70年代のテレビ/ラジオ

2010年10月07日

本日は直球勝負。「巨人の星」です。


101007kw


「お〜ひだりぎちょか!」
星飛雄馬は田所さんにそう呼ばれた。

当時「巨人の星」はTVのアニメとして1968年3月から1971年9月に毎週土曜日午後7時台に9チャンネルで放映された。そして終了後も再度、再放送として平日に毎日放送されること数回。繰り返し繰り返し夕食準備頃に放送されるわけだ。お陰で時代劇しか見ない祖母はテーマソングがかかるといっしょに口ずさんでしまうほどになったほどだ。初期の飛雄馬はかなりのお調子者で、オヤジ一徹のリアクションはかなり派手だ。というか無茶だ。しかしこの無茶ぶりがまさに「巨人の星道」そのもの。慣れとは恐ろしいもので、そんじゃそこいらの無茶ぶりでは驚かなくなったのか。現在見直すとかなり驚く。というか面白い。終盤、飛雄馬は「アイラビュ〜アイラビュホレラモ〜」のゴーゴーをバックに踊るのだけけれど、まさにあの少年時代の伴をバカにするポーズと伏線になっているし、「飛雄馬・一徹例えばライオンの親と子」回想シーンの崖からはい上がる子ライオンの顔は飛雄馬そのものだ。現在見ると計算された数々のシーンに驚愕しないではいられない。当時は野球の知らない者が作ったアニメと避難の的にされたらしいが、そんなことはどうでもいいぐらい独創的なのだ。今まさにこの21世紀に見る価値ありの一品ですね。


ita2424 at 17:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月27日

映像満載!怪獣王子



100527



http://www.youtube.com/watch?v=FK_yzPKhIzU


さすがに恐竜の頭に乗っているのは人形だよね。
と当時の子どもでさえナエナエにさせた
怪獣王子。

1967年から1968年に放送された。全26話。
実は56話放映予定が26話で制作会社が空中分解。
そうなのかどうか。ウルトラマンに比べるとかなり雑。
子供心にちょっぴり見下感がありましたね。
「子ども電話相談室」でおなじみの天地総子が歌ってるのだけれど、
テーマソングもなんだか「ひょっこりひょうたん島」に似ているし、
見所の怪獣着ぐるみ対決もなんせ恐竜なので、
パターンが限られる。でも以下の映像のように
怪獣同士が相撲のガップリ四つに組んだり、
これはまるで恐竜の着ぐるみを着た人間業まるだし、
この自衛隊みたな集団も日本刀を背中に背負っているのだけど、
巨大レザー銃をぶっぱなしたり、
旧式なのか最新なのかさっぱり混乱。

http://www.dailymotion.com/video/x94be5_shortcut-scenes_shortfilms


3-4年前にこのブログで怪獣王子を取り上げたときは
ほとんど資料がなかったのが、今回映像が満載。
十分楽しめます。

しかし、
「ぼやぼやしてないで怪獣をやっつけるんだ!」と
自衛隊もどきをアゴで使うなんざ=痺れるね〜。
怪獣王子。
100527


ita2424 at 18:47|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2009年08月16日

鳥越広場のあゆみと磯のカリスマビューテーゾーン1974年。

b2a10ba4.jpg思いがけず鳥越広場砂山時代(1965年)が写真で認識できたので、のんさんの情報と合わせて歴史を追ってみましょう。忘れないうちに。砂山時代以前はこの場所(写真)は広大な池であったという(のんさん情報)。そして、埋め立てられ砂利置き場(09/0831・0978ノック)になる。その大きさは近隣の民家の高さを遙かに超えるもの。これは子ども達ほっとかないでしょう。ということで、ザ・ガードマン・キーハンター(場合によってはプレイガール)ごっこにうってつけの場所。テッペンからザザザーッと転げ落ちること必至。これを巨大砂利時代という・・・・・・続きを読む

ita2424 at 00:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年07月03日

「仏壇・仏具の事なら岸佛光堂にお任せください。」

14501fe2.jpg我々の記憶が正しければ、
「靴のテングヤ。となりは天満屋」。「よ〜いきんげん〜。(新西大寺の釜飯屋。1959年創業)」。「仏壇・仏具の事なら岸佛光堂にお任せください。」。ピンクのペリカンが飛び立つ映像のペリカンベーカリー。「いや〜のがずら〜ば〜っしゃ〜(たぶん味噌のCM)」ベンハーのテーマソングの焼き肉やかビヤガーデン(グランド岡山などの映画のCMにも登場して大興奮)。「名物かまど(昔はこの一言だけ)」。「児島競輪は7月1.2.3日開催」「きびだんごは廣榮堂 」「RNC総合住宅展 RNCランド」「RSKバラ園」・・・このあたりがローカルCMの記憶です。また思い出したら記載しましょう。この話題は避けて通れませんね。0951


ita2424 at 13:26|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2009年01月08日

欽ちゃんのドンと行ってみようと月刊ロードショー【ラジオの時間】

2947ab88.jpg蕎麦食べてますか〜」ということで日本放送毎週月から金曜まで、21時後半に「ラジオよひらけ!ハッピッピ」の枠で「欽ちゃんのドンと行ってみよう」は放送。提供は「集英社の雑誌です」。欽ちゃんと月刊ロードショーとの2ショットの写真が当時のラジオ紙によく掲載されている。そう言う時代もあったのだ。その月刊ロードショーも2008年11月21日発売で休刊。1972年3月創刊。ピーク時は35.5万部。最近では平均5万部。これは実際もっと下回った数字だろう。部数もさることながら広告収入が激減が休刊の理由。創刊時に表紙に飾ったのはカトリーヌドヌーブ。最終は映画館内のエンディングを思わせるCGに37yearsの文字。0871

ita2424 at 11:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月13日

生産性向上のためのBGM(吉本新喜劇テーマソング土曜の午後用)

050c8ecf.jpgいわゆる「ホンワカワッカ、ホンワカワッカ・・」じゃない方。ですね。
土曜日午後といえば吉本新喜劇。自宅に帰り、遅いお昼ご飯を食べながら「どんちょうが上がる」そのBGM。
よく聴くとクラリネット、お馴染みのミュートトランペット、にエレクトーンを駆使したJAZZですね。「ホンワカワッカ・・」がお祭り気分な陽気だデキシージャズ。ならこちらは少し陽気ななかに裏淋しい感じのある名曲。それはデパートのBGMでかかっているようなエレクトーンの効果なのか。とにもかく、この曲のタイトルが「生産性向上のためのBGM」。山根正義という作曲家の作品。ジャンルは環境音楽ということ。たしかに環境音楽ではあるが・・・・・。ちなみに名前も含め「船場太郎」が大好きです。

ita2424 at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年04月04日

ロバく〜ん。

d9781428.jpg実際、愛川欽也さんは声だけであらず、ぬいぐるみの中にも入っいたのが、子供達には伝わっていたのだろう。「ロバく=ん、ロバク〜ン。ロバァク〜ン!!」と大人気。ピンピンピ〜ンのピン子ちゃんとは楠トシエさんで。若松のコーチャン似のオデコキラリ!のキューキューキューピーちゃん!混同してしまうのだが、チビラくんもケロヨンもこの「おはよーこどもショー」枠ではなく、後番組だ。あしからず。0734

ita2424 at 00:18|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2008年02月05日

ケンソゴル

33ad9563.jpgNHK総合少年ドラマシリーズ「ライムトラベラー」の700年後の未来人。原作は筒井康隆の「時をかける少女」。放映は1972年1月1日から2月5日全六話(かなりピンポイントだ)。毎土曜日午後6時5分〜6時35分。ケンソゴル/深町一夫(木下清)(まゆげ薄かったな〜。髪の毛もちょっと変だったし)。特に「タイムトラベラー」のテーマ曲は当時の定番「大正琴」の連打と、アイヌの人が口に咥えて「ビヨ〜ンビヨ〜ン」と鳴るなんだったけな〜。「天知茂の明智小五郎」とか「怪奇大作戦」にも多用されていて印象的。ケンソゴルの憧れの君「島田純子さん」は柳ジョージの奥さん。そしてナレショーンは「夜の静寂(しじま)」の城達也。やったー。 0696



ita2424 at 00:24|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年01月18日

ビクター犬「ニッパー君」のつづき

d6277b01.jpgそしてついに家具調ステレオもビクターだ。ビクターのステレオ。いかがなまものか?当時は東芝のエスパー。日立のボンパ。ナショナルはナショナル坊や。そしてビクターは犬かよ〜。って感じの少年時代。しかしその「犬かよ〜」の実態は1889年(予想)英国の画家フランス・パラウドによって創られた由緒正しい犬なのだ。その名も「ニッパー君」。ブルテエリア混じりのテリヤ系で「売られたケンカ買う」勝ち気なニッパー君だったそうだ。0684



ita2424 at 09:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月18日

ロゼッタミクロゲンパスタ(0236)【いい加減な自分にカツ!訂正してお詫び】

957285c3.jpgロゼッタ→ロゼット。いきなりの勘違い発見。訂正してお詫び申し上げます。いかんいかん。このての間違いは多いですな。英語の和文表記読み。クライアントだったっらクビですな。そして致命的にもう一カ所『「ロゼッタミクロゲンパスタ」は日本初の洗顔クリームだ。』これもまったくのうそ。正確には『「ロゼッタ洗顔パスタ」は日本初の洗顔クリームだ。』です。ミクロゲンパスタは純然たる育毛剤。すいません



ita2424 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月10日

ラジオ体操第1・第2

9a04b95e.jpg正式には国民保険体操。1928年に天皇御大典記念事業の一環として現在にいたる。だからどうかわからないが、ラジオ体操のスタートは常に高揚感のある「ラジオ体操のうた」から始まります。一日4回。一番ポピュラーなのがNHK総合第一ラジオ午前6時半から始まる放送。当然1989年1月8日の昭和天皇御崩御の折はさすがに放送は中止したらしい。またラジオ第一の作曲が服部正、ラジオ第二が團伊玖磨と作曲家が異なる。そして今注目はアシスタントから昇格の女性ラジオタイサー岡本美佳先生の存在だ。朝から青空にぬけるような声が清々しい。「みなさんおはようございます」からはじまり語尾の「・・・しましょう」の「しょう」もイントネーションに注目して是非聞いてむらいたいものだ。病みつきになるかも。0663


ita2424 at 00:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月07日

みんなのうた「クラリネットをこわしちゃった」

ec3437ef.jpgど〜しよう」(ア”〜)ど〜しよ(ア”〜)パキョラモパキェラマオパオパオパパパ〜。ど〜しよ。(コラ〜)ど〜しよ。(コラ〜)。モノクロの久里洋二のイラスト。と(ア”〜)(ア”〜)(コラ〜)(コラ〜)と低音でのダークダックスのゾウさんの合いの手が印象的なフランス民謡「クラリネットをこわしちゃった」。1963年3月の火曜日放送。かなりの印象のある「みんなの歌」は1961年〜1965年に集中している。当然前半はほとんどリアルタイムではなく、再放送での繰り返しだろ。モノクロのアニメも独創的だ。それに少年がクラリネットを壊して、おとうさんが声を掛けるときの(コラ〜)はまだわかるのだが、(ア”〜)(ア”〜)とはなんだろう。ゾンビにでもなったのだろうか。お父さんわ。0662

ita2424 at 00:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年10月23日

ミュンヘンへの道「猫田勝敏」

bc37c095.gif1972年。松平康隆監督率いる男子バレーボールチームがミュンヘンオリンピックを目指すドキュメンタリードラマが放送された。1.南 2.猫田 8.森田 9.横田 10.大古 とりわけゼッケンナンバー2.セッター猫田は渋く人気者だ。ミュンヘンオリンピックでの準決勝は意外のブルガリア戦。なめたかどうかわからないがセットカウント0-2をとられ、リーチのかかった第3セットも4-7の劣勢。ここからの大逆転。そして金メダル。日本中は興奮のるつぼ・・・・なのだが実は小川洋子著「ミーナの行進」を読むまで全く忘れていた。死闘のブルガリア戦そして決勝は地元東ドイツ戦のこと。それもそのはず放送時間が深夜から明け方。当時の小学校6年生にとってはかなりきつい時間帯だ。0626

ita2424 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月19日

オリエンタル・マースカレー「がっちり買いまショウ」

2f5612e8.gif「10万円・7万円・5万円運命の分かれ道」といとしこいしの口上。あれだ。君たちの放送日はいつか?年代、放送キー局の変更によりかなり放送日が変わってくるのでしょうか?我々は日曜日お昼。まさにお昼ご飯時だ!1963年12月〜1971までは「はやしもあるでよ」のオリエンタル・カレー。そして1972年から1975年までグリコ・ワンタッチカレーがスポンサーとなる。番組内の買い物最後の調整品としてオリエンタル・カレー及びグリコ・ワンタッチカレーが使われたのは記憶にあたらしい。ちなみにグリコ時代は一個100円の計算だったらしい。0602


ita2424 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月18日

ロート製薬提供「アップタウンクイズ」

c6ffb16d.gif土曜に田宮次郎特集。注目処は田宮次郎独立後の「クイ〜ズタイムショック」だ。その時smoky師匠にゴンドラが上がったり下がったりは「ベルトクイズQ&Q」だ。司会は押坂忍のと言ってしまったが、あれは酔っぱらいの戯言で実はロート製薬提供の「アップダウンクイズ」なのだ。MBS(毎日放送)制作だ。1963年〜1985年放送。日曜日19時30分枠だ。しかし個人的には記憶が薄い。なぜか。19時30分台は断然TBS系のスポコンドラマ(アテンションプリーズ、深紅のボウラー)なのだ。しかしアップダウンでの記憶は10門正解者へのゴンドラ→スティワーデスのレイのブレゼント→パンチラの構図は忘れることはないだろう。そうか師匠はそれで記憶しているのかもしえない。納得。0601


ita2424 at 12:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)