ビッグチョイス社長ブログ

株式会社ビッグチョイスの代表取締役。 現在しゃぶしゃぶ業態「大地のぶた」高級食パン専門「おい!なんだこれは!」などを北陸に展開中。私たちが目指すのもは+αの価値の提供。みなさんの人生をより豊かにするお手伝いをしていくことを使命として活動していきます。

7つの習慣

相互依存とは?

さて、7つの習慣記事を掲載するようになってブログのアクセス数が減ってきている今日この頃です。笑
やはりこういう記事は読みたい人と読みたくない人に分かれるのか??
ただ、せっかくなんで情報感度の高い人もターゲットにしていきたいので、頑張って続けていきます。

10月から7つの習慣の授業が本格的に始まりました。
今後の一か月のお子様の変化が楽しみです!!

さて、今回はあらためて7つの習慣の中の前提になる成長の連続体というお話をしたいと思います。
これは7つの習慣による成長の段階のことです。

7つの習慣を実践していく中で
「依存」→「自立」→「相互依存」と段階的に進んでいきます。

どういうこと??と思うかもしれませんね。

「依存」とは??
自分が望む状態を実現するとき自分以外の人に頼らなければ、それを得られないという考える状態です。
例えば
・遅刻しないように、お母さんに起こしてもらう
・授業が理解できなかったのは先生の教え方が下手だからだ
・この間のパーティーは知らない人ばっかりだったので全然楽しくなかった
・給与が低いのは、会社の状態が悪いからだ
これどういうことかというと主語が「私以外の人」になっているとうことです。

では「自立」は??
自分が望む状態を実現するために、自分で考え行動すること。自分の力で望む状態を実現しようと考える状態です。
例えば
・遅刻しないように、早く寝て早く起きよう
・私は授業の理解度が低いので、予習復習を頑張ろう!
・パーティーは知らない人ばっかりと思うから積極的に声をかけてみよう!
・自分が頑張れば会社も良くなり給与が上がるはずだ!!
これは主語が「私」になっていますね。
いわゆる「影響の輪」ですね。

そしてここがポイントの「相互依存」
これは自立している人同士が1人の力で生み出せないようなより良い状態を築きあげていこうとする状態です。
・みんなが遅刻しないために、どうすればよいか考えよう!!
・授業が理解できなかったので、みんなで授業で質問しあったり一緒に勉強してみよう!
・パーティーは知らない人ばかりだから、全員が楽しめるようにみんなで企画の提案を行おう!!
・給与が上がるように、会社全体で考えてKPIを決めていこう!!

など主語が「私たち」になります。

依存から自立の考え方になるには
第1の習慣 自分が選択する
第2の習慣 終わりを考えてからはじめる
第3の習慣 1番大切なことを優先する
自立から相互依存にいくには
第4の習慣 WINWINを考える
第5の習慣 まず相手を理解してから理解される
第6の習慣 相乗効果を発揮する

そしてこれをまわしていくために
第7の習慣 自分を磨く

というのが成長の連続体です!!

だから常に問題が起きたら、壁ができたら
主語を「私」に置く!
そしてそれを「私たち」にできるように発信していく!!
ことが大事ですね!!
私たちもこういう風土の会社になれるように環境つくっていきます!

影響の輪

先日の会議の七つの習慣勉強会にて「影響の輪」を行いました。

七つの習慣の中で個人的に一番だと思うテーマで、会社のクレドにもなっているものです。
ビッグチョイスにも、エステのラフルールのクレドどちらにも入っています。

私のブログにも何度もブ出てきています。

影響の輪=自分の影響が及ぶ輪=自分が変化(行動)することで変化起こせることです。
その反対が関心の輪です。
自分の影響が及ばないことで、関心があることです。
今自分で成果が出ていない、周りの人に恵まれていない、人生に不満がある、という人のほとんどは実はこの関心の輪に意識がいっている人が多いです。

サラリーマンのお酒の席。
「あの部長が嫌だ、このプロジェクトに関わったのが失敗だった、部署異動したい!!、家族が、、
嫁さんが・・金持ちに生まれたかった・・政治が悪い・・天気が・・」でネチネチと盛り上がります。笑
でもその中に自分の行動がないのです。これが関心の輪です。自分の影響が及ばないところを思い続け、エネルギーを消費して、慰め合い・・これで明日から給与あがったらラッキーですよね。笑

基本的に他人も過去も変えられません。よく他人を変えれると思っている人がいますが、ここも実は関心の輪です。自分が変わることしか周りが変わらないという原則を知ると自分の行動はかわってきますね。これ家族とか部下とか近くなるほど、変えれると思いがちですねよ。でも大きな間違いです。変わるのは「自分の意思と行動」以外ありません。自分が変わったり、環境を整えたり、いろんな体験をさせたりで、自分が行動を起こすということで他人も変わるかもしれないということです。
そしたら未来も変わる。

一番単純ことでいうと「挨拶をされたかったら、まずは自分から挨拶する」これが影響の輪です。
すべての現象の中心に自分を置くということです。
そして影響の輪は大きくもできます。
「会社を変えたい!!」であれば、まずは自分が圧倒的な成果を残して、信頼できる人物になって、
役職あげて、自分の声が会社幹部を動かす影響を持つ。こともできますね。

あるりんご農家の話があります。(30年以上前の話)
大型台風でりんごがほぼ樹から落ちて、売上にならず倒産寸前までいきました。
そこでなんで台風なんか・・と思って落胆してても仕方ないですね。
落ちたりんごをジュースや加工品にできないか??それもやったけど売上にはあまりならない。
でここの農家は落ちてない10%のりんごに注目して「落ちないりんご」と商品化して受験生や縁起ものとしてブランド化し結果「有限会社おちないりんご」という会社までつくってしまいました。
これも影響の輪ですね。自分たちができることに集中する。

このコロナの時期もそうです。
ビッグチョイスとしては、時代対応で変化する道を選びました。
もちろん変化することが正しいわけでないので、
休業や時短の間、さらに商品開発や人材強化に励みしより強力な店舗となったところもあるでしょう。

影響の輪!!
これは小さい子からおじいちゃん、アルバイトからビジネスマン、経営者、全員に共通する考え方です(七つの習慣自体が全部そうだが)

以前「言葉の力」ということをみんなで学びましたが、
ポジティブワードを常に言い続けると、実際そうなる!!ということです。これも影響の輪。
感情や生理的なものはかえられないけど、行動と思考を変えれるということで一番簡単で効果があるのが言葉!!これ大きいですよね!!私もポジティブワード苦手だったりしますが、ネガティブワードは言わないようにしています。
「今日も元気」といつも叫んでいる人は元気になりますね。笑

自分もいつも関心の輪に目がいくことがあります。だからこそ学び続ける必要があります。
習慣になるのは大変です・・笑

私たちの会社のみんなが全員、影響の輪に集中できる集団になれるよう、その環境を整えていきます。




ミスの原因を深く考える必要性??

人間であれば子供でも、大人でも永遠のテーマですね。「ミス」これは必ず起こります。
でもこれをきっかけに成長すると人、成長しない人にわかれます。
これも考え方の習慣です。

私たちのビジネスも良くいわれるのが、成功に法則がないが、失敗には法則があるということです。
成功はその時代の流れや運や誰でに出会うか?でも大きく変動します(そもそも運の引き寄せもその人の能力ではあるが)違う時期に同じやり方をしても成功するとは限りません。
でも失敗は同じ思考、同じやり方、同じルーチンだとまた失敗します。
でも以外と人は成功体験ばかりに目がいきます。私もそうです。。でもその習慣を知ることで、一旦考えることができます。

私たち社員も普段営業日報を毎日記載して共有しています。
でもミスを単なる偶発的なもので曖昧にしている人と、ミスの原因をしっかり考えられる人は次につながります。ここの差は大きいです。
良い考えかたとしては過去はかえられないけど、ミスしたときに「〜してたら、〜してれば」など「タラ、レバ」で考えてみることが有効的とドラゴン桜で書いてありました。笑
(七つの習慣とドラゴン桜がコラボしているといことで)
それは次の自分の行動につながってきますね。
バスケでシュートを外したときに、外した!!くそ!!という事実に感情的になって終わるより、〇〇してたら・・・と自分の行動に焦点を当れると次の改善に!!となりますね。そして良いのかそれを記述して読み返すことだそうです。
スポーツでも個人の活動日誌をつけて、自分を分析し、振り返っているところは成果を出しているとききます。
ビジネスでも個人でも振り返りが苦手な人は「タラ、レバ」を意識すると、ミス要因にたどりつき行動改善ができるということです。

すべてのミスには原因があります。

また管理者であれば、〇〇君がよくミスする。〇〇くんがなかなか覚えられない。という失敗が目立つときは、店舗や会社がミスを誘発しやすい環境になっていることがあります。
だから管理者としてそのミスをなくす環境をどうつくっていくか?に焦点を当てると良いですね。
うちの部下はいつもミスばかりする!!出来損ないばかりいる!!と嘆いている経営者や上司がいたら、自分がつくってきた仕組や環境や思考がそれを生み出していると考えるべきですね。
これでもインサイドアウト。すべての要因は自分からです。

少し難しい話をすると私たちの脳には「自己認識」「想像」「良心」「意思」の人間にしかない4つの能力があるそうです。
この自己認識力を高めることでミスを防ぐこともできます。
自己認識能力は自分は何が得意で、何が苦手か?など自分を客観的に認識する力です。
それがすぐれている人は組織であれば自分で行ったほうが良い仕事、他の人にやらせた方が良い仕事を瞬時に判断し、業務のパフォーマンスを上げることができます。
この自己認識力をあげるには、それこそ上司などのフィードバックをもらうことです。人は思い込みが強く、客観的には見れない側面もあります。
これは何人ももらうと意見が違い混乱するので、一番良いのは信頼できる人やいつも自分を見てくれている人にしぼって定期的にフィードバックをもらうことです。それにより自分の成長も感じるし、自己認識力も高めれれると思います。
家族でいうと両親が定期的にあることにおいてフィードバックするとか。(父、母で役割が違うならそれぞれに関わりでフィードバックするなど)やはり信頼できる人が良いですね。ほぼ合わない親戚のおじちゃんにいきなりフィードバックされても「は?」ってなるかもしれませんし。笑

ということで、話は相変わらずいつもそれますが、本日はミスと振り返りについてでした!!

自分で決める!

最近会議でも七つの習慣の時間をとるようになってきました。
始めて学ぶ人、もともと知っているけど改めて考えてみる機会ができた人、社員にもいろいろいると思います。
さて、先日経営者が読む雑誌「プレジデント」で年収800万以上のビジネスパーソンの愛読書で「七つの習慣」が1位に選ばれました。
別に年収がどうとかは・・関係ないにしても、自分の夢や目標を現実的にしている人=「七つ習慣」を原則ととらえ日々活動していくことは間違っていないと思います。

本日は先日会議で行った第1の習慣=「自分で決める」 についてです。
自分で決めるとは難しい言葉いうと主体的であるということです。
みなさんどうですか?主体的に人生を生きていますか?
実はこの主体的であるということはいろんな意味を含んでいます。
そして人間の活動で一番根本で大切なことだと思います。


主体的の反対は反応的であるということです。
人は常に、周りから影響を受けるし刺激を受けます。
例えば電話が鳴って出る!!→これは反応的な行動です。主体的な行動でありません。(屁理屈ですね。笑)でもわかりやすくいうと、そういうことです。
今の自分の活動や優先するべきことがあっても、電話がなると反応的にその活動を中断してその電話に出ます。電話にすぐでる人や反応が早いは仕事でできる人!!というのがありますが、私は実は電話にあまり出ません。反応的にならないようにしています。
もちろん緊急な電話かどうかもあるので、それは自分で判断します。
必要のない人はかけなおしません。笑 ラインですませるかもしれません。
必要な人はあとでかけなおします。
当社は基本はチャットワークというツールを使い、その代用もしています。

今のは極端な例ですが、要は一旦自分で考えるということです。
物事と物事の間にスペースを置くということです。

例えば何か言われて感情的になって言い返す場合があります。これは人間なんで仕方ない感情です。
でもこれは反応的なんです。そこに一旦スペースをおいて主体的になってみるのです。
なぜこれを言われたのか?相手はどういうつもりでいっているのか?を考えてみるのです。
それによって自分で言葉を選択できます。感情的になって「お前の方が悪い!!」って言い返してもも、「バカ」と言い返しても、その会話の目的は何も達成しないのです。相手もさらに感情的になって本来の目的でなく、ののしりあって終わるという・・意味ないですね。

もちろん私もそんなできた人間でないので、いろいろ反応的になることも多いですが、この習慣を持てると少し自分に余裕ができます。

スペースを持つ!!この意識大事にしてみましょう。

今いる人生、仕事、年収、家族、仲間、今の自分は全部自分で選択した結果です。
進めらた、勧誘された、いろいろあると思いますが主体的だったか反応してきただけか?にもよりますが、自分で決めたんです。でもその境遇に文句ばっかり言っている人多いですよね。会社が、仲間が、嫁が・・でも何も変わりません。
だからこそ、それを受け止めて、今後自分がどう変われるか?(相手を変えようと思ったらだめです)今後どう行動できるか?で未来はかわります。他人と過去はかえれません。でも自分と未来はかえられます。この原則をもって主体的に生きてみましょう!!

人が目標達成したり夢を実現するときは強烈な願望が根本にあります
その願望の根幹は人から言われるのではなく「主体的に自分で決めたこと」です。

目標達成や計画通りにものごとすすめていくのに大事なことは何か?

目標達成!!
これはゴールを決めたら確実に目指していくものですね。

これは子供のころからあるもので、

習い事
部活
勉強
仕事

自分決めたことに足してはすべてに付きまといます。

当社も正直この2年間は目標達成という言葉が「当たり前」ではなくなってきて・・
なかなか人ごとみたいな時期もありました。。
これは私の責任であり反省ですね。

やはり目標達成は人にとって大きな成長、モチベーションであるとともに、
あるべき姿の達成ということを考えれば「人生に心身ともの幸せを与えてくれる」ものです。

ではその達成のために必要なことは??今日はそのお話です。

自分のあるべき姿やなりたい姿が見つかれば、それを達成していくための目標が出てきます。
でも人は毎日やることがどんどんできますし、結局は時間が・・となります。
また自分でたてた目標などは、誰からも指摘されることもないので後回しにもできます。
うまくいく人とうまくいかない人の差、つまり目標達成する人としない人の差はこの後回しですね・・

ここは七つの習慣の中の「大切なことを優先する」という習慣が生きてきます。
ここはビッグチョイスでもおなじみ第2領域の話です。緊急でないけど重要!!この時間の使い方です。

良く例であるのがバケツに石をいれる例です。
小さい石、大きい石さまざな石があります。
この様々な石をバケツに全部いれるのが目標です。(結構満杯になる感じ石の量の場合)

さて小さいほうからいれますか??大きい石からいれますか?
それぞれだと思いますが、大概の人は小さな石からいれます。
でも実このやり方では石が多いほど入りません。
実は大きな石からいれると、隙間ができます。その隙間に小さな石を流し込むと全部の石をいれることができるという実験です。実際に時間があればやってみてください。

何を言いたいかというとほとんどの人はあるべき大事な目標があるのに、
一番優先しなければならな大事なことより、日々起きる小さな出来事に時間を取られているので
この石のバケツのように目標達成しないということです。

私がよく社員によく例題として出していることが、例えば健康です。
健康であることは望むべき姿ですよね。
例えば歯。これは人生健康でいるためには大事ですよね。
でもそのメンテナンスが大事であれば一番最初に時間をとりますよね。
そこを例えば1年間そこのメンテナンスの予約時間を先に確保するなど。
でも多くの人は空いた時間に歯医者に行く(でも行きたいときは予約がいっぱいでいけない)、もしくは歯が痛くなってから行く。。
健康診断も、日々の運動もそうですよね。特に日々の運動を先に時間確保する人なかなかいないですよね。でも逆転の発想でそういうことからスケジューリングすることも大事です。
だってより長く健康でいることが仕事のパフォーマンスをあげることにつながるなら。
緊急でもないけど、望むべく将来に必ず必要なものの時間の確保をする。

日々の目標でも一緒です。
仕事でも自分の大きな目標があるとします。
例えば私の場合は会社の利益目標達成とそれによる周りへの物心両面の幸せの提供です。
店長もそうですよね。売上達成、利益達成あとは理念達成ですね。
でも日々の雑務に追われるのも、仕方ないですよね。
どっぷり日々のオペレーションに明け暮れて・・めっちゃ疲れて仕事した!!って思うかもしれませんが(お客様第一なのでそれも大事ですがそこにはそれを実現するためのスタッフがいます)、それが自分の一番大事なことに時間をとっていることになるか?といったらどうでしょうか?自分の目標達成ために、自分しかできない大きな石を動かす仕事に時間をとれているのでしょうか??ここです。

また違う視点でいうと2:8の法則があります。
2割の優先事項が8割の結果を決定づけるということです。
例えば勉強を限られた時間でするときは全部を浅く!!ではなく、重要な2割をきっちりと勉強したほうが良いです。なぜならテストも2:8だからです。2割の基礎で80点取れます。
ただ80点以上をとるにはその先が必要なんでめちゃめちゃ大変になりますが。。

飲食も同じで100点くらいの商品があるお店であれば2割の上位商品が8割の売上をつくっています。(これ当社でもそうですが、どの飲食店も基本それに近くなります。)
よって売上や利益を上げたいのに、その上位2割をおいて下位商品の改善に時間を費やしても・・
目標は達成できないですよね。
Pcの操作も2割マスターすれば8割のやりたい作業ができます。だから分厚い説明書を1から全部読む必要はないです。自分のしたい仕事に照らして優先順位をつけるのです。


なんとなくイメージできましたか??

私も小さい会社ですが社長として会社を存続させるために、一番重要な役割、時間は何か?を常に考えていくことが必要だと感じます。ただやはりそれを忘れることがあります。
やはり作業量が増えたり、めちゃくちゃ忙しくなったりすると満足してしまいがちですが、
それが自分の役割につながっているか?をよく考える必要があります。

すべての人に平等に与えられるが、使い方によって全然違う結果になるのも時間の面白いところです。これは仕事、家庭、家族全部同じです。

目標達成=一番大切なことに時間を使う ですね。






livedoor プロフィール

itatani1108

株式会社ビッグチョイス
代表取締役

◎名前   板谷 恒太郎
◎生年月日 S52/11/8
◎血液型  AB型
◎学歴、職歴
・明治大学 商学部 卒業
・蝪圍達咫紛睛札轡好謄爛此紡犲
・現在ビッグチョイス代表取締役


株式会社ビッグチョイスの代表取締役。
現在しゃぶしゃぶ業態「大地のぶた」高級食パン専門「おい!なんだこれは!」などを北陸に展開中。私たちが目指すのもは+αの価値の提供。みなさんの人生をより豊かにするお手伝いをしていくことを使命として活動していきます。




   

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ