★★★★★

2009年08月27日

彦崎水事情。井戸どうでしょうか?「札場」(彦崎防災情報マップ)

c0be22b8.jpg「交番と御殿のトコに在ったのは『広大な池』じゃなく『潮回し』です」バイのんさん

どうやらこのあたりは田圃だったのもあるが、当時はあまり人気場所とは言えない。というのも「水」だ。それも自宅にあった井戸の水。これの出かかなり悪い。水脈の悪い所にほったのか?この井戸がガンガン稼働しているところを残念ながら見たことがない。水量も乏しい。水質も悪く、大きく言えば泥臭い。のんさんから聞いてぴんと来るのは「この札場あたりは塩回し」だったから、とのこと。「塩回し」いわゆる塩田であったいうこと。みんなの所はどうだったか?水はおいしかったか?どうも自から出てくる水がおいしいていうのは山沿いだけかも知れない?なので「札場」住むのに適してないのかも知れない・・・・・・。岡山市HP(http://www2.wagamachi-guide.com/okayama/?dtp=3)防災情報マップの地震危険度マップが興味深い。駅から磯、馬場あたりは建物全壊率が10-20%が広域に渡っているが、札場、我が家、マルタカ等宇野線を挟んだ南北の地域がポッカリ建築物全壊率はムラサキゾーンの
20-30%とド〜ンと跳ね上がる。これは当然地質との関係があるでしょう。「塩回し」。そうこのあたり一体が塩田としての「塩回し」だとすると、その地質も頷ける。子どもの頃、生ゴミ穴を1-2メートル掘るのだが、1メートルを超えるあたりから黄色の土の下から、砂利のようものが出てくる。これは宇野線を作るための盛土なのだろう。と考えたものだが、もしかしてここ一体の「塩田」埋め立てのための処置だったのでは?とにかくこの一体の地番は緩いのかもしれない。ちなみに今流行の土石流危険渓流マップを見てみよう。彦崎は明石山より片屋、明石の明石団地方向。一番危険とされているの「大谷」。風邪引き山周辺から数カ所「大谷」になだれ込む。そして熊山、とんきりから「用木」にむけて勝負谷から「大久保」。一番興味を引くのが蜂峰山から秋葉山はすべて林、植松、木見側になだれ込む。岡山市HPの防災情報マップ。念の為チェックしておくとよいかも知れません。0993


。岡山市HP防災情報マップ(http://www2.wagamachi-guide.com/okayama/?dtp=3)


ita2424 at 00:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年06月24日

念願のマップに貼り付けてみた。(ピクマプ)

cac0239a.jpgこのブログの地元ネタをマップにくっつけてみた。勇気を出して近寄ってみると一目瞭然。「只のうわごと、又は夢でないこと」が確かにわかる。出来ればかなり勇気を振り絞ってズームしてほしいものです。また、地図だけでなくマップ右上の切り替えで航空写真も合わせて楽しんで欲しい。そして、さらにこれまた左上の【3D】→【オートクルーズ】のスイッチを押してみると、あら不思議!勝手に彦崎の名所の上を飛行機で飛んでくれるのだ。これは是非、彦崎を訪れる前にクルーズしておけば楽しさは100倍に跳ね上がる。以下MAPのアドレス。

http://picmap.supleks.jp/map/84

ita2424 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月05日

すごい!凄すぎるザッツユーロビートさん【★★★★★モノ】

77389585.jpgエポック社を調べていたら、スゴイブログに出会ってしまった。その名も「昭和雑誌広告・懐かしモノ」ザッツユーロビートさんのブログだ。過去に「ちびっこ広告図案帳’65-69s」「ちびっこ広告図案帳’70s」という優れ雑誌が発売されたが、それの上を行くボリュームだ。ひとうひとつの昔の広告を丁寧にスキャニングし、画像も細部まで見える大きさで親切。一度見てしまうと次から次へと見てしまう。ぜひ一度訪れたいブログだ。以外なのが広告の完成度の高さ、中には白い三面鏡を雪の積もる野原のようなところで撮影をしている(手前にモデル肘立てポーズ)。キャッチコピーも「どこへでも持っていきたい!!」。そりゃそうだ!感動。大らかで、予算合ったんだね〜昔は・・・。0887

http://blogs.yahoo.co.jp/thatseurobeat



ita2424 at 16:06|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2008年09月04日

岩本ナオ著「雨無村役場産業課観光課」。5

1cab1374.jpg「灘崎町名抹殺」の続報で、合併特例という同システムにより同じ抹殺の憂き目にあう戦友・御津町ではかなりの反対運動が展開。「我が故郷の名前を消すな!」と鼻息が荒いらしい。しかし我が「灘崎町」はそんな動きもなく常にクールを決め込み。まさに岩本ナオ著「雨無村役場産業課観光課」のようだ。「雨無村役場産業課観光課」は「備後のしげまつ」さんからの情報でその存在を知る。まさにスミからスミまで細部にわたり灘崎町ワールド。「マンガの舞台として知らない土地は緊張してかけないのです」と断言するマンガ家の岩本ナオ氏。んなわけだ。巻頭から登場する村役場は我々が約30年前の成人式で集合写真を撮影したまさにあの近代的建築の町舎だ。感度的なのは町舎道路を挟んだとい面の町並みのリアルさが個人的にはステキに思う。 



ita2424 at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月22日

NEWS!ついに「うるわしの1970年へたるイラスト展」開催!!

7cc06f1a.jpgなんでも続けていると良いこともあるもので、ここでの公開のイラストがjourny kobaさんの好意によりギャラリーに掛かることになりました。ほぼ全作品の約350点。ホール中にギッシリ。是非見に来てください。場所[Scound Life]→[SLing Hokuriku(71,70,24)→chibi art HALL]/只今開催中!取り急ぎお知らせまで。

ita2424 at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月17日

せきしろ「去年ルノアールで」【ネタ切れではないよ。たまにはこちらのお話】

024bd3f4.gif今は無き荻窪の昭和の香り漂う「銀座な雰囲気」の純喫茶室「銀座ルノアール」のお話。そこに来るべくしてくるお客、店員の視察。そして妄想。この小説はお薦めだ!が、重要なのは「昭和の香り」が漂うこと。この業界の人なら「談話室 滝沢」に引き続き、必ず一度は足を踏み入れた事はずだ。我が巣鴨の「銀座ルノワール」も巣鴨で銀座を味わいたい人でいまだ満員御礼。さらに人脈はパワーアップだ。個人的には上野「聚楽」も気になるところだが・・・。ともに昭和60-70年代の全盛期を終えたシニアな雰囲気がある。町々の商店街がなくなり、数多くの個人経営のお店がなくなるなか、純喫茶室「銀座ルノアール」のみ東京で生き残り、昭和伝道の道を歩んでくれるはずだ。0622

ita2424 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月22日

灘崎バッチリ。グーグルアース。

56a10b32.gifこれは感激モノだ!。灘崎町の空撮だ。かなり見える。オレンジの屋根はもちろんサンタニヤも実家のベランダまでみえるのだ!!それも疑似3dで臨場感満点。それになぜか玉野市、倉敷市がぼけぼけなのに、灘崎町はスッキッリクリアー。前回はグーグルマップを紹介したが、今回がアースだ。地球だ。なので3Dでの山々の凸凹はかなり正確だ。ぜひGoogleEarthをダウンロードして「灘崎町」とインプット。オレンジ色の屋根を探せ! http://earth.google.co.jp/  0427



ita2424 at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月27日

Googleのマップがすごい!

687901e8.gifGoogle→more→マップ(http://maps.google.co.jp/)といき「彦崎」で検索すると「お酒の近パン」まで載っている地図に到達する。いつのまに「お酒の近パン」になったのか納得がいかないのだけど、もうひとつ納得できないのがその「お酒の近パン」から南に歩くこと100メートルの岡南興業の所を見ると個人宅と工場の間にいつのまにか道ができている。それもかなり彦崎駅に行くのに近道だ。今度実家に帰ったときは人々の往来でさぞ賑やかなことでしょう。ぜひ「彦崎」と検索して楽しんでください。0286


ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月26日

サウスバウンズ

d4bb7806.gif最近「東京タワー」「オールウエーズ」となかなか1960-70年代ブーム花盛り。そこで私の一押しは奥田英朗(05/12/01にも書く)「サウスバウンド」(板橋のトオルさんのお奨めでもある)。主人公は現代の小学6年生。なのだが周りの環境は70年代と錯覚するほどの環境。よくあるタイムトラベル話ではない。主人公が「あしたのジョー」のバックナンバーを読みあさっていたりする。主人公が一年先輩にいじめられるのだけど、そのいじめかた。友達との関係。親父の関わりが35年前などの昔と違和感がなく非常に泣かせる。
すごいな奥田英朗はやっぱり。0241


ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月17日

今日の空

630a9127.gif「あれ、この山のラインはどこかで?」
本来、空が中心の写真なのだが、思わず目線は下に。それはなんと我々のふるさとで、その叙情的な風景写真は圧巻。アンド。ときどき我々のふるさとが登場するのだから見逃すわけにはいかない。そんな空だけをとり続けているkazoさんのブログhttp://blog2.fc2.com/kezo/ (下のオススメリンク「ぼっこう」にもいれときます。)必見!とくに遠方組はなみだもの。地元組はこんなに自分のふるさとが恵まれている事を再認識するのではないか。そしてありがとうkazoさん。と言いたい。因みに8月27日。8月25日。7月27日。6月27日の空に灘崎町発見!

ita2424 at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)