2020年03月16日

明日の心配は無用!今日一日、全力を尽くすべし!

新型コロナウイルスの問題で、日本国中が閉塞感で覆われています。
大不況も覚悟しなければならない状況になってきました。
こういう時こそ、日本人であることに誇りをもって、毎日、がんばり続けることが重要です。

私が危機に陥った時、最も参考にし、何度も勇気づけられたのは・・・、

天正12年(1584年)、羽柴秀吉と織田信雄・徳川家康連合軍が小牧長久手の地で対峙しました。それに呼応し、織田信雄・徳川連合軍に味方した越中の佐々成政は、豊臣秀吉方の前田利家の末森城を攻撃します。

居城(末森城)が敵(佐々成政)の大軍に包囲され、善戦むなしく城兵は次々に戦死し、万策尽きたと考えた城主・奥村永福が,
「もうだめだ!切腹じゃ!」、と諦めた時、
奥村の妻が,
「昔、楠木という大将は日本国を敵にして城に籠ったと聞く。明日は金沢(前田利家)から後詰め(援軍)があるはずなので、ただ一夜、敵の攻撃を防ぎましょう!」
と言って、城内を激励して回りました。
コレを聞いて、夫・奥村永福は、気を取り直して切腹をやめて、諦めずに戦い続け、その結果、金沢から前田利家の援軍が来て、落城を免れました。

今日一日、今日一日だけがんばれば、必ず、道は拓けます!
皆さん、焦らず!諦めず!明るい未来を信じましょう!

なにごとにもだんねんしない

・・・・・・。

本を読め!
人と会え!
街を歩け!

それでは、今日もよい一日を!

twitterも見てね〜!

https://twitter.com/itagakishika



人気ブログランキング  ←←←←←クリック、お願いします!

itagakishika at 09:51│
Profile

板垣 正弘

Archives