2017年12月18日

丹波の黒豆

ACBCA892-5651-49F4-8F1D-5CC8A66B2959

お正月用の黒豆が届いた。

篠山の黒枝豆の収穫は、かれこれ10年以上になる。
ということは、みんなそれだけ歳を重ねたことになる。
で、今年は、豆の粒が大きかったこともあるが、高齢化により作業がしんどくなって持って帰った枝の本数が2割くらい減った。 
他のグループも同じこと。

‥ということで、今年は大幅に黒豆用の枝が残った。
余って困った農家のお爺ちゃん 「 なんぼか引き受けてくれへんか 」 て泣きついてきた。
黒豆になる手前で収穫するのが枝豆。
もう少し畑に置いておくと黒豆になる。
その枝豆の完成形は、どうなったか見届けたい。
で、募集を掛けたところ、500グラムのが30袋の注文があった。
予想より多くて、農家の爺ちゃん、慌てて袋詰めしてくれたらしい。
残りも、爺ちゃんの弟さんが持って帰って、全部なくなったそうだ。

調べてみたが値段はマチマチ。
大きさも違えば、ほとんどが農薬を使っている。
ボクたちのは、もちろん無農薬、大粒のが500グラムで1500円。
農家から直接買うから街より安いハズである。
itatek at 21:32|この記事のURLComments(0)食べる 

2017年12月08日

サンタは疲れたぞ

DB0FCA14-F5B7-4112-907B-291E066F7564

お絵描ソフトが調子よかったので、サンタクロースを描いてみた。
ほとんど同じ絵を Facebook にも投稿しといた。

寒い夜にトナカイを曳いて‥子どものいる家庭にプレゼントを配るなんてことは、相当なエネルギーが要るから、そこそこ若くないとムリや。
ボクたちの子どもの頃のサンタさん、あれから60年以上経っているが、まだご存命なんやろか?
たぶん、サンタは歳を取らない前提にしていると思うが、生まれたときからお爺さんやったというのでは、話に無理がある。
歳を取らないにしても、設定は70歳くらいやろ。
そしたら、ボクはサンタの歳を越えたことになるね。
えらいもんや。

ところで、トナカイの足は描きにくいので、オモチャの車にした。
うまいことまとまってホッとして‥鼻の先を赤く塗るのを忘れた。

itatek at 21:43|この記事のURLComments(0)日記 

2017年12月05日

また忘れ物

D9142B68-F6B8-4B97-9660-E2CD13688D37

忘れ物の記事は、いまさら真新しいこともないけど‥

ボクの忘れ物が多いのは、今に始まったことやない。
低学年のときは、忘れ物の棒グラフで、高さを誇っていたものだ。
小学校のとき、何かで一番になった記憶は、それしか思いつかない。
今や、最近は先天的な原因にボケがプラスして、ますますひどくなってきた。

腰痛対策で、週一ペースでプールに通って8日。
満足に往復できたのは2回くらい。
この前の前は、受付に到着したら、回数券は用意したものの用具一式バッグごと家のテーブルに置き忘れていた。
その次の週、同じ間違いを犯さないように慎重に家を出た。
濡れたもの一式を更衣室に置き忘れて‥我ながらガッカリした。
自分のは心配になるが、人の忘れ物の話は嬉しい。

昔、男ありけり。( 伊勢物語風に )
男は、諸事情があって旅の臨時幹事を引き受ける羽目になった。
ところが、駅の発券機前に、皆から集めた会費やら大事なものがゼンブ入った財布を置き忘れた。
今でも覚えている‥どす黒い顔がカメレオンみたいに青くなって、駅まで走って行った姿を。
( 駅員に届けようとした親切な人がいてセーフ )
さらに、駅で新幹線を待っているとき、彼の大事な紐タイ ( 正式にはループタイと言うそうだ‥昔から年寄りがよくネクタイ代わりに愛用しているヤツ ) がないのに気が付いた。
旅館に問い合わせたところ 「 はい、こちらで預かっています。タイ以外に3つもありましたよ。 」 やて。
itatek at 23:43|この記事のURLComments(0)日記 

2017年11月28日

晩秋の京都

2C1D3E5A-AFC8-4079-BA9C-88F58FE6FFB7

家内が京都の東寺に行こうと言い出した。
NHKの番組で、観瀾斎(かんらんさい)という仏画作家の展覧会が開かれているのを見たらしい。

到着時間を確かめるために、ナビに東寺をセット。
サラリーマン時代8年ほど京都勤務だったので、東寺はイヤと言うほど知っている。 五重塔があって毎月21日には弘法さんと称する骨董市が開かれる。
しかし‥検索しても東寺では出てこない。
正式には、真言宗総本山 教王護国寺 というそうだ。
カッコ書きでいいから東寺くらいは載せておいてほしいもんや。

好天にもかかわらず参拝者は少なく、外国人と言えば西洋人ばかりで、お寺の荘厳さをじっくりと味わうことができた。
駐車してすぐ、食堂(じきどう)で、まず「阿吽の双龍」が目に付く。
パターンにとらわれない独自の画風は、版画・墨絵・シャガールが乗り移ったような油絵・あいだみつを・棟方志功 にも影響されてるかもしれないが、優しさとスケールの大きさがにじみ出ている。
3回ぐらいグルグル回って、図録を手に取ったら、ちょうど観瀾斎ご本人がおられて、裏表紙に簡単なイラストとサインをしてくれた。

五重塔・講堂・金堂・観智院などを2時間ほどかけてゆっくり見て回ったら、腹が減ってきた。
はりこんで嵯峨の湯豆腐を食べようと予約を入れたら、満員なので直接来てもらわないと何とも言えません‥との返事。
嵐山まで車で走って人の多さにビックリ。
平日で、紅葉も盛りは過ぎているというのに、こんな人混みは初めて。
外国の観光客は、土日も平日も関係あらへん。

結局、諦めて、墓参りした仁和寺の近くの蕎麦屋で、空腹を満たしたというわけでございます。 はい。

2017年11月27日

篠山・文保寺

34C3943B-F7FF-4671-BDAD-DA0899C58682

丹波篠山もみじ三山というのがあって‥すべて篠山の西側で、文保寺(ぶんぽうじ)、大國寺高蔵寺の三つの寺を指すそうだ。

大國寺は去年、紅葉の時期に行った。 
誇るだけあってキレかった。
高蔵寺は、木工工房居七十七(いなとな)のすぐ近く。 
そのうち機会がある。
文保寺の看板は、ウドン屋 萬松 に行く途中に確認している。
ということで、ウドンを食ったあと文保寺に足を伸ばした。

古刹と呼ぶにふさわしい楼門が迎えてくれた。(写真)
紅葉の時期が過ぎていることもあって、広い敷地に参拝者は5組くらい。
ヒマな受付小屋の番人さん、親切に教えてくれた。
大化元年(545年)インドから渡ってきた高僧が開いたという。
2度ほど修復されているが、それでも来年で再興700年。

外国人の姿が見られない名所。
土産物屋も何もない。
新しいトイレは、洋式ながらウォシュレットでなかった。

紅葉も残りわずか、桜の裸樹‥シーズンに訪れたら、きっと楽しめる。
あいかわらず、いい風が吹き抜けていた。

2017年11月17日

豚まん

BC9A1506-7B6B-4C67-92A6-4B7CC4F92A1A

久しぶりに神戸市の東部市場にある ふさ鮨 に行った。
ここは、市場に運ばれた新鮮な魚介類でリーゾナブルな値段で食べさせてくれる手頃なお寿司屋さんである。

今日は寿司屋の話ではない。
神戸にある豚まんの 大平閣 の製造工場がすぐ隣にある。
(注)豚まん は、関東方面では 肉まん と呼ぶらしい。
そこで働くオバちゃんたちは、なにかと親切で感じが良い。
寿司屋で聞いてみた 「 隣の豚まん屋さん、美味しい? 」
「 昨日も4つ食べましたよ。 」 豚まん4つは、ウソ臭いけど、隣同士で良い関係を保っていることは想像できる。
すると、先客の夫婦の眼がキラッと光った。

家内と2人でも、特上と上の握りを分けワケしたら安いもんや。
そこそこ満足して隣の豚まん屋を覗いたら、先に出たさっきの夫婦がちゃっかり並んでいるではないか。
看板を見たら、豚まんが1個194円。
その下に ワケあり冷凍豚まん10個で1000円 とある。

もちろんお徳用にしたが、お味の方は?
夜は、腹がいっぱいで食べられなかった。
食べた息子のコメントは、蓬莱の551 と同じくらい美味しかった‥との話。
itatek at 22:32|この記事のURLComments(0)食べる 

2017年11月06日

丹波布

IMG_1231

文化の日に行った丹波市柏原の投稿。
イタリアンレストランがメインで、最後の方にチョロっとだけ付け足した丹波布の店について、もうチョット詳しく‥というリクエストがあった。

いい匂いに誘われて覗いたパン屋さん 穂音(ほのん)
その隣に新規オープンした地味〜な店があった。

丹波の伝統工芸である丹波布の店 KABURA である。
ボクより少し若いご婦人と、赤ちゃんを背負った若い奥さん。
見ていって下さいと誘いに乗って入ってみた。

丹波布は江戸の末期から農家で織られて京都や大阪に販路を求めたもの。
民芸運動で有名な柳宗悦によって素朴な価値を見出され注目された。
綿から紡いだ糸を土地の草木で染め上げて布にまで仕上げる。
芦屋川にチェック&ストライプという洒落た布を売る店があるが、ここは純和風の素朴な格子模様の店である。
着物と帯が主な用途であるが、生き延びるにはもう一工夫が欲しいところ。
財布とか小物入れがあったが、あまりにも地味。

フワフワの綿から糸を紡いで、簡単な機械でカブラのように巻きとる実演してくれた。 KABURAの名前はそこからきているとか。

県の伝統工芸に指定されたが後継者が不足し、現在、保存のために熱心に普及活動をされているそうだ。
オープンしたのがこの前の大型台風の22日で波乱のスタート。
一所懸命やっておられるので、柏原まで足を運ばれた方は、一度立ち寄って応援してあげてください。

柏原は一日かけてゆっくりと回れる町です。

2017年11月03日

文化の日の柏原町

IMG_1225

文化の日は晴れる。
ボクが若かりし頃、甲南女子の文化祭は、毎年この日に行われるが、雨が降ったことがないという話やった。
その後どうなったか記録も記憶もないが、いまだにそのジンクスはまだ続いているらしい。

で、また丹波市の柏原(かいばら)に行った。
これで、3回目か4回目。
情報誌や人の話で、素敵な店があると聞くけれど、悲しいかな胃袋の大きさに制限があって、食べる店は1軒しか回れない。

前から聞いていたイタリアンレストラン・オルモに予約を入れた。
古民家をリニューアルした建物は、印象より内部は広い。
11時30分開店、ボクたちは12時に入店したが、店は満員、しかしほとんどの人たちが食べ終えていたのが不思議。
1500円のランチとは別にコールドビーフとオルチェを注文。
結果的に、その2皿が美味しかった。
前菜もメインのパスタも良かったけれど、あのレベルなら近所でも食べられる。 
洒落た古民家のインテリアと、感じのいい対応が心地よさを演出している。

他の探索、
10月22日の台風の日にオープンした 丹波布の店KABURA
女性2人(おばあちゃんとその娘さん?)が経営する丹波伝承を守る店。
フワフワの綿を紡いで草木で染色し機織りして布にするまで。
丹波布だけでは、あまりに地味過ぎる。
けど応援したくなる人たちでした。

2017年10月26日

枝豆 2017

IMG_1222

台風の関係とかメンバーの加齢によるリタイヤとかがあって、丹波篠山での恒例の行事も今年は出遅れ気味やった。
その分、豆は充分すぎるほど熟成していたし丸々と肥えていた。

集まったメンバーは8人、その内4人が初参加。
例年は10人以上、人数分頑張ったらいいはずなのに、総数が少ないのは結構負担が多かった。
けど一枝に付いてる豆はデカくてたくさんで助かったとも言える。

来年もこのメンバーが元気に集まれることを期待している。
収穫した黒枝豆は、今年も絶品やったぞ〜
itatek at 00:04|この記事のURLComments(1)食べる 

2017年10月22日

風は吹いたが‥

wind

超大型台風21号、日本列島に接近。

そんな中、朝から衆議院議員選挙の投票。
口だけ与党の党首にひと泡吹かせたいけど、たった1票ではねえ。
真面目そうな人たちが、大勢投票所に傘をさして駆けつける様子を見て、この狭い範囲に限っては投票率の低下はないみたい感じ。

10時から、ネパールを援助する目的のガレージセールに顔を出した。
趣旨に賛同する人たちが、いろんな商品を持ち寄って売上げを寄付するもの。
いつもインド料理屋のネパール人が、街で会ったら挨拶してくれるので、親しみを感じることもあって毎年協力している。
雨の中、ここも大勢の人たちが駆けつけていた。
たくさんのレジ袋を提げて会場を後にしたが出費はごくわずか。

かわいそうに、丹波立杭の陶器祭りは台風にたたられた。
焼物ファンとしては、こういう日にこそ励ましに行かんとイカン。
当然のことながら、毎年ラッシュの街道はガラ空き。

なじみの窯元に立ち寄ったが、テント下の展示品は水浸し。
ギャラリーは閑古鳥が鳴いていたが、それでも若い陶芸ファンが目を凝らして品定めをしているのを見ると嬉しくなる。
普段使いの食器と努力不足の寿司屋に持って行く皿を買ったが、陶器祭りにより出費もわずか、レジ袋はたくさん。
台風の中帰宅したが、家に運び込むのが大変。

夜になって大風が吹きだしたが、政界には風は吹かなかったようだ。
民主主義のもとでは、選挙というシステムは良いと思う人に1票は入れられるが、こいつはアカンという意思は反映されないのだ。
itatek at 23:48|この記事のURLComments(0)日記 

2017年10月20日

丹波方面ヘ

IMG_1220

今年のコスモスはもう終わり。 それを覚悟して丹波方面へ。

柏原に有名なお蕎麦屋さん 和さび がある。
柏原には、昨年も行ったが、あいにく定休日で再挑戦。
このあたりは、大人も子供もスレ違う人挨拶をしてくれるし、カッコだけでなくみんな親切で感じのいい街である。

公民館に車を停めて歩いてたら5メートル先のおバアちゃん ( もしかしたら同じくらい ) が舗道で前のめりに転倒した。
思わず駆け寄って助け起こして腰掛けさせが、口の中から大量の出血。
ボクと同時にオバさんが2〜3人飛び出してきていた。
おバアちゃんは重たくて、抱きかかえられるのはボクしかいない状態。
後を地元の人に託したが、大丈夫やったろうか、すぐに起こして問題なかったんやろかすごく心配。 ボクの腰も心配。

和さび では、3000円のランチを張り込んだが、九種盛りの前菜から胡麻豆腐、鯖寿司3つ、天ぷらにデザートでお腹がイッパイ。

清住のコスモス園は、花の数より黒くなった種子の方が多かった。
それでも農家の人が受付テントで頑張っていた。
入場料の300円を200円にしてくれたが寄付みたいなもの。 
狭い道で軽トラとすれ違って目を合わせたらニコッと会釈してくれた。
その先で止まった軽トラの爺さん 「 柿を持って帰りませんか? 」
荷台には完熟の柿、直ぐに食べられそうなのを4つ分けてくれた。
受付のオバちゃんたちも丁寧に見送ってくれたし、コスモスは見られなかったが、暖かい気持ちで清住をアトにすることができた。

2017年10月19日

手を洗わない人

handwhosh

小便しても手を洗わない人がいる。
毎回チェックしたわけやないけど、時間的にも、その後の所作を見ても手を拭いている気配が見えないんである。
そのくせ、若いころから前立腺に問題があって、頻度が激しい。
ボクだって3回に2回は洗うよ。

麻雀の時だって、親の順番が回ってきたらトイレに駆け込む。
「 せめてサイコロぐらい振ってからにせえ! 」 と怒鳴っていたが、最近になって突然尿意をもよおす恐怖も、少しは理解できるようになってきた。
それにしても、われわれも汚染された手で牌をかき混ぜていたので、よく病気にならなかったものだ。

ゴルフに行ったとき、彼は、急にトイレに走って行った。
フェアウェイでは遠慮しているが、ラフでもどこでも平気の平左。
そのときは、たまたまトイレがあった。
同伴者たちは、手を洗うかどうか注目した。 気配を察した彼は蛇口に向かった。 しかし慣れないことゆえ手袋をしたままやった。

こないだ同窓会旅行をしたとき、
静岡の三島の駅で他の友だちと連れだってトイレに走った彼。 
当然ボクたちは「おい!手を洗ろたか?」のひと言を掛ける。
「洗ろた、洗ろた。」 とっさにその場シノギするのも彼の特技だ。
天網恢恢疎にして漏らさず‥ウソを付いたらすぐにバレた。
一緒にトイレに入った友だち 「 故障で手を洗えんかった。 」
手を洗う所に行ってないから反論もできない。

そんなとこで、つまらんウソをつかなくてもエエと思う。
itatek at 22:12|この記事のURLComments(0)日記 

2017年10月15日

文化の匂い

IMG_1216

秋は、文化の匂いがする。

しょっちゅう前を通っていて、文化の匂いが気になっていた場所がある。
それは、篠山市の東の奥‥食いしん坊の方には、蕎麦屋の 久下(くげ)、もうチョット走ったらウドン屋の風輪里(ふわり)‥その中間にチルドレンミュージアムという地味な施設があるのをご存知だろうか。
廃校になった中学校を利用してリニューアル、その初代の館長を務められたのが元文化庁長官の(故)河合隼雄氏なのである。

その教室の一部屋に 河合隼雄のこども部屋 というのがある。
河合氏は、篠山の誇る文化的大偉人。
幼少のころからの氏の足跡を紹介したかわいい教室があった。
詳しいことは省略するが年表にテニスのサークルで楽しんだという一行があり、ボクとしては大いに親しみを感じることができた。
そして、わが甲南大学で講師を務められ、家内は何度も講義を受けた。
そして心理学界の若きエース・息子さんの俊雄さんも講師として教壇に立たれていた。 その際、わがテニススクールで熱心に受講されていた。
その時の担当コーチは、もちろんボクである。 おほん!

2017年10月05日

プール2日目

pipopa
確かに水泳すると腰の具合がいい。

で、市民プール2日目。
家内が外出、どこに 海パン が仕舞ってあるのか分らない。
(注)海の近いとこに住むボクたちは、プールで泳いでも川で泳いでも、水泳パンツのことを 海パン と呼ぶことが多い。

海パンの場所はなんとか分かった、とりあえず第一関門は突破。
プールの回数券(4000円)を買うために5千円札を用意。
ホ・ケ・メ・キ すなわち補聴器、携帯、メガネ、キーを確認。
適当なバッグが見つからなかったので、荷物対策のため4輪で。
券を買ったり‥入場するのに多少手間取ったが、そのへんは省略。
11枚綴りの回数券を3か月間で使いきれるかが問題やけど、購入した以上は消化しないと勿体ないし、それに毎回フロントで身分証明書を提示する手間が省ける方を優先した。

ロッカールームで、タオルを持ってこなかったことに気が付いた。
販売用のタオルを求めにフロントのショップに戻ったが、回数券のお釣りの1000円しかないので250円足らない。
忘れた人用の貸しタオルもないそうだ。
タオルを忘れるのはボクだけなんやろか。
( 結局、スタッフがコッソリ手拭いを届けてくれた。 )
プールの中では、もっとドジをした。
気持ちよく潜ってる最中、ピポパポ‥補聴器の電池切れの警告音。
防水機能は付いているというが高価な時計をつけて潜水をしたようなものだ。

今のところ性能をキープして働いてくれている補聴器であるが‥プールは泳ぐ以外に何かと疲れる場所である。
itatek at 22:10|この記事のURLComments(0)日記 

2017年09月30日

プールに行った

back

ハワイの海で泳いだら、腰痛が楽になった話をした。

どれくらい良くなったかと言うと、腰掛けた状態から床のモノを拾い上げやすくなった程度で、ほんのチョット。
ボクにとっては、そのチョットが重要なのである。
無理をせずに水中で身体を動かすのが体にいいのは周知の事実やが、この結果は無視できない。
で、帰ったらプールに行くことを決心した。

昨日の朝一番、芦屋の海浜公園プールに行ってきた。
室内プールゆえ1年中開いているのがイイ。
場所は知っていたが、進入路が分かりにくかった‥人間の入口も同じこと。
「始めてでーす。」宣言したら丸顔のお嬢さんが親切に教えてくれた。
ただし慣れないとややこしい。
切符の買い方‥1回限りと回数券、さらに月単位の券。
65歳以上はすべて半額であるが、もうすぐ73歳と申告してるのに、彼女は、証明するものを見せてくれと言う。
「 ははん、ボクが65歳ギリギリっと思ったな。 」
客を喜ばしたらエエのに 「 皆さんに提示してもらってます。 」 やて。
靴を脱いで下駄箱に入れて、ロッカーを使ってカードを差し込んで、入口を探してやっとこさプールに入場できた。
25メートル休まずに泳ぐレーン休んでもいいレーン、さらに歩くだけのレーンもある。 とりあえず歩くだけレーンから入ると、先客のお婆ちゃんがボクの顔を見て「新顔が来たな」って顔してニコッと笑った。
水泳は苦手ではないが、腕のリハビリと、上向き背泳で股関節運動をしたいので、休みながらのレーンへ。  
しかし、前を泳ぐご婦人がスローペースすぎて、なかなか進めない。
150m泳いで切り上げた。 初日はこれくらいにしといたる。
スタッフを捕まえてイロイロ質問したが、細かいしきたりがあるようだ。
着替えのロッカールームでは、ジジイ(たぶんボクより年下)が、先輩面して水着の脱水方法とかシャワーを使えとか‥教えてくれた。
どこにでもこんな牢名主がいるもんや。

シキタリになれたらコッチのもんやぞ。
身体に良いから、主になるまで通ってやろうと思う。

2017年09月21日

On the beach

IMG_1208

ハワイに着くなり、腰が痛い、眠い、英語がわからん…で、しんどいことこの上なし。
両手も足の指も使うくらい何度も来てるのに。
しんどいけどワイキキビーチの隣りの隣りで泳いだ。
首が痛いから平泳ぎが辛い、クロールは肩が痛い、持久力がないから遠くまで泳げない。

しかし何ということでしょう!
往復200メートルも泳いでないのに腰痛がピタリと消えた。
高い椅子に腰掛けても靴下が穿けた。
パンツは相変わらずヨロけたけど。

鍼より効いた。

2017年09月19日

疲れに来てます

IMG_1187

ホノルルの朝です。
先週の土曜日から来てますが、若干勝手が違う。
毎年同じところで同じことをしているのに、毎年しんどくなってきた。

今年もステキなレストラン・ ヘブンリーに行った。
以前ボクのブログを見たひとが、フレンチトーストが美味しかったって報告してくれた。
着くなり隣りのお嬢様たちが、美味しそうに食べてたけど、そのボリュームでは他のものが食べられないのに気がついた。
横目で見ただけでもお腹の調子が変になった。

2017年09月12日

ゴルフとテニス

sports
全米オープンテニスで、トップ10の5選手が休場。
わが錦織くんもそのうちの一人で、寂しいことこの上ない。
大相撲では、4横綱のうち3力士が早々と休場を表明。
注目の高安・宇良も場所中の怪我で途中休場。

休場がイカンと言ってるのではない。
それだけ厳しいトレーニングを行っていても、それ以上に頑張ってしまうのがアスリート。
ありったけの知力体力を使い果たして闘うのが真のスポーツやと思う。

この前、全米ゴルフかなんかで松山秀樹が好成績をあげた試合があった。
何番ホールかで、歩いて第2打地点に到着、やおら紙を取り出して腕組み。
当分打ちそうにないので、隣のチャンネルに切り替えた。
そこでは、王者フェデラーが、A.ズべレフに敗れた試合。
好調ズべレフが40−1からサービスをキープしてエンド交代。
で、チャンネルを元に戻したら、なんと松山は、まだ同じ場所で打球体制にも入っていないやないか。
この差は何や。
ゴルフで腕組みをしてゆっくり考えているうちに、テニスの選手は走り回ってるんやぞ。
しかも打ったら終わりやない、相手はさらに攻撃をしてくる。
ゴルフは、走ることもなければ、荷物を使用人に運ばせて、ああやこうや教えてもらって‥、打ったら打ったで、邪魔をしに来る敵もない。
そういうスポーツやといえばその通りかもしれない。
どっちが楽に金儲けができるかは言うまでもない。

この前、ゴルフの解説の人が言うてた。
シート落ちした女子選手が、これはイカンとトレーニングに取り組んで、次の歳シードを確保したのを褒めていた。
トッププロのユータ選手が、昨年から筋トレをして飛距離が伸びたとか。
わざわざ話題の出すぐらいやから、ゴルフは、トレーニングみたいなしんどいことはしないのやろか。

2017年09月10日

明日は911

絵とか映像を入れるのが面倒なので本日は省略。

ボクがまだ元気だったころ、けっこうハイレベルの連中にテニスに誘われた。
一人の曲者がいて‥サービスをする前にやたら睨むのである。
1ゲーム消化したら、すぐにその傾向が分かった。
必ず視線の反対側コーナーを狙ってくる。
言わんでもエエのに、勝ち誇ってそのことを相手に伝えてしまった。
‥2年ほどして、その曲者と本チャンの試合で対戦することになった。
今度は、勝負時だけ反対コーナーを狙うように変更してきやがった。

遊びでなくて、現実の世界で、北朝鮮と米韓日がニラミあっている。
やれミサイルや水爆や島根から高知上空を経てグアム島を攻撃するとか。
兵器の性能を誇示するためやったら、その通り来るかも知れん。
サービスを狙う場所を、相手に教えるはずがない。
アメリカも日本も、それを丸ごと信じているとはいないと思う。
9月9日の建国記念日に何やらやらかすかも知れないという話もあった。
相手側の予想を覆すのが、陽動作戦の基本。
明日は、アメリカにとっては忘れられない9.11である。
北の国は、また何かを企んでいるに違いない。

しかし、米朝両国とも最終形をどう考えているのだろう。
核保有国と認めさせても、国が豊かになるとかのメリットはあるのか。
一方、大国側としては、現政権をひねり潰すのは、難しくないと思う。
そのあとをどうするかが大きな問題。

当分この睨み合いは続くのだろうか。
itatek at 23:36|この記事のURLComments(0)日記 

2017年09月08日

今日の丹波行き

IMG_1185

暑くもなし寒くもなし、絶好のバイク日和。
で、大きいほうのオートバイを駆って、丹波方面へ。
ちょっと前まで適当な距離やった篠山は、遠くなってしまった。

昼飯は、久しぶりに三田市内の 蕎麦一 (そばいち)へ。
ここは、顔も名前も知らんくらいのテニス部の後輩が経営する人気店だ。
儲かったと見えて、奥の座敷まで客席にするなど大幅に改装してた。
今日は、珍しく蕎麦切り以外に天ぷらを頼んだ。
よーわからんが蕎麦ツユが美味しくなったみたい。
天ぷらは、これでもか!っていうくらいたくさん盛られていた。
食べるスピードが遅れたからか、揚げ方に問題があるのか、最後は油が回ってしまっていた。 
もうひとつ言わせてもらうと、蕎麦の不揃いが気になった。
5点満点では4点を差し上げる。
( 店主の友だち君、伝えといてちょうだい )

今日の目的は、コープの広報誌ステーションに載っていた感じの良さそうな店 丹波立杭YAMATO cafe
146号線三本峠の交差点から舞鶴道の高架を潜ってすぐ左。
すでに10人くらいの女性客で満員率7割くらい。
蕎麦を戴いたあとなので、売り物のパンケーキとコーヒーだけ。
客席担当のお姉さんの感じがいい。 それだけで店内がグッと明るくなる。
スフレパンケーキは、生クリームがタップリ。
12時過ぎ、食べ終わったころには満席。
見渡したら男性客はボク一人。 ヘルメット姿のライダーは浮いていたかも。

そのままお馴染みの信水窯まで足を伸ばした。
さっきのカフェの話をしたら、奥さんが「良く入れましたね!」
平日でも、朝の11時から行列ができているそうだ。 女性ばっかりで‥
それと、急いで食べても頭の痛くならないカキ氷が評判なんだそうだ。
itatek at 21:13|この記事のURLComments(0)食べる 

2017年09月01日

カフェレーサー

IMG_1183

ついに変てこバイクが、手元にやってきた。
撮影場所は、芦屋川畔の有名な高級玩具店スオミの店頭。 隣にはこれまた有名なシャレた生地屋さん チェック&ストライプがある。

やってきた経緯はややこしいので省略するが、ホンダの AIP ( エイプ ) というミニバイクの改造版である。 AIPで分からなければ、有名なMONKEYの親戚と思っていただければいい。

改造中には、バイク屋の店頭にて注目の的やったとか。
色とマフラーには、大幅にボクの意見が採用された。
タンクとシートとフェンダーは大将の手作り。
シャーシーを伸ばしてホイールを大型のモノに変えた。
ありあわせの中古製品ゆえ、生意気にも前後ディスクブレーキ。
肝心のエンジンは、50を82ccにボアアップ。
しかし当初は、そこらに放ったらかしにされていたのでまともに動いてくれなかったが、エンジン交換やら、度々の調整で一人前になってくれた。

さっそく自慢しにテニス倶楽部に乗って行ったが、ここでも少年の心を持った年寄りたちが集まってくれて、ボクも鼻高々。

今日の昼間、快適に走っていたが、前を横切るオバさんにホーンを鳴らしたがウンともスンともいわない。
バイク屋の大将が、ホーンを付けるのを忘れていたらしい。
ま、手作りやからシャーナイか。
itatek at 21:11|この記事のURLComments(2)バイク 

2017年08月28日

往く道じゃ

oldmen

今日の泌尿器科医院は大変やった。

ボクが到着したのは9時30分。
患者は6人、明らかに年上が3人、同年代が2人‥立派な老人介護施設みたいやった。
ボクの前の人が呼び出されて 「 これ、奥さんの保険証です。 」 って言われて舌を出していた。
次、家で入念に診察券と保険証を用意していたのに、財布の中で行方不明になって大騒ぎしている人。 ボクのことやけど‥
次、娘さんの介護付きで来たお婆さん。 尿検査のトイレに行くだけでプラス看護師さんの助けが必要。 で、ボクは受付の前に座っていたので席を代わってあげた。
次、杖を付いてヨロヨロと一人で現れたお爺さん。
受付前の荷物置きの丸椅子に腰掛けた。 頼みの杖が床にパタン。
ボクは、床の高さの屈むのが大の苦手。 でも、その爺さんよりは若いから
手助けしてあげた。 お節介が好きなわけではないが座った場所が悪かった。

やがて、待合室は満員になった。
呼びだされても熟睡していた人。 起こされてから立ちあがって診察室に到着するのに看護師さんが手助けしても3分くらい掛かった。
そうこうしているうちに、ボクのお腹がグルグル鳴りだした。
トイレは‥一人が尿を採るのに10分‥オシッコをコップに入れるだけでどうしてあんな掛かるのかしら。
とにかく、トイレが空かないんである。
あいにく、呼びだされたのと空いたのが同じタイミング。
この状態で下腹部に低周波をかけられたら、ますます便意をもよおす。
診察室からトイレを回って出てきたら、二人ほど熟睡中やった。

笑ってはいけません。 これから往く道です。
itatek at 22:10|この記事のURLComments(1)日記 

2017年08月19日

ぎょうれつ

line

昨日の投稿を読んでいない方は、先に目を通しておいてください。

で、今日も暑い土曜日のテニスやった。
湯だった胃の腑は、冷たいウドンかソーメンしか要求していない。
ウドン屋は、御影市場以外にも、たくさんある。
ということで、本日は讃岐うどんの丸亀チェーンにした。
シャワーで汗を流して、アロハに着替えて‥到着したのは11時25分。
東灘食堂と隣り合わせの(ひょっとしたら経営は同じかも)駐車場は満員。
無事、空きスペースを見つけたときには、すでに10人以上の行列。
おろし醤油ウドンとカキ揚げとサツマイモの天ぷらで、〆て590円。
思わず やす! って叫んだら ワンコインを目指してます!
マト彦くんも注文は別やったけど、同じ値段で同じくらい満足した。
行列を待っている間に見つけた貼り紙には 「 ご希望の席があれば係員に申し付けください 」 とあった。

寄り道して阪急御影の 高杉 の前を通った。
この店は、ケーキが人気の茶店だが、今月末で閉店。
本社は元町の高砂屋であるが、経営方針により、この店は閉鎖とのこと。
店長は ウチは儲かっているのに‥ と不満げやったとか。
店長の言葉どおり、閉鎖の貼り紙をしてから、連日、店を惜しむ客で列をなしていた。
この暑いのに、今日も1区画の行列ができていた。
ボクには、並ぶほどの店とは思えないけど、しっかりと客の心をつかんで、いい思い出をたくさん作ってくれた暖かい店やったんやろう。
itatek at 21:48|この記事のURLComments(0)食べる 

2017年08月18日

暑かった日

狭いで

それは2週間ほど前の暑い暑い週末のこと。

友だちと2人で、冷たいウドンを食おうということになった。
ウドンというと、御影市場のうどん屋しか思いつかなかった。
そう、別の場所にあったときは評判やったけど、どうしたことか移転してから満足度が落ちてしまったあの店。
おまけに、要らんこと言いの店員のいる店。

4人掛席が3客、2人席が2客、あとはカウンターで、20人くらい座れるのに客は、まだ6人やった。
前の店やったら、開店前から小さな行列ができていたのに‥
奥の4人掛けには、オバさんが占拠、賑やかで暑苦しいけど、別にオバさんたちが悪いんではない。
店員が、「 奥の席にどうぞ‥ 」っていう
空いている4人席に「 座ってもいい? 」 って聞いたが、頑固に「 2人席にお願いします。 」ときた。
壁とオバさんの集まりに挟まれたら、窮屈で美味しくない。
それほど気を悪くすることでもないかもしれんが、なんせ愉快でない対応が続いている。
ムッとして「 そしたら出るわ! 」即刻キビスを返したら、後ろから「 いえ、どちらでも結構ですよ! 」ときあがった。
もう遅いわい。
客は、席は選べんでも店は選べるわい。

急遽、近くの評判の洋食屋 瑠美 に変更した。
ここは超人気店にも関わらず、2人客でも、気持ちよく4人席にどうぞって案内してくれる。 その日は、格別に美味しかった。

帰りにさっきのウドン屋を覗いたら‥ヒマそうにしとった。
itatek at 19:02|この記事のURLComments(0)食べる 

2017年08月12日

11.5度

low
ゴルフの話。
ボクのショットは、どうも球が低い。 とくにドライバー。
原因は分かっている。 関節‥とくに手首が固いからである。
テニスの場合には、その欠点を利点として生かすことができている。
負けたくない一心と、努力と工夫の賜物やと思っている。

ゴルフでは、負けたくない気持ちはないではないが、努力が足りないのは明らか。 
なんとか最小限の努力で上達しないかと、都合の良すぎる希望的な考えをしている今日この頃。
だいいち、1セットしか持っていない道具を倶楽部に預けっ放しでは、トイレでのイメージトレーニングでは努力どころではない。

で、ドライバーショットの球が上がらない話に戻る。
優しい同伴者からは、打ち下ろしのホールは得意ですね‥って褒めてくれる。
今は10.5度のグローレを使っている。 ヘッドの白いヤツ。
前は、球の上がりやすいダンロップのゼクシオ11.5度を使っていた。
テニス用品では、最近ダンロップはボクのことを大事にしてくれないので、ゴルフでは、浮気をしてやったのだ。
あとは、努力と技術でなんとかするつもりやったが、どーもいけません。
親切な同伴者は、さかんにロフト角のある11.5度を勧めてくれる。

翌々日、馴染のゴルフショップに電話を掛けて、交渉は成立した。
今日分かったことやけど、ちょうどその時、勧めてくれた同伴者が来店していて大笑いしてたそうや。
ということで、秘密の新兵器の情報が漏洩してしもた。

しかし、これでティーショットは、大丈夫。
あとイッパイあるけど、フェアウェイで10ヤードしか進まないウッドとアプローチのトップ、運頼みのバンカーショットやね。

2017年08月11日

夏休み

せみとり


どこへ行っても暑いし、どこへ行っても混んでる。
ブログも気まぐれ夏休みします。

上の絵も、前に使ったヤツ。

itatek at 16:44|この記事のURLComments(0)日記 

2017年08月04日

可哀そうな黒豆

IMG_1175

3鉢のうち、一つだけ花を咲かせた丹波の黒豆。
隣の駐車場のフェンスをはさんで蓮の花と背中合わせの鉢である。

今朝は新しい蓮が開く予定やった。
蓮はともかく、枝豆の鉢が無残にも地面に転がっていた。
土の大半が散乱しただけやない。
青くて頼りない幹が引きちぎられているではないか。
人間なら、そんなジャマ臭いイタズラは、せんとおもう。

昨年、篠山は立杭の窯元が言ってた。
外に地植えしたヤツは、鹿にやられて全滅したとか。
わが家には、野良ネコ・アライグマ・イタチ・カラス・サギ・冬でも半パンの正体不明の外国人‥いろんな生き物が出没するが、鹿はおらん。
犯人はイノシシに違いない。
一週間前ぐらいに、地中のミミズを食べるために、前の神社の敷地を穴だらけにしたところだ。

鉢は、写真みたいに埋め戻しておいたが、豆をつけるのはムリみたい。
風も何もないのに、ゴルフ場の樹木が倒れるくらいやから、ちょっとくらいではビックリせんぞ!

2017年08月03日

木が倒れた

pine

昨日の芦屋カンツリー倶楽部は快晴やった。
8月の太陽がンギン照り付けて微風、立派な入道雲と、白洋舎のシンボルマークみたいな美味しそうな雲‥夏らしいコンディション。
でも、下界と違って日陰に入ると涼しい風が吹き抜けてくれる。

午後アウトの5番ショートホールに差し掛かった。
ところが、茶店の美しいお姉さんの姿が見えない。
今なら冷たいモノ飲み放題‥ヨコシマな気持ちが少しだけもたげた。
なんと、1番ホールとの間の老木が、人の背より高いところで折れて、上部がコース上、カーと道の上に散乱しているではないか。
そういえば、4番ホールを上がったところで大きな音がしたような。
でも、ゴルフ場では、作業の色んな音が聞こえるのは珍しいことではない。

茶店のお姉さんの話によると、風も何もないのに突如木が左右に振れ出して、轟音とともに崩れ去ったとのこと。
真横にはカート道があり、よく引っ掛けて90ヤードくらい残してしまう大切な場所である。
もし4番のロングで、ボクが2桁も叩かないでスムーズに通り過ぎていたら、惨事が発生していたかもしれない。

そう思うと、カート道沿いの樹木の横を通る度にイヤーな気持ちになる。
2〜3年前に植えられて、まだ根の張っていない若い樹だって危ないといえば危ない。

ボクのブログ以外に話題にもならなかったが、気をつけていても、どこで何が起こるかわからない世の中であります。
ボクはラウンド中はスマホを持ち歩かないので、映像に収めることはできなかったが、実際はもっと大変な状態であった。
itatek at 18:12|この記事のURLComments(0)日記 

2017年07月31日

初黒豆

IMG_1171

今日もまた下手な写真ですが、引き続き植物シリーズ。

テニス仲間から、丹波の黒豆を戴いた。
食べるんでなしに、育成用の種として。
で、ホームセンターで野菜の土を買って植えといた。
今朝見たら、可愛い花をつけていた。

分けてくれた人は、技術系の人。
ちゃんとネットで調べて教科書通りに育てておられる。
ボクはそのまま、野菜の土に指先で押し込んだだけ。
教科書によると、一晩水に浸けてふやかしてから蒔くのが正式やそうやが、浸けずに埋めたボクの黒豆も、負けずに発芽率9割を誇っている。
エエ加減な人生を送っても、大した苦労もせずになんとか生きながらえているボクの人生みたい。

摘芯されましたか? と聞かれて へ、テキシン?
子葉が落ちて、ホンマもん葉が出たら、大きくならないように芽を摘まないといけないそうだ。
とっくにボクのは、時期を失している。
けど、花は咲いた。
サヤが生ったところで、丹波の土を使っているわけでないから、あの味の豆ができるわけではないが、なんか嬉しい。

ボクのエエ加減な枝豆の苗は、他に2軒に配って育っているが、果してどうなっていることやら。

2017年07月30日

蓮 2017

IMG_1170

今年は、もう咲かないと諦めていた蓮が華をつけてくれた。

3鉢全滅かと思ってたら、頼りない葉を出した。 一鉢だけ‥
3枚くらいになったとき、近所の茶人から、お茶会に使うので一葉分けてくれないかと依頼された。
気前よく一番元気なのを切ってください!と快諾した。
それが良かったみたい。 あとからもっと元気な葉が出てきた。
お礼に、上等のマンゴーを3個頂戴した。
葉っぱ一枚で、マンゴーを釣ったことになる。

葉の出た鉢だけ水の減りが激しい。
根気よく水を足していたら、かわいいツボミが現れた。
そして今朝、半咲きの華一輪。
ところが、咲いた場所が隣の大地主の駐車場のフェンス際。
いいアングルで撮れなかったけど、これくらいにしといて。

例年と違うことは、咲いた後のお礼肥えを入れなかったような気がする。
栄養があろうかと思って池の汚泥を足したのも悪かったかな。
なんせ、琵琶湖の水生植物園の蓮も全滅したくらいや。

今年生き残った蓮根は、お礼肥えをタッブリあげて、来年も頑張ってもらおう。

写真の手前は、あえなく撃沈した鉢。
左は、丹波の黒豆の成長過程。

2017年07月27日

片付け

kataduke

住人がいなくなったマンションを片付けることになった。
ということは、わすかなお宝とゴミばかりである。
ゴミの中には思い出の品が含まれるが、たいせつな品かそうでないかの区別は、難しいところ。
だからいつまで経っても片付けられないのであるが、他人から見たら、マンションの形にゴミが詰まっているともいえる。
無駄な買い物はするがもったいなくて捨てられなくなって、歳を重ねるとますますその傾向が強くなって、その量たるやものすごいことになる。
最近は、斯様な手に負えなくなった住居を整理してくれる業者も増えたそうだ。
この業者も乱立気味で、ピンからキリまである。

こんど依頼した業者は、使えるものは選別して再利用してくれて、全部ゴミとして処分されるよりは、少しは気分がいい。
そして再利用に回された品物の代金は、差っ引いてくれる。
ボクは何にもしてないけど、この暑いのによく働いてくれた。

ところで、朝から大変やった。
マンションの管理人さんと打合せして、搬出の段取りを掲示板に張り出しているにも関わらず、色んな事を言いだす人がいるものだ。
緊急用のスペースを使って極力邪魔にならないように気を配っているのに、廊下の反対側の何の影響もない住居のオバハンが、荷物を置いている時間が長すぎる‥とイチャモンを付けてきた。
作業を開始して1時間半しか経っていないというのに‥

どういう家庭に生まれて、どういう育ち方をしたら、あんな風になるのかしら。
てめえの家が退出するときは、どないするつもりなんやろ。
itatek at 20:46|この記事のURLComments(0)日記