2014年05月

2014年05月31日

徳川家康

徳川家康という人物は、一般的には『狸親父』と呼ばれ狡猾で陰険なイメージを持たれているようですが、現実は少し違うようです。
むしろ当時の戦国大名の中では、極めてまともな感覚の持ち主だったような気もします。
徳川家康の偉いところは、忠義の心が強い人物を重用したことです。
それは、自分自身の家臣だけにとどまらず、敵対した相手の家臣・部下に対しても同様でした。

甲斐・武田勝頼の勢力が衰退し、武田氏の一門や家臣団の多くが離反していく中で、最後まで武田勝頼に付き従い、天目山に追いつめられた時、勝頼が自害する時間を稼ぐために織田勢と戦って奮戦し討ち死にした土屋惣蔵昌恒という武将がいます(片手千人斬りの土屋惣蔵)。昌恒には長男・忠直という子供がいて、武田滅亡後は母に連れられて駿河国清見寺に隠れ住んでいましたが、それを聞いた徳川家康は忠直を召し出し、徳川秀忠の小姓(親衛隊&秘書)にしています。その後、土屋忠直は慶長7年(1602年)には上総久留里2万石を与えられ大名にまでなりました。

立花宗茂は、衰退する主家・大友氏を最後まで支え続け、九州征伐後、豊臣秀吉にその功を認められ筑後柳川13万2000石を与えられ、豊臣大名になります。
関ヶ原の戦いでは西軍に与したため改易・所領没収、浪人の身となりますが、慶長9年(1604年)、宗茂の実力&人格をよく知っていた将軍・徳川家康から幕府御書院番頭(将軍の親衛隊長)として5000石を給されることになります。そして、元和6年(1620年)、幕府から旧領の筑後柳川10万9200石を与えられ、関ヶ原に西軍として参戦し一度改易されてから旧領に復帰を果たした唯一の大名となりました。

関ヶ原の戦いで敵対した石田三成、大谷吉継に対しても、石田、大谷の豊臣家への忠義心を十分に認めており、かなり好意的でした。
石田三成の次男・重成(杉山源吾)が津軽藩に匿われていても「お咎め無し」でした。
江戸時代前期、大谷吉継の孫・重政(吉継の三男・泰重の息子)が福井藩士となっていること知った当時の江戸幕府老中・土井利勝が、「もし東照大権現様(徳川家康)が生きておられたら、大谷吉継の子孫が福井藩士として存続していることをお知りになれば、さぞかしお喜びになられたことであろう・・・」と話したという逸話が残っています。

徳川家康って、結構、いい奴なんですよね。


とく













←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:15|Permalink

2014年05月30日

集団的自衛権行使

「集団的自衛権行使容認」について、現在、衆議院予算委員会で論戦が行われています。

結論から言えば、「集団的自衛権行使」は絶対に、容認されるべきです。

「日米安全保障条約」「集団的自衛権行使」という言葉を使っていますが、要するに、「日米軍事同盟及びその強化」です。
アメリカの軍事力は世界最強であり、アメリカ軍に勝利できる国家は地球上には存在しません。
歴史的に見ても、アメリカ(イギリスを含めアングロサクソン民族)と軍事同盟をしていれば負けることは絶対に無いのです。

もう一度言いますが、「集団的自衛権行使」は絶対に、容認されるべきです。

「民族・国家間の戦争」も「戦国時代の合戦」も「暴力団の抗争」も全て同じです。

自分の身を守り勝ち組になるためには、「最強なものと手を組むこと」が絶対に必要なのです。

全て、歴史が証明している事です。


葛城ミ~1


←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:35|Permalink

2014年05月29日

こまか漬け

先日、漬けた「こまか漬け」

キャベツ、キュウリ、ナス、枝豆、みょうが、青しそ、を小さく刻んで、塩と鷹の爪で漬けたものです。

「発酵し過ぎた」のか「腐敗し始めた」のか分かりませんが、少し酸っぱいです。(苦笑)


こまか


←クリック、お願いします。




itagakishika at 10:13|Permalink

2014年05月28日

偶然???

AKB48の握手会襲撃事件の梅田悟は青森県出身。
ASKAと一緒に捕まった栩内香澄美も青森県出身。

偶然かも知れませんが・・・。

その他にも、

秋葉原通り魔事件の加藤智大も青森県出身。
武富士弘前支店強盗殺人・放火事件の小林光弘も青森県出身。
北海道・東京連続少女監禁事件の小林(石島)泰剛も青森県出身。
古くは連続ピストル射殺事件の永山則夫も1954年から1965年(5歳〜16歳)まで青森県板柳町に住んでいました。

偶然かも知れませんが、なんとなく、やばいかも・・・。

そう言えば、青森県平川市長選挙違反で市議会議員20人中9人が逮捕される異常事態発生中。

非常にやばい風土・土地柄・県民性かも・・・。

しんじ


←クリック、お願いします。

itagakishika at 14:14|Permalink

2014年05月27日

津軽の郷土料理・煮なます

今朝は5時に目が覚めたので、津軽の郷土料理『煮なます』を作りました。『煮た、なます』というのも変ですが、美味しければ良しとしましょう。

「鮭のアラ」と「真鱈の子」のコラボというのも、考えた人は偉いかも・・・。

にな

←クリック、お願いします。



itagakishika at 09:38|Permalink

2014年05月26日

ドキュメント72時間「大都会・真夜中の大衆食堂」

今日も無事終了!

今日は、NHKGで午後4時05分〜午後4時30分まで放送された、ドキュメント72時間「大都会・真夜中の大衆食堂」が面白かったです。

興味のある方は、動画をググッてみて下さい。

うぐ


←クリック、お願いします。

itagakishika at 19:08|Permalink

2014年05月25日

水流雲行(こううんりゅうすい)

柔道日本代表の監督をしていた篠原監督の扇子には、「水流雲行(こううんりゅうすい)」という四文字が書かれていました。囲碁棋士の藤沢秀行さんの扇子にも書かれていたと思います。

水流雲行(こううんりゅうすい)
空を行く雲と流れる水。
物事に執着せず、
淡々として自然の成り行きに任せて行動する。
一定の形にとらわれず自然に移り変わる。

雲のように・・・・、水のように・・・・。

そう言えば、
戦国大名・黒田孝高も出家後、黒田如水と名乗っていました。

如水:
上善如水、水善利万物而不争、居衆人之所悪
理想的な生き方とは水のようなもので、万物の利となり争わず、人の嫌う所へ流れる。(老子)

「焦らず、慌てず、逸らず、『自然体で生きていけたらなぁ・・・。」といつも思いますね。

かんばん


←クリック、お願いします。

itagakishika at 09:09|Permalink

2014年05月24日

外見は清楚でも・・・

今から30年ほど前、私が赤坂にある歯科医院で勤務歯科医師をしていた頃の話です。

その歯科医院は診療時間が午後6時までだったので、私は仕事を終えると近くのホテル内にある喫茶店でコーヒーを飲むのが日課でした。
毎日、通っているうちに、ふと、ある事に気づきました。
その喫茶店には、綺麗な女性客が多く、大抵、1人でコーヒーを飲んでいて、そこに待ち合わせていたと思われる男性が現れ、2人で喫茶店から出て行くのですが、不思議なことに会話が一切無いのです。
普通、知人同士なら「待ったぁ?」とか「これから、何を食べに行く?」といった会話があると思うのですが、その人達は余所余所しく、無言で出て行くのです。
そういう男女のカップルがあまりにも多いので、ある日、院長にその事を話すと、院長から驚きの事実を知らされました。
その綺麗な女性達は「売春婦」で、男性達は「客」なのだそうです。
それを聞いて、私は吃驚仰天したのでした。
私は、「売春婦というのは、テレビドラマに出てくるような、けばけばしい化粧をしたやさぐれた女」というイメージを持っていたのですが、その喫茶店に現れる売春婦は「清楚な普通のOL」にしか見えませんでした。

院長から真実を聞いて、とても不潔に思えたので、私は、その喫茶店に二度と行くことはありませんでした。
世の中には、「得体の知れない人間」というのがいるものです。
今にして思うと、「私が田舎出身の世間知らず」だっただけのことなんですけどね・・・。

ASKAと一緒に逮捕された栩内香澄美容疑者の映像を見て、なぜか、ふと思い出した昔の話です。


しんじ


←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:26|Permalink

2014年05月23日

市議定数20人中9人逮捕の異常事態

「市議定数20人中9人逮捕の異常事態」というニュースヘッドラインを見て、「また韓国か? あの国は本当に選挙違反や買収、不正が多いなぁ・・・。」と思いながら記事を読みました。、
市長選をめぐる選挙違反事件で市議20人のうち9人が逮捕者されたとの事です。
「平川市」という文字を見て、「やっぱり韓国か・・・、ピョンセン市って何処にあるんだろう?」と思い、よくよく読んで見ると、青森県平川市と書かれていたので吃驚仰天しました。
「平川市」は市町村合併でできた新しい市で、私が青森にいた頃には、まだ無かったと思います。
青森は津軽選挙発祥の地で、買収・選挙違反なんでもありの土地柄ですから、「さもありなん」という感じです。
今にして思うと、ちょっと特殊なところだったと思いますね。

img_464086_3561988_0









←クリック、お願いします。

itagakishika at 05:58|Permalink

2014年05月22日

接待秘書???

今日22日発売の週刊文春によると、ASKA容疑者とともに覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕された知人の会社員・栩内香澄美容疑者の職業は、東証1部上場企業代表者の「接待秘書」だったそうです。

ところで、「接待秘書」って、私は初めて目にする言葉です。
昔から、そういう職業があったのでしょうか?

以前、FBで友達の友達のそのまた友達をず〜っと追跡していった結果、全く見ず知らずの特殊な人達のFBに迷い込んだ事があります。
毎日のようにパーティ、パーティの連続で綺麗な服装をしていますが、どうみても実家が裕福とは思えない人達です。
どうやって生計を立てているのか分からない人達でした。
今にして思うと、あの人達は「接待秘書」だったのかもしれません。

・・・・・・。

栩内容疑者の中学、高校時代の写真も公開されていますが、普通の清楚な女の子でした。
どういう人生経験をして、現在のようになってしまったのか・・・?
今後の記事・報道に注目しています。


葛城ミ~1


←クリック、お願いします。

itagakishika at 14:51|Permalink
Profile