2006年12月

2006年12月25日

女甲冑録/東郷隆を読んでみてください。

b7a05ac3.gif灘崎町で有名なのは、なんといっても「常山の鶴姫」。区域的には玉野市庄内ではあるが、この山は灘崎町のシンボルだ。中学の校歌にも歌われている。その常山城が小早川勢に攻め込まれ壊滅状態のおり、鎧を身につけ刀を口にくわえ自ら自害した常山御前こと鶴姫。時は1575年。400年前の70年代だ。その鶴姫が名だたる女アマゾネスを差し置いて「黒髪の太刀」としてトップを飾る。当時珍しい火槍を使っての合戦シーンには火の海となった茂曽路が語られている。0433

ita2424 at 16:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 昔おきたであろうこと | メディアに見る児島郡灘崎町

2006年12月21日

今日はビルボードの日/1974年12月21日

0bdba157.gif2位にカール・ダグラスの「吼えろ!ドラゴン」が入ってます。日本だけのヒットかと思っていたが世界的にヒットしていたのだ。世界的ブルースリーブームだ。そして4位にスリー・デグリーズ「天使のささやき」だ。まさにソウルトレインばく進中だ!3位がヘレンレディ「アンジー・ベイビー」。6位がエルトンジョン「ルーシー・イン・スカイ・ダイアモンド」。8位がポールマッカトニー&ウイングス「ジュニアズ・ファーム」。今週初登場68位でジョンレノンの「夢の夢」が入っている。ビートルズ後遺症がそこらかしこに散りばめられた1974年の年末だ。

ita2424 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ビルボードチャートほぼ完全制覇 

2006年12月07日

Y君の「スペーストラッキン」

8d5b143c.gif3連発だ!マシンヘッドは鰻のニオイで3倍飯が喰えるパターンだ。いや。話はつきない。全てだ。Y君のレパートリーにこのアルバムの最後を飾る「スペース・トラッキン」がある。ザザッザッザッザッバーバーババッとキーボードのイントロからはじまりドラムのシンバルがシャシャと入る。これが凄くカッコイーのだ。我が「トータスヘッド」はキーボードとドラムは万全なのでイントロのカッコイイーところから数秒はムムッって感じなのだが、続くボーカル、ベース、ギターが入るとアリャリャとなる。通常のバンドだと逆だが。そんなアリャリャなのだがY君はめげない。サビの「カモンカモン」のキーボードでのダラララーダラララーまで強引にひっぱる。やりまくる。それはそれは凄い。音もでかい。耳がキーンだ。0431

ita2424 at 16:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代の灘崎中学 

2006年12月06日

命名「トータスヘッド」

651f89bc.jpgそうかーいまさらながら分かったことがある。ディープパープルのアルバム「マシンヘッド」だから「トータスヘッド」なのだ。今気がついた。バンドにはバンド命名は一大イベントだ。当初リーダー格であるドラムのU君の鶴の一声で「スフィンクス」という名前があがった。そこへちょっと待ったとY君。彼が考えたのが「トータスヘッド」。当時1975年あたりだ。響きもいいし、直訳したときのセンスも洒落ている。2年後に「トーキングヘッド」がデビューしたということは。しっかりパクられたのだ。有名になったときバンドの名前の由来を聞かれたらすかざず声を揃えて5人は言うだろう。「男だからね」と。でも今では名前を付けた当の本人もいない。0430


ita2424 at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代の灘崎中学 

2006年12月05日

彼からのイヤンギラン付き年賀状

078a908e.gif「あけましておめでとう至のあほ〜」から始まる中学時代の年賀状。彼らしい。以下内容は「うたにはげんでいるか〜、”ブラックナイト””ハイウェエスター”はもう歌えてるようになったことと思う。(う〜ん軽く強制)おれもがんばっている。(やっぱりがんばってたんだ)。上西がぬけてもガンバロウ。(う〜むもうバンド割れか)みじかいですがあいさつにかえさせていただきます。(う〜ん締めも彼らしい)」という文面といっっしょにイヤンギランの写真が貼り付けられている。どうやらミュージックライフかなにからきりぬいたのでしょう。写真のなかにご丁寧に「イヤンギラン」の文字が。しかし年賀なのに普通のはがきで送られてきている。彼らしい。送り名は「キーボード担当のジョンマンダラハゲひろし」。彼らしい。0428

ita2424 at 12:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代の灘崎中学 

2006年12月03日

行本のハモンドオルガン

90a6f477.gif彼のセンスは超一流だ。中学2年の時彼のキーボードを聞いたとき感じた。リズム感とか聞いた曲をそのセンスで再現できる感覚はそうそう出来ることではない。猛練習以外の努力とは無縁のものだ。少なからず私にはない。通してしまう勢いというものでもあるけれど、彼にはそれがあった。良きにつけわるきにつけ。そんな彼と25年ぶりに再会したときにしこたまその話で盛り上がり、彼は数日後思い出したかのように再度キーボードを購入したことを聞く。やる気だ。猛練習したか。それとも年齢にあった音楽を楽しんだか。そのことをもう聞くことはできない。当然あの激しいハモンドオルガンもどきの音もだ。彼が当時ディープパープルの「Landy Doubule Dealer/嵐の女」0’55”の「ウゥ〜カップヌード〜ル」を目ざとく発見したのも彼と記憶するが。0428

ita2424 at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代のテレビ/ラジオ