2017年04月

2017年04月30日

アドルフ・ヒトラーの命日!

今日、4月30日はアドルフ・ヒトラーの命日です。

1945年4月30日、戦局が悪化し、ベルリンの陥落が間近に迫り、ヒトラーはベルリンの総統地下壕で自殺しました。
自殺の手段は、銃と劇薬・シアン化物を複合的に用いたものとされています。

ひとらーえヴぁぶらうん









ヒトラーの長年の愛人エヴァ・ブラウンは、周囲の再三の反対を押し切り、総統地下壕に行き、ヒトラーと最後を共にすることを選びます。
エヴァは、
「奇跡が起こらなければ、死が最後の逃げ道になるでしょう。その時には法的な妻としてあの方と一緒に死ぬことを、私は心から望んでいます。」
と発言したといわれてます。
やがて、ソビエト軍がベルリンに侵攻。
ヒトラーとエヴァは4月29日未明に総統官邸地下壕内で簡素な結婚式を挙げます。
この結婚式では、ヨーゼフ・ゲッベルスとマルティン・ボルマンが立会人をつとめました。
エヴァはこの時、青色のシルクドレスを着ていたようです。
エヴァ・ブラウンは結婚証明書の署名欄に「Eva B……」と書きかけましたが、すぐに気がついて「B」に線を引いて消し、「Eva Hitler」と書き直した・・・とされています。
それまで、ヒトラーはエヴァを「フロイライン・ブラウン(ブラウン嬢)」と呼んでいましたが、結婚式の後、地下壕の人々がエヴァに向かって「フロイライン」と呼びかけたところ、エヴァは誇らしげに「もう、フラウ・ヒトラー(ヒトラー夫人)と呼んでくれていいのよ。」と言ったといわれています。

翌30日午後3時30分頃、エヴァは青酸カリのカプセルを嚥下して服毒自殺、ヒトラーは青酸カリのカプセルを噛んだ直後、顎の下から拳銃で頭を撃ち抜いて死んだと推察されています。
2人の遺体は総統官邸の庭園で、ガソリンをかけた上で焼却されました。

ヒトラーが善人か悪人と言えば、結果から見れば、極悪人です。
しかし、エヴァ・ブラウンの最後は、切なすぎて胸が苦しくなります。


人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 05:34|Permalink

2017年04月29日

朝鮮半島情勢・真の目的!

依然として、朝鮮半島は緊張状態が続いています。

今回の、アメリカの「対北朝鮮の軍事行動」は、かなり前から綿密に計画されたものですね。
少なくとも半年以上前から予定されていたものです。
トランプ大統領の就任以前から、アメリカ国防総省が計画していたと思われます。
そして、オバマ退任後に、直ぐに行動を開始したのです。

かーるびんそん






今回のアメリカの戦略・戦術は、
「アメリカVS北朝鮮」という単純な図式ではなくて、中国、ロシア、韓国も巻き込まれています。
もちろん、日本も例外ではありません。
日本は経済、外交、軍事・安全保障など全てにおいて、アメリカとは重要な関係にあるので、水面下では積極的に活動しています。

アメリカが圧力をかけている相手は北朝鮮のように見せかけていますが、実は中国です。
その証拠が、米中首脳会談中にアメリカはシリアのアサド政権の基地に巡航ミサイル攻撃しました。
「アメリカはロシアにも遠慮はしない!」という強い意思を中国に示して、中国を脅したのです。
その後、アフガンでのMOAB投下も、「中国が北朝鮮への制裁に協力しなければ、中国との国境付近の北朝鮮にもMOABを使用するぞ!」という脅しです。
アメリカの中国への脅しは強烈で、習近平も恭順するしか方法がありません。

現在、北朝鮮国境にロシア軍が続々と集結していますが、これも、中国に対する脅しです。
北朝鮮にロシア軍が侵攻すれば、1番困るのは、実は中国なのです。
安倍総理がロシア・プーチン大統領と会いに行ったのも、その辺りを確認するためです。

そう考えていくと、
今回のアメリカ・日本の目的は、
表面的には、
「北朝鮮に核開発・ミサイル開発を放棄させること」ですが、
実は、
「中国の東シナ海、南シナ海への海洋進出を絶対に阻止すること」
が真の目的なのです。

日本も当事者なのです。


人気ブログランキング←クリック、お願いします!



itagakishika at 07:29|Permalink

2017年04月28日

求められるべき政治家の資質!

最近、自民党政治家の「不倫」「暴言」「失言」などを、マスコミが報道しています。
しかし、ここで冷静に考えて欲しいのは、
日本の政治家に求められるべきものは、「日本国の繁栄」と「日本人が日本人としてのプライドを維持できる」政策を実行できる能力です。
「不倫」「暴言」「失言」などはたいした問題ではないのです。
政治家に求めるべきものは「政治的能力」であって、「清廉潔白」ではありません。
優秀な政治家を、究極的に突き詰めると、
「優秀な政治家とは国益のために、多くの国民を犠牲にする決断のできる人物」
なのですから・・・。

ウィンストン・チャーチル
あんぐろ1













フランクリン・ルーズベルト
あんぐろ2












・・・・・・。

それよりも、大問題なのは民進党の連中です。
「不倫」「暴言」「失言」をする政治家でも、民進党の連中よりはマシです。
民進党の連中は仕事ができないだけでなく、日本国にとって重要な法案成立の妨害をする「クズども」です。
考えてみると、
民進党の構成議員は、次の4種類。
1.何らかの理由で自民党から出た連中
2.政治思想は自民党に近いが、選挙区の関係で、自民党から出馬できない連中
3.左翼系
4.帰化人系
です。
コレを見るとわかるように、バラバラの烏合の衆です。
大坂の陣の時に、大阪城に籠城した人達と同じです。
これでは話になりません。

蓮舫が民進党の代表になった時に、私は大喜びしました。
それは、私が蓮舫を認めているからではありません。
蓮舫が民進党代表になることにより、民進党崩壊が加速すると読んだからです。
予想通り、
蓮舫が代表になることによって、帰化人系・左翼系が力を持ち、民進党はガタガタになり、
民進党・都議会議員団は壊滅、長島昭久は離党、細野豪志、松原仁も執行部に対し公然と反旗を翻しています。
クズ政党である民進党崩壊はもう直ぐです。


人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 07:19|Permalink

2017年04月27日

神様は、ちょっとS!

ある時、ふと気づいたのですが・・・。

勇気をふりしぼって、積極的に前に進み続けていると、神様は『チャンス』と『幸福』を与えてくれます。
逆に、神様は、人間が弱気になった時には、とても冷たくて、更なる過酷な状況に落としてくれます。
これ、ホントです!
不思議なものです。
神様は、ちょっと、S?


かみさま1








また、神様は、
人間が「もう限界だ!」と思って諦めようとする点の一寸先に「ご褒美」を置いています。
だから、
どんなに苦しくても無理をして粘る人間は成功し、
「これ以上、無理をすると、寿命が縮む」と思って諦める人は挫折します。

「神は我々に試練を与えてくださる。」
と言いますが、まさに、その通りで、
苦しさの限界の先に、明るい道が拓けています。

先が見えない時ほど、
「今を大切にし、ベストを尽くしていれば、必ず道は拓ける!」
と盲目的に信じて前進することが肝要!

信じる者は救われる!


人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 07:20|Permalink

2017年04月26日

4月26日!

今日、4月26日はチェルノブイリ原発事故が起きた日。

ちえるの










チェルノブイリ原子力発電所事故・・・1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される。

当時、ソ連政府はパニックや機密漏洩を恐れこの事故を内外に公表しませんでしたが、しかし、翌4月27日にスウェーデンのフォルスマルク原子力発電所にてこの事故が原因の特定核種、高線量の放射性物質が検出され、近隣国からも同様の報告があったため、スウェーデン当局が調査を開始、この調査結果について事実確認を受けたソ連は4月28日にその内容を認め、事故が世界中に発覚しました。
当初、フォルスマルク原発の技術者は、原発所内からの漏洩も疑い、更には、核戦争が起こったとも考えたそうです。


人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 08:01|Permalink

2017年04月25日

朝鮮半島情勢!

北朝鮮が、名指しではありませんが、中国を非難しました。
コレは、中国による「金正恩亡命説得の失敗」「核開発・ミサイル開発放棄の説得の失敗」を意味します。
北朝鮮が最大の貿易相手国である中国を批判するのは異例です。
北朝鮮中央通信は、
「弱肉強食がはびこる今日の現実は、信じるものは自分の力だけであるということを改めて骨に刻ませている」
として、今後も核開発・ミサイル開発を続けることを強調しました。

コレを受けて、
米空母カール・ヴィンソンも北朝鮮近海へ移動。
いよいよ始まります。

かーるびんそん







そう言えば、
先日、帰りの地下鉄車内で、向かいの席に座った頭のメチャ悪そうな中年女が大声で次のような会話をしていました。

中年女A:「北朝鮮からミサイルが飛んでくるから、東京から韓国に避難している人が多いんだって! 韓国が1番安全らしいよ!」
中年女B:「北朝鮮も韓国も同じ朝鮮人だから仲がいいもんね。」

・・・・・・。

こいつら、北朝鮮と韓国の関係を何も分かっていないようでした。
「昔、朝鮮戦争があって現在は休戦中」ということさえも分からないみたいです。

話を聞いていて、気持ちが悪くなりました。
世の中には、「胸ヤケがするほど頭が悪い人間」っているんですね・・・!
ビックリです!


人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 06:15|Permalink

2017年04月24日

4月24日!

今日4月24日は、競馬の祭典・日本ダービーが、日本で初めて開催された日です。

1932年4月24日 ・・・ 目黒競馬場で第1回東京優駿大競走(現在の日本ダービー)開催。
競馬、競輪、競艇、・・・、「競」という字のつくものは、競歩以外は、凡そチャレンジしましたが、「ギャンブルは、結局勝てない。」という事に気づくのに、私は30年かかりました。
何という愚か者なのでしょうか?
まぁ、気づいただけよしとしましょう。一生気づかない人もいっぱいいますから・・・。(苦笑)

あかぎ かくりつ















それはさておき・・・、
第1回日本ダービーが開催された1932年(昭和7年)というのは、日本にとっては激動の年でした。

1月 第一次上海事変
2月 血盟団事件
3月 満州国建国
4月 海軍航空廠設置
5月 五・一五事件
などなど・・・。

1932年は、その後の支那事変(1937年)、太平洋戦争(1942年)という泥沼の戦争に日本がまきこまれていく序曲の年でした。
まさしく、「いくさに(1932)行くための年」だったと思います。


人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 06:58|Permalink

2017年04月23日

徳川家康!

徳川家康という人物は、一般的には『狸親父』と呼ばれ、狡猾で陰険なイメージを持たれているようですが、現実は少し違うようです。
むしろ当時の戦国大名の中では、極めてまともな感覚の持ち主だったような気もします。
徳川家康の偉いところは、忠義の心が強い人物を重用したことです。
それは、自分自身の家臣だけにとどまらず、敵対した相手の家臣・部下に対しても同様でした。

いえやす











甲斐・武田勝頼の勢力が衰退し、武田氏の一門や家臣団の多くが離反していく中で、最後まで武田勝頼に付き従い、天目山に追いつめられた時、勝頼が自害する時間を稼ぐために織田勢と戦って奮戦し討ち死にした土屋惣蔵昌恒という武将がいます(片手千人斬りの土屋惣蔵)。昌恒には長男・忠直という子供がいて、武田滅亡後は母に連れられて駿河国清見寺に隠れ住んでいましたが、それを聞いた徳川家康は忠直を召し出し、徳川秀忠の小姓(親衛隊&秘書)にしています。その後、土屋忠直は慶長7年(1602年)には上総久留里2万石を与えられ大名にまでなりました。

立花宗茂は、衰退する主家・大友氏を最後まで支え続け、九州征伐後、豊臣秀吉にその功を認められ筑後柳川13万2000石を与えられ、豊臣大名になります。
関ヶ原の戦いでは西軍に与したため改易・所領没収、浪人の身となりますが、慶長9年(1604年)、宗茂の実力&人格をよく知っていた将軍・徳川家康から幕府御書院番頭(将軍の親衛隊長)として5000石を給されることになります。そして、元和6年(1620年)、幕府から旧領の筑後柳川10万9200石を与えられ、関ヶ原に西軍として参戦し一度改易されてから旧領に復帰を果たした唯一の大名となりました。

関ヶ原の戦いで敵対した石田三成、大谷吉継に対しても、石田、大谷の豊臣家への忠義心を十分に認めており、かなり好意的でした。
石田三成の次男・重成(杉山源吾)が津軽藩に匿われていても「お咎め無し」でした。
江戸時代前期、大谷吉継の孫・重政(吉継の三男・泰重の息子)が福井藩士となっていること知った当時の江戸幕府老中・土井利勝が、「もし東照大権現様(徳川家康)が生きておられたら、大谷吉継の子孫が福井藩士として存続していることをお知りになれば、さぞかしお喜びになられたことであろう・・・」と話したという逸話が残っています。

徳川家康って、結構、いい奴なんですよね。


人気ブログランキング←クリック、お願いします!


itagakishika at 07:06|Permalink

2017年04月22日

頼れるドクター!

「頼れるドクター」という本があります。
この本の表紙は、毎回、白衣を着て立っている男性と、椅子に座った女性と子供数人が映っている写真です。
で、私は、「コレはドクターの家族写真」だと思っていたのです。
写真の女性はドクターの奥さんだと思っていたわけです。
そして、いつも、美人ばかりなので、ビックリしていたのです。
「爺でも金を持っていると若い美人と結婚できるのかぁ〜!」と、ず〜っと思っていたのでした。

たよれる1

たよれる2

たよれる3






































ところが、知人に聞いたところ、
表紙は、
「白衣の男性はその医院の本物の医師」で「女性と子供は、その医院をかかりつけにしている患者の母子」という設定らしいです。
それで、納得できました。
女性の脚の細さや長さから、どう見てもプロのモデルです。
素人臭がまるでしないのです。
更に、子供達は、父親にも母親にも似ていません。
子供達も、子供モデル・・・ということのようです。

ビックリ仰天しましたが、
要するに、私が一人で勝手に勘違いしていただけなんですけどね・・・。(苦笑)


人気ブログランキング←クリック、お願いします!

itagakishika at 07:43|Permalink

2017年04月21日

そんなうまい話が・・・!

先週の土曜日のことですが・・・。

診療を、いつもよりも早めに終わろうとすると、
土日バイトに来るナベちゃんが次のように言いました。

これからホームレスのようなお爺さんが飛び込みで来て、
「保険証もお金も持っていないけど歯が痛い!」
と言うので、
先生が治療してあげると、とても感謝して帰って行き、
その数時間後に、アタッシュケースを持った男性が現れ、
「先ほどは、会長が大変お世話になりました。会長は子供の頃、誘拐されたことがあり、それ以来、外出は汚い服装でするようにしているのです。コレは、少ないですが、会長からの御礼です。」
と言って、ケースから札束を取り出して、〇千万をくれるかもしれませんよ〜!

あたっしゅけーす










・・・・・・。

確かに、可能性は0ではない!


人気ブログランキング←クリック、お願いします!


itagakishika at 06:14|Permalink
Profile