2017年08月

ゆうごうの料理

ゆうごうってご存知ですか?
夕顔がなまってゆうごうとなったらしいです

新潟県のローカル野菜で
巾着なすやかぐらなんばんと同じく長岡野菜にも指定されている野菜です
細く切って干してかんぴょうの原材料として知られていますね。

7月~8月に採れる夏野菜です。これを食べると夏だなーって気分になります
それ自体には味はなくつるっとした食感や食べた時の爽やかさが特徴です


社員の樺沢さんから自宅で採れたゆうごうのお裾分けをいただきました
ごちそうさまです
同じゆうごうでもいくつか品種があるらしく、いただいたゆうごうは
細くてながーいやつです。丸いやつや瓢箪みたいなやつもあります

BlogPaint



ということで、さっそく料理してもらいました

まずはやっぱりクジラ汁
田舎料理で夏になると食べたくなります

_20170826_115339


つづいての料理はゆうごうの餡かけ
熱々で食べても冷えてもおいしいです

_20170826_115423


とってもおいしくいただきました。
他にも油炒めや味噌汁もおすすめです

旬の食材を通じて季節を感じるって贅沢でありがたいことだと思います



他にもえだまめやずいきなど夏は長岡野菜がたくさん収穫されます
みなさんの家の食卓でも召し上がってくださいね




八色すいか


暑い日が続いていますね
今日の長岡市も35度を記録したようです
まさにうだるような暑さです

でも夏だから暑いのは当たり前、
暑さを楽しんで夏をのりきりたいですね


今日は浦佐が実家の社員青木君が八色すいかを差し入れしてくれました
大玉1個と小玉すいかが2個、みごとな出来です

DSC_2343


3時になって本日のクリアー車検も一段落したところで休憩タイムです
朝から冷やしたすいかを真っ二つに割りましたパッカーン!

身がギュッと詰まって、みずみずしくて美味しそうです

DSC_2344


ここで豆知識のご紹介です
新潟県のすいか生産量は全国で何位でしょうか?

正解は5位です。なかなか上位ですよね。

それでは新潟県のすいか消費量は何位でしょうか?

正解はなんと全国1位!!

そういえば子供の頃から夏といえばよくすいかを食べていました
なんとなくそんな思い出がありますね




適度なサイズに切り分けて「いただきまーす!」

DSC_2345


暑い日に食べるすいかはまた一段と美味しいです
大人数で食べるのもいいですよね

DSC_2346


DSC_2347

いやーいっぱい食べました。充分な水分補給です。
これで熱中症の予防も完璧です


新潟県ですいかといえばやっぱり「八色すいか」
甘くてみずみずみずしくて本当に美味しかったです。

ごちそうさまでした。










長岡まつり 前夜祭と柿川灯籠流し


8月1日から3日は長岡まつりです
今年も大盛り上がりのなか、長岡まつりがおこなわれました
長岡まつりといえば花火大会ですね

DSC_2284


当社があげているベスビアス超大型スターマイン「金燦銀燦」です
うまく撮れませんでした。毎年8月3日にあがります。

DSC_2298



こちらは三尺玉。みごとに打ち上がりました。

DSC_2331



こちらはフェニックス花火、桟敷席からはカメラに収まりません
何度観ても心に響く花火ですね

DSC_2274



長岡まつりは花火大会が有名ですが、1日に行われる前夜祭も
すごく盛り上がります。今年は久しぶりに前夜祭に行ってきたので
その様子を紹介します


当日は仕事を終えてすぐに帰宅、準備をして出かけると
大手通り周辺は通行止めになってざわついています


スズラン通りとの交差点には多くの人だかりがあります
のぞいてみるとキッズ達のバトントワリングをやっていました

BlogPaint


ハーレーダビットソンのパレードも出発を待っています
サイドカーに乗ってよろこんでいる子どももいます

DSC_2246


消防音楽隊のパレードです
きれいな姿勢で隊列をみださずかっこいいですね

DSC_2248


18時から色々な催しが行なわれていて大手通りはすごい人です
まだまだ盛り上がりそうです



そんな中、大手通りの会場を移動し柿川へ
今回の前夜祭一番の目的は柿川灯籠流しです


まずは受付へいって灯籠を購入します
メッセージを書いて灯籠を組み立てます。そして完成。

DSC_2241


セレモニーが終わり19:30から灯籠を流します
最初に大きなシンボル灯篭が流され、その後小さな灯籠をそれぞれの人が
それぞれの思いを込めて流します。

DSC_2254




DSC_2255


多くの灯籠が流され会場は幻想的な雰囲気に包まれます

DSC_2257


昭和20年の8月1日に空襲をうけて焼け野原となった長岡
そこで1480名の尊い命が奪われました

慰霊の思いと、今の平和に改めて感謝する大切な時間となりました




大手通りに戻るとそこでは大民謡流しが行なわれています
52団体5400人の参加!飛び入りもOKです

長岡人ならみんなが知ってる長岡甚句、自然と体が動きますね

DSC_2260


私はここで退散しましたが、民謡流しの後は勇壮な神輿渡御がおこなわれます
26団体3000人の担ぎ手が集まる県内最大の神輿です

ここで盛り上がりはクライマックスを迎え前夜祭はフィナーレとなります



長岡まつりの静と動

動の民謡流しや神輿渡御

静の柿川灯籠流し


どちらも長岡まつりの主役だと思います
長岡まつりは花火大会が有名ですがその起源は戦災復興祭です


長岡まつりはそのことを思い出し、そして楽しくすごすのがいいですね。
今年も長岡まつりはあっと言う間に終わってしまいました。

来年の長岡まつりを楽しみにまた1年待ちたいと思います





第7回高校生長岡ラーメン選手権


先週7月23日、アオーレ長岡にて高校生長岡ラーメン選手権が開催されました



DSC_2239


今年は長岡市内外から9校13チームが参加
工夫をこらしたそれぞれのラーメンで競い合いました

昨年に引き続き私も設営部隊としてお手伝いに参加してきました。

まずは朝8時にアオーレ集合で朝礼の後は会場の準備です

DSC_2099

テントの中にテーブルを並べたり、パイロンを立てて列さばきの準備をしたり
あらかじめ振り分けられた仕事をテキパキとこなしていきます



私が担当したチームは「長岡農業高校 夏麺’S」  昨年からの連続出場です
昨年は優秀接客賞、でも最優秀賞がほしいということで再結成しての出場だそうです

昨年私が担当したのも長岡農業高校のチームで
まさかの2年連続の農高担当で「連続優勝の予感」です



会場準備が整ったところでラーメンの試作、その名も「夏麺」
大きなチャーシューと越のむらさき特上醤油を使った一杯です
見た目もいいし「これはいけるかも!予感が膨らみます」

DSC_2098


13チームのラーメンはこちらです
冷やしラーメンや汁なしラーメン、担々麺など変わり種のラーメンも多く
高校生達のアイデアや努力の結晶がたくさん詰まって想像力が膨らみます

DSC_2100


ソトドマの共通チケット販売所に行列ができはじめた頃です
オープニングイベントが10:30から始まりそれと同時に共通チケット販売開始です


ラーメンを待ってお腹を空かせたお客様が各高校のブースに散っていきます
我が夏麺’Sのブースにもお客様が来はじめました


私は列の最後尾に立ち、チケットを引き換え列の並びを指示します
それが私に与えられた役割です。チームの高校生の為にがんばります!

ラーメン販売開始の11時にはなかなかの行列で1番人気の気配です
なんと12時には300枚のラーメン引換券が完売してしまいました
そしてご覧の通りの大行列です、最後の待ち時間は1時間を超えそうです

DSC_2101


行列をさばきながら本部へ引換券の完売を報告、みごと最初の完売となりました
後はラーメンを作ってお客様に提供するだけです。

そしてついに300杯のラーメンを完売しました
評判も上々、なかなかの手ごたえです


時間は15時となり全13チームすべてがみごと完売!!おめでとう!
昨年は完売できなかったチームもあったので本当にうれしいことですね


いよいよ審査の集計が終わり各賞の発表です
我が「長岡農業高校 夏麺’S」は・・・・


みごと・・・最優秀賞!!!おまけに優秀接客賞とダブル受賞!!!
高校生達の目に涙が・・・美しいですね

そして私は一人2連覇をこっそり喜んでいます


トロフィーを囲み勝利を祝っての円陣!喜び爆発です

DSC_2107


そしてこのラーメンは「だるまやグループ」のラーメン屋で商品化されるそうです
今回食べれなかった人はそちらで食べてみてください。おいしいですよ



ミュージシャンのひなたも参加して記念写真

DSC_2104

DSC_2106


高校生のさわやかな戦いで、すがすがしい気持ちになれました

ありがとうございました






ギャラリー
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました
  • ドラゴンドラに行ってきました