70年代の彦崎観光

2009年08月31日

岡山県道22号倉敷玉野線と彦崎道路事情。

95cf5ca4.jpg県南の視野で見ると県道22号線は倉敷・玉野間を結ぶ主要道路だ。現在の22号は彦崎交差点から七区入り口までの通称「農道」は中学入学時は存在していなく、喫茶「道」から喫茶「夢眠」すぐ突き当たりを自然と左にながれている旧22号線しかなかった時代。なので歩道もないような狭い旧22号線が灘崎中学の通学路となる。当然この道路が倉敷から玉野に抜ける主要道路なわけなので車は頻繁に行き交うわけだ、たしか路線バスも通り、玉野競輪のお兄ちゃんも走るわけだ。そんな道路の危険を危惧したのか灘崎中学は片岡のホームタウン開発とともに道路工事を宇野線南側に進め、いまの明石踏切から入る山のコース。いわゆる「福江木工所」の横を通り、山沿いを走り川張にはいり片岡駅前の住宅街を抜ける安全コースができたのだ(山は山で10年前は痴漢が出没していて危険コースにと姪・甥に聞く)。・・・続きを読む

ita2424 at 00:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年08月13日

幻の無遮断機踏切(彦崎踏切事情)

ba6bb630.jpg彦崎は宇野線(岡山駅から宇野駅)が西から東へ横断している(下りの場合)。そのため大きく分けると踏切より南側は住宅地、北側は商業地となる。70年代の彦崎での踏切は大きく分けて6カ所(現在4カ所)。岡山側からいくと駅より狐にぬけるコンクリート地下道(自転車、歩行者用)は踏切でないので除外するとして・・・・・。1.車も頻繁に通るほぼ中央の札場丸睫榿瓦踏切。2.札場と奥谷間の大谷川沿いにある静かな踏切。3.磯から奥谷メインストリートに渡る彦崎第二番目大きい踏切。そして4.県道22号線から明石に入る通学路踏切の4カ所。この4カ所がほぼ彦崎の民が頻繁に使用する現在進行形の踏切ということだ。これに加え現在はなくなったが「丸眛Ю據廚茲蠅笋箘襪茲蝓▲灰鵐僖鷁の道路を真っ直ぐ下りた延長上のところに、無信号の踏切が存在していた(写真)。この踏切は私的には大変貴重で「尾高米店」「三上商店」「森のトンちゃん屋」に行くための大事な踏切で、あれはいつ頃だったろう。たぶん「鳥越大屋敷(写真では砂山になっている)」が出来た頃に閉鎖されたのではないか?よって磯の彦崎歓楽街に縁遠くなる日々、また、中学の自転車通学時は40メートルほど丸眩阿瞭Ю擇泙婆瓩蠅気蕕40メートル、トータル80メートルのロス。これは貴重な朝の時間を犠牲にしなければいけない。もしかししたら、この踏切がなくなった事によって札場、中村以南の民は磯との交流を断たれ、彦崎唯一の憩いの場「森のトンちゃん屋」は客足が落ち閉店に追い込んだのでは!そうに違いない。0978


ita2424 at 16:37|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年07月31日

40年目の立石(正式名称は舟着岩)のミステリーライン

3cb267c0.jpg40年前の立石(正式名称は舟着岩。以下立石)。よく見ると立石の前後に渡って真っ直ぐに山の木々が刈り込まれている。まるで立石を崇め奉ってるかのごとく整備されている。というかなぜこのような事をしているのか?現在の林道のように山火事の延焼を防ぐ為か?それとも遙か彼方の宇宙と交信するための彦崎ミステリーサークル(サークルじゃなくてライン?)?いろんな憶測が飛び交い、昔から不思議。現在は以下写真のように山火事の延焼も宇宙の交信のへったクレもない状態。6-7年前にマキチャンと立山まで登った際はそのせいで、途中で迷いに迷い、遂に立山まで到達出来ずじまい。今から思うとあのミステリーラインが無いと立山までたどり着くことはできないのだ。果たしてあのような巨大なラインを誰が、何の目的で、どのようにして作ったのか?知りたいモノです。まさか‥‥やっぱり地球外生命体の接触?それともお稲荷さんの御仕業‥‥‥。(写真はマキチャン所有、幼稚園の運動会トリミング)

ita2424 at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

現在の立石(正式名称は舟着岩/google Earth)

8aafc321.jpg彦崎西斜面「稲荷山」中腹にある正式名称は舟着岩(鴻の鳥がいっぱいいたので鴻の岩とも呼ばれた)。いまでは緑の木々に埋もれ、その姿も時間の問題。写真中央やや上の白い点が今の舟着岩。


ita2424 at 11:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

私たちのシンボル「たるまんマーク」フラッグ、稲荷山の立石に立てる。

36396d11.jpg「21世紀少年」映画版第一章を初めてみました。マーク・ボランのコードEで始まる「20th cantuly boy」のことし知らなかったので、意外でした。主人公のケンジは1959年8月生まれだからほぼ同世代、秘密基地もつくるし、タイムカプセルも埋める。1970年前後の回想シーンと2015年の滅亡に向かっていく過程が交差する。この映画の中で登場する「指目マーク」の旗には驚きだ。我々の小学校の仲間うちでは「たるまん」はシンボルマーク、CI展開。しかしその実態は「馬場のヒロくん」のお茶碗の裏に仕込まれたマークが由来となる。なぜ、当時の小学生の目に触れたかは定かではないが、そのマークは各生徒に伝染し、落書きはもちろんのこと、その年の年賀状ナンバーワンのビジュアルにと、かなりのヒーバーぶり。そのヒーバーは翌年も衰えることなく、河川ゲーム「たるまん号」並びにたるまん書道にわたり展開、遂に1メート級の「たるまんフラッグ」にその絶頂期を迎える。そしてその「たるまんフラッグ」は以降5-6年の間、稲荷山の立石(正式名称は船着き岩)にたなびくことになるのだった。0970

ita2424 at 00:40|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2009年07月21日

輪くぐりさん【過去の贖罪/中村編】

7be2fa84.jpg「いまごろらしい。輪くぐりさんって」
過去にもここで書いた「天神山の輪くぐりさん」。実は藁でなくて「茅」らしい(いや!彦崎は藁?)。「備後風土記」に記された素戔嗚尊(すさのおのみこと)にまつわる行事であること。夏越し大祓い祭である事。ゆえに6-7月に行われる行事である事。左。右、左周りと∞を描くようにくぐる作法がある事。という事がわかりました。藁?だと思い。「輪くぐり」準備中に神主さんの目を盗みながら、「茅?」を大量に盗み、逃亡。なんて罰当たりなのでしょうか?クワバラクワバラ。この行事は元々正月からこの時期までの病や罪を贖罪するという行事、まさにその行事に対しての罪を行うなんてこのばちあたりが!というこで、天神社のテッペンからセンターの石段を一気に駆け下り、左回り(自動車迂回コース)の道ににげたのか?それとも一番石段下(エッチ神社のとなり)の「輪くぐりさん」を盗んで左の迂回コースに入ったのか?記憶に薄いが、とにかく「自動車迂回コース」途中の空き地に「茅?」を怖くなって放棄。どっちだっけジョージ君?0964

ita2424 at 00:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年06月20日

突然黒い牛が顔を出し。彦崎一おいしい水が湧きでる場所。「奥谷」

19ad74dd.jpg「奥谷のNさん。ひとまわり以上離れているのもかかわらず、西新井(たしか)から毎度ご利用ありがとうございます。」
ということで奥谷といえば「あやののてるちゃん。わっちゃん(あれは片屋か?)」そして度々登場するジョージくんだ。Nさんの斜め後方山沿いのお墓のある水色の屋根のお家だった(坂をのぼりきった)。そう奥谷と言えば歩いているといきなり、黒い牛が顔出したりする。その牛のちょっとオクに小さい湧き水のでる池がある、彦崎一おいしい水がでるともっぱらの噂。そこにわざわざ水を取りに行かされたものだ。その帰り道にはあの藁葺き屋根の一軒家がかなり最近まで残っていた。でももうない。同級のジョージくんがいなければ訪れることはなかっただろう「奥谷」。帰省の折、宇野線(茶町を出て)から見る彦崎の姿は一番だ。夕方なんかは、ところどころに夕食支度か何かの白い煙が立ち上り。山を囲まれる村並みはまるでどこかの温泉地並の素晴らしい景色だ。その「奥谷」が向かって左側に一番に目にはいる。彦崎でもっとも朝日があたるのが遅い場所「奥谷」。そして夕日がもっとも彦崎一照る場所。これからもよろしく。0944


ita2424 at 19:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年05月18日

彦崎子ども会

afba104e.jpg現在も「子供会」は存在しているのか?
全国的には少子化・環境の変化の影響で減少の傾向。ラジオ体操、運動会のリレー、秋の御輿。遠足のような遠出。子供会の行事は当時目白押しだ。再度整理すると札場・中村・大久保・用木・大谷部落が青空子ども会。駅周辺が若草子ども会。片屋・奥谷が朝日子ども会。植松が日の出子ども会。現在記憶と頂いた情報ではここまでが限界。馬場・狐崎はどうだったか?磯・明石は朝日か?して我が青空子供会は中村にある公民館(木造の平屋の汚いほう)に土曜の午後集まり暗い部屋の中で何かしてた。何か集まってやっていたのだ。何をしていたのか?そしていまだ部落対抗リレーは催しているのだろうか?0931

ita2424 at 17:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年05月07日

2件隣は今は亡きパチンコニューセブンだった。【スーパーマルナカに思う】

601cc045.jpgあれは高校1-2年でしょうかね。昔は一面の田圃しかなかったところに、2車線の道が出来た。いの一番に出来たのがこの「ニューセブン」手打ちパチンコ(玉は自動連発式)がまだ少し残っていましたっけ。いや最初は手打ちしかなかったっけ?記憶は確かでありません。「パチンコ台」それまでは駄菓子屋の前か、なぜか何処かの自宅にパチンコ台を目撃したことがあります。そこの一家はよっぽどパチンコ好きなのでしょう。当然全て玉を一個ずつ手で入れていきピンッ!とはじくオールアナログ版です。銀色の玉が釘をはじき、カラカラを通り、銀色のポケットに吸い込まれる。全て自分ペースだ。パチンコ台も数日間に一回洗剤でゴシゴシ洗っていたりする。田圃に道が出来、パチンコ台がいの一番にでき、台が手動からオール電動に、そして数年してスーパーマルナカが出来、町のお金は県外に流れ、そしてさらに遠い海外に流れたりする。因みに電動式ハンドルが許可されたのが1972年のこと。そしてそのニューセブンも喫茶オアシスも今はもうない。0927



ita2424 at 17:58|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2009年04月28日

天祖神社の旗。はためく。

9a6c263e.jpgそういえば5月の連休には天祖神社の旗が町のあちこちでパタパタと春の温かい風に揺れてますな。旗と行っても5-6メートルある巨大旗。土台の旗棒も竹のスゴク太いモノで支えられている。町のあらゆる所にあり、この時期は我が家で食事をしていると、「バタバタ」とはためく音が聞こえるぐらいだ。あれは誰がセッティングしとるのですか?業者の方?穀物の豊穣を祈る祈年祭(春祭)であるか?どうも神社はお寺に比べて大変らしい。お正月はかき入れ時だが、後はさっぱりだろう。灘崎町彦崎にはかなり良い位置に天祖神社がある。小高い山のテッペンだ。まさに田舎の神社。子どもの頃にはお正月、輪くぐりさん。秋の祭り(御輿かつぎ)と年中忙しい。たぶん夏祭りもあったのでしょうか。そしてことある毎にこの巨大旗がバタバタと風に揺れている。写真は年賀もの。因みに。0925



ita2424 at 16:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年02月18日

彦崎公民館は駐在所だった。【いい加減な自分にカツ!勘違いおよび訂正】

72489a88.jpg昔の彦崎での駐在所の場所がどうにも思い出せない。川上食堂の近くか、それともガソリンスタンドの近くだったような。実は全然勘違い、灯台もと暮らし、この彦崎公民館が彦崎の駐在所だったのだ。これで悩み解決!スッキリ。しかし記憶とは曖昧。過去の記憶は次に来る刺激的なことら永遠に消え去り全てを見失うのか・・・。この彦崎公民館駐在所もgooglemapを見ていて発見。そういえばよくみると駐在所のだったような気がする。0908

ita2424 at 00:03|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2009年01月28日

十字架山と呼ばれて・・・

519543a6.jpg【「彦崎小学校から見えてた、十字架山の十字架は、もうなくなっちゃったのかな…?結構あの、十字架山は個人的に印象に残ってる…。 」】とある調べもをしていたら、ネットで現れた。これは蟻峰山(232m)の飛行灯のことだろう。「十字架山」。この呼び名は初めて。これは想像だが夕方から一番星の如く毎日光るあの山のテッペンの飛行灯は、近年その役目を終えタダの鉄の棒に変身。なので昼間の見るその飛行灯はただの錆びた巨大な棒。まさに蜂に刺さった槍のようでもある。その「ただの棒」も、昔は夕方の丸のサイレンと共に一番星の如く輝いていた。そんな様を見せてあげたかった。しかいいまではその錆びた「十字架」も今はない。0882



ita2424 at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月05日

ピーナッツ豆腐【スーパーマルナカに想う】

6e36be79.jpgあんなにご馳走が出るとも知らず、私が訪問に持参したのが「ピーナッツ豆腐ひとつ」。すいません。今年は2つ持っていきます。ほんとうにご馳走様でした。鯛の煮付けうまかったです」と帰京の際に訪れた友達に挨拶から始まる2009年。そう「ピーナッツ豆腐」。なぜビーナッツ豆腐か?昨年末帰京し懐かしさのあまり買っていたのが「ピーナッツ豆腐」そして今年最初にいった板橋大山の「沖縄料理屋」でなにげにマスターからピーナッツ豆腐の話。そう偶然ですね。今年はピーナッツ豆腐元年か。しかし40年前から食べていたピーナッツ豆腐。豆腐と言ってもくず粉でつくっているのでプリプリモチッとした感覚。だから純白。そして仄かなピーナッツの香り。そして形は丸い。これは岡山には普通にうっているのだけれど、関西にいくとうっていない。らしい。なので東京になんて皆無。でも灘崎町のスーパーマルナカでは普通に陳列。売れ切れてたりする。0869

ita2424 at 14:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年12月22日

彦崎駅前観光特集【灘崎町彦崎の玄関口「稔橋」からスタート】

c33de15a.jpgことしは数少ない特集のなかで類を見ない充実「彦崎観光特集」。08年は尾高商店から彦崎駅前公民館までの工程10タイトル。かなり進みました。距離で言えば100メートルぐらいか。いや50メートル。彦崎駅前商店街は駅前公民館で終了。ここから道は川を挟んで二手に分かれるが09年は第二の繁華街「磯」にポイントを絞りましょう。因みにお正月帰省凱旋は駅前からその磯の方向に向けて「提灯行列」ができます。うそ。0865

ita2424 at 11:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年10月22日

彦崎駅前公会堂【灘崎町彦崎の玄関口「稔橋」からスタート】

d89b294d.gif岡部のミツルちゃん宅を過ぎれば、そろそろ駅前商店街終わりにさしかかります。淋しい限りです。その玄関口とでもいいましょうか。そこに平屋木造の公会堂があります。この彦崎唯一のコミニティセンターは、昔子供はそろばん塾、書道塾でもっぱら御世話になります。現在は隣に巨大スーパーマルナカがドンッと構える。なのであんなに大きく見えてた公会堂の影は薄い。それだからどうだかしらないが建物全体がいつのまにかブルーのペンキで全館改装。これで存在維持。0842



ita2424 at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)