2016年09月

2016年09月30日

小池知事は無能!

予想通り、ここにきて、小池知事の無能さが浮き彫りになって来ました。
豊洲移転問題に続き、東京五輪3施設の抜本見直しが浮上。
ボート会場を宮城県内にしようという案まで出ているようです。
冗談じゃねえよなぁ・・・。

都知事選で落選した増田寛也さんは、建設省(現在は国土交通省)キャリア官僚出身ですから、こういう問題のエキスパート。
豊洲移転問題も、東京五輪施設問題も、増田寛也さんの最も得意とする分野で、増田さんならクリアできたと思いますね。
都知事選前の公約で、増田寛也さんは、
「豊洲移転は待ったなし!」「東京五輪費用は国と折衝して迅速に決める!」と言っていました。
まさに、その通りなのです。
増田寛也さんが落選したことが、おおいに悔やまれます。

一方、「小池知事は何が得意なのか?」と考えてみましたが、私には何も思い浮かびませんでした。
要するに、得意分野が何も無いのです。
しかも、周りは敵だらけ、自民党都議団だけではなく、東京都職員もソッポを向き始めました。
「小池が都知事なら協力しないよ〜!」といったところです。
更に、豊洲移転問題で、共産党都議団も敵対してきました。
小池は自民党都議団を牽制するつもりで、豊洲移転を少しだけ延期させるつもりだったのでしょうが、これに乗った共産党が「移転絶対反対!」として攻勢をかけてきたのです。
収拾がつかなくなってきました。
考えてみると、小池知事には敵しかおらず、味方が一人もいません。
これでは、都知事という重責は到底務まりません。

小池が都知事になれば、このような状況になるのは、最初からわかっていたことです。
小池に投票した人達に、「現在の状況をどう思っているのか?」を尋ねてみたいものです。
見た目の派手さだけで物事を判断してはいけません。
なぜなら、本物は無駄がないので、一見地味に見えるものなのですから・・・。
人を見る目が無い人が、意外に多いものなのですね。

小池と同様に、敵だらけで、最後は暗殺された室町幕府・第六代将軍、足利義教
あしかがよしのり


←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:08|Permalink

2016年09月29日

『自信』と『不安』の矛盾無き共存!

先週の競馬は、自信のあるレースが全て外れ、遊び気分で購入した馬券が当たる、というパターンでした。
いつも、このパターンです。
人間は自分自身が絶対的に正しいと思った時はやばいものです。
「8割は正しいと思うが、2割は、もしかすると間違っている可能性があるので、改善の余地あり!」くらいの感じがいいと思います。
『自信』と『不安』の矛盾無き共存が、人間を成長・進歩させる!
『謙虚』な気持ちが大事なのでしょうねぇ・・・。
自分への戒めでありんす。

オードリー・ヘップバーンが、
「くよくよしてもしかたがない。どのみち予想したとおりにはならないのだから」
と言っていましたが、その通りです。
期待していた事は実現せず、取り越し苦労は実際には起こらないもの。

不思議なものです・・・。

おーどりー










←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:06|Permalink

2016年09月28日

たまに歯科の話でも・・・。

最近の歯科は、歯科本来の仕事よりも、ホワイトニングだ、デンタルエステだ、歯科コンシェルジュだ、トリートメントコーディネーターだ、アンチエイジングだ、・・・などとしょーもないことを次々とあれこれやらかして、まさに馬鹿丸出し状態!
患者にあいそをつかされてしまっています。(苦笑)
自分が歯科医師でなく患者だったら、どういう歯科医院に行きたいか考えればわかるだろうに・・・。
「余計なことはせんでいいから、とにかく早く主訴(歯が痛いとか歯ぐきが腫れたとか)を治してくれ!」です。

歯科医師は本来の仕事に誇りを持つべきです。
『普通』と『凡庸』とは違うのです。
『普通』が大切であり、『普通のことをキチンと丁寧に行うこと』が、歯科に限らず、仕事においては重要なのです。
「他と違うことをして患者を増やして収益を上げよう」などという下衆で陳腐な考えでは、上手くいくわけがありません。

更にひどいことには、歯科界では、苦しんでいる同業者の足元を見て、講習会やらセミナーやら○○学会やらをして、同業者から金をふんだくろうとする輩まで出てくるしまつ。
馬鹿が、自分よりも更にひどい馬鹿を洗脳して、銭をふんだくっている状況です。

俺様一人が賢くてもどうにもならない・・・。(苦笑)

嫌な渡世だなぁ・・・。

いやなとせいだなぁ










←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:47|Permalink

2016年09月27日

第2回全日本空手道松涛館・全国空手道選手権大会!

日曜日(9月29日)、日本武道館に第2回全日本空手道松涛館・全国空手道選手権大会を見に行って来ました。

ぜんくうまつ

ぜんくうまつ4

ルールは『寸止め』、つまり、相手に技を当ててはいけない決まりになっていますが、ものすごく速いスピードで互いに動いて技を出すので、けっこう、ボコボコ当たります。
目、鼻、口にまともに当たると、メチャ痛いです。
しかし、当てられるのを怖がって前に出ないと絶対に勝てません。
前に出て攻めないと、いい状況にならないのです。
人生と全く同じで、自分が傷つくのを恐れていては、何事も上手くいきません。
まさに、空手道の試合は人生の縮図そのものなのです。

ぜんくうまつ2

ぜんくうまつ3


空手道界の至宝・香川師範の名言:
「相手が強いから勝てないのではなく、自分が弱いから負けるのだ。」

なるほど! その通りですね。
限界の一歩先に勝利がある。
限界のその先には、まだまだ道がある。

帰りは、恒例のもつ焼き屋で一杯。
次は、10月10日の『関東大学空手道選手権大会』です。

のみ3むすめと



←クリック、お願いします。

itagakishika at 07:26|Permalink

2016年09月26日

働けば自由になる!

働けば自由になる・・・ドイツ語で Arbeit macht frei

ナチスは、多くの強制収容所の門にこの文言を記した事で有名ですが、
元々は、19世紀後半、ドイツ人作家・ロレンツ・ディーフェンバッハが小説のタイトルとして用いたのが最初とされます。
つまり、ナチスの造語ではありません。
定訳があるわけではなく、
「働けば自由になれる」「労働は人間を自由にする」など様々に訳されています。
20世紀前半にも失業対策として示された公共事業拡充にたいして標語として使われたことがあるようですが、その後、ナチスの強制収容所に標語として使われ有名になりました。
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の門に書かれた "ARBEIT MACHT FREI" の "B" が上下逆に見えるのは、この門を作らされた囚人の抵抗の証とする説もあるそうです。

あうしゅびっつ









まぁ、それはさておき、『働けば自由になる!』と信じて、今日も一日、がんばります!

←クリック、お願いします。



itagakishika at 06:59|Permalink

2016年09月25日

今日の勝負レース!

今日も懲りずに馬券を買う歯医者のおじさん・・・であった。

中山12R 
◎カムイ・・・ダートに変わって本領発揮、鞍上・田辺騎手への乗り替わりもプラス、調教内容も良く、500万下では能力上位、勝ち負け必至。

単複 07番
枠連 4枠軸に総流し

中山11R オールカマー
「オールカマー」を英語的発音をすると「オカマ」、馬で「オカマ」と言えば「騸馬」
というわけで、◎カレンミロティック
この馬は、どんなに好走しても人気にならない不思議な馬で、今回も人気の盲点になっています。
柴田大騎手への乗り替わりもプラスで、今回は絶好の狙い目。
中山巧者・クリールカイザーも鞍上・田辺騎手が思い切ってハナに立って逃げると、逃げ残りがある。

単複 12番
単複 02番

中山6R
◎ララクードゥリオン・・・中央転厩初戦、ダートの長距離戦で一発期待!

単複 16番
枠連 8枠軸に総流し

勝てば極楽浄土! 負ければ無間地獄!

あかぎ ばいぷっしゅ
あかぎ しょうき

























左クリック、お願いします。

itagakishika at 07:52|Permalink

2016年09月24日

変な夢!

金曜日の明け方、変な夢を見ました。
私、オリンピックにマラソン選手で出ていました。
2番手を追走していたのですが(競馬か?)、残り1キロ地点で、先頭のアフリカ選手が急に失速、「よし!金メダル、ゲットだぜ!(ポケモンじゃねぇ〜つ〜の!)」と思った瞬間、前の選手が崩れるように倒れ、口から白い泡を吹き出しました。
コレはヤバイと思い、私はレースを止め、倒れた選手の心肺蘇生を始めたら、横をギリシャ選手が駆け抜けて行きました。
「あいつ、冷たい奴だなぁ!自分勝手な奴だ!まぁ、いいけど・・・。」と思い、私が心肺蘇生を続けていると、しばらくして、そのギリシャ選手が引き返して来ました。
ギリシャ選手:「やはり見て見ぬふりはできないので戻って来ました。何か手伝えることはありませんか?」
と言うので、
私:「お前、本当はイイ奴だなぁ!名前は?」
と聞くと、そのギリシャ選手は「メロス!」と答えたとさ。
話できすぎ?
いいえ、ホントなんだってばよ!

・・・・・・。

木曜日(秋分の日)に大井競馬で行われた『東京盃』、私の本命はドリームバレンチノでしたが、
私:「どうせ人気になり、単勝7〜8倍くらいだろうなぁ・・・。」と思い、馬券を買わなかったら1着に来て、単勝21.2倍。
4番人気で21.2倍って、ど〜ゆうこっちゃ?
儲けそこねたぁぁぁああああああああああああ!
・・・というわけで、相当な精神的ショックが残っていたのと、
リオ五輪の女子5000m予選で転倒した2人の選手が励まし合いながらゴールした感動シーンが記憶に残っていたのと、更に、それに太宰治の『走れメロス』が混じってしまい、
そのような怪しげな夢を見たように憶測されます。

あきらめるな くせになるぞ












←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:09|Permalink

2016年09月23日

祭りばやしが聞こえる!

以前、歯科クリニックの窓の外から「ピピッ♪ピピッ♪ピピッ♪」という笛の音が聞こえてきたので、「すわっ!御神輿が来た!」と思い、笛の音の方向に行ってみたら、工事現場にバックから入っていくトラックと、それを誘導するために笛を吹いている係員の人が見えた。
大きな勘違いであった。
昨日、同じように窓の外から、太鼓を叩く音(太鼓の縁を叩くような硬い音)がしたので、外に出てみたら、近所の爺が、ゴミに出すために、金槌で木の小箱を叩いてバラしているのが見えた。
これも、大きな勘違いであった。
都会では、そう簡単には祭囃子は聞くことができない・・・のであった。

祭囃子と言えば、私が大学生の頃、
ショーケン(萩原健一)主演の『祭ばやしが聞こえる』というドラマが日本テレビ系で放送されていました。
ドラマは、競輪レースでの事故により負傷した競輪選手の主人公が、先輩選手の実家の旅館で世話になりながら復帰を目指すというストーリーです。
怪我をして復帰に向けてリハビリをする若い選手をショーケン、面倒をみる先輩選手を山崎努さん、主人公と仲良くなる先輩の妹をいしだあゆみさん、という配役でした。

まつりばやし5

まつりばやしがきこえる2
































このドラマのEDが素晴らしくて、同じくショーケン主演の「傷だらけの天使」のOPに匹敵するものと、私は思っています。

まつりばやしがきこえる3











この当時、ショーケン主演のテレビドラマ『風の中のあいつ』『傷だらけの天使』『前略おふくろ様』『祭ばやしが聞こえる』は、本当にすばらしかったです。

←クリック、お願いします。


itagakishika at 05:34|Permalink

2016年09月22日

ゴールドインレー、最高・最強!

インレー (inlay) ・・・歯科医療で、虫歯が小さい場合に窩洞(虫歯を削った後の穴)にはめ込む詰め物。

インレーに使う材料は、いろいろあるのですが、最も長もちするのがゴールドインレーです。
私は、長年の経験から、ゴールドは20Kを使用しています。
ゴールドは、「化学的安定度が高いので、変質・変色が無い!」のと「展性・延性に優れているため、辺縁封鎖性(歯とつめものの隙間の閉鎖)が優秀!」ということで、2次う蝕(詰め物の周囲や内部が虫歯になること)になりにくいのです。
昔は、東京の良家に生まれた子供は小学生・中学生・高校生くらいの頃に虫歯になると、ゴールドインレーを詰めたものなのです。 その子供達が現在50歳代60歳代になって、私の歯科クリニックに来るのですが、何十年も前に入れたゴールドインレーが2次う蝕にもならず、綺麗なままの状態で詰まっているのです。 長もちする証拠です。

保険で使用する銀歯は黒変して必ず2次う蝕になります。そして何度もやり直しているうちに、ドンドン深くなり、やがて歯髄をとることになります。結局、歯の寿命を縮めます。
最近、使用されているセラミックスインレーは、見た目は白くて綺麗ですが、基本的には陶器と同じ化学組成・材質ですので、割れることが多いです。 このセラミックスインレーを入れるためには、材質の強度不足を補うため、インレーを厚めに作れるように、窩洞を深く削ります。 セラミックスインレーを入れるために、虫歯でもない部分を深く削ること自体が「本末転倒」なのですが、悲惨なのは、割れた場合、破折して歯の窩洞内に残っているセラミックスインレーを除去するために、破折インレーの周囲や内部を更に削ることになります。 こうなると、歯を治しているのか壊しているのか・・・わからないですね。
その点、ゴールドインレーは窩洞も浅く、最低量の削除量ででき、破折もしないので長もちするのです。
見た目も、詰めるだけですから、ほとんど目立ちませんし、金属アレルギーの可能性も極めて低いです。
そういうわけで、ゴールドインレーは「最高・最強の詰め物!」と言えるわけですね。

実は、とても美しいゴールドインレー!
きんいんれー4


←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:29|Permalink

2016年09月21日

審美歯科!

オールセラミックスクラウンという、「悪い歯並び」や「色の悪い前歯」などを短期間で簡単に綺麗にする方法があります。
矯正という方法もありますが、矯正には期間がかかり、また、何かと問題もあります。
矯正は、それこそ、強制=力を加えて、バランスの取れている顎顔面領域(首から上)の状態を変える方法だからです。
咬合状態だけではなく、顎顔面筋の緊張弛緩状態、顎関節の位置まで変化させるわけですから、問題が起こる事も多いのです。
生体が「元のバランスの取れた状態」に戻ろうとして「後戻り」も起きます。
その点、オールセラミックスは奥歯の咬み合わせを変えずに、前歯だけを綺麗に被せて治すわけですから、顎顔面領域への侵襲は極めて少ないと言えるわけです。
もちろん、「後戻り」などは起きません。
私の歯科クリニックでは、審美・オールセラミックスのケースでは、一回の治療時間を長くとって、短期間で治しています。

おーるせらみっくす

←クリック、お願いします。

itagakishika at 06:17|Permalink
Profile