2016年03月22日

春〜!!^^

板垣家の庭が春になってました(^O^)
野良猫退治ロボも黄色い水仙に囲まれています!
庭1庭2

itagaki_blog at 11:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

Duca 3rd Live!終了!!

3月20日は O-East にて Duca 3rd Liveでした!
素晴らしい歌唱力と、楽しくも意識の高いバンド、最高でした(^O^)
アコースティックコーナーでは、アッキーのウッドベースでサンバを!!超楽しかった(^O^) とてもメリハリのあるライブでした!
満員お客様、スタッフの皆さん、バンドにDucaちゃん、ありがとうございました!!
あ、ウィンドチャイムを新調しました(^_^;)
duca1duca3duca2

itagaki_blog at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月18日

Duca 3rd Live! リハ終了!

今週は月、火、木とDucaのリハーサルでした!!
写真は先日のリハで、Duca本人がツイッター用に撮ったものです!
みんななかなか良く撮れています!!
サウンドも素晴らしく良い感じ!!^^v
明後日のライブが楽しみです〜!!^^/
板













キーボード・バンマス野崎くん! ギター真ちゃんとベースのアッキー!
みんなホントに素晴らしい!1日だけで終わっちゃうのがもったいない(><)
野崎真アッキー

itagaki_blog at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

平家徹也 アルバム発売日決定!!

Sax&EWIプレイヤー平家徹也氏のアルバムが4/5に一般発売になります。
みなさま、是非よろしくお願い致します ^^/(Amazonでも買えます)
私は3曲叩いてます!!(生のドラムが入っているのは3曲だけなのですぐ分かります^^;)
短いドラムソロもあります!^^/
平家CD


itagaki_blog at 07:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月16日

杉本篤彦Live!

3/11(金)は赤坂ビーフラットでGt.杉本さんのライブでした!!
レコーディングしてから2ヶ月半、すっかり曲も忘れ(笑)オレはどうやって叩いてたんだ??
とCDを聴き自分のプレイをおおまかに確認^^;
やっぱりイヤホンじゃなく、生の音を自分の耳で聴いて演奏することを定期的に続けて行かないと
、、、。 
ドラムっていろんな種類のタイコやシンバルがあるからそのバランス感覚というものがとても大事
なんだよね。スネア1つでも大きい小さいだけじゃなくいろんな種類の音出したり、、、。
杉本さんとのライブは楽しみながら、そういう確認も出来る場なのです!!
とっても楽しいライブでした!!^^/
ご来場のみなさま、ありがとうございました!!^^/

赤坂5赤坂2赤坂3赤坂4

itagaki_blog at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月11日

Duca 3rd Live!!

今日は3/20に渋谷TSUTAYA O-EASTで行われるDuca Live!のリハ2日目でした。メンバーは、去年発売された私の教則DVDにも参加してくれた強者たちです! 
左から 山田章典Ba. 板垣正美Dr. 福田真一朗Gt. 野崎洋一Key.
リハも楽しくサクサク進みます!
相変わらず真ちゃんトークが最高過ぎます(笑)
Ducaリハ
DucaSet

itagaki_blog at 03:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月10日

3/11(金)杉本篤彦Live!!

いよいよ明後日です!
私も全曲で叩いている杉本さんのニューアルバムの曲を中心にお届けします。
ジャジーでソウルフル、そしてファンキーなサウンドをお楽しみください(^O^)
杉本篤彦 with SPECIAL BAND
2016年3月11日(金)赤坂 B-flat
杉本篤彦Gt、星牧人Key、土井孝幸Ba、板垣正美Dr
杉本篤彦 24thアルバム「Tomorrow Land」リリース プレイベント
Open 18:30 Start 19:30 ( 2set )
詳細はポスターを見てください!

みなさまのお越しをお待ちしています!!(>_<)

杉本3:11


itagaki_blog at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年03月08日

ささきいさお55周年ライブ!

3/6はZepp DiverCityにて
ささきいさおさんの55周年アンコール・ライブでした!
約40曲、4時間におよぶステージでした!
73才とは思えぬ体力と喉の強さ!
とても素晴らしいライブになりました!
いさおさん曰く、若さの秘訣は前向きな気持ちといつまでもトキメキを忘れないこと!
あとはジム通い! よしっ!
関係者のみなさま、ありがとうございました!!(>_<)
& お疲れ様でした(^O^)

いさおさんいさおライブセット

itagaki_blog at 22:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2016年03月02日

三送会!!

日曜は息子の野球部の三送会でした!
午前中は3年生VS1、2年生の最後の紅白戦でした。このユニホーム着てるのを見るのも見納めです。試合は4−4の引き分けで仲良く終わりました!見せ場もたくさんあり、面白い試合でした。
三送紅白戦











ダルビッシュや雄平の恩師としても知られている若生監督。1つ1つの言葉に重みがあり「お前大学でもやって行けるぞ!」と背中を押してくれる存在の大きさは計り知れません! 
若う監督と















そして荒木大輔の1年先輩で4番を努め甲子園でも活躍した小山先生。選手としてだけでなく監督としても甲子園を経験している素晴らしい指導者です! 
小山先生と
















写真はありませんが、息子に埼玉栄に来てくれ!と声かけてくれた山田先生。指導の中で良く褒める言葉も掛けてくれた山内先生。大学生の頃から学生コーチとして指導して頂き、兄貴の様な存在で息子に接してくれ、大学野球をやるきっかけの言葉を掛けてくれた秋葉先生。ありがとうございました。
陸スピーチ1














あっという間の3年間で、週末には卒業式です(><)
既に大学の練習も始まっており、新しい仲間・ライバルが出来ました。
少年野球で良く対戦した子や、昨夏の一回戦の激戦だった相手チームの選手、良く練習試合した高校の選手たち。いろいろ繋がってます^^;
本人は大変でしょうが、また4年間楽しませてもらいます!!^^/

若う監督と板垣家


三送会2



itagaki_blog at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月26日

面白い記事と納さんのコメントに同感!!

尊敬するベーシスト、納(おさむ)浩一さんがシェアした記事とコメントです!!
(写真は去年のライブから。。。)
杉/納/板
http://www.barks.jp/news/?id=1000124592
<まずは私のコメント>
私も同感です!!
私も全く迷わなかった!!プロドラマーに成りたいって気持ちは誰にも負けないと思っていた。軽々しく人に言うこともあまり無かったな。
相談を受けた場合も、昔から答えは同じ。「迷うならやめなさい!!」
やりたい!って気持ちがどれだけ強いか、それに尽きると思う。
あと、たまにミュージシャンやってるなら曲書いて一発当てれば?とか言われるけど、「オレはドラムが叩きたいんだー!!」って言いたい!!(笑)

<納さんのコメント>
全く同感です。
実はKISSは、初来日の時、チケットを取ることが叶わず、チケットもないのに大阪フェスティバルホールまで行って、ドアの隙間から漏れ聞こえる音を聞いていた、そして終演後、会場に中に飛び込んで、ステージ上に山のように積まれたマーシャルのアンプ群を見て、それだけで感動しながら家路に着いたというほどのファンでした!

ま、それはさて置き、ミュージシャンを目指すなら、音楽で食っていこうと思うなら(というか、もうこのご時世、音楽で食うという設定が成り立たなくなって来ていますが)、迷ってちゃダメです。
ただただ己を信じるのみ、俺ならやっていけるんだって。
そして、ただただ音楽が好きで好きで、もう3度に飯より愛してる、って情熱が無いと。

大学などでも、生徒さんや、昨今ではその親御さんから、「音楽でなんとかやっていけますかねぇ?」なんて質問を受けることもありますが、こんな質問、してる段階でもうNG。
気持ちはわかりますけどね。

ポール・スタンレーも言っている通り、まだ僕が東京に来た88年頃は、 状況も今よりはかなりマシでした。
僕の初リーダーアルバム「三色の虹」を出した97年頃でも、こんな無名のジャズベーシストの初アルバムが四千枚以上ものセールスを上げるという、今からじゃ信じられないような時代でした。
ジャズフェスも一杯あったし、スタジオ仕事もイベントも一杯ありました。
それが今じゃねぇ...。

でももともと音楽なんて、それこそ江戸時代なんかでは川原こ○きと言われて、あらゆる身分の中でも最下層に位置していた仕事。
音楽なんかで食えるようになったのは、明治時代の後半からたかだか数十年かそこらの間だけでは無いでしょうか?
それが元の状態に戻っただけと思えば良いのかもしれません。
食えるとか食えないとか、そんなことを考えること自体、音楽を志すという道の上での前提条件が間違っているのかもしれません。

ま、ラッキーがあれば、ということもあるでしょうが、そんなの無くても良いんです。
好きならとことんやってみる、そう思えないのなら諦める。
でもこれって、どの道に進もうが、同じことじゃ無いのかな?

ま、どうせ一度しか無い人生、悔いの無いよう、やりたいことを徹底的にやりましょうよ!


itagaki_blog at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!