2015年04月

2015年04月30日

イカメンチ

昨日は、津軽のソウルフード『イカメンチ』作りにチャレンジしてみました。
『イカメンチ』は、簡単に言えば、『イカゲソの天ぷら』です。
以前、作った時には、油ハネがひどく、「あちっ!あちちっ!あちちち・・・!やばいよ〜!」という感じで、でき上がったものもバラバラ・木端微塵状態でした。
そこで、今回は再チャレンジ、リベンジをはかりました。

まず、イカゲソ・イカミミ、玉葱を準備!
い1
























油ハネ防止のため、刻んだイカゲソ・イカミミを軽く茹でる!
いか2

























刻んだ玉葱と、イカゲソ・イカミミを、小麦粉を水と卵でといた生地に入れてかき混ぜる。片栗粉、塩、味の素、お酒を少々加える!
いかいかいか


























油で揚げて完成!
い3

























切って、醤油をかけた瞬間!
いーか2

























本物の『イカメンチは』は中がもっとスカスカです。小麦粉が多かったようです。色も違います。

というわけで、次回は、

1.ゲソをもっと大きく刻む。
2.生地をもっとゆるくする。
3.生地に醤油を入れる。

これで再チャレンジしてみます。

肝心の味ですが、2度目の挑戦にしてはまずまず・・・でした。

←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:12|Permalink

2015年04月29日

昭和の日

今日は『昭和の日』です。
激動の日々を経て、復興を遂げた『昭和』は、日本人にとって忘れてはならない元号です。
そして、太平洋戦争を抜きにして、『昭和』を語ることはできません。
今日は、青森から持ち帰ってきた太平洋戦争に関する本をじっくりと読みたいと思います。

たいへい1

たいへい2

たいへい3


←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:14|Permalink

2015年04月28日

GW

GWが近づいてきました。

私、GWが不得意です。
何処に行っても混んでるし、無駄遣いはするし、飲み過ぎるし・・・、いい事がひとつもありません。
更に、「あと少しでGWだ。」などと思うと、心にスキが生まれます。

というわけで、私のカレンダーにGWなどはありません。
大日本帝国海軍『月月火水木金金』の精神でがんばるのみ!
「『月月火水木金金』って、労働基準法違反じゃないの?」などと言う奴は非国民につき銃殺だ〜!


げつげつ0

げつげつ




←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:25|Permalink

2015年04月27日

つぶ貝

通販で注文していた青森の『モスソ貝』が昨日、届きました。

つぶかいもすそ























青森県で『つぶ貝』と言えば、『モスソ貝』を指し、他の地域の『ツブ貝(螺)』とは違います。
見た感じが、タニシやらカタツムリやらに似ているので、貝なのか虫なのかよくわかりませんが、食べて美味しいのでどっちでもいいっす。(笑)

調理方法としては、塩焼き、酢味噌和え、など、いろいろありますが、おでんの具としても使われます。
・・・というか、津軽では『おでんの具・人気ナンバー1』がこの『つぶ貝』です。
殻ごと煮て内臓までツルッと食べます。
内臓は食べて大丈夫なのかどうかわかりませんが、皆、食べて何ともないので、『オソラク』大丈夫(笑)。
おでんにツブ貝が入っていないと子供達はガッカリします。
それくらいポピュラーな食材なのです。

昨夜は、塩焼きにして酒の肴にしましたが、焼けるまでの間に酔ってしまい、写真撮影をスッカリ忘れてしまいました。
失態! 失態!(笑)
次回は、キチンと撮ってアップしますね・・・。

ところで、歯科で『ツブ』と言えば、『ツブれかけの歯科クリニック』のこと。
歯科の方では『ツブ』にならないように、今日もがんばります!


←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:49|Permalink

2015年04月26日

プラモデル

青森県弘前市の家に、まだ作っていないプラモデルがあったのでもってきました。

ぷらも1























プラモデルは塗装が命!

ぷらも2























『真珠湾攻撃隊』をテーマに作っていきたいと思っています。

ぷらも5























零戦21型の『飴色塗装』というのが、本当はどんな色だったのか、カラー写真がないため不明なのがもどかしいところです。

ぷらも4




←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:03|Permalink

2015年04月25日

伊賀の影丸

青森県弘前市の家を整理していたら、いろいろなものが出てきました。


いがのかげまる
























横山光輝さんの『伊賀の影丸』です。

影丸は主役なので、めちゃくちゃ強いですが、厄介なのが『阿魔野邪鬼』。
『阿魔野邪鬼』は、甲賀七人衆の筆頭で、不死身。
止めを刺されても3時間もあれば完全に再生する、という恐るべき回復力を有していて、200年間生きてきたらしいです。
『200歳の不死身の忍者』など、今考えれば、到底ありえない話なのですが、子供の頃は、本当に『阿魔野邪鬼』は怖かったです。

あまのじゃき















で、まぁ、私、子供の頃は、『伊賀の影丸』の真似をして、庭の木に登って落ちて怪我をしたりしていたのですよねぇ・・・。
しかし、バク天、バク宙ができないと、忍者にはなれないので断念。
というわけで、忍者の道はあきらめ、現代、歯科医師として細々と生きているわけです。

今日も一日、歯科界の『伊賀の影丸』ではなく、『阿魔野邪鬼』を目指してがんばります!


←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:01|Permalink

2015年04月24日

余裕がある時ほど・・・。

余裕がある時ほどハングリーに、余裕がない時には楽観的に・・・これ鉄則。

なぜなら、余裕がある時は更なる上積みが期待できるわけですからまさに勝負所、逆に、余裕がない時には焦って空回りし、ますます、ドツボにはまっていくのは目に見えているからです。

「余裕ができてきたから、ここらで少しのんびりしよう」などと一瞬でも思ったら、それは危険信号。
絶対に、勢いをゆるめてはいけません。
余裕がある時にがんばれば、更に余裕ができて、もっともっとがんばれます。
それを『成長』とか『進歩』と言うのでしょう・・・。

今日のブログは、私自身への戒めを書いてみました。


うえる














←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:04|Permalink

2015年04月23日

人間が幸福な人生を歩むためには、『人との縁』を大切にしなければいけません。
私は、いつも、そう考えて他人と接しているつもりです。
ところが、
世の中には、ど〜にもこ〜にも合わない人間が必ずいます。
私の場合は、100人に1人くらいの割合ですかね。
どういう人かと言えば、『自分勝手で自分のことしか考えていない人間』です。
こういう人は、いつでもどこでも、そういうふうな感じなので、おそらく、誰にも相手にされていないと思います。
本人だけが全く気づいていないだけ・・・。
誰も教えてはくれませんから、本人が気づく機会が無ければ、一生そのままです。
それでは、いけませんよね?
「他人にどう思われているのか?」と考え過ぎるのはよくありませんが、少しは考える必要はあると思います。

今日も一日、『縁』を大切にして、がんばります!

たかくら











←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:21|Permalink

2015年04月22日

神様

最近、わかったのですが、

前に向かって進み続けていると、神様は『チャンス』と『幸福』を惜しみなく与えてくれます。

これ、ホントです!

不思議なものです。

また、神様は、弱気になった時には、とても冷たくて、更なる過酷な状況に落としてくれます。

怖いっすね!

要するに、

神様に好かれて幸福な毎日を生きるためには、『積極的に前に進み続けること』のようです。

神様が怒るので、弱気になったり、消極的になったり、諦めたり、怠けることは厳禁!

あと、人との縁を大切にしていれば完璧!百戦危うからず!日々是好日!

というわけで、神様に好かれるように、今日も一日、がんばります!


しか























←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:24|Permalink

2015年04月21日

弘前でごちそうを食べてきました。

所用で、昨日まで青森県弘前市に行ってました。

久々に、美味しいものを食べてきました。

すし







「えっ?マグロの大トロとかじゃないの?」と思う人も多いでしょうが、
青森に行ったら「タコとイカ」を食べないといけません。
タコ、イカの方が絶対に美味いって・・・。
あと、カニッコ(エビッコ)は私の好物。

次に、

つがるのもの1























このお店の『貝焼き味噌』は使っている食材が贅沢過ぎました。『貝焼き味噌』はもっと貧乏くさく、『ホタテのミミの欠片』だけの方が美味いと思います。


次に、イトーヨーカードーの地下で買ったイカメンチ、イカの量がもう少し多ければ完璧でしたが・・・。

よーかどー1























最後はコレ、工藤パンのイギリストースト、食パンにバターと砂糖を塗した津軽の定番!

つがるのもの2


私、味覚が100%津軽の人間なのです。

←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:23|Permalink
Profile

板垣 正弘

Archives