家具

July 16, 2016

コリンキー収穫、ハクビシン対策(家庭菜園プロジェクト第362話)

今日から世間は夏休み突入だったり、海の日3連休だったりしますが、私は相変わらず仕事。

忙しモードがなかなか終わってくれません(涙)

しかし、今のことろ休日出勤は残業無しですんでいるので日没前に帰ってこれるのでたまった畑仕事を大慌てでやりました。

0716ki


ご近所猫の黄スケと黒スケも、両方、最近変なカットになってます。

皮膚病の治療のためみたい。


畑は、近所界隈でハクビシン被害がでております。

0716haku


とうもろこしに対策しておきました。

0716moro


里芋、枝豆、バジル順調

0716sato

0716mame

0716baji


空芯菜は消えたり、育ったったり。

0716kuu

コリンキーは1つめを収穫。

次の1つも育ってきています。

0716kori

パプリカも順調。
(木を育てるためにある程度の大きさになったら緑のうちに収穫しています)

0716pap

コリンキーの横に植えておいたジガイモ収穫。

捨てようとおもっていたのを埋めといただけなので、極少収穫ですが、よしとしましょう。

0716midori

万願寺は好調。


草むしりと、邪魔なまわりの木の剪定を軽くやって日没。


しかし、畑にいると蚊にさされまくる梅雨、はやくあけてくれないかなー


雨が減って、気温が上がって蚊を殲滅してもらいたいもんです、夏さん、頼みますよ!





itagakism at 19:56|Permalink

December 31, 2011

SINGERミシン

2011年最終日の投稿です。


最近朝ドラの影響で、ミシンの売れ行きが好調なんだとか。


そんなドラマでもお馴染みのSINGERミシン、おばあちゃんちにもあったんですよ。

僕が子供の頃の、体操服を入れる巾着袋とか、縦笛の袋とか、たいがいのものはこのミシンで縫ってくれていたそうです。

専用の机にセットして、ベルトで足元の踏み板のローラーとつながっていて、足でそれをキーコキーコ踏むとカタカタってミシンの針が上下する仕組み。

singer


このミシン、おばあちゃんちを片付けた時に捨てちゃった^^;;


その時、これはかっこいいなーと思って、写真だけは撮っておいたんだけど、捨てないでとっておけばよかったなー。


という後悔のお話。


車もそうだけど、古いものって、ほんとうにデザインが粋だよね。


2012年、古いものを大事にしながら、新しいことに挑戦していきたいと思います。

では良いお年を!


itagakism at 21:15|PermalinkTrackBack(0)

November 22, 2011

畳 ~TATAMI~

ここのところ庭(畑)ネタが続いて何がメインかわからなくなっていますが、今回は話題を屋内に戻します(笑)

そうなんですよ、畳っていいよねーって話。

tatami3

現代の家では廊下の消滅に伴って独立した和室というのをめったに見なくなりました。
襖などで洋室と連結しているパターンがほとんどでしょう。
場合によっては仕切りもなく、リビングの一角に開放的に“畳スペース”と形を変えて存在していたり。

私の実家の和室も洋室と連結しております。

そんな和室ですが、
多くの方の訪問がある昨年亡くなった祖母の一年祭(神式)を前に、畳のメンテをすることとなりました。

tatami1


畳は、夏は吸湿(つまり部屋は除湿される)に優れ、冬は保温・保湿効果があるので本当に日本人って凄い!
そして畳表を張替えながら長年使えるのも凄い!ですよね。

そんなメンテですが、うちでは幸いすぐご近所に畳職人さんがいまして、いつもそこでやってもらっています。
(子供の頃、その作業場で作業風景を見て、これぞ職人!っていうオーラに感動したのを覚えています)

黄色く色あせた畳は、まるごと外して作業場へと運ばれます。

tatami2

そして、作業場で畳縁が外され、畳表を剥がして、新しいそれらへ張替えが行われます。
畳床(板状の芯材)はそのまま使います。

子供の頃、クギみたいなすげー針で畳縁を縫っているところを見て、
うぉー畳作りってかっけーぜ!って思ったんだよなー。いやーなつかしい!

そして綺麗になって帰ってきました!

tatami4

あの畳のにおいも復活です。

やっぱ和室ってきもちいいな~

itagakism at 19:45|PermalinkTrackBack(0)

September 14, 2011

カーデザイナーのデザインする椅子

車好きの方は、オシャレ系の車雑誌で時々特集されていたりするのでお馴染み?かもしれませんが、

カーデザイナーがデザインする椅子って、なかなか素敵です。



例えば、プリティ・ウーマンで有名なロータス・エスプリのデザイナーのジウジアーロ氏のところで椅子を作るとこうなります。

250px-Lotus_Esprit

okamuraのContessa
このメカメカしさがたまりませんね。

okamura2
http://www.okamura.co.jp/product/seating/contessa/sp/index.html



続いて、F40のデザイナー、ピニンファリーナ氏の場合、こうなります。

260px-Ferrari_F40

Xten
X-ten

http://www.idc-brandshop.jp/yodoyabashi/topics/topics080403.html




そして元ピニンファリーナ氏のオフィスでエンツォやクアトロポルテをデザインしてきた
奥山清行氏のプロデュースしたものがこちら。

200px-Ferrari_Enzo_Ferrari

Xair
X-air
http://www.inaba-ss.co.jp/office/products/xair/index.html

実売価格はこんな感じ。
http://item.rakuten.co.jp/economy/c/0000003740/

オフィスでこれを使えたら・・・って夢ですよね~



あとカーデザイナーが造る椅子っていうより、スーパーカー一族の造る椅子ってことになっちゃいますが、
トニーノ ランボルギーニがプロデュースしているソファ

200px-Lamborghini_Badge

Lamborghini

http://item.rakuten.co.jp/euro-casa/1655-004/

文句なし!かっこいいよね~



ってな感じで、車と椅子、面白い関係ですね。

itagakism at 20:38|PermalinkTrackBack(0)

September 01, 2011

LAURA ASHLEY(ローラアシュレイ)の生地でパネル作り

先日、県内のインテリコーディネーター資格者を対象としたスキルアップセミナー&パーティがあり参加してきました。

こういう催しに参加するのは初めて。


昨年、資格をとってから、県内の有資格者や企業さんがそういう会をもっていて、情報交換やセミナーを開催していて、その会員募集しているってことは知ってはいたのですが、なかなかインテリアを本職としていない私としては参加しにくいものがあり^^;

今回もその会が主催されていたのですが、非会員でも、資格所有者であれば参加可となっていたので、参加させてもらったという流れです。

皆さん、やはりプロの方々ばかりで、男性会員の方はやっぱり一級建築士さんなんですね~。
建築士さんがインテリアコーディネートもできる、無敵ですね。
おそらく、趣味でこの資格をとったなんていうのは僕くらいのもんでしょう^^;


それで、今回のセミナーはローラアシュレイジャパンの太田真弓先生によるコーディネート術。


個人的に、花柄のファブリックが苦手なので、花柄を超得意とされているであろうローラアシュレイの先生方はどういったコーディネートをするのか興味津々で、それを聞きたかったってのが今回の一番の目的だったんですが、色々な話を聞けて面白かったです。

そして思いました、やっぱり僕は花柄は苦手だなと(笑)
個人的な趣味で拒絶反応がでてしまっているようではコーディネーター失格ですが^^;

hana

それでですね、その後に、ローラアシュレイの生地をもらってパネル作り体験がありました。
いやいや、これがなかなか目から鱗でした。
そうか、この手があったか!と。

ファブリックパネルといえば、木製パネルに鋲で張るものかと思い込んでいたのですが、凄く簡単軽量な方法を教わりました。
僕だけでなく、参加されていた他の方も、なるほど!と皆さんびっくり&感心してたようです。

その方法は一般的なことではなくて、このセミナーのために考案されてものということなんでここでは伏せておきます。

知りたい方はメールでも下さい、こっそり教えますから(笑)


そしてこちらが僕が作ったファブリックパネル。

fp


海外の市場とかに行くと生地がどさっと置かれていたりして、気に入ったものがあるとついつい「お、これで釣竿を入れておく袋を作ったらカッコいいな」とか思って購入してきちゃうのですが、
結局はそんなもの作らず、部屋の掃除をする時にTVやオーディオとかにバサーっとかけるのに使っているだけ^^;
それも数枚で足りてしまうんで、結構眠っちゃっています。

今回、簡単なファブリックパネルの作り方を覚えたので、そんな生地をひっぱりだしてきてインテリアに活用しよう!と思ったのでした。


それにしても、
今年は自転車ラック、サーフボードラックくらいしか作っていないのでもうちょっと洒落たものを作りたい今日この頃ですが、引越ししてから生活がまだ落ち着いてなくて荷物もほとんどダンボールに入ったまま。

作りたいものの案はあれこれあるのですが、いったいいつになったら始められることやら^^;



itagakism at 23:05|PermalinkTrackBack(0)

April 15, 2011

古い家具

建物のリフォームの話に平行して、ちょっと考えているのが
古いオーダーメイド家具のリペア。

主に桐の箪笥と寄木箪笥。

kumikidansu2

曽祖母が家具好きで、それを祖母、そして両親が引き継いできているもの。

寄木箪笥は本当は三部作になる予定だったらしいのですが、ここにあるのは2つ。

元々、曽祖母が茶箪笥・洋服箪笥・和箪笥の3っつをオーダーしていたらしいのですが、
茶箪笥・洋服箪笥が納品され、最後の和箪笥に取り組まれている時に
高齢だった寄木職人さんが亡くなられ、後継者がいなく最後の和箪笥が仕上がることはなかったそうで。

何十年も経った今なお素敵な家具なので、本当に後継者がいないのが残念。

それで、和箪笥だけ桐なんですね。

kiridansu1

これらを両親が一度メンテに出して再生しているのですが、それからまた長い年月がたって何れもかなりの傷みよう。
やや遅すぎる感じもしますが、このメンテについても考えていきたいなぁと思っています。

kumikidansu1

現在これらは今僕があれこれ考えている空き家に置かれているわけですが、
茶箪笥は両親が自分ち家を建てたときに、これが造りつけ家具の隣にピッタリ収まるように部屋を設計してあるので、そのうちそこに収まることになるのが確定しています。
で、洋服箪笥の方は行き先が決まっていないので、実はそれをちょっと狙ってたりします(笑)

ま、どこに置かれるとしても、大切にしていきたいと思う今日この頃なのでした。


追伸

古い時計なんかも復活させたいぞ!と。
新と古のどちらも好きなので融合させるか、住み分けるか、今後の悩みは尽きそうにないなぁ。

tokei



itagakism at 19:14|PermalinkTrackBack(0)