荒々しい、どう猛な
sideways = 横向きに
satellite = (天)衛星、人工衛星
underneath = 〜のすぐ下に
readily = たやすく、すぐに
West Indies = 西インド諸島
naval = 海軍の

総多読冊数 = 145冊(695,560語)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本『ハリケーン』入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

『English Brain Force』 Unit42:過去
『ボキャビルマラソン Vol.1』 Unit17B(復習)、Unit19B(復習)
『Oxford Bookworms 多読』 Wyatt's Hurricane(読終)
『VOA Special English 多聴』 News、Words & Their Stories
ita2 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 20, 2005

『Tooth and Claw - Short Stories』(再読)3

20051113-ToothAndClaw.jpg
Conradin is ten years old. He lives alone with his aunt. He has two big secrets. The first is that he hates his aunt. The second is that he keeps a small, wild animal in the garden shed. The animal has sharp, white teeth, and it loves fresh blood. Every night, Conradin prays to this animal and asks it to do one thing for him, just one thing.
This collection of short stories is clever, funny, and shows us 'Nature, red in tooth and claw'. In other words, it is Saki at his very best.

Written by Saki
(Retold by Rosemary Border)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Human Interest
ISBN : 0194230201
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 8,200 words

この短編集には、Sredni Vashtar、The Story-Teller、Gabriel-Ernest、Tobermory、The She-Wolfの5つの作品が含まれているが、最後のThe She-Wolfは結構省略があるためか分かりにくい所が多かった。

そのため初読時にストーリーを間違って逆の方に理解してたようだ。どうして最後をああいう締め方にしたんだろうっとちょっと疑問に思ってたが、再読して勘違いしてた事に気付いて納得した。

でもやっぱリトールド版でこれだけ面白いストーリーなら、原作はもっと面白いのかも。リトールドを行ったRosemary Borderもこの作品はうまくリトールドできてるな〜と感じた。結局は、原作の善し悪しがリトールドの善し悪しに関わってくるんだな〜。

さて、買い溜めしてたペーパーバックも最後の1冊になってしまったので、ネット経由で何冊か発注しておいた。また、ペーパーバックの山ができそう。^^;

お勧め度:★★★★☆

気になったWords:
hurt = (人の感情を)害する
she-wolf = 雌オオカミ

総多読冊数 = 144冊(684,560語)(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作(『The Best of Saki』他)入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本(『サキ傑作選』他)入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

『English Brain Force』 Unit36:MAYのイメージ
『ボキャビルマラソン Vol.1』 Unit17A(復習)、WeeklyChants4B(4/4)(復習)
『Oxford Bookworms 多読』 Wyatt's Hurricane(読始)
『VOA Special English 多聴』 News、In the News
ita2 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 13, 2005

『Tooth and Claw - Short Stories』4

20051113-ToothAndClaw.jpg
Conradin is ten years old. He lives alone with his aunt. He has two big secrets. The first is that he hates his aunt. The second is that he keeps a small, wild animal in the garden shed. The animal has sharp, white teeth, and it loves fresh blood. Every night, Conradin prays to this animal and asks it to do one thing for him, just one thing.
This collection of short stories is clever, funny, and shows us 'Nature, red in tooth and claw'. In other words, it is Saki at his very best.

Written by Saki
(Retold by Rosemary Border)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Human Interest
ISBN : 0194230201
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 8,200 words

Graded Readersの短編集っていうとあまりにも"ショート"過ぎて、まともなモノがあまりない中、この作品は各短編1つ1つがしっかりとした存在感を持っている感じがした。

また、この本のタイトルは"Tooth and Claw..."となっているが"Tooth and Claw"という作品が中に含まれているわけでもない。つまり、短編集によくありがちなタイトルTooth and Claw "and Other Stories"ではないのだ。実は、この本のタイトルは中に含まれている全ての短編に共通のあるテーマを暗示させているのだけど…。

普通の短編集って、それぞれが単独に存在して各々は直接の関連性は持たない。もちろん、この短編集もその点は同じだが、なぜか1編1編と読み進めるうちに全てに共通した"ある暗示"が段々と強く感じられた。

ホント、かなり手の込んだストーリーだったな〜。緻密に計算されつくしたブラックユーモアてのはこういう作品の事をいうのだろう。原作や翻訳版にもぜひトライしてみたいな〜。

お勧め度:★★★★★

気になったWords:
Devon = デヴォン(イングランド南西部の州)
myrtle = (植)フトモモ科の各種低木
miller = 製粉業者、mill(=製粉機・粉砕機)操作・運転者
memorial = 記念碑
major = (軍)少佐
macaw = (鳥)コンゴウインコ
improper = 不適当な
conservatory = 温室
forbid = 禁ずる(forbid/forbade/forbidden)
she-wolf = 雌オオカミ
bloodstained = 血のついた、血まみれの
daybed = 寝椅子、(昼間用の)リクライニングシート
land = 上陸する、着陸する
headfirst = まっさかさまに
growl = (犬など)怒ってうなる
watchful = 用心深い
wolfish = オオカミの(ような)
naked = 裸の
pool = 水たまり、池
goodness = 善、優良
claw = (ネコ・タカなどの)(かぎ)つめ
clink = (金属片・ガラスなどが)チャリンと鳴る
airless = 無風の、空気のない
toasting fork = (パンを火にかざしてトーストする時などに用いる)柄の長いフォーク
stain = しみ、よごれ
sicken = 加減が悪い
fierce = 獰猛な
civilized = 文明化した、教養のある
pray = 祈る

総多読冊数 = 144冊(684,560語)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作(『The Best of Saki』他)入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本(『サキ傑作選』他)入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

『English Brain Force』 Unit31:ニュアンスを添える(1) up,down
『ボキャビルマラソン Vol.1』 DailyWords16A-18A(復習)、WeeklyChants4B(2/4)
『Oxford Bookworms 多読』 Tooth and Claw - Short Stories(再読始)
『VOA Special English 多聴』 American Stories
ita2 at 23:00|PermalinkComments(0)

November 04, 2005

『Love Story』(再読)3

20051027-LoveStory.jpg
This is a love story you won't forget. Oliver Barrett meets Jenny Cavilleri. He plays sports, she plays music. He's rich, and she's poor. They argue, and they fight, and they fall in love.
So they get married, and make a home together. They work hard, they enjoy life, they make plans for the future. Then they learn that they don't have much time left.
Their story has made people laugh, and cry, all over the world.

Written by Erich Segal
(Retold by Rosemary Border)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Human Interest
ISBN : 0194230082
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 8,600 words

初読時に比べて、かなり深く読めた。ラブストーリー物っていわゆるあま〜いフィールのものが多いが、この作品はある意味地に足がついているっていうか、リアル感があるな〜。そのあたりもベストセラーになった要因かな〜。

最近、EBFで冠詞を習ったので、冠詞に注意を払いながら読んでみたら、ものすごく名詞が生き生きと感じられるようになった。この感覚は日本語にはないな〜。冠詞ってもの凄く繊細だな〜と感じた。

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
man to man = 個人対個人として、率直に
mean = 本気で言う
damned = 全くの、べらぼうな

総多読冊数 = 143冊(676,360語)(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作入手先/関連サイト:
amazon.co.jp(本の画像をクリックすると立ち読み可能)他

翻訳本『ラブ・ストーリィ』入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

『英会話スクール AEON』 Evaluating Things(予習)
『Oxford Bookworms 多読』 Love Story(再読終)
『VOA Special English 多聴』 News、Education Report
ita2 at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 27, 2005

『Love Story』3

20051027-LoveStory.jpg
This is a love story you won't forget. Oliver Barrett meets Jenny Cavilleri. He plays sports, she plays music. He's rich, and she's poor. They argue, and they fight, and they fall in love.
So they get married, and make a home together. They work hard, they enjoy life, they make plans for the future. Then they learn that they don't have much time left.
Their story has made people laugh, and cry, all over the world.

Written by Erich Segal
(Retold by Rosemary Border)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Human Interest
ISBN : 0194230082
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 8,600 words

前半部は凄く読みにくかった。後半に入ると、ストーリーも分かりやすく読みやすくなった。リトールドする際に、前半部はダイジェスト風に後半部は普通にしたような感じなのが原因かも。

有名なセリフ"愛とは、けっして後悔しないこと"は、原文では"Love means never having to say you're sorry..."だったんですね〜。原文の方がやっぱいい感じだな〜。

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
Wolfson College = ウルフソンカレッジ(Oxford大学の学寮の1つ)
stitch = ひと針、ひと縫い
rebel = 反抗する
prep school = preparatory school = 大学進学予備校(寄宿制私立学校)
Peace Corps = 平和部隊(米国から開発途上国に派遣される産業・農業・教育などの援助者たち)
dormitory = dorm = 寄宿舎、寮
painless = 痛みのない、造作のない
cheque book = check book = 小切手帳
MG = (商標)MG(英国製のスポーツカー)
Chopin = ショパン
refusal = 拒否、辞退
bozo = どじなやつ、野暮な男
relation = 親類、関係
rebellion = 反抗、謀反
Fall River = フォールリバー(Massachusetts州南東部、Mt.Hope湾に流入するTaunton河口に位置する工業・港湾都市)
Cranston = クランストン(Rhode Island州北部Providenceに北接する市)
damned = 忌まわしい、いまいましい
damn = ちくしょう、強く非難する
dammit = damn it
Dartmouth = ダートマス(Massachusetts州南西部New Bedfordの西の町)
great-grandfather = 曾(そう)祖父
preppie = preparatory schoolの卒業生・生徒(金持ちの子が多い)
Rhode Island = ロードアイランド(ニューイングランドの州)

総多読冊数 = 143冊(676,360語)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本『ラブ・ストーリィ』入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

『English Brain Force』 Unit18:ANYのイメージ
『ボキャビルマラソン Vol.1』 Unit14B(復習)、WeeklyChants4A(4/4)(復習)
『Oxford Bookworms 多読』 Love Story(読終)
『VOA Special English 多聴』 Explorations
ita2 at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 18, 2005

『Who,Sir? Me,Sir?』(再読)4

20051006-WhoSirMeSir.jpg
Sam Sylvester is a teacher who wants his class to have ambition, and to do great things in life. So he enters them for a sporting competition against the rich students of Greycoats School.
The team that he has chosen for the competition think Sam has gone crazy. 'Who, Sir? Me, Sir?' says little Hoomey, his eyes round with horror. 'We'll never beat Greycoats,' the others cry. 'Never in a million years!'
But you don't know what you can do -- until you try . . .

Written by K.M.Peyton
(Retold by Diane Mowat)
LEVEL : Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE : Human Interest
ISBN : 019423021X
PRICE : ¥630
PAGES : 72 pages
総語数: 10,000 words

初読時は登場人物の多さに面食らったが、再読の今回は各登場人物についてよく理解してたので、各キャラのセリフの違いなども結構楽しめた。

今回は試しに電子辞書のG大で語彙チェックしてたが、やっぱ多読には使いにくいな〜と感じた。語彙学習には向いてるんだけど、リーダーズに比べて何か分かんないけどぎくしゃくした感じがする。

私的には、多読にはリーダーズの方が合ってるみたい。電子辞書版ならリーダーズプラスも付いてて、書籍のタイトルから簡単なあらすじをチェックしたり。著者名から人柄や作品もチェックできるし、各単語の意味も"多読には"向いた書き方みたい。次回からはまたリーダーズ&プラスの方を使うようにしようっと。

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
windfall = (収穫前に風で落ちた)果物、たなぼた
Punjabi = パンジャブ語(インド-ヨーロッパ語族のインド-アーリア語派の1つ。パンジャブ地方を中心に用いられ、特にシク教徒との関係が深い。)
firelight = (暖炉・かがり火の)火明り
fireside = 炉端、家庭(生活)、一家だんらん

総多読冊数 = 142冊(667,760語)(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本入手先/関連サイト:
無いみたい

『English Brain Force』 Unit11:基本動詞(5) 聞く・話す
『ボキャビルマラソン Vol.1』 DailyWords13B-15B(復習)、WeeklyChants4A
『Oxford Bookworms 多読』 Who,Sir? Me,Sir?(再読終)
『VOA Special English 多聴』 News、Development Report
ita2 at 13:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 06, 2005

『Who,Sir? Me,Sir?』2

20051006-WhoSirMeSir.jpg
Sam Sylvester is a teacher who wants his class to have ambition, and to do great things in life. So he enters them for a sporting competition against the rich students of Greycoats School.
The team that he has chosen for the competition think Sam has gone crazy. 'Who, Sir? Me, Sir?' says little Hoomey, his eyes round with horror. 'We'll never beat Greycoats,' the others cry. 'Never in a million years!'
But you don't know what you can do -- until you try . . .

Written by K.M.Peyton
(Retold by Diane Mowat)
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Human Interest
ISBN : 019423021X
PRICE: ¥630

PAGES : 72 pages
総語数 : 10,000 words

今回は難しかった。でも英文が難しいのではなく、各登場人物のキャラクタを掴むまでが大変だった。登場人物が多い上にリトールドで省略されてる分、分かりにくくて、結局、ストーリーの3分の2くらい読むまでは、名前とイラストの顔とキャラが一致しなかった。

登場人物の多いリトールド物は、巻頭に各登場人物の名前とイラストと簡単なコメントをのっけてくれるとありがたいんだけどな〜。

お勧め度:★★☆☆☆

気になったWords:
windfall = (収穫前に風で落ちた)果物、たなぼた
fellow student = 学友
saber = (騎兵の)サーベル
shed = 小屋
mare = 雌馬
ambition = 野心、大望
competitor = 競争する人、出場選手
roundabout = 環状交差路、ロータリー
glassy = ガラス質の、(目などが)生気のない
recording = 録音・録画済みテープ(円盤)
foal = 子馬
icily = 冷淡に
seafront = 海岸通り
deaf = 耳が聞こえない
Sikh = シク教徒(シク教=16世紀に興ったヒンドゥー教の一派でVedaの権威を認めず一神教的な立場をとる)
handful = 一握りの量
deepend = (プールの)一番端の最も深い所
fireside = 家庭(生活)、一家だんらん、炉ばた
whizzo = すごい才能のある人
straw = 麦わら
later on = (もっと)あとで(反意語=earlier on)
knacker = 馬肉売り(業者)(犬のエサ用)
headteacher = 校長
tetrathlon = 4種競技(馬術・射撃・水泳・競走)
carpark = 駐車場

総多読冊数 = 142冊(667,760語)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作入手先/関連サイト:
amazon.co.jp

翻訳本入手先/関連サイト:
無いみたい
ita2 at 16:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 24, 2005

『Frankenstein』(再読)3

20050918-Frankenstein.jpg
Victor Frankenstein thinks he has found the secret of life. He takes parts from dead people and builds a new 'man'. But this monster is so big and frightening that everyone runs away from him -- even Frankenstein himself!
The monster is like an enormous baby who needs love. But nobody gives him love, and soon he learns to hate. And, because he is so strong, the next thing he learns is how to kill . . .

Written by Mary Shelley
(Retold by Patrick Nobes)
LEVEL: Oxford Bookworms Library 3(1,000 headwords)
GENRE: Fantasy & Horror
ISBN : 0194230031
PRICE: ¥630

PAGES : 72 pages(ストーリー部は55頁)
総語数 : 10,000 words

今回も初読時と同じくスラスラ早く読めた。でも、今までとは違って再読時にスピードがう〜んとアップする事はなくなった。初読で、ほぼそのレベルでのマックスの速さで読めるようになったという事だろう。今後は現在のマックス値をアップさせる事が課題かな〜。

さて、実は今まで多読時には電子辞書のリーダーズ&プラスを使っていたが、この本から試しに、同じ電子辞書に搭載されてるG大を使ってみた。リーダーズに比べてG大は収録語数が少ないので大丈夫かな〜と心配したが、意外と多読にも使えた。

まあ〜、今回は有名な作品だったせいもあるかもしれないが、作者の情報もきちんと載っていたし、固有名詞も全部載っていた。リーダーズは収録語彙数も多く、訳も多読向き(?)なんだけど、やっぱ日頃英語学習に使ってるG大の方が慣れてるし、個人的にはG大の方が、各単語のイメージがわきやすいので、読んでいる時に単語の意味ってよりもイメージを掴みたい時に自分的にはなぜかピッタリくる。もうしばらく、多読にG大を使ってみよう。

お勧め度:★★★☆☆

気になったWords:
awake = 目が覚めて、眠らずに(反意語=asleep)

総多読冊数 = 141冊(657,760語)(再読はカウントしない)

入手先/関連サイト:
amazon.co.jp
Oxford University Press Japan Graded Readers Website

原作入手先/関連サイト:
amazon.co.jp他、多数あり

翻訳本『フランケンシュタイン』入手先/関連サイト:
amazon.co.jp他、多数あり

『Oxford Bookworms 多読』 Frankenstein(再読終)
『VOA Special English 多聴』 News、Education Report
ita2 at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives
Search ThisSite
My Profile

ita_profile2_73x
いた
Cookieeeeee!!
Me studying English, but sometimes me don't study.
Me want to enjoy English and want to be able to speak English very well.
Have fun !! ^^/

-- 現在使用中の英語教材 --
『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』
『英検準1級 でる順パス単』
『即戦力がつく ビジネス英会話』

-- 現在使用中のPiano教材 --
『チェルニー 30番練習曲』
『バスティン 中級レパートリー3』
『YAMAHA クラシックピアノ 個人レッスン』

-- Gender --
男の子^^v

-- 趣味 --
English
Piano♪
Game Content Dev.

-- 好きな動物 --
Kittens & Cats

-- 職業 --
IT Consultant(外資系)

-- 資格 --
TOEIC800
MBA(in Australia)

-- ここ以外の生息地^^; --
Alcom World分室
YouTube分室
ニコニコ動画分室
SoundCloud分室
Kanagawa in Japan

-- 好きなArtist♪ --
Perfume、いきものがかり

-- 好きなGame --
SIMS4SIMS3、SIMS2
FF7、艦これ、Skyrim

-- MySIMSブログ --
Everyday Life
in Sims World





Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。

My Recommendations