先日の会議の七つの習慣勉強会にて「影響の輪」を行いました。

七つの習慣の中で個人的に一番だと思うテーマで、会社のクレドにもなっているものです。
ビッグチョイスにも、エステのラフルールのクレドどちらにも入っています。

私のブログにも何度もブ出てきています。

影響の輪=自分の影響が及ぶ輪=自分が変化(行動)することで変化起こせることです。
その反対が関心の輪です。
自分の影響が及ばないことで、関心があることです。
今自分で成果が出ていない、周りの人に恵まれていない、人生に不満がある、という人のほとんどは実はこの関心の輪に意識がいっている人が多いです。

サラリーマンのお酒の席。
「あの部長が嫌だ、このプロジェクトに関わったのが失敗だった、部署異動したい!!、家族が、、
嫁さんが・・金持ちに生まれたかった・・政治が悪い・・天気が・・」でネチネチと盛り上がります。笑
でもその中に自分の行動がないのです。これが関心の輪です。自分の影響が及ばないところを思い続け、エネルギーを消費して、慰め合い・・これで明日から給与あがったらラッキーですよね。笑

基本的に他人も過去も変えられません。よく他人を変えれると思っている人がいますが、ここも実は関心の輪です。自分が変わることしか周りが変わらないという原則を知ると自分の行動はかわってきますね。これ家族とか部下とか近くなるほど、変えれると思いがちですねよ。でも大きな間違いです。変わるのは「自分の意思と行動」以外ありません。自分が変わったり、環境を整えたり、いろんな体験をさせたりで、自分が行動を起こすということで他人も変わるかもしれないということです。
そしたら未来も変わる。

一番単純ことでいうと「挨拶をされたかったら、まずは自分から挨拶する」これが影響の輪です。
すべての現象の中心に自分を置くということです。
そして影響の輪は大きくもできます。
「会社を変えたい!!」であれば、まずは自分が圧倒的な成果を残して、信頼できる人物になって、
役職あげて、自分の声が会社幹部を動かす影響を持つ。こともできますね。

あるりんご農家の話があります。(30年以上前の話)
大型台風でりんごがほぼ樹から落ちて、売上にならず倒産寸前までいきました。
そこでなんで台風なんか・・と思って落胆してても仕方ないですね。
落ちたりんごをジュースや加工品にできないか??それもやったけど売上にはあまりならない。
でここの農家は落ちてない10%のりんごに注目して「落ちないりんご」と商品化して受験生や縁起ものとしてブランド化し結果「有限会社おちないりんご」という会社までつくってしまいました。
これも影響の輪ですね。自分たちができることに集中する。

このコロナの時期もそうです。
ビッグチョイスとしては、時代対応で変化する道を選びました。
もちろん変化することが正しいわけでないので、
休業や時短の間、さらに商品開発や人材強化に励みしより強力な店舗となったところもあるでしょう。

影響の輪!!
これは小さい子からおじいちゃん、アルバイトからビジネスマン、経営者、全員に共通する考え方です(七つの習慣自体が全部そうだが)

以前「言葉の力」ということをみんなで学びましたが、
ポジティブワードを常に言い続けると、実際そうなる!!ということです。これも影響の輪。
感情や生理的なものはかえられないけど、行動と思考を変えれるということで一番簡単で効果があるのが言葉!!これ大きいですよね!!私もポジティブワード苦手だったりしますが、ネガティブワードは言わないようにしています。
「今日も元気」といつも叫んでいる人は元気になりますね。笑

自分もいつも関心の輪に目がいくことがあります。だからこそ学び続ける必要があります。
習慣になるのは大変です・・笑

私たちの会社のみんなが全員、影響の輪に集中できる集団になれるよう、その環境を整えていきます。