March 06, 2012

「仰げば尊し・Song for the Close of School」への反応

「卒業式」の季節になりましたね。

「仰げば尊し」は1884年(明治17年)に発表された文部省唱歌です。
研究者の間では、長年、作者不詳の謎の曲とされていましたが、1871年に米国で出版された楽譜に収録されていた「Song for the Close of School」という曲が原曲であろうことを2011年1月に桜井雅人一橋大学名誉教授が見つけました。

この名曲を「あずまんが大王」の動画で紹介することに疑問をお持ちの方々もいらっしゃるかとは思いますが、意外と感動するシーンの一つなのでお許しください。

http://youtu.be/rJUuXkHi6Io

Youtube コメント欄

CuddlesThePinkCat
この曲、最初は平気なんだけど最後の方は泣けてくるんだよね。

fonkymaster(北朝鮮? 未来から来たジョン・タイターだそうです
今ちょうど卒業したところ。 最高のクラスだった!

Keitaro2011(カナダ)
この金曜日に行われた卒業式。 それが既に過去の事だなんて未だに信じられない。

Djstudiosgold(アメリカ)
このアニメは泣いた作品の一つだったね。  それぞれのキャラクターが個性的だったからアニメが終わった時、なんだか友達をなくした気持ちになってしまった。

CherishMyDestiny(イギリス)
このアニメを見たとき本当に友達は失いたくないなと思った。  あ~卒業したくないな。

MichaelCox(アメリカ)
大阪さん、用意がいいわ。

detroitsbest(アメリカ)
一年前に大学を卒業したとき、こんな気持ちになったのでこのシーンは凝視できないよ。  友達は散り散りになるし、しかもそのうちの一人は亡くなってしまった。  人生ってどうなるかわからないものだよね。

empirio89(イタリア)
あずまんが大王は可笑しいマンガだけど心温まるシーンも多いのよね。  イタリアの卒業式もこんな風だったらいいのに。

rukia1236
いい曲ですね!  アメリカでは歌われてないのが残念だけど。

vicekitty(アメリカ)
この曲覚えているよ。  父の配属で沖縄にいたとき卒業式で歌ったな。  とはいっても日本語だったから僕らはハミングしていただけなんだけど。  懐かしいな。



残念ながら近年では『旅立ちの日に』、『贈る言葉』、『さくら (森山直太朗の曲)』等のヒット曲を卒業式の合唱曲にする学校が多くなってきたらしいですが台湾ではこの曲は日本の統治時代から1945年以降も引き続き中国語の歌詞に変えられながらも現在も卒業式での「定番」として広く使用されています。

http://youtu.be/pWi93tYxXz4

Youtube コメント欄

dame9657
台湾の歌詞はかっこいいね。

schijnsel(日本)
台湾の歌詞を聴いて、改めて日本語の歌詞がほんとうに日本的感性­によるものであり、その繊細さが命であることに感じ入った。

SmithPie96(アメリカ)

このビデオは2番の歌詞が抜けていますね。  この曲の歌詞は、1番が「先生とあなた」のこと、2番が「クラスメートとあなた」、そして3番が「社会とあなた」のことについて歌われています。

Daavid321(アメリカ)
このカラオケは実際に歌われるときの姿ではありません。  実際には1番の歌詞は卒業生が、2番は在校生が、そして3番はみんなで歌います。

HyarariHyarariko(日本)
日本では卒業式にまで流行歌を歌う学校も増えてるようです。
親子や師弟の間柄でさえ、友達感覚で誤魔化そうとする日本の現状­。 今の日本は上の者が後に続く者を導く流れが滞ってる社会という気­がします。  叱る事を悪いことのように感じ叱れない大人が増え、社­会としては危うさを感じます。  恩師という感覚も今はもう昔なので­しょうか。
昔の人達の努力の跡が消えつつある日本ですが、台湾では古き良き­社会がキチンと継承されているのでしょうか。  台湾は情緒ある国であると感じます。



原曲と思われる「Song for the Close of School」です。 どうぞお聞きください。

http://youtu.be/Nu_Uyej_1Do

We part today to meet, perchance, Till God shall call us home;
And from this room we wander forth, Alone, alone to roam.
And friends we've known in childhood's days May live but in the past,
But in the realms of light and love May we all meet at last.

Farewell old room, within thy walls No more with joy we'll meet;
Nor voices join in morning song, Nor ev'ning hymn repeat.
But when in future years we dream Of scenes of love and truth,
Our fondest tho'ts will be of thee, The school-room of our youth.

Farewell to thee we loved so well, Farewell our schoolmates dear;
The tie is rent that linked our souls In happy union here.
Our hands are clasped, our hearts are full, And tears bedew each eye;
Ah, 'tis a time for fond regrets, When school-mates say "Good Bye."

私たちは今日別れ、まためぐり逢う、きっと、神が私たちをその御下へ招く時に。
そしてこの部屋から私たちは歩み出て、自らの足で一人さまよう。
幼年期から今日までを共にした友は、生き続けるだろう、過去の中で。
しかし、光と愛の御国で、最後には皆と再会できるだろう。

さよなら古き部屋よ、汝の壁の内で、楽しく集うことはもう無い。
朝に声を揃えて歌うことも、午後の賛美歌も、もう繰り返すことはない。
だが、幾年も後の未来に、私たちは愛と真実の場を夢見る。
私たちの最も大切な思い出は、汝、幼き日々の教室となるのだろう。

さよなら私たちがかく愛した汝よ、さよなら親愛なる級友たちよ。
私たちの魂を、幸せなひとつの繋がりとしてきた絆は解かれた。
私たちの手は固く握られ、心は満ち、そして目には涙をたたえ。
ああ、これぞ惜別の時、級友たちの言葉は「さよなら」。
(訳はWikiペディアより)

Youtube コメント欄

waynejyang1(アメリカ)
私はその曲を祖母から教わりましたが、祖母は当時日本領であった台湾の卒業式で歌った曲だと紹介してくれました。  この曲が元々はアメリカの曲だったと知って驚きました。  この曲がアメリカではもう歌われていないのは残念ですが再びポプュラーになってくれれば嬉しいです。

SEKIGUCHIMASUTERU(日本)
1800年代から1900年代の終わりまでほとんど全ての日本の少年少女たちがこの曲を歌っていましたが、しかし最近では…。  日本の若者達がこの美しい曲を忘れないでいてもらいたいものです。

KeiichiKoda(日本)
アメリカではこの曲はすっかり忘れ去られていると聞きましたが今でも歌われているのですか?

tlwll(アメリカ 動画主)
アメリカでは完全に忘れられていましたが、去年初めて再演されました。  私の知る限りでは全米でこの曲が演奏されているのはこの学校だけだと思います。











itadaku_eigo at 00:00│Comments(63)TrackBack(0)音楽・映画ネタ 
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無しさん   March 06, 2012 00:21
凄く良い記事だと思いました。
2. Posted by    March 06, 2012 00:50
台湾版の歌詞は自分の気持ちを歌うんじゃなく考え方を押し付けられてるようで嫌だな
3. Posted by     March 06, 2012 00:52
仰げば尊しの最初のフレーズをきくだけで
鼻のあたりがツーンとする。
この曲をきくだけで青春時代のいろんな思い出が
フラッシュバックされるわ。
4. Posted by     March 06, 2012 00:54
嗚呼卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう
5. Posted by      March 06, 2012 01:09
中学の卒業式で一切泣かなかった私が来ましたよw
男子に「お前だけ何で泣いてないん?」と聞かれたよ
そりゃ友達と別れるのは寂しかったけど
自分でも驚くほど湖の水面のごとく冷静だったよw
6. Posted by     March 06, 2012 01:17
やっぱ卒業式と言えばコレだな
でも、現代人の感覚に合わなくなってきてるのかもしれないな
それは必ずしも現代が悪いってことじゃなく、
より現代に合った曲が生まれてるってことでいいんじゃないかなと
7. Posted by      March 06, 2012 01:22
とりあえず動画のラストのわざとらしいうざったい泣き方には感動どころかイラッとした

こういう泣き方をして場の雰囲気を作る人が若干いるので逆に冷めてしまう俺。
8. Posted by 名無しさん   March 06, 2012 01:34
感涙ものの歌ながら、涙ぐんでいてはまともに
歌い上げることの出来ない難曲だったと思います
三部合唱のソプラノパートを歌い上げるために
心に迫るものを懸命に堪えたのは良い思い出
いまの若者達にもそんな心に残る卒業式があるといいですね
9. Posted by 名無しさん   March 06, 2012 01:45
教師への敬意なんかが失われつつあるから(教師の不祥事が表沙汰になりやすくなったからでもあるが)
『我が師の恩』なんて歌えるか!
ってクレームがつくらしい。信じがたいが。
10. Posted by 名無しさん   March 06, 2012 01:46
アメリカの学校はみんなで歌った方が
いいと思うよ。合唱の練習が嫌なのか?
11. Posted by     March 06, 2012 01:57
あずまんが知らなきゃそういう変な感想になるわな
今のガキは卒業式で泣いたかなんて瑣末にいつまでも拘るの?
ゆとり世代って本当に幼稚だな・・・
12. Posted by     March 06, 2012 02:00
作者や日本で流行った経緯など、謎が多い歌ですよね
13. Posted by 名無し   March 06, 2012 02:10
これウチの学校じゃ歌わなかったんだよね
14. Posted by     March 06, 2012 02:11
5 ↑↑7※とてもよい記事なのに些細なグチを書き込んでいる人ってナニと思ってしまう俺。管理人さん勉強になったよ。ご苦労様。
15. Posted by     March 06, 2012 02:20
翻訳サイトで泣きそうになったのは初めてだ。感謝。
この曲が歌われてないのは知らんかった。ショックだわ。
やっぱこの曲は歌い繋いで欲しい
16. Posted by 大学生   March 06, 2012 02:21
※11
ひとくくりにするお前の見識と学識はたかが知れてるな。
もっと知って発言した方が良いよ。
年下に馬鹿にされるだけだから(笑)
17. Posted by 大学生   March 06, 2012 02:26
今でも歌ってると思うが。
進学校だったが俺も歌ったし。
おっさんは自分に都合のよい情報しか入ってこないんだな(笑)
朝鮮人とゆとりが気になって無職or低賃金www
18. Posted by え」」   March 06, 2012 02:34
泣いた><
19. Posted by     March 06, 2012 02:35
結構この歌「ツンデレ」だからな。
それまで「糞教師」「先公」とか言っていたような反抗的な生徒が、涙をポロポロ流しながら歌って、歌った後「ぜんぜぇえええあぢがどぉおおお」とか言ったり。
20. Posted by にゃん   March 06, 2012 02:37
興味深く、おもしろい記事でした。
その国々の感性をよりどころにし、歌に込める意味を変化させ、19世紀米国から明治期日本、そして台湾へ受け継がれている光景は、歌の持つ印象も相まって、懐古的な心地よさがあります。
願わくば、また米国でこの歌が愛されますように。
21. Posted by     March 06, 2012 02:42
歌われなくなった理由は、歌詞が文語体で今の子供に分かりづらいとか、我が師の恩とか身を立て名を上げとかが主従関係や競争の押しつけにつながる古い考えとか、そんなバカな決めつけに誘導する思想的偏向があったなどと言われる。
戦前を全否定する極端な傾向が、つい最近まであったからなあ。教員労組とかに。

あと卒業式で泣くことを押しつけられているなど言う人は自意識過剰としか言いようがないわ。
自分も卒業式で泣いたことはないというか男で泣いてるやつなど見たこともない。
それぞれに思い出や感性の違いがあるんだから、~しなきゃいけないとか言う問題じゃないだろ。
22. Posted by     March 06, 2012 02:48
歌われる率はかなり減ってはいるが最近は過去の反省?なのか見直しなのか減少傾向に歯止めがかかってるのかもな。だが、自分たちが歌った一例をもって全体の傾向を決めつける※17の、リアルゆとりっぷりは笑えるな。進学校()
23. Posted by p   March 06, 2012 03:25
いい記事すなぁ場所が変われどメロディも詩も美しい
24. Posted by     March 06, 2012 04:42
俺、子供の時ずっと、「ばとおとし」って鳥がいるもんだと思ってた
25. Posted by     March 06, 2012 06:27
 
不起立で式ぶち壊す日本の教師
26. Posted by ななし   March 06, 2012 06:36
台湾のやつは1番は歌詞がすごくいいんだけど
日本語訳が下手糞すぎてダメだ
元の歌詞の詩的な味わいを台なしにしてる
27. Posted by     March 06, 2012 06:52
20年後には歌われることも無くなっていそうだな
成人式にもなって暴れるような今の日本人には、不釣り合いな歌だ
28. Posted by     March 06, 2012 07:35
どういった連中が歌を変えようとしたのか丸わかりなのがねぇ
29. Posted by     March 06, 2012 07:48
うちは巣立ちの歌だったな
30. Posted by    March 06, 2012 08:22
賛美歌みたいな雰囲気がある曲だから原曲がアメリカにあったのは驚かないけど、誰が作曲したのかまではわからないのね(女の人らしいと書いてあるが)。
せっかくの慣れ親しんだ曲だし、誰が作ったのかとか、その人が作ったほかの曲とかについてとかも知りたかった。
31. Posted by -   March 06, 2012 08:47
30数年前に仰げば尊し』と『蛍の光』で卒業したので、この歌は当時の思い出がよみがえり懐かしいとは思うけど
自分が懐かしいからといって今の人たちも歌うべきだとは思わない
『巣立ちの歌』はいい歌だと思うし『仰げば尊し』に劣っているという理由は全く無い。
32. Posted by 、   March 06, 2012 08:59
映画「タンポポ」の合唱シーンもよかった・・・
33. Posted by     March 06, 2012 09:13
いやー、ためになるわ

他所にはない独特の記事で、毎度感心します
34. Posted by w   March 06, 2012 09:25
不起立教師「わたしは君が代には起立しません。あなたたちも卒業の歌を立って歌うかどうかは自由です。」
とは言わねーよな。
35. Posted by 名無し   March 06, 2012 09:28
覚えてるのは巣立ちの歌と蛍の光だけ
36. Posted by     March 06, 2012 10:33
流行歌ってマジか…
日教組のくそったれを早く潰さないと日本がどんどんおかしくなるぞ?
37. Posted by チヨン   March 06, 2012 11:10
我国が起源なのに勝手に歌わないで欲しいニダ。
38. Posted by 名無しさん   March 06, 2012 11:16
原曲聞いてびっくり。
メロディラインそのままなのな。
歌詞も原型を留めていたことを知って二度びっくり。
いい記事をありがとう!
39. Posted by    March 06, 2012 12:09
旅立ちの日にのほうが名曲だと思う。仰げば尊しより。
荒れた学校を立て直そうとした先生たちから生徒へのプレゼントというエピソードもドラマのようで良い。
40. Posted by 私が名無しさん   March 06, 2012 12:44
>>36
むしろ率先してやってるのは卒業生なんだよ
もう20年近く前になるけど卒業式でマイク持って壇上で尾崎豊の卒業歌った先輩とかいたしな
流行歌と言っても学生と教師間で決める場合は卒業というテーマに相応しい曲や応援歌といったTPOは守られている
と、思いたい。
41. Posted by 名無しさん   March 06, 2012 15:36
流行歌なんてものはその時代だけで消えていく物。
日教組は早く潰さないといけないね。
日教組は国家ももっと今風のがいいとか言ってる屑。
42. Posted by 名無しさん   March 06, 2012 16:05
>成人式にもなって暴れるような今の日本人には、不釣り合いな歌だ
いやまったくおっしゃるとおりですw
わざわざ成人式に暴れるような、不心得者には、
日本から出ていって欲しいですねw
http://bit.ly/AwIkqf
43. Posted by     March 06, 2012 16:31
西洋の歌が原曲で日本では卒業式で100年余りの歴史しかない「仰げば尊し」や「蛍の光」をありがたがって、
最近の卒業式の歌を嘆いている似非保守主義たちがうざい。そんなのは単なる郷愁。
真の保守主義者なら雅楽の旋律に乗った卒業の歌でも提唱すれば?
44. Posted by .   March 06, 2012 17:23
>43
この様に薄っぺらい馬鹿が増える訳だ
45. Posted by    March 06, 2012 17:59
>43
こういうアホは歌わなくてよくね
この歌詞はある程度教養がないと理解出来んからな
46. Posted by     March 06, 2012 19:07
>>43
雅楽調がいいなら君が代があるじゃん?
ってかそもそも卒業式自体近代以降のものだろうに、お前は何言ってるんだ?
47. Posted by mye   March 06, 2012 20:55
台湾の歌詞は、国民党軍に侵略されてから歌詞が意図的に変わってしまったようだな

日本統治時代のように
本来の歌詞で歌ったほうがいいと思う
48. Posted by       March 06, 2012 21:04
この曲は本当にいいから
母国の国でも復活していって欲しいもんだね。
49. Posted by 中学は来週卒業式か・・・   March 06, 2012 21:52
※5
そういや、去年やった中学の卒業式でも、「俺全っ然泣かなかったわw」とか言って、冷めた俺かっこいい的な、痛い思考の奴がいたの思い出したわ。
周りのやつらは冷めた目線で、いや別に興味ないし、何でわざわざ言うの?って感じだったんだけど、やっぱり自分の事かっこいいと思ってるんですか?
煽るつもりはないけど、純粋に疑問。
50. Posted by     March 06, 2012 22:05
若者が歌わなくても
卒業式に使われなくなっても別にいい
これは絶対消えない曲
アメリカが証明してるよね
繋いだのは日本なのかな…
51. Posted by 無名人   March 06, 2012 22:12
「今こそ 別れめ」というのは
動画の英訳でも間違ってますが、「別れ目」ではない
「別れむ」が強調の「こそ」を受けて、係り結びの已然形変化により
「む→め」となったもの
「今こそ、おわかれしましょう」という意味
52. Posted by 私立高卒   March 06, 2012 22:22
言葉は曖昧なんだけど、「仰げば尊しは歌詞の問題によって卒業式で歌うことが禁止(?)されつつありますが、うちの学校はこれが伝統なので仰げば尊しを歌います。」って音楽の先生から説明を受けたのを思い出した。
どこに問題があるの?って不思議だったけど…、妙なイチャモンつけるやつらがいるんだな…。
ちなみに都立中学の卒業式のときは森山直太朗のさくらだった。
53. Posted by 名無し   March 06, 2012 22:44
旋律も歌詞も美しくて大好きな曲です。
私の時代は先生が歌詞の内容もきちんと説明してくれました。
今の学校では歌わないのは残念ですが
今のところカラオケに入っているので
歌い続けて消えないように努力します。
ちなみに君が代も入ってるのでこっそり歌います。
54. Posted by 名無し   March 06, 2012 22:59
4>嗚呼卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう

だれも突っ込まないので突っ込んであげよう。
斎藤由貴の「卒業」の歌詞なんて誰もしらねーよ!
55. Posted by 名無し   March 06, 2012 23:18
>>52
自分は何の疑問もなしに中高歌ったな
大学はむさ苦しい寮歌だったけどw

卒業の際になってはじめて、思えばいと疾しこの歳月って歌詞の意味が解るんだよね…
在学中はさっぱりだったのに
56. Posted by     March 06, 2012 23:53
この曲ワルツだから、原曲は卒業パーティーで踊るように作られたとかだったりして。ま、原曲の歌詞でも踊るには微妙かもだけど。
57. Posted by 名無しさん   March 07, 2012 00:58
この曲を歌わない学校があるなんて寂しいな。
不起立の教師がいると「我が師の恩」なんて歌いたくなくなるけど。。。
58. Posted by    March 07, 2012 09:05
このが曲作者不詳なのがずっと気になってたんだ
まさかアメリカ発だったとはね
原曲の良さを損なわずよく受け継いだもんだ
59. Posted by かかし   March 07, 2012 13:13
ざっと調べてみたけど、旅立ちの日にって曲が多くなった経緯には、あのバカ組合が関わってると出てくるね。

真偽はわからないけど、時がたって日教組が撲滅されたら「旅立ちの日に」が今度は消えていくんだろうね。次はヒップホップ調の卒業ソングとかだったりしてなー。
60. Posted by     March 10, 2012 00:47
「仰げば尊し」の素晴らしさは歳を取ってからこそ解る。
二番の「身を立て 名をあげ やよ 励めよ」を聞くたびに
今の自分がその歌の通りになっているか自問する。

それに比べて最近の歌のなんと薄っぺらなことよ。
61. Posted by iza snowdrop   March 11, 2012 11:31
探していました!英語版の「仰げば尊し」

しっかり歌うyoutube感動です。すべての歌詞もうpしていただいて・・・拡散させてくださいませ
62. Posted by 名無しさん   March 30, 2012 20:17
身を立て名を上げって、カッコ良くていいな。
1994年中学卒だけど、この歌と「サライ」を両方歌った記憶がある。

動画の真顔で箱ティッシュを差し出すのが、なんかシュールでワロタw

63. Posted by     July 16, 2014 23:56
くそっ、いい歳したおっさんになったのに
目頭が熱くなりやがる

コメントする

名前
URL
 
  絵文字