稲垣潤一さんの年末シリーズが、いよいよ本格的にエンジンがかかって来ました。11月は関西を中心にコンサートが開催されています。稲垣さんのコンサートは落ち着いたオトナの女性が、娘とまでは言いませんが、永遠にときめく可愛らしいお嬢さん達の姿になって楽しむ様子を見せてくれます。その声のみを武器にした寡黙な、しかも音楽というものにあくまで正面を向いて行くベテランに、あるいはその音楽、楽曲そのものに酔いしれて行くホール中の観客がいつもそこにいます。僕は常々、関係し継続的に声をかけてくれるアーティストに恵まれていると思っています。ですからそのアーティストのファンの方々はとっても大切に思っています。何と申しますか、ある意味価値観をすでに共有しているとでも言いますか。だから僕自身、そんな場所にそのファンの皆さんとライブ空間、時間を共有している事が何より嬉しくありがたいのです。
打ち上げ食事では、勿論いろんな話をするわけですが、昨晩は当日のコンサートの話は勿論、稲垣さんが見に行ったデヴィッド・フォスターの公演の話や相撲九州場所は誰が優勝する?に始まり、この秋のテレビの話。ケーブルTVでCS系、BS、地上波と言えばNHK率高しの僕に対し、ベースの岡沢さんは相変わらず地デジ民放ドラマ&バラエティオンリーおじさん(^^;。そして稲垣さんは、NHK海外ドラマを結構見てたり。今はEテレで「Glee」だそう。やはり音楽関係者ははずせませんね。
稲垣「昔の曲の使い方がいいんだよね」
格「あれ、奈々ちゃんやってるんですよ」
稲垣「うん、知ってる」
さすがチェック済みですね。稲垣さん30周年シリーズは年明けとともに終盤を迎えると思いますが、アンコールのMCでずっと歌い続ける決意を皆さんに伝える稲垣さん。40周年シリーズとか50周年シリーズは奈々さんが歌いに来てくれたらいいな。40周年シリーズは、稲垣さん60代後半、僕60越え、奈々さん40越え、50周年シリーズに至っては稲垣さん70代後半、僕70越え、奈々さん50越え!。全部妄想ですけどね(^^;。僕がその時両バンドに居る事、クビになってない事前提のもうそうっ(^^;!二日間地方にコンサートツァー行って、二日目はそのまま帰って来てすぐ寝られる分けないんで(^^;、ある程度の興奮を冷ましつつ、こんな時間にこんな感じな訳です。こんな妄想の先に稲垣さんファンのオトナの女性が、永遠にときめく可愛らしいお嬢さんで一緒に居続けてくれるといいな。