2018年12月15日

神風特攻隊秘話!

神風特別攻撃隊の部隊は「体当たりをする爆装機」と「誘導・直掩・戦果確認をして帰還する直掩機」で構成されます。
しかし、直掩機に指名された隊員の中には、「死所は一つ!」と誓い合った仲間が突入していくのを見て、「自分だけ生きて帰るわけにはいかない!」と思い、突入していった人も多かったのです。
あまり知られていない真実。

とっこう

・・・・・・。

を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 12:26|Permalink

2018年12月14日

有床義歯(取り外し式の入れ歯)のお話!

最近、有床義歯(取り外し式の入れ歯)を見直しています。
入れ歯は古い補綴方だと思われがちですが、インプラントのように顎骨に穴をあける必要も無く、ブリッジのように歯を削る必要も無いので、人体には優しいです。
侵襲が無いのが1番!
無調整で噛めるようになった時は、歯科医師の至福の時!

しか―20

しかー22

しかー10

しかーそうぎし

・・・・・・。

を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 11:08|Permalink

2018年12月13日

インプラントのお話!

「インプラントって、どうなんですか・・・?」
と、よく聞かれます。
ザックリ言うと、
「骨にくっつかず、腫れて、痛い思いだけをした!」という人もいれば、「自分の歯のように何でも噛める」という人もいて、予後は様々。
人間には個人差・個体差というものがあるので、何とも言えません。
ハッキリしているのは、
顎骨に外科的侵襲をくわえて異物を埋入するのですから、感染のリスクは伴う・・・ということ。
感染して炎症を起こすと、インプラント周囲炎になり、これがとても厄介。
リカバリーが大変難しくなります。
リスクを背負ってまでする意味があるのかどうかは、人それぞれの考え方。
私は、インプラントには否定的!

かんばん

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 13:21|Permalink

今年の漢字!

今年の漢字は、まさかの「災」。
本気か?
平成最後の年の漢字に「災」はないでしょうに・・・。
歴史を調べてみればわかることですが、
日本は地理的・地形的に天災・災害の多い国で、今年が特別というわけではありません。
というわけで、今年の漢字が「災」というのは、大外れではないかと思います。

安倍総理の選んだ漢字は、転換・転機から「転」、菅義偉官房長官は「成し遂げた」の「成」、どちらもいいですねぇ〜。
森清範貫主に書き直してもらわないといけませんね。(笑)

しかー26

しか4

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 11:57|Permalink

2018年12月12日

電話のお話!

先ほどの電話。
電話の主(おそらく60歳前後の男性):
「そちらに女性歯科医師はいますか?」
とのこと。
うちは男性歯科医師だけ(というか、私一人)ですから、
「いません。」と答え、ちょっと気になったので、今後の参考のために、
「どうして女性歯科医師がいいのですか?」と聞くと、
「とにかく女性歯科医師がいい!」の一点張り。
挙句の果てに、「どこか心当たりはありませんか?」と聞かれてしまいました。
結局、他にあたるとのことで電話終了。
事件が起こらなければいいですけどねぇ・・・。
開業している女性歯科医師の人達、くれぐれも、気をつけてくださいね・・・。

まどふゆ

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 15:15|Permalink

ゴールドは最強・・・というお話!

セラミックス またはセラミック(英語: Ceramic(s))・・・広義には陶磁器全般であるが、狭義では、基本成分が金属酸化物で、高温での熱処理によって焼き固めた焼結体を指す。近年では、シリコンのような半導体や、炭化物、窒化物、ホウ化物などの無機化合物の成形体、粉末、膜など無機固体材料の総称として用いられている。

「他歯科医院で入れたセラミックスインレーが割れた。」という患者がよく来ます。
「歯を入れてから、それほど月日が経っていないのに割れた。」
「3回もやり直したが、また割れた。もう信用できない。転医したいのでこちらに来た。」
「怖くて硬いものが食べられない。」
などと、憤懣やるかたない思いのようでした。

セラミックスは、
クラウン(全部被せる冠)はジルコニア(模造ダイヤ)のフレームにセラミックを焼き付けるので、厚みも取れるし、形態的見地からも丈夫ですが、
インレー(詰めるタイプ)は薄く、対咬歯の咬頭がガツンと当たるので割れやすいです。
オールセラミックスクラウンは勧められますが、セラミックスインレーは私は勧めません。
人間の臼歯は、読んで字のごとく、臼(うす)。
奥歯で噛むということは、臼に物を入れて上から杵で叩くのと同じ。
セラミックスは、ザックリ言えば、陶器と同じ材質。
臼に陶器を入れて杵で叩けば割れます。
当たり前の話です。
人間の歯はとても硬いし、人間の咬む力は相当強いのです。

結局、20Kゴールドインレーが1番安心です・・・というお話!

20Kゴールドインレー
しかーきん

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 10:40|Permalink

オールセラミックスによる審美歯科!

前歯の歯並びが気になる時、「治すのは矯正歯科」と思っている人が多いと思います。
矯正歯科でも治りますが、審美補綴で治るケースもあります。
全体的に歯並びが悪い時には矯正の適応症になることが多いですが、数本だけの場合には審美補綴がお勧めです。
審美補綴は、矯正のように後戻りはないですし、治療期間も、審美補綴は短かいです。

しかー53

しかーおるせら2

しかーおるせら3

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 10:05|Permalink

2018年12月11日

ソフトデンチャーのお話!

保険のレジン床義歯は硬いため、「痛くてダメだ!」という人が多く、
インプラントも問題点が多く、絶対的に安全とは言えません。
そこで、悩みに 悩んで行き着いたのがソフトデンチャー。
これは、なかなかの優れもので、
上手くできると、全く調整しなくても、直ぐにバリバリ噛めるようになります 。
入れ歯で悩んでいる人にお勧めです。

しかーそふと

しか―30














・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 15:48|Permalink

理科の勉強は大事・・・というお話!

歯科クリーニングが、結構、誤解されているようですが、

☆スケーリング(歯石・歯垢の除去)

☆着色除去(歯科用ペーストで磨いてコーヒーなどの着色をとる)

☆ホワイトニング(薬液・酸による漂白)

というように全然違います。
スケーリングは絶対に必要!
着色除去は、患者が気になるようであれば必要!
ホワイトニングというのは、小学校理科くらいの知識があれば、普通、やらない!
理科の勉強は大事です。
もう一度言いますが、
ホワイトニングは、酸で歯を漂白しているのです。
理科を勉強していれば、酸はカルシウムをイオン化して溶出させることくらいはわかりますよね。
理科の実験で、「酢(酢酸)に貝や魚の骨を漬けたら柔らかくなった!」でしょ?
鯵の南蛮漬けも同じ。
そもそも、人間の健康な歯の色が真っ白ではないことは、歯科医師が1番わかっているはず。
というわけで、私はホワイトニングに否定的。

りか

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!


itagakishika at 11:22|Permalink

2018年12月10日

金歯に対する誤解!

患者さんと話をしていて、金歯に対して誤解を持っている人が意外に多いのに驚いた。

「金歯=古くさい、趣味が悪い、色調が嫌、成金のようだ、e.t.c.」という悪いイメージを持っている人が実に多い。

ところが、歯科医師から見ると、金・ゴールドほど安心して使用できる歯科材料は他にない。

金・ゴールドは物理的にも化学的にも優れていて、歯に被せたり詰めるのに最適材料だ。

20Kの冠(FCK)、詰め物(Inlay)の適合性及び安定性は、他材料の追随を許さない。
色調も患者さんが思っているようなものではなく、貴金属の品の良さがある。
何十年経っても、腐食されず、口腔内でピカピカ輝いて実に美しい。

金の長所:

☆展性・延性に優れているため、辺縁封鎖性(歯とつめものの隙間の閉鎖)が優秀!

☆化学的安定度が高いので、変質・変色が無い!

☆鋳造収縮が少ないので、技工操作(つめものを作る作業)での変形・収縮がほとんど無い!

などが、あげられる。

金の詰め物、被せ物が、あまりにも誤解されているので、「金・ゴールドの名誉」のために書いてみた。

20Kインレー
しかーきん

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング←クリック、お願いします!


itagakishika at 15:03|Permalink
Profile

板垣 正弘

Archives