2016年03月

2016年03月31日

初心忘れるべからず!

今日で3月も終わり、明日から4月!
明日から人生の新スタートをきる人も多いと思います。
「初心忘れるべからず!」・・・ですね。

一般的に、
「初心忘れるべからず!」の意味は、
「人間は物事に慣れてくると慢心するので、いつまでも、はじめた時の新鮮で謙虚な気持ちや高い志を忘れてはいけない」
と思われているようですが、本来の意味は違うようです。

室町時代に能を大成させた世阿弥が、その書『花鏡』の結びとして、

「しかれば当流に万能一徳の一句あり。 初心忘るべからず。この句、三ヶ条の口伝あり。是非とも初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず。この三、よくよく口伝すべし」

と書いたのが起源です。

世阿弥のいう「初心」とは、
「始めた頃の気持ちや志=初志」ではなく、「芸の未熟さ=初心者の頃のみっともなさ」のこと。
初心者の頃のみっともなさ、未熟さを覚えていることにより、
「あのみじめな状態には戻りたくない」と思うことで更に精進を続けることができる!・・・と説いているのです。

ナルホド!×2

しょしんわすれるべからず




←クリック、お願いします。

itagakishika at 05:58|Permalink

2016年03月30日

祝・安全保障関連法施行!

安全保障関連法が昨日・3月29日午前0時に施行されました。
左翼の話では、「安全保障関連法案が施工されると、日本は未曽有の侵略戦争に突入する」らしいのですが、今のところ特に何も起こらず、変な連中が国会前で大騒ぎして社会に大迷惑をかけているだけです。
困った連中です。
国会前で大騒ぎして大迷惑をかけるくらいなら、公園の桜を見ながら酒を飲んでた方がよっぽど楽しいのになぁ・・・。
もし、現在、『軍靴の音』が聞こえている人は、直ぐに『耳鼻科』ではなく、『精神科』へ駆け込んだ方がいいです。
『精神科』の先生は、「薬、多めに出しておきますね〜!」と言ってくれると思います。
とにかく、
左翼は猜疑心と被害妄想が強過ぎます。
その根底にあるのは『すさまじい劣等感』。
私のような『欠点の無い人間』には到底理解できないわけなんですよね・・・。

日米同盟の意義について、簡単に簡単に書くと、

☆日本は有事に米軍の支援を想定し国土防衛を図る。
☆日本は米軍の影響力を利用しつつ、安全保障を図る(抑止力)。
☆米国は日本を足掛かりに、アジアへの影響力を誇示する。
☆日本は米国と協調しながら、世界への発言力を確保する。
☆日米ともに、同盟関係を基盤に経済的利益を図る。

同盟には『信頼関係』と『共通の利益』が重要!
というわけで、
安全保障関連法案は絶対に必要なのです!

歯科クリニックに「日の丸」を掲げようかなぁ・・・。
BGMは当然、「君が代」!

ひほんだいすき














←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:45|Permalink

2016年03月29日

お経を唱える!

歳とったせいか、最近、私、目が覚めるのがメチャ早いです。
午前3時とか、4時とか・・・、早過ぎますよね。
二度寝をしようとするのですが、なかなか、寝直しできません。

で、
私、子供の頃、祖母に、
「眠れない時には、目を閉じて『南無妙法蓮華経』とお経を唱えればいつの間にか眠れるよ。」
と教えらたので
『南無妙法蓮華経〜南無妙法蓮華経〜南無妙法蓮華経〜・・・』とお経を唱えてみたのですが、
『南無妙法蓮華経』は長過ぎますね。
『なむみょうほうれんげきょう』・・・ですもんね。

で、
『南無阿弥陀仏』にしてみたのですが、
これが、『なむあみだぶつ』・7文字でリズムがすごく良いのですが、
うちの菩提寺が日蓮宗なので、他宗派のお経を唱えるのもいかがなものかと思うので、やめました。

で、
思い切って、
『ア〜メン、ア〜メン、ア〜メン、・・・』と念じてみたところ、

アーメン、アーメン、アーメン→ラーメン?→津軽ラーメンが食いてえなぁ!→チャーシューは肩ロースよりもモモ肉だよなぁ!→ナルトは絶対必要!→煮干しスープがええわい!→豚骨スープは不得意!→だったら蕎麦の方がいい!→天ぷらも食いたい→ウナギも好きだが、あいかわらず高い!→鰻のかば焼きを冷やして酒の肴にするのが好きなのは俺くらいのもの?→やはり俺は変わってるのか?→だから貧乏なのかも?→貧乏脱出の何か良い策はないモノか?→真田昌幸ならわかるかも?→NHK大河ドラマの「真田丸」ダメじゃん!→脚本の三谷幸喜、あんなので稼ぎやがって!→元は俺達の払ったNHK受信料!→・・・・。

などと、脳が勝手に暴走し始め、ますます目が覚めるのであった。

おしまい!

真田昌幸
さなだまさゆき











←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:17|Permalink

2016年03月28日

『現代の選挙』=『戦国時代の合戦』

夏の参議院選挙が近づいてきました。

『現代の選挙』=『戦国時代の合戦』・・・なんですよね。

構造もよく似ていて、
国会議員=戦国大名、
県会議員・市会議員=国人・国衆・土豪、
みたいな感じです。
これらの勢力が協力して、選挙(合戦)を戦うわけです。
選挙(合戦)で功績をあげれば、重用され、上にいけるのも同じです。
公明党は創価学会が支持母体ですから、戦国時代の一向宗勢力に似ています。
戦に負けた時には、落ち武者狩り(選挙違反逮捕)まであります。
そういうふうに考えて、国会議員を戦国大名に例えると面白いです。

「民主党」と「維新の党」が合併して「民進党」になったニュースを見た時、
私には、
岡田克也=朝倉義景、松野頼久=浅井長政、・・・に見えてしかたがありませんでした。
朝倉義景は越前国(現在の福井県)領主、浅井長政は近江国(現在の滋賀県)領主、同盟して織田信長に対抗しましたが、ボロ負けして滅亡。
朝倉も浅井も頭蓋骨を薄濃(はくだみ:漆で塗り固め金泥で彩色したもの)にされ、織田家では、宴の時にコレを膳の上に置き、見ながら酒を飲んだ・・・と言われています。
(今の時代で、選挙で負けても、殺されたり、首を斬られたり、頭蓋骨を薄濃にされることはないですが・・・笑)
戦国大名が滅ぶと家臣団はチリチリバラバラになりますが、おそらく「民進党」もそうなるのでしょうねぇ〜。


朝倉義景
あさ1









浅井長政
あさ2

















←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:21|Permalink

2016年03月27日

乙武、不倫!

『五体不満足』の乙武洋匡が、五人の女性と不倫関係にあったとして、世間から非難されているようです。
(不倫ということで、『さん』付けするのも、何となく抵抗があるので、敬称略)
『五体不倫満足』『五股不倫騒動』なんて書いている記事もあって、もう大変です。
更に、
乙武の妻が出てきて、
「妻である私にも責任の一端があります!」なんて、わけのわからん謝罪をしたりして、もう、何が何だか・・・。
まぁ、
今回の件は、乙武が夏の参院選に出るという噂があるので、それを潰そうという意図みたいなものが感じられなくもないですが・・・。

「不倫はけしからん!」などと言えるほど、私は清廉潔白な人間ではないので、
「社会に迷惑をかけなければ、本人達の自己責任でいいんじゃないの?」
というスタンスです。

それよりも、
私が思ったのは、良い悪いはさておき、
「有名になってお金を稼ぐ人は、馬力・パワーがあるなぁ・・・!」
ということ。
更に、
「神経が図太過ぎ!」
ということ。

私、ちょっと、見習いたい気もしてたりなんかしてます・・・。


ごたい




←クリック、お願いします。

itagakishika at 05:10|Permalink

2016年03月26日

卒業式!

現在、卒業式の真っ盛りです。

岐阜大学の森脇久隆学長とかいうマヌケが、今春の卒業式と入学式で国歌「君が代」を斉唱しない方針で、25日の卒業式でも、「君が代」は斉唱されなかったようです。
税金で成り立っている国立大学の学長がコレでは困ります。
それにしても、左翼ってどうして、国旗・国歌に異常にこだわるのか、本当に不思議です。

で、
インターネット上で、左翼らしき連中と、いろいろ、やりとりしてみたのですが、
何となくわかったのは、
そいつらは、「頭が悪くて、ひねくれていて、しかも、貧乏」・・・ということです。
だから、何をやっても上手くいかないのですが、やつらは原因を、政治・制度に責任転嫁しているわけです。
それじゃぁ、どうしようもないですよね。
更に、
やつらは「猜疑心が強く、被害妄想である」・・・ということもわかりました。
これでは、社会に順応できるわけがありません。
例えて言えば、「根性のひねくれた小学生」みたいな感じです。

で、
私、「ハッ!」と閃いたのですが、
「ひねくれていて、猜疑心が強く、被害妄想があると、貧乏になり、不幸になる!」
ということに気づきました。
コレ、私、自分自身に少なからず心当たりがないわけではないので(なんとまわりくどい表現・・・笑)、
気をつけなきゃ・・・と思いました。

岐阜大学の卒業式に関しては、卒業生が、
「大学の個性を出すために愛唱歌も必要だが、やはり日本の国のことを考えると国歌も必要だと思う」と話していました。
今の若者の方が、岐阜大マヌケ学長よりも、よっぽどまとも!・・・ということですね。

そつぎょうしき


←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:17|Permalink

2016年03月25日

真田丸

NHK大河ドラマ・真田丸の視聴率が低迷しているようです。
いつものことですが、NHK大河ドラマは、最初の数回だけ高視聴率で、あとはダラダラ尻すぼみ。
これから大坂の陣まで、どうやって話をもっていくつもりなんだろう・・・?

・・・・・・。

「ドラマ真田丸」の中の、徳川家康関連の場面で、
「浜松はウナギが有名」とか出てましたが、
浜名湖の鰻の養鰻は明治33年から、更に、全国的に認知度が高まったのは、東海道新幹線・東名高速道路が開通した1960年代だと思うので、私的には、なんだかなぁ・・・です。
まぁ、ドラマですから、しょうがないのでしょうけどね・・・。
私としては、こういう脚本は生理的に受けつけないです。

そもそも、真田信之役が大泉洋という段階で、私的にはNG!
真田信之(信幸)は、さいつ殿(真田伊豆守の略称)と呼ばれ、頭脳明晰かつ勇猛であり、多くの大名から尊敬された人物です。
東の真田信之、西の立花宗茂、と言われた逸材。
大泉洋では、イメージが違い過ぎます。
では、誰がいいかって?
私以外にいないでしょ・・・?(笑)

真田信之
さなだのぶゆき













←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:49|Permalink

2016年03月24日

審美歯科のお話!

世間では、「『審美歯科』は特殊な技術」と思われているようですが、実は、オールセラミックスクラウンという冠を被せているだけで、普通の歯の削り方・型の取り方と同じです。
技工と治療費が違うだけです。
ですから、『審美歯科』を標榜していなくても、どこの歯科医院でもできるわけです。
ただし、『審美歯科』は自費診療、保険は適用されません。

最近は、東京都内では、保険診療に見切りをつけ、『審美歯科』などの自費診療に特化しているところが増えています。
しかし、それはそれで、いろいろ問題はあります。
まず、『医療』という部分が失われてしまう危険性があること、
また、『審美の感覚』は個人差があるため、いろいろなトラブルが予想されること。

『審美歯科』と聞けば、直ぐに『ホワイトニング』が連想できますが、
『ホワイトニング』は「高濃度の酸による歯の漂白」です。
『酸』がどのようなものか考えれば、答えは簡単!
賢明な人間はこんな馬鹿なことは絶対にしません。

・・・・・・。

昨日は午後、4月からの歯科保険改定講習会へ行って来ましたが、歯科の保険はドンドン非現実的な方向へ向かっている気がしました。
例えて言えば、太平洋戦争末期の「竹やりで戦車と戦え!」みたいな感じです。
消費税増税の話が出ると、「消費税は福祉に使われます!」というアピールを国民に向けてするのですが、相当な無理があって、そのしわ寄せが歯科医師にもくるわけです。

困ったものです。


昨日、講習会で行った芝大門から見た東京タワー!
とうきょうたわー2


←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:57|Permalink

2016年03月23日

変な夢!(必殺仕事人編)

昨夜・・・、というよりも、今朝、変な夢を見ました。

平成にも必殺仕事人がいるようで、
夢の中では、私、仕事人に狙われてました。

その仕事人は表稼業がピアノの調律師で、なぜか、武器は、左手に『パチンコの釘師が持つゲージ』、右手に『音叉』。

パチンコ釘師のゲージ
しごとにん1











音叉
しごとにん2












敵の眉間の部分にパチンコゲージの玉の形をした部分を押しあて、音叉でゲージを打ちつけると、
ビィヨォ〜〜〜〜ン♪というスゴイ音がして、敵が倒れる・・・という恐ろしい殺し技を持った奴でした。

で、私、逃げ切れずに、その仕事人が、私の眉間にパチンコゲージの球を押しつけ、音叉を振りかぶった時には、「もうダメだ!」と観念して目をつむったのですが、プッ♪という赤ちゃんの屁みたいな音がしただけで、何の異常も無し。

ひどく心配したぶん、とても腹がたったので、その仕事人の鼻に思い切り逆突きをくらわせてやると、鼻血がブワァ〜♪と出て、その仕事人はわけのわからん叫び声をあげながら逃げて行ったところで目が覚めました。

夢の中では、私、いつも誰かと闘っていますが、今回も、壮絶な死闘でした!(笑)

ああめいげん1

しごとにん3












←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:15|Permalink

2016年03月22日

大胆騎乗!

昨日は午前中・歯科診療、午後は後楽園ウインズに行ってきました。
いつも思うのですが、外国人騎手と日本人騎手の騎乗は明らかに違いますね。

日本人騎手・・・道中は馬との折り合い重視、ギリギリまで追い出しを待って、最後の仕掛けに備えてスタミナ温存。

外国人騎手・・・折り合いを大事にしているのは同じだが、ペースや追走位置によっては早め早めに仕掛けて、そのまま押し切り。

外国人騎手は大胆な騎乗をします。
日本人騎手がああいう乗り方をすれば、勝てばいいですが負ければ「早仕掛け」と言われ、調教師・馬主・マスコミに責められ、乗り替わりになりますね。

で、見ていて思ったのですが、
我々日本人は、えてして、最後のスタミナ切れを恐れて、何事も無理なペースでしない傾向があることが分かりました。
そして、ソレだと失敗はしないかも知れませんが、成功もないことがわかりました。
何処かの地方の方言で、
「やってばりみろ!」というのがあるそうです。
「とにかく最後までやってみろ!」
という意味だそうです。

積極策が成功の秘訣!

おしまい!


みるこ2


←クリック、お願いします。



itagakishika at 07:21|Permalink
Profile