2014年07月

2014年07月31日

入れ歯の話

かつて最新の技術ともてはやされていたインプラントに、陰りが見えてきたような気がします。

『感染の危険性』がともなう技術ですから、100%大丈夫とは言い切れないんですよね。

そこで、最近、「もう一度、取り外し式の入れ歯を見直そう」と考える歯科医師が増えてきました。

かくいう私も、その一人です。

ブリッジでは対応できない欠損補綴をする場合、

少数歯欠損・・・バルプラストという軟らかい義歯

多数歯欠損・・・エステショットというバルプラストよりも少し硬い義歯とチタンフレームの組み合わせ

総義歯・・・チタン金属床義歯

経験上、この材料が最も違和感が少なく、よく噛めるようです。

最近の若い先生は入れ歯の経験が少ないと思いますが、私の場合、青森で開業していた時に『死ぬほど入れ歯を作り調整した』ので自信はあります。

なぜ「入れ歯が上手い」と宣伝しないかと言えば、「入れ歯=古い技術=時代遅れの歯医者」と世間では誤解されている可能性があるので、宣伝していなかったのです。(苦笑)

しかし、昨今の歯科事情を考えると、有床義歯(取り外し式の入れ歯)をもう一度考え直してみる必要性を痛感しています。

かんばん

←クリック、お願いします。

itagakishika at 12:16|Permalink

2014年07月30日

結婚しようよ

とあることで友人になった若い男性がFBで自分の結婚を発表しています。昔から彼には文才があることを知っていましたが、軽いカキコにも才能が滲み出ています。

約3年間のお付き合いをしていた女性と、5月末に入籍し、昨日滞りなく挙式しました。
式が終わった今でも
「こんな綺麗な人が俺なんかの嫁さんなのはおかしい」
だの
「きっと嫁は何かのきっかけで正気を失ってるんだ」
などと思ったりします。
今更正気に戻ってももう遅いので、諦めて一生僕についてきてください。
幸せにします。


センス、ありますね。
お幸せに・・・。


け














←クリック、お願いします。



itagakishika at 08:18|Permalink

2014年07月29日

微妙な『さじ加減』

【「まだ右肘、右手痛い」小保方さん、スポイトの微妙なさじ加減が必要な実験に支障も】
23日にNHKのカメラマンらに追い回され、頸椎(けいつい)捻挫などのケガを負った理化学研究所の小保方晴子研究 ユニットリーダーが25日、「まだ体全体が痛い。右肘、右手も痛い」と訴えていることが分かった。代理人の弁護士が明かした。違和感を訴えながら、この日も出勤したという。小保方氏は、理研の発生・再生科学総合研究センター(神戸市)でSTAP細胞の再現実験を行っている最中。
NHKは27日放送予定のNHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」(後9・00)に合わせ、直撃取材を試みたとみられる。NHKが一連のSTAP細胞問題で否定的な見方を示していることもあり、 小保方氏はNHKに対し「中立、公正ではない」と話しているという。4月の反論会見で小保方氏は再現には「ちょっとしたコツがある」としており、スポイトを握る右手、右腕を使った微妙なさじ加減が必要なのは明らか。痛みが長引けば、実験に支障が出る可能性もある。【スポニチ】

・・・・・・。

右肘、右手が痛くて、「STAP細胞製造にもっと重要な『微妙なさじ加減』ができない」となると、これは一大事です。小保方が200回以上も実験に成功したのは、ひとえに小保方にしかできない『微妙なさじ加減』が全てであり、右肘・右手が全治2週間の重症・絶対安静、スポイトを持つ事もできない(箸は持てるらしい・・・)ということになれば大変な事で国家的損失は計り知れません。NHKは全国民の受信料を0にして、国民に謝罪するべきですね。そう言えば、佐村河内も「ピアノを弾け!」と言われないようにいつも手に白い包帯をしていたなぁ・・・。

いつまで、この茶番劇を続ける気なんだろう・・・?

おぼ


←クリック、お願いします。

itagakishika at 09:21|Permalink

2014年07月28日

歯のクリーニング

『歯のクリーニング』について、世間では誤解されているようなので、簡単に説明します。

要するに次の3つです。

【1】歯石・歯垢の除去・・・歯に付着した歯石・歯垢を取り除く

【2】歯の着色の除去・・・歯に付いたコーヒーやタバコのヤニなどの着色の除去

【3】ホワイトニング・・・薬による歯の漂白

・・・・・・。

【1】の歯石・歯垢は歯周病の原因になる不潔なものなので絶対に除去しないとダメ

【2】の着色は患者本人が気になるようなら除去すればいいものですが、やり過ぎてエナメル質を傷つけないように注意しましょう。

【3】のホワイトニングは酸によって歯を漂白するわけですが、「酸は人体にどのような影響を及ぼすのか」を考えると、あえてする必要が無いと私は考えています。小学校の理科の実験で「魚の骨や貝殻を酢(酢酸)に漬けておくと軟らかくなるのは酸がカルシウムイオンを溶かし出したから」と習ったはずなんですけどねぇ・・・。それに、「真っ白な歯は不自然だ!」と多くの歯科医師は思っているはずなんですけどねぇ・・・。

かんばん


←クリック、お願いします。




itagakishika at 07:59|Permalink

2014年07月27日

暑過ぎ!

ここ数日、東京は猛暑日が続いています。

昨日も歯科診療後、歯科クリニックから外に出た瞬間、「モァ~~〜」という暑さで息が苦しくなりました。

今日も相当、暑くなりそうです。

今から早めに出勤します。

atube480


←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:42|Permalink

2014年07月26日

伝説の靖国スピーチ

今年も8月15日が近づいて来ました。
靖国神社に参拝しましょう!

伝説の靖国スピーチ



20110220175255412s


←クリック、お願いします。


itagakishika at 08:03|Permalink

2014年07月25日

金属アレルギー

金属アレルギーについて患者も歯科医師も誤解している人が多いようですが、全ての金属がアレルギーを起こすわけではありません。主に、ニッケル、コバルト、クロムの3つが金属アレルギーを起こすと考えていいと思います。金、白金、チタンなどは金属アレルギーを起こしにくいと言われています。アレルギーはタンパク質に対し起こるものなので、金属が直接にアレルギーを起こすわけではありません。つまり、金属はアレルゲンではないのです。金属から溶出した金属イオンが、人体が本来持つタンパク質と結合し、アレルゲンとなるタンパク質に変質させるのです。金属アレルギーの検査はパッチテストが有名です。皮膚に金属をしばらく密着させてアレルギーが生じるかどうかを調べる検査ですが、金属そのものがアレルギーを起こすわけではなく、金属とタンパク質との化合物が原因物質であるため、パッチテストでは判明しにくい場合も多いようです。

というわけで、全ての金属が体に悪いと言うわけではなく、歯のかみ合わせや部位によっては、強度などの面から考えて金属の方が良い場合もあるのです。何でもかんでも『メタルフリー』として、強い咬合力のかかる部分にセラミックスインレーを入れれば簡単に割れてしまうのは『自明の理』というものです。

かんばん


←クリック、お願いします。

itagakishika at 05:59|Permalink

2014年07月24日

困ったものです。

中国の食品会社が賞味期限切れの肉をマクドナルドなどに販売して大問題になっています。床に落とした肉を精肉機械に投げ入れているシーンとか、カビが生えて緑色になった牛肉とか、見ているだけで気持ちが悪くなります。
韓国はもっと凄いことになっています。フェリーは沈没する、地下鉄は脱線する、ヘリコプターは墜落する、そして、今度は列車の正面衝突。今年に入って、韓国の原子力発電所はハヌル5号機(1月29日)、ハンビッ2号機(2月28日)、月城3号機(2月28日)、ハヌル1号機(6月9日)と4カ所の原子力発電所が故障等で稼動停止しています。韓国、中国の原子力発電所の危うさは尋常ではありませんから、そのうち事故が起こりそうで心配です。風向きからもろに日本に影響がありますから・・・。

中国人にしろ韓国人にしろ、マニュアルとかルールとかを一切守れないのですから、国民性・民族性に欠陥があるとしか思えませんね。
困ったものです・・・。




しんじ



←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:04|Permalink

2014年07月23日

アンチエイジング歯科

私は「アンチエイジング歯科」という言葉は好きではありませんが、「有床義歯(取り外しの入れ歯)の合っていない人」や「前歯がボロボロの人」が新患で来て、新たに制作した義歯や審美補綴(差し歯)が上手くできて装着すると、患者さんの顔色が良くなり、明らかに若返って見えることがあります。特に女性の場合は、その変化が顕著で、性格まで明るくなる人もいます。よく噛めるようになったり、前歯が綺麗になることには、「アンチエイジング効果」があるのでしょうね。人間の歯が心理に与える影響って大きいんですね。不思議なものです・・・。


そうぎし1


←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:56|Permalink

2014年07月22日

チアリーダー

20日(日曜日)は午後1時に歯科診療終了後、後楽園ウインズに行ってきました。ちょうど、都市対抗野球が東京ドームで開催されていて、後楽園ウインズ側の地下通路でチアリーダーが本番前の練習をしていました。なかなか迫力のある練習風景で、私を含め、いい歳をした競馬親爺達が遠巻きにして見ていました。チアリーダーを見ていると本当に元気になります。

連休明けで今日から仕事の皆さんもこれを見て、Cheer Up!(スペル、間違ってないよね・・・?)




かんばん

←クリック、お願いします。

itagakishika at 08:46|Permalink
Profile