2009年02月

2009年02月25日

ニューバスケットボール【もうない。デパートの屋上】【断然!エポック社】

0633034c.jpgこれは資料がないので想像でお話する、まずエポック社の「ニューバスケットボール」のようなタイプライター式(横約10個の操作スイッチ)すり鉢系穴マシーンを20倍大きくしたようなゲームだ。角のアールが美しいガラスの中でボールが飛び交い、ゲームは行われる。バスケットゴールががあり、すり鉢状の穴が無数に開いている。その穴にボールが入っていて、手元のキーボードを押してその玉を飛ばすのだ、野外で遊んだ「バスケットピンポン」の要領だ。0913

ita2424 at 10:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 【もうない。デパートの屋上】 | 【断然!エポック社】

2009年02月24日

松下館のタイムカプセル

51612994.jpg20世紀少年ではタイムカプセル埋めるところから始まる。」
いまでいえばパナソニック館、といえば「5000年後にひらく珠(タイムカプセル)」。これはよく言われていることだが、「5000年」って残り約4960年・・・・どうがんばっても見られないジャン。と思ったら10年ごと開封中身を確認し、再埋葬するようにということ。ということは5000年って意味は?まっよしとして、5000年前といえば縄文時代中期。海水面は温暖化のため4-5メートル高くなり縦穴住居集落。関東で言えば東京都の重要な部分は海の下。埼玉あたりが繁華街だ。そして人々は耳飾り、珠が盛んにつくられた。そして「5000年後にひらく珠」に収納している、未来人に見て聞いてもらいたいモノは「池松武之亮さんのいびき、歯ぎしりの音」「トムボーイ」「シンナー遊びの写真」「やたら学生デモの映像」等々2,098点。詳細は以下0912

http://panasonic.co.jp/history/timecapsule/storage/index.html



ita2424 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月23日

おみくじマシーン【もうない。デパートの屋上】

b2451c57.jpg神社ジオラマ。おみくじマシーン。巫女さんがおみくじを鳥居の下で渡してくれます。
そうこのブログでも2005年6月23日「自動おみくじ機(0104)」として描かせて貰いました。約4年ぶりに再度登場。イラストも資料もなく想像画、しかし今回は唯一ワンカット写真を入手。これを元に描いてみましょう。その写真ではその神社再現ぶりの素晴らしいことか、朱色の垣根に囲まれた中央の「正一位」の文字が入った鳥居。おみくじが結果的に収まる賽銭箱の両脇に白い狐。ということは「稲荷神社」ということか。鳥居を挟んで灯籠。夜にはつくのか?そして一番奥におみくじを巫女さんが取りに行く神社。自動ドア。手前に一本松が生えている。そして赤たすきがけの日本髪を結っている巫女さん・・・・。センターロードを行ったり来たり。最後におみくじを落とすときには素っ気ない。ポンッと両手で放り投げる。そんなことを思い出した。それとやっぱりちょっと怖い。



ita2424 at 11:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 【もうない。デパートの屋上】 

2009年02月20日

カラダをお〜きく回しましょう。【ラジオ体操完全マスター】

7d9bbe9e.jpg10項目の運動。かなりの多くの運動を経てクライマックスにむけて大技が続く、「カラダグルグル回しだ」ラジオ体操の中でも本当に運動している!カラダがほぐれる!という満足度100%、ザ・ラジオ体操ではないか。(褒めすぎ)ラジオ体操が無いときでも思わずやっていまう運動「お〜おきくグルグル」。フォームの美しさを表現するのもかなり難易度が高い。目もまわるし。そんな大技大回転。0910



ita2424 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【ラジオ体操完全マスター】 

2009年02月19日

1977年2月19日ビルボード

d41f2847.jpg2月19日のビルボードは1972年(0703)とこの1977年のみ。1977年はもう70年代も終盤にさしかかる1980年が目の前だ。ソウルはディスコ、ロックはパンク、テクノに日本ではシンガーソングブームを巻き込みながら、アイドル時代も再熱する。そんな1977年序盤のヒットアルバムはやっぱり「ホテルカルフォルニヤ」だ。そのなかから今回「ニューキッドインタウン」がチャート二位。10位のボブ・シーガー「ナイト・ブームス」、8位のステーヴ・ミラーバンド、初登場72位のジョントラボルタはナイトフィーバー後の「グリース」からのヒット曲だろう。19日シバリは今回で終了、来月から10日へ。 0909

ita2424 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ビルボードチャートほぼ完全制覇 

2009年02月18日

彦崎公民館は駐在所だった。【いい加減な自分にカツ!勘違いおよび訂正】

72489a88.jpg昔の彦崎での駐在所の場所がどうにも思い出せない。川上食堂の近くか、それともガソリンスタンドの近くだったような。実は全然勘違い、灯台もと暮らし、この彦崎公民館が彦崎の駐在所だったのだ。これで悩み解決!スッキリ。しかし記憶とは曖昧。過去の記憶は次に来る刺激的なことら永遠に消え去り全てを見失うのか・・・。この彦崎公民館駐在所もgooglemapを見ていて発見。そういえばよくみると駐在所のだったような気がする。0908

ita2424 at 00:03|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 70年代の彦崎観光 

2009年02月17日

ペリスコープ【もうない。デパートの屋上】

36b713ac.jpg新しいところではナムコの「サブマリン」だ。が、しかし我々は海の白波がジオラマなセガ「ペリスコープ」だ。1966年の作品だ。潜望鏡が取り付けられた巨大エレクトリックゲームだ。魚雷を発射すると立体造形の海の荒波に魚雷の影(ランプの軌跡)が左から右へベルト移動している戦艦めがけて走る。当たれば派手な光を放ちながら大げさに沈没。シンプルだがダイナミック。ペレスコープを覗くとそこは別世界でかなり緊張する。そんな一押しのデパート屋上ゲーム。しかしデカイ。セガのかなり初期の出世作だ。※初期ブログで「ペレスコープ」と誤った表記をしてしまいました、いつものこどですが。この場で訂正いたします。0907

ita2424 at 00:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 【もうない。デパートの屋上】 

2009年02月16日

料理をするミセス・マーチ【BEN and LUCY完全解読のつもり】

3d397157.jpg前回はミスターマーチの紹介。となると今回はベン・マーチのおかさんミセス・マーチの登場だ。ベンの両親はともに名前がない。ミスターアンドミセスだ。ミセス・マーチの登場も「おかあさんもそろそろ」と言うことでleson15/P68に登場する。外でベンと親父のミスター・マーチはグリーン色の自家用車を洗車。男の仕事だ。方や姉のアリスとかあさんのミセス・マーチはキッチンで晩ご飯の支度。まさに「おばあさんは川で洗濯、お爺さんは山で芝刈り」だ。なんかわかんないスープとドデカイ七面鳥がテーブルにのっている。食後は家族揃って居間でオープンリールから流れる音楽をたのしむ。このレッスンのタイトルは「What are they Doing?」(かれらは何やてんの?)ということで、何かいろいろな事をさせれたミセス・マーチはお疲れでソファでお眠り。0906

ita2424 at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) BEN and LUCY完全学習のつもり 

2009年02月13日

23話「遮断機やーい/Red Light ,Green Light」のアブナー・クラビツ

a0aa962c.jpg脇役では今後長い付きあいになるお隣グラディス・クラビツのダンナ、アブナー・クラビツ(ジョージ・トビアス)。妻のグラディス役のアリス・ビアスが癌で死去するため第74話で終了する。二代目グラディスはちょっとポッチャリ系のサンドラ・ゴールドに変わる。しかし旦那はいつものジョージ・トラビス。いつもソファーに寝そべり、飄々としたスタイルでグラディスを引き立てる。しかしこの23話ではかなり活動的で大活躍。実際のジョージ・トラビスは保安官の資格が有るほどの活発さだ。0905



ita2424 at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 奥様は魔女完全攻略 

2009年02月12日

パンパン菓子【集まれ!マルタカ社宅広場】

63b32005.jpg「巨大なザル状円筒(穀類膨張機)」付きリヤカー自転車の乗ったおじさんがマルタカ社宅広場に登場すると、子供がお米と砂糖をもって一列に並ぶ、そしてそのおじさんに渡すとその「巨大なザル状円筒」にいれてゴロゴロ回し始める、すると白い巨大な煙と巨大な「ボン!」という音と共にさらに10倍ほど巨大化したお米が出来上がる。それが「パンパン菓子」だ。これもマルタカ社宅広場に登場。0903

ita2424 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 【集まれ!マルタカ社宅広場】 | 70年代をたべる

2009年02月10日

移動パン屋「メルヘン」【集まれ!マルタカ社宅広場】

6f5affcb.jpgあれはいつごろからか?小学校2-3年頃に駅前にヤマザキパンができ、小学校高学年頃、自宅の向かいの「マルタカ社宅」広場からメロディーがながれる。それは移動販売のパン屋さん「メルヘン」だ。車に陳列されたパンは当時では珍しい出来たて。しかし正直当時は「めちゃくちゃ旨い!」ていうわけでもなく(メルヘンさん、ごめん!!)。デザート系(真ん中がホイップのやつ等)のパンしかなかったからかもしれない。それもそのはず「メルヘン」は遙か西大寺からやってくる。たぶん車で流しながら来る最終地点に近いのか、その品数は少なく、出来たては旨いのだろうけど車が来るのは確か午後のほぼ夕方に近い時間。これも無理のないことだろう。調べると今でも現役でホームページなんかもあったので記しときました。創業は1965年6月。あのメロディーはなんだったけ?0902

http://marchen-food.com/index.htm



ita2424 at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 70年代をたべる | 【集まれ!マルタカ社宅広場】

2009年02月09日

第11話「風船怪獣バルンガ/バルンガ」

34ad2deb.jpg9日は「ウルトラQの日」忘れてました。「カチカチ」本来なら後回しなのだが本日はサービス。「バルンガ」です。第11話だが制作ナンバー16。風船怪獣。21世紀の原題なら「ケッ!」即ボツなこでしょう。それに地味。しかしその実態は周囲のあらゆるエネルギー(電力とか)を吸収し成長系巨大化、最終的な「バルンガ」の食べ物は「太陽」ということ。ということは何度か太陽を食べたことがあるらしい。これは大変ということで人工太陽を打ち上げ(すごい!技術。だったら食べられてもいいじゃん)・・・・・。しかしマンガのようなシナリオとは別にそのモノクロの「バルンガ」は生々しく、恐ろしい。当時の子供の脳裏にすり込まれ、いまでも重くドロンとした雲空を見ると「まさか・・」と震えおののくだった。0900



ita2424 at 12:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ウルトラQ完全制覇 

駄菓子オモチャ「カチカチ」

caf920d5.jpgぺこぺこ」とも呼ぶのでしょうか。ブリキでできていてお腹の膨らんだ部分を指で押すと「「ペコペコ」と音がする。するだけ。なにが面白いんだが・・・。いや当分カチカチ言わしてました。私の記憶では「セミ」の形をしたカチカチでした。セミがカチカチいうのもま〜聞きようによっては「カチカチ」ですが。ザブングルズのネタを聞くとこのオモチャを思い出すのは私だけでしょうか。愛用期間せいぜい一週間。0889

ita2424 at 11:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 特集こどもだまされグッズ大集合 | 70年代をあそぶ

2009年02月06日

引き続きエポック社「野球盤ゲーム(消える魔球システム)」【断然!エポック社】

b04081b8.jpg過去にも「魚雷戦ゲーム」、「サッカーゲーム」、「パーフェクトボーリング」「レーダーサーチゲーム」のお話をしました。断然エポック社と言えば「野球盤ゲーム(消える魔球システム)」これの所有はマキチャンでしょうか?ちがう。1971年発売。「消える魔球」のシリーズは「オールスター野球盤BM型」という呼び名のタイプらしい。「消える魔球」は絶対打つことが出来ないため(マンガと違って)、ルール的には「消える魔球」はボール球。しかし消える魔球を見分けることもできない、それに「消える魔球」を連投されると試合になんない・・・が、打てないといったがたしか「消える魔球」が消える前、いわゆるベースを通る手前でタイミングよくバットを振るとバットの先に当たりヒットになる。まさに「消える魔球攻略!」だ。しかし失敗するとバット地面の間にボールが挟まり、試合続行不可。かなり戦意喪失。そんな消える魔球野球盤。0888



ita2424 at 12:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 【断然!エポック社】 | 70年代をあそぶ

2009年02月05日

すごい!凄すぎるザッツユーロビートさん【★★★★★モノ】

77389585.jpgエポック社を調べていたら、スゴイブログに出会ってしまった。その名も「昭和雑誌広告・懐かしモノ」ザッツユーロビートさんのブログだ。過去に「ちびっこ広告図案帳’65-69s」「ちびっこ広告図案帳’70s」という優れ雑誌が発売されたが、それの上を行くボリュームだ。ひとうひとつの昔の広告を丁寧にスキャニングし、画像も細部まで見える大きさで親切。一度見てしまうと次から次へと見てしまう。ぜひ一度訪れたいブログだ。以外なのが広告の完成度の高さ、中には白い三面鏡を雪の積もる野原のようなところで撮影をしている(手前にモデル肘立てポーズ)。キャッチコピーも「どこへでも持っていきたい!!」。そりゃそうだ!感動。大らかで、予算合ったんだね〜昔は・・・。0887

http://blogs.yahoo.co.jp/thatseurobeat



ita2424 at 16:06|PermalinkComments(5)TrackBack(0) ★★★★★