アルプスの少女ハイジ。凄すぎ。5が月ぶりです。

2010年05月27日

映像満載!怪獣王子



100527



http://www.youtube.com/watch?v=FK_yzPKhIzU


さすがに恐竜の頭に乗っているのは人形だよね。
と当時の子どもでさえナエナエにさせた
怪獣王子。

1967年から1968年に放送された。全26話。
実は56話放映予定が26話で制作会社が空中分解。
そうなのかどうか。ウルトラマンに比べるとかなり雑。
子供心にちょっぴり見下感がありましたね。
「子ども電話相談室」でおなじみの天地総子が歌ってるのだけれど、
テーマソングもなんだか「ひょっこりひょうたん島」に似ているし、
見所の怪獣着ぐるみ対決もなんせ恐竜なので、
パターンが限られる。でも以下の映像のように
怪獣同士が相撲のガップリ四つに組んだり、
これはまるで恐竜の着ぐるみを着た人間業まるだし、
この自衛隊みたな集団も日本刀を背中に背負っているのだけど、
巨大レザー銃をぶっぱなしたり、
旧式なのか最新なのかさっぱり混乱。

http://www.dailymotion.com/video/x94be5_shortcut-scenes_shortfilms


3-4年前にこのブログで怪獣王子を取り上げたときは
ほとんど資料がなかったのが、今回映像が満載。
十分楽しめます。

しかし、
「ぼやぼやしてないで怪獣をやっつけるんだ!」と
自衛隊もどきをアゴで使うなんざ=痺れるね〜。
怪獣王子。
100527


ita2424 at 18:47│Comments(7)TrackBack(0) 70年代のテレビ/ラジオ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Tanktankro   2010年05月28日 12:20
出たぁ〜怪獣王子!
ブーメラン飛ばして、宇宙人の首が飛ぶ!
結構好きでしたよ、あのチープな作り。
あの頃、マリンキッドなんかでもブーメラン使って敵を倒していた事もあって、おもちゃのブーメラン飛ばして遊んでました。
戻ってこないんですよねぇ。
2. Posted by 1970   2010年05月28日 14:42
tankさん。リアルタイムでみました?私はたぶん夏休みか春休みの再放送だったような気がします。10才ぐらいかな。お供のネッシータイプの恐竜が大活躍。タイトルバックの夕焼けツーショットはいいですね〜。ブーメラン流行りましたね。そういえば。駄菓子屋にも売っていて、これがまた酷いもので、あれでは戻ってくるはずはないでしょうね。でも必ず戻ってくると信じてました。当時。
3. Posted by Tanktankro   2010年05月28日 17:12
リアルタイムで観てました。
ブーメランですが、硬質プラで出来ている大きなやつは戻ってくるのですが、その戻りのスピードに恐れをなして2〜3度しか遊ばなかった記憶があります。
1度はキャッチし損ねて、顔面へ。
青アザ作ったことも。
「オッオラ〜!」
微妙なニュアンスの違いで、「オーラ」に意味が付く事が不思議でならなかった。
4. Posted by 1970   2010年05月29日 12:32
私のブーメランはそんな立派ではなかったです。というか厳密には友達のですが。アメリカンクラッカーといい。すべて玩具はチープな駄菓子屋経由。それはそれは大変なまがい物揃いな憎めない奴らでした。田舎には崖がいっぱいあったので、かなり「オ〜ラ」と「キーハンター」ゴッゴには不自由しませんでした。海があれば完璧なのに・・・。
5. Posted by demitasse   2010年05月30日 22:56
4 いいの見つけましたね。
確かナオちゃん愛読の少年画報連載だったかな〜?

URLの動画観ましたが、戦闘シーンなのにのんびりしたBGMですね。こんなにゆったり感の70年代だったんですね。
私は、ゴキブリとカブトガニのハーフのような昆虫人間のトリコでした。気持ち悪いって意味合いでです。それくらい強烈でした。
恐竜の皮は、硬質ウレタンかスポンジの質感がまた萎え〜なんですよね。
恐竜の頭部に乗った王子のハンパない振れ幅に耐えうる軽量硬質感にも萎えでした。
6. Posted by 1970   2010年05月31日 12:05
エドウッドもびっくりのハチャメチャぶり。どこぞで見たことのあるキャラが大集合しているところ。パクリ全開のチャイナのことは言えません。先輩として。あっちにも描いたのでですが、demiさんのところから礒に向けての堤防の上で歩きながら川を眺めていた時の事を思い出します。この怪獣王子は。たしか日差しの強いいたのだろうか?
7. Posted by 1970   2010年05月31日 12:09
ナオちゃんは少年画報である必然。人柄が購読本に出ています。ゲームも強かったし。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アルプスの少女ハイジ。凄すぎ。5が月ぶりです。