2006年04月

2006年04月28日

いまでも飛んでる飛行広告

2217a80f.gif去年の今頃は「キドカラー(no.0052)のお話でした。35年前当時は空がとっても賑わっていました。飛行船にチラシをまくセスナ機。アドバルーンてのもあったりしましたっけ。なのだが、去年の年末とんでました。しっかり。ちょうど彦崎小学校の真上あたりをぐるぐる。チラシはばらまいてなかったけどね。家具屋の年末セ−ルかなにかだったかな。灘崎の青空にはアドエアプレインがよく似合う。って英語にしただけ。0287


ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月27日

Googleのマップがすごい!

687901e8.gifGoogle→more→マップ(http://maps.google.co.jp/)といき「彦崎」で検索すると「お酒の近パン」まで載っている地図に到達する。いつのまに「お酒の近パン」になったのか納得がいかないのだけど、もうひとつ納得できないのがその「お酒の近パン」から南に歩くこと100メートルの岡南興業の所を見ると個人宅と工場の間にいつのまにか道ができている。それもかなり彦崎駅に行くのに近道だ。今度実家に帰ったときは人々の往来でさぞ賑やかなことでしょう。ぜひ「彦崎」と検索して楽しんでください。0286


ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ★★★★★ 

2006年04月26日

天地茂の明智小五郎

7bfb63e2.gif小学校の図書室に江戸川乱歩の少年探偵シリーズがあった。「黄金仮面」「大暗室」「黄金豹」「魔人ゴング」とか・・・図書本はすべて読み尽くしたと思いきや、このシリースは全40巻もあるのだ。表紙がカラーの手書きの絵だったりして今見てもいい。そんなこんなで天地茂の明智小五郎シリーズがdvdで発売された。あの名作だ。1977年から1985年まで続いたヒットシリーズ。なんとテレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」わくだ!0285

ita2424 at 00:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 70年代のテレビ/ラジオ | 70年代の彦崎小学校

2006年04月25日

むしろ彦崎港

0e8adbc9.gif昔は「ムシロ」を作り、ここから流通していたらしい。その証拠に彦崎港(マキちゃんちの近く)には大きな倉がいまでも存在する。当時大阪からきた丸高工業もこの「むしろ」が目当て。当時は彦崎港から大阪に向かって彦崎製の「むしろ」が旅立ったのだ。「丸高」が大阪からこの彦崎村にきた当時は村をあげて運動会などをして歓迎したらしい。そんなに凄い事件だったのだ。0284

ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昔おきたであろうこと 

2006年04月24日

リコー館

b114ee70.gif大阪万博ネタ。ストック豊富なのだ珍しく。そんなこんなで7パビリオン目は月曜広場の奥、池の広場にある目玉バルーンの「リコー館」。一番最初に訪れたパビリオンだ。館の全体が円柱になっていてその周り歩く歩道を使っての入場だ。その円柱の館側面に「久里洋二のアニメーション」が投影されている。いやこれにはびっくり、のっけから万博にノックアウト。0283

ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大阪万国博覧会完全閲覧 

2006年04月21日

秋山ジョージの銭ゲバ

0a244914.gif「銭ゲバ」と「アシュラ」の区別が私にはつかない。主人公が凄くいじめられてたりする。石とか投げられたりしてね。でもなんだが当時は谷岡やすじ、赤塚不二夫、そしてこの秋山ジョージとかやりたい放題な感じでいい時代です。話は「銭ゲバ」。ゲバゲバ90分も放映されてちょっとした「ゲバブーム」。そのゲバって武装闘争のゲバルトの意味らしい。どおりでやりたい放題だったのでしょう。「銭ゲバ」においては小学生鑑賞不のオフレがでてたらしい。0282


ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月20日

大久保の飛行塔

fd716522.gif近年帰郷するたびに何か物足りない気がする。何かが足りないのだ、よくよく考えるとそれは「飛行塔」なのだ。彦崎駅を降りると南西の山の頂上に「一番星」の如く点滅していた「飛行塔」。これがいつのまにかなくなっているのだ。それは大久保の奥の山「蟻峰山」にあった。いまではその飛行塔下を瀬戸大橋線が縦断しているのだ。0281

ita2424 at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代の彦崎観光 

2006年04月19日

黄色の帽子

4adb2770.gifウクライナで発見された元日本兵・上野さんの帽子がカッコいい。同じ83歳の日本人だったら農協の帽子がいいとこだよね。そう、一生を通して一番帽子がにやうのが保育園の頃、黄色のやつだったかね。ぐるりがひさしのやつ。当時の写真がモノクロだったから記憶にないけど全国共通のあの黄色い帽子だよね。  最近はUVカット機能がついてたりする。0280

ita2424 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 60年代の彦崎保育園 

2006年04月18日

アテンションプリーズ

d3bdc9ab.gif最近テレビドラマおもしろい?テレビばっかりみていたら笑われてしまう年齢になってしまったが、見るよねテレビ。でもこの最近ドラマがおかしい。へん。やることなくなってしまったのかな。リバイバルブーム。「エースをねらえ!」の岡ひろみ。「アタックナンバーワン」の鮎原こずえ。そして「アテンションプリーズ」の美咲洋子。第三弾が「アテンションプリーズ」っていうのは結構渋いかもね。しっかり卓球もやるのでしょうか?しかしこれ全部主役を上戸彩がやってしまうんだもんね。因みに昔の主演は「紀比呂子」。0279


ita2424 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代のテレビ/ラジオ 

2006年04月17日

さくらてんぷ3

5c6671ad.gif「でんぷん」じゃなくて「でんぷ」。なんと岡山県のお酢の消費量は全国で第四位らしい。「ままかりの酢漬けだ!祭り寿司だ!!」と考えてみるとお酢のオンパレード。祭り寿司(ばら寿司のこと)なんかは日曜日お昼の定番。なので「新婚さんいらしゃい」を見ながら食べるのだ。で、遠足といえばのり巻きの具は、ほうれん草に干し椎茸・カンピョウ・卵焼き・桜てんぷの定番もの機嫌のいいときは穴子が入る。そう桜でんぷ。ピンク色のやつね。これってどちかっていえば九州が主流なのかね。最近では長崎料理でお目にかかりました。0278


ita2424 at 17:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 70年代をたべる 

2006年04月13日

迫川の福島タクシー

c6f5004f.gif彦崎は「鳥越の彦崎タクシー」迫川は「福島タクシー」。七区は?。んでも「福島タクシー」のお嬢は私たちの同級生。そんなことどうでもいいのだけど。図書館の貸出本ておもしろい。だれも頼んでいないのに文字校正してる親切なひとがいたりする。A型の性格爆発かね。で。この前小説「隠蔽捜査(今野敏)」の115ページの2行目に「いや、タクシーは、三日サイクルだったはずだ。」っていう文章の「三日」が鉛筆で「二日」に訂正されている。おやっと思い。前後にそんな文章あったかな思って読み返したけどそんな文章はないのよね。ていうことは校正者は「タクシーは、二日サイクルなんだよな」って凄く言いたいわけで。これって絶対校正してる人はタクシーの運ちゃんじゃん。我慢ならんかったんだろうね。おもしろいでしょ図書館の本って。0277

ita2424 at 22:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 70年代の彦崎観光 

2006年04月12日

理科教室の人体模型

05f56e05.gif5年の教室の突き当たりが確か「理科教室」右手の外の「ちゃぼ小屋」を見ながら。ステンレスの流し、机は備え付けでカーテンは暗幕。黒板裏の資料室には例のあの人体模型がある。たしか肝臓とか心臓が立体的に収まっていてワンタッチ取り外し自由。巧妙に重なっていてまるで立体パズル。無断で取り出そうものなら復旧のみこみなし。のようだったような気がする。夢でなければ。そうそう血管の通っている・・いや筋肉だったかな人体模型はまた別だったような気もする。たしか………。0276

ita2424 at 16:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 70年代の彦崎小学校 

2006年04月11日

むぎちょこ

161bd688.gif「マミング」。これはうまい!でもそんじょそこらでは手に入らない。簡単に言えば柿の種にチョコレートをコーティングをほどこしている。これミスマッチな感じだけど、いやいやどっこい一口目のカリッとやったときが最高なのだ。甘いチョコレート風味のなかから柿の種の唐辛子がピリッと甘辛ワールドを展開する。昔、麦チョコとかあったのを想い出しながら堪能するのだ……こりゃー太るよ!……「水主(かこ)」マスター・ママうまいものありがとう。275

ita2424 at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代をたべる 

2006年04月10日

NHKラジオ第1の午前11時30分

6c3ac90e.gif「私の本棚」。15分ばかし本を朗読してくれる番組なのだ。中学校の時ちょっとはまりました。といってもこの時間は学校に行っているわけで聞くことは出来ない。なのでここで出てくるのが「ナショナルオーディオタイマー」。といってもカセットデッキが当時無いのでラジオとマイク付き録音機で同時オン、なのでラジオのノイズと電車踏切の信号器の音をマイクで拾いながらBGMもない淡々とした朗読が録音される。なんだかこれがお昼前のゆっくりした感じでよいのです。そんな便利なんだか不便なんだかの1970年代が私は好きだ。0274

ita2424 at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代のテレビ/ラジオ | 70年代の灘崎中学

2006年04月07日

「たんびに」

e424ca7c.gif『度に。』が「たんびに」。「た」と「び」の間に『ん』が入る。夜と朝の間にふたり〜のわた〜し〜♪みたいな。別に入れなくてもいいんじゃない。「たびに!」って言ってしまえばよいともうのだが。なぜか「たんびに」になっている。微妙な方言は得てして数年経っても抜けない。大事なお客さんの打ち合わせなどに思わず言ってしまうことがあるのがこの「たんびに」だ。これは広島・鳥取っと中国地方の広域をカバーしている。らしい。0273

ita2424 at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)