リサイクルアート 《2017年度 裂き織りぞうり》

 
素敵な裂き織りぞうりを編んでみませんか?



CIMG2907    CIMG8306    CIMG3556 
不要になった布を無駄にせず、エコで快適な、健康にもよいぞうりを作りましょう。            
   
       ★日程予定
 

   今年度は全10回の開催を予定しています。

     開催月(5.6.7.9.10.11.12.1.2.3)

時  間:10:00~14:00 (土曜日は10:15~14:00)


場  所 : 板橋区立リサイクルプラザ3階多目的室

対  象 : 板橋区在住・在勤・在学の方

定  員 : 10名

費  用 : 300円

持 ち 物 : 木綿又は綿混紡の布(薄い布は幅8㎝程度・厚い布は幅5㎝
       程度、いずれも長さ1~1.5mのものを20枚)
      針金ハンガー、※昼食持参

申込方法 : 直接当館受付、電話、FAX、ホームページから

            詳しくは「広報いたばし」をご覧ください。

《布の用意について》

○ぞうりを編む布

布は8cm幅を目安に、たてに裂くのが望ましいでしょう。

    →たとえば幅が43cmの浴衣地などは6等分して7cmくらいでOKです。

長さも1.5mを目安に裁断します。

    →2mのシーツを1.5mに裁断しなくてもOKです。そのまま使いましょう。

布の厚さや、やわらかさなど編んでみると違いが判ります。

幅や長さは素材で工夫してみると良いでしょう。

初めての方は、シーツや浴衣地などの綿をお勧めします。

裂いた布はそのまま使いますが、端(裂いた部分)の始末をするとよりきれいに仕上がります。

 
CIMG8197幅8cm×長さ150cmに裂いた状態です。    
                     丸めておくと編みやすいでしょう。
CIMG8198(布の始末1)布の端を中心に向かって折ります

CIMG8199(布の始末2)さらに二つ折りにします。

CIMG8200CIMG8201

     裂いたままで編んだ状態。             始末をして編んだ状態。
              
○鼻緒を作る布

当館の講座では三つ編みの鼻緒です。

鼻緒は共布でも、色を変えたり、素材を変えてもきれいに仕上がります。

布のサイズは幅8cm×長さ1m×3本。

やはり布の始末をしたほうがきれいに仕上がります。










「荒川で見られる蝶の観察会」

  「荒川で見られる蝶の観察会」


  リサイクルプラザ周辺の荒川堤防をウォーキングしながら荒川に生息する蝶を観察します。昼食をはさみ午後は観察した蝶の特徴、荒川の自然環境とのかかわりについて講義を行ないます。
    

           日時:平成29年10月14日(土) 10時15分~13時30分
         場所:板橋区立リサイクルプラザ
         対象:板橋区在住・在勤・在学(小学3年生以下は保護者同伴)
         定員:20名
         申込方法:電話・FAX・WEB・当館直接
         申込期間:9/23(土)~定員になり次第終了

         協力:板橋区の蝶を調査する会

しじみせせり あおすじあげは

フリマ&おもちゃ交換会

  
  フリマ&おもちゃ交換会開催!
                     
  とき:2017年9月24日(日)

  じかん:10:00~13:00

 ところ:板橋区立リサイクルプラザ

      3階 多目的室

                

   家族みんなで参加してね!

   お待ちしています。


 

  



                          

記事検索
カテゴリ別アーカイブ