2017年02月19日

まだ寒い

IMG_1056

春は、すぐそこに‥の言葉につられてオートバイで走った。

屋外の気温計は8℃。
2〜3年前は、これくらいの気温でも京都の亀岡とか養父あたりまで走りまわあっていたはずや。
で、とりあえず行き先は、篠山に決めた。
しかし、盤瀧トンネルの手前で、おテントさまが陰りだした。
ここで引き返したら男がすたる。

問題はオシッコがどこまで持つか。
篠山市内まで15キロあたりの立杭の郷で、我慢できなくなった。
このあたりで、気楽にトイレを借りれる場所は、信水窯。
店に断りを入れるまえに飛び込んだ。

イロイロ焼き物の話をしたが、それより遠くへ走る気がしなかった。
風にあたらないようにゆっくり、信号では、陽のあたる場所を探して‥
2時に家に着いたが、身体が暖まったのは5時ごろ。

やっぱり歳のせいかな‥

2017年02月18日

イライラの季節

IMG_1055

確定申告の季節。
税金を払うのに、なんで苦しい思いをせんといかんのか‼︎

その都度コツコツと記録しておけば楽やのに、と反省。
反面、最後にまとめてやったらエエやんと思う気持ち。

とにかく、頑張ってます。

2017年02月15日

お騒がせネコ

IMG_1054

降りられなくなったお騒がせネコ‥その後。

結論から言おう。 
昨日の午後、餌を食べに来た白黒ネコを次男が確認した。
ネコとは言葉が通じないので、どのようにして脱出したか不明。
空腹に耐えかねて意を決して屋根に乗り移ったのか、隣人の大地主が架けてくれたハシゴを使って降りたのか‥

最初に発見した次男に話によると、ガツガツ食べていたとのこと。
薄汚れたように見えた体も、スッキリしていた。
実は、優しい隣人(地主)は、2日間、ハシゴを登って水とキャットフードを差し入れしてくれたようだ。

で、無事発見をメールで送ったら、隣人も脱出成功に気がついていなかったらしく、喜びの返信が来ていた。
返信の返信に、「 あのネコは臆病で賢くないので、また同じ過ちを繰り返すかもしれません。 その時はよろしく‥ 」 と打っておいた。

2017年02月13日

カラスは友だち?

IMG_1053

あれは何のテレビで見たのかな?

カラスは小学生並みの頭脳を持って、色んな判断ができる‥とか。
ボクの歳でも、小学生並みの行動しかできないのがいるから、一概には言えないけど、とにかくカラスは賢い。
毎日話しかけると、カラスも警戒しなくなり、ゴミを荒らさなくなったとか、友だちになった子どもがイジメに遭っているときに救援に行ったとか‥

今日も前の神社にカラスが飛びまわっている。
「 どうしたん? 」 て声を掛けてみたら、無視はするものの、別に逃げもせずに木に止まったまま。
続けて話しかけたら、やっぱり警戒する様子はない。
書いてあったことはホンマかも知れない。

人が歩いてきた。
変な爺さんと思われそうでコミュニケーションは中止した。
ネコは餌のときだけしか寄ってこないけど、カラスは、毎日声掛けしたら友だちになれるかも。

2017年02月12日

ネコの救出作戦

IMG_1052

隣の大地主の(元)牛小屋(今)ガレージの2階から、ネコの鳴き声がする。
それは、助けを呼ぶような声で、一昨日から。

開けっぱなしの無双格子の隙間から上半身を出す白黒のネコ発見。
登ったものの降りられなくなって、助けを求めているようだ。
そういえば、昨日あたりからノラの白黒が飯を食いに来ていない。
泣き叫ぶアイツは、間違いなくわが家の白黒や。

今日は、兄弟の茶トラと黒の片足が困ったな‥てかんじで付近をウロウロ。
見上げたら逃げもせず盛んにニャーニャー。
けど、そんな高さの梯子もないし、どーしょもない。

で、隣の大地主に電話してみた。
牛小屋の2階は、人間は昇り降りできない。
地主曰く、昨日は茶トラと一緒にいたが、白黒だけ降りられずにとり残されたみたい‥とのこと。
「登ったんやから大丈夫やろ‥」と仰るが、ネコの爪は登るのには適しているか、降りるようにはなっていない。
高いところに上って降りられなくなったネコのニュースは、しょっちゅうある。
それを説明しても、地主の反応はもひとつ。

途中経過‥、今のところそのまま。
わが家の次男は、よくネコとしゃべっている。
ボクたちとしゃべってる時間よりズッと多いから、コミュニケーションをとってなんとか助けてくれんかな‥と思ってるんやけど。
あいにく、次男は、演奏のため、大分までのフェリーに乗っている。
そのうちに空腹に耐えかねて自力脱出するかも知れんが、飢え死にされたら困る。
その原因の一つに、ネコ缶を大量に余っていること。
本山のダイエーに車を停めて1000円買いものをしたらタダになるので、どうせ買うならネコ缶を仕入れたのに。
いなくなったら缶詰が余ってシャーナイやんか。

2017年02月10日

テニススクール

IMG_1051

テニスコーチの仕事を離れて12年。
干支を一回りしたことになるが‥。

最近のテニススクールは、どうなっているのやろうか、と思うことがある。
ジュニアのトーナメントを見ることがあるが、上手いこと指導してるな、ということが分かる。
ジュニアはともかく、オッサン・オバさんたちの話を聞くと、スクールでは、ほとんど教えてもらったことがない‥の声が多い。

なんか変や。
ていうか、したらイカンことは注意される。
それにはどうしたらいいかは、言ってくれない。
できなかったら、言うこと聞かないのが悪いと怒られてオシマイ。
たまに隣のコートでのレッスンを横目で見てるが、まったくその通り。
毎週同じことの繰り返しで、我慢大会なのか、ただの練習会なのか‥

何を注意されているかは、本人の言い訳でわかる。
もっと前に詰めんとアカンね。
構えんとボーっと見てた。  ‥などなど。

10年間できないことを指摘され続けるのは、指導法が悪いから。
せめて3回目には、答が出るようなアドバイスを持ってないのか。
答が出なかったら、他の方法はないのか。

理論もないのに、間違ったことを言い続けて生きながらえている人もいる。
一般向けのテニスコーチは ♪ 気楽な稼業ときたもんだ。

2017年02月07日

車検

IMG_1050

1回目の車検は買ったディーラーに出した。

国道2号線にある高級車を扱う会社だけに、お金持ちで細かいこと言わないお上品な顧客を相手にしているような、そうでないような‥。

入庫の予約をさされたのは、半月くらい前の話。
前日に確認してきたらよさそうなものやのに‥危く忘れるところやった。

税金など諸費用8万円を前納してくれという。
町工場ならいざ知らず、ここは大会社‥今日は月半ばで3日間の作業終了後にまとめて請求してきたらいい。何か問題があるというのやろ?
ケチくさいこと言うな‥と文句を言うたら 「 よく言われます 」
これは、その場しのぎの常套言い訳。
言い訳したり具合が悪くなったらすぐに話題を変えるのには慣れている、‥しっかりお目玉を食わしといた。
「 よく言われるんやったら、なんで改めへんねん 」
車は代車を用意するから、工場まで持って来いという。
代わりにノベルティ商品を差し上げます‥の葉書につられた。

いろんな書類の最後に意味のわからんサイン‥領収書を受け取ったというサイン?を書かされた。 そやのに、車を預けたという受け取りも上記の領収書の受け取りもの控えを貰っていないのはなんでや。
それと、ノベルティ商品は、葉書を持って行かなかったので貰えなかった。

自分ヨガリの押しつけを改めないので、その弱点を国産のレクサスに突かれているのではないやろか。

2017年02月05日

歌の話

IMG_1048

誰かの投稿の中に、その昔YMCAの讃美隊に選ばれて、九州まで遠征した‥とかの自慢話があった。
以下の話題は、前に投稿したことがあるが、嬉しくない思い出が頭の奥底から浸み出してきたので‥

ポクだって、社会人1年目の教育寮の風呂場で、菅原洋一の「知りたくないの」を口ずさんでいたら、コーラス部に誘われたことがあったんやぞ。
一流建築会社の建物ゆえ、浴室が心地よく響くからか、コーラス部に人材が不足していたかのどっちかやろうとは思うが‥事実として記載しておく。

それは、小学校コーラスの授業のときの話。
気持ちよく歌ってたのに、真ん中あたりから変な声がする‥と指摘があった。 
露骨にボクを名指しするヤツ、声には出さないが冷たい光線を向けるヤツ、絶対にポクより下手くそなヤツまで一緒になって‥
2回目、ボクは口パクで歌った。
そしたら先生 「 今度はよくできましたね。 」
か弱い心に深ーい傷が入ったのは言うまでもありません。

それから何十年、ボクより下手クソな友だちにカラオケバーに誘われた。
あの忌まわしい思い出を話して‥丁重にマイクを断った。
その友だちは何というたか。 「 2回目は僕も、口パクしとってん。 」
そう、心当たりのあるヤツは警戒する、自信のあるヤツだけで歌うから、上手く行かないハズがない。

正当に判断して、その時の変な声は60%くらいの確率でボクの声。
その後、テニスのレッスンで声を潰して‥さらに咽喉がおかしくなり、歌が歌に聞こえなくなってしまった。
耳鼻咽喉科の先生にも見捨てられた。
歌詞がなかったら、何の曲か分かってくれないときがよくあるのが悔しい。

2017年02月03日

節分 2017

IMG_1047

今日は節分。
 鬼が恵方巻きをかぶって、どないすんねん‥の図。

海苔屋に乗せられているのを承知で、恵方巻きを買いに行った。
テレビによると、豆まきの豆は、東北・北海道と九州の一部では、大豆でなくて落花生なんやそうや。
巻き寿司の具だって、この辺では穴子が入っているのは常識。
全国的には少数派で、ところ変われば何とやら‥クルミが定番やったり、イカリスーパーでは、5千円以上の高級な恵方巻きが平気な顔して並んでいた。 
ボクんちのは、1巻き600円のスタンダードなやつ。

風習とはいえ、あの太いのを黙って丸かじりは、少し無理がある。
このグルメ時代、かぶりついたら、ひとことコメントを言いたくなる。
腹がイッパイになって他のモノが食べられなくなる。
願いことするのん忘れてた。

おい!正義の国アメリカよ。
大統領を選んだ責任は、自分らでとれよ。

2017年02月01日

可哀そうな原チャ

IMG_1044

だいぶ前から、東灘のバイク屋に気になる原チャがあった。
エンジンが外されてフレームが切り刻まれて、長いこと放置されていた。
昨年の夏過ぎから、変化があって、自衛隊カラーに塗装された。

その後、見た目では一向に進んでいない。
年末には、カスタムのタンクも仮取り付けされていた。
客からの注文にしては、いくらなんでもペースが遅すぎると思う。
聞いてみたら、カスタムの注文が、途中でキャンセルになったとか‥
ああ、可哀そうな原チャ君。 
バイク屋の大将も、もっと可哀そうや。

で、ボクの今のバイクは、走っている間は快適やけど、ガレージから出したりり取り回しがしんどくなってきた今日この頃。
原チャ君は、エンジンは50ccを80までボアアップしてあるとのこと
チョイ走りとしては、ちょうどヨロシイ。
たぶん、原チャ君は、わが家に里子に出されると思う。

2017年01月30日

小桜 ( こざくら ) 水道筋

IMG_1045

水道筋商店街とは、どこからどこまでを指すのかしらないけれど、大正時代に西宮から神戸にかけて地中に水道管が敷設され、それに沿って立ち並んだ商店街のことを言うらしい。
ボクたちは、なんとなく六甲道から王子公園あたり‥って感覚。

その水道筋の一角‥、ていうか、阪急王子公園駅のすぐ前に、寿司屋 小桜 がオープンした。
明石で人気の寿司屋・希凛で修業したヤッさんが、独立・開店したもの。
ヤッさんは、まだ30歳と若い。

で、昨日11時半に予約して行ってきた。
場所は、お世話になっている東川皮膚科の近くで、なんとなくわかる。
コインパーキングに停めて探すと、ヤッさんとバイトのお姉さんが道に立って出迎えてくれた。
出迎えてくれるはずや。 客は誰もおらへん。
前の寿司屋の店舗をそのまま使った感じ。 
内装はシンプル、一人で握るには少し広いくらい。
今日のところは開店祝いの花が並んでいたからいいものの、店の看板が小さすぎて、ここに寿司屋があるのが分からない大人しさ。

で、料理の方は、希凛でマスターしたものに、自分の工夫を加えたもの。
彼の実家が仕出し屋を経営していた関係で、すでに自分なりの技術があるようで、値段に見合う立派な味を出している。

オープンしてから3日、客足の方はさっぱりやったそうで、ボクたち夫婦以外に、若い男性が一人フラッと入ってきただけ。 でも満足して帰りはった。
それでも寂しいので、その場でfacebookに投稿しておいた。
すると今日の夕方、それを見た友だちが足を運んでくれたそうだ。

まだ認知度がないので苦戦しているらしい。
本格的なお寿司を食べさせてくれるので、覗いてみてください。

2017年01月26日

神戸バイカーズカフェ

IMG_1043

今朝も蓮鉢が凍ってた。 
こんな寒い日は、コートも空いてるやろうとラケットを背負って出掛けたが、アニはからんや‥倶楽部ハウスまでジジババで溢れかえっていた。 全コート2回待ち。
( ジジババでない方おられたらすみません  全員そうやったと思います )
友だち (この人もジジイ) に、満員やから帰るわ! 
引きとめてくれるかと思ったら、そやな! やて。

なんとなく43号線を西に走って、バイク屋でカスタム車ウォッチング。
そや! この前、ヤナセで待たされていたとき、2号線の反対側にライダーズカフェができているのを思い出した。
ウィンドーには、古いBMWとハーレーのチョッパーが飾ってあって‥オートバイとコーヒーの組み合わせなら覗いてみないといけません。

怖い兄ちゃんかと思いきや、奥から顔を出したのは若いママ。
客はボク一人。 
モーニングサービスやらランチやらメニューはたくさん。
黒板に猫3匹のイラストがあったので、ボクの野良ネコを自慢しといた。
話しているうちに、ママが国道の路面電車を知っているのが判明。
確かボクがサラリーマン2年目くらいに廃止されたはずから、その前の生まれ。

それはどうでもヨロシイ。
コーヒーはハギワラ珈琲、挽きたてをドリップで淹れてくれたけど、なんかパンチが欠けていた。
カレーとかランチとかも食べてみたい気がする。

2017年01月23日

ウッドベースを運ぶには

IMG_1041

演奏がある度に、でかいウッドベースをケースに入れて大事そうに引きずりながら出掛けて行く次男。
ソフトケースでも相当大きい。

車で移動するにも、積み下ろしの苦労と知らない土地への運転を考えたら、電車のほうが楽チンやという。
さりとて、わが家の 白いライトバンでは目立つから嫌やという。
この辺りでは、日産や三菱車より目立たないのに。
ワンボックスタイプは背が高すぎる。
小さい車では、積みこめない。
大きいのは値段が高い。

買うなら中古でいい、けど、積み込めるかどうかを確かめるのは、新車デーラーの方が早い。
買いもしないのに、営業マンをその気にさせるのは胸が痛むけど‥

結局、今日のところは、後部座席をたたんだだけで、素直に詰める車は限られることが分かっただけ。

2017年01月20日

♪ 生演奏

♪〜

ウッドベースを弾いている次男が、ときどき友だちを連れてくる。
聞いても答はいつも 「 ともだち 」 だけ。
ふつう家に呼ぶのは、友だちか知り合い。
2週続けて、その友だちやらが一人づつ家にやってきた。
( 残念ながら男 )

わが家のリビングの上に、次男の部屋がある。
2階の床をコルクタイルにした関係で、音が筒抜けで伝わってくる。
話声は聞こえないが、携帯が振動しただけでわかるくらい。

けど、エエこともある。
2階で演奏のリハーサルをするから。
一人の練習やったら、具合悪いところばかりを繰り返えすから、聞いていてもあまり楽しくない。
ところが、ライブ前の音合わせになると、いちおう最初から最後まで演奏してくれるし、真剣さが違う。
最初の日はトロンボーン。 二日目はサックス。

昼間から生演奏が聴ける家なんて、そうないぞ!

2017年01月19日

クレーコート

IMG_1038

昭和50年代以降からテニスを始めた方はわからないと思うが、その昔、わが国では、テニスコートはクレーとアンツーカの2種類しかなかった。
どっちも土のコートである。
レンガを砕いたのを敷きつめた上等のがアンツーカ。
全仏オープンで使われているコートである。
普通の土の色をしたのをクレーと呼んで区別していた。
全豪オープンがクーヨンで行われていたころはクレーコートであった。
アンツーカは、水はけが良い、その代わり冬場の凍てつきに弱い。
クレーは、凍てつきには強いが、水はけに難点がある。

凍てつきは、霜柱が立って地中から水分が上がってくる状態。
乾いても土の結合が悪くなり、サクサクになってラインも浮き上がってしまう。
朝、張り切ってコートに出掛けたら、ジュクジュクになってテニスどころではなかったことが度々あった。
対策としては、前日からコート一面にムシロを敷いておく。
あるいは、塩化カルシューム(にがり)をまいてしのぐ。
いずれも、ローラー掛けは必須の作業だ。

現在テニスを楽しんでいるかぶと山のコートは、昔懐かしいクレーコートである。
水はけのためアンツーカを混ぜているのでセミアンツーカになるかな?
個人所有のため雨天後の水引に難点があるが、今年のように寒波が押し寄せてくると、凍てつきのダブルパンチをくらう。
オーナーとそのスタッフが、日々のメンテをやってくれているが、大変だった作業を思い出して、感謝している今日この頃である。

2017年01月16日

ドレスコード

IMG_1036

気がつかんかったけど、テニス倶楽部の掲示板に貼り紙があった。
メンバーがどこかの大会で優勝したとか、新入会の紹介とか、役員がどうのとか‥その中で、クラブの品位について大きなスペースをさいていた。

品位‥名前に国際が付く由緒ある倶楽部だけに、必要なことである。
新たに掲示したということは、何か抵触した事例があったからやろう。
問題がないのに、わざわざアナウンスすることはないからね。

又聞きの又聞きにつき具体的なことは不明だが、誰かがウェアについてお叱りを受けたとか‥
ドレスコードは時代によって変化するので難しい問題だが、男子のポロシャツは襟付きとかテニスウェアとして販売されているものに限るとか‥現時点で、この倶楽部では、守って行かねばならないと思う。
コーチマニュアルの最初に、一般プレーヤーの模範になるべしという項目がある。
コーチがTシャツを着用している時点で指導者として失格なんていうのは、もう古い考えだろうか。

問題のお叱りは、華美にならないように‥の項目に抵触したらしい。
これは基準があってないようで、客観的に規制するのは難しい問題。
華美はカラーを指すのか、形を指すのか、組み合わせなのか‥これを裁かねばならない行司さんも、さぞかし苦労したことと想像する。

ボクなんか、70歳も過ぎてるのに、真っ赤なポロシャツ、裾の破れたウォームアップを来ているから、あまり褒められたもんではない。
若くて可愛い女性の派手なウェアは、好ましいと思うが、年齢が高くて見た目が良くなかったらイカンのか‥これを言い出したらキリがない。

交通整理する人も大変やと思う。

ふたたび魔法使い

IMG_1035

再び挑戦した。
お爺さんかお婆さんかよくわからない。

2017年01月14日

魔法使いのお婆さん

IMG_1033

魔法使いのお婆さんが現れた。

近くにこんな人がいるとか、夢に出てくるとか、
ボクの精神状態が不安定やとか‥
そんなことは、まったくありません。

ただ、絵の白黒のコントラストが上手くいかなかったのが

2017年01月13日

葉書交換

IMG_1032

やっと年賀状も一段落。

余った年賀葉書、書き損じた葉書などは、郵便局で交換してもらえるのは、ご存知やと思う。
何年も貯まったそれらの葉書を集めたら相当の数になる。
今日、家内があんまり満足してない顔をして郵便局から帰ってきた。

ある程度の手数料は仕方ないとして、交換してもらえる‥と聞いて、勝手に金銭で買い取ってくれると思いこんでいたボクたち‥。
まず手数料は1枚につき5円。 約1割だ。
それと交換してくれるのは、主に切手である。
わが家の引き出しには、消費税が上がるごとに1枚では使えなくなった切手が溢れているというのに、この上に増えても嬉しくない。
葉書も、来年から10円値上げするというやないか。
つまり2割アップである。
葉書は20年以上アップしてないというが、他の世界でも値上げしたくてもできないものがたくさんある。
ITの普及で、表書きもPC印刷されているから、ずいぶん楽チンになっているハズやのに。
独禁法に触れないのかな?
わが家では、切手を貼るのは、悪名高き社会保険庁あてだけである。

それでも貯まった葉書は、何千円になる。
溢れた切手は、どないしたらエエねん。
金券ショップへでも持って行けというのかな?

2017年01月12日

新年会 2017-1

IMG_1031

それで‥一つ目の新年会に行ってきた。

ミント神戸の7階に飲食店街がある。
開催場所は、その内の1店舗、ザ・プレミアムというバイキング屋さんやった。
ネットでは、芳しい評判はなかった。
値段は安いけど、ホテルのビュッフェのほうが充実感があるとか、スタッフの対応が悪い‥とか。

10分前に到着‥ボクが一番乗りやった。
5分前、1人が到着した。
ミント神戸の7階‥それ以外に詳しいこと聞いてないとのこと。
総勢8名のうち、そんな人が約3名。
結局、時間に全員集合できたけど、幹事は最後から2番目。
さすが人生経験の豊かな人ばっかり。

店は、評判ほど悪くはなかった。
2度皿に乗せようというほど美味しいものはなかったが不味いのもなかった。
会社の帰りに集まって、値段も味もそこそこ。
平日の夜で、満席率40%‥あんなもんとチャウかな。
評判の悪かったスタッフの対応。
ネットでボロクソに叩かれていた反省なのか、テキパキとはいかないが、それなりの緊張感があって、今日のところは文句なかった。

支払いは、飲み物を入れて@3千円。

2017年01月11日

新年会 2017

IMG_1030

新年会のシーズンです。

昨年末に新春の宴会の開催が、明日(12日)にほとんど決まっていたのに、その後全然決めずに、やっと週末に決まった。
場所は?って聞いたら、三宮のミント。
ミントは昔の新聞会館。 ものすごく大きい。
店の名前も階数も何にも分からん。
このごろ欠席気味の友だちにも伝えてくれという話やけど‥困ったもんや。
ようやく問い詰めて店の名前だけ判ったけど、これで10人のメンバーがまともに集合できるでしょーか?

もう一つ、ゴルフの新年会が伊丹で開催予定。
場所は早くから決まっていたけど、それ以外なんの連絡もなし。
当日の5時半に芦屋集合とのこと。 たぶんJRの芦屋駅ことやと思うが‥
JRの駅にしても、かなりでかい。   きっと改札口やと思うが‥
で、肝心の日にちがわからん。
これで、10人のメンバーが、無事に集合できるでしょーか?

この調子で、いつもなんとかなるから不思議や。

2017年01月09日

鵺(ぬえ)の続き

IMG_1027

昨日の鵺
顔はサルで手足はトラ、タヌキの胴体にシッポはヘビ
普通に描いたら、怪しげでも何にもあれへん

2017年01月08日

鵺 (ぬえ)

IMG_1026

2017 新春一番のテレビ番組 関口宏のサンデーモーニングでは、背景に妖怪 の絵を飾っていた。
昨今の世界は、妖怪に支配されているみたい。
ネットで調べたら、鵺 とは、夜ヘンに鳥と書くが、鳥ではない。
平家物語に登場し、サルの顔、タヌキの胴体、シッポはヘビの姿をした妖怪である。
絵は、ボクに現れたモノノケで、どこかの誰かに似ているような気がする。

ところで、わが芦屋国際ローンテニス倶楽部のすぐ北側、芦屋川の一番南に鵺塚橋 (ぬえつかばし) が架かっている。
祖父の家に行くとき、普通に渡っていた普通の橋。
鵺という字は、知らない人はゼッタイ読めない。

平安時代の末期、京都御所のあたりで、夜な夜な不気味な鳴き声が響きわたり、弓の達人である源の頼政が退治したとか。
京都で絶命した鵺の塚が、なぜ芦屋にあるかというと、祟りを恐れて鵺のなきがらを船に乗せて鴨川に流した。
淀川を下った船は、海を漂って芦屋川と住吉川に打ち上げられたとか。
芦屋の人は、この死骸をねんごろに弔って塚を建てたという。

このことから、鵺とは、得体の知れない人を指す場合もある。
芦屋の人は、このモノノケを丁重に弔ったので、得体の知れない人はいないと言われている。 ( 言ったのはボクです )

2017年01月07日

ウォーミングアップ

IMG_1025

テニスの世界は、南半球からスタートした。
日本では、これからまだまだ寒くなる。

だから、ウォーミングアップが重要。
ゲーム前の打ち合いは、プラクティスでなくウォーミングアップ。
身体を温めて慣らすことで練習ではないよ。
たった5分の練習では、上手くはならないからね。
ボクたちの年齢になると、身体が暖まる前に息切れをしてしまう。
短い時間内に、その日の自分の調子を知っておかねばならない。
同時に相手のコンディションも。
ボクは、どっちかというとバックハンドの調子が不安定だ。
バックハンドで打ち合いたいのだが、相手はラリーが途切れないようにするのに必死で、バックハンド側に打ってきてくれない。
ボクが、相手を気遣って、バックハンドに打ってあげても回りこんでしまう人の方が多いから何にもなれへん。
本チャンのゲームでは、たとえ何度も対戦している相手でも、色んな事を探りながらウォーミングアップに臨んだものだ。

それは、どうでもエエとして‥
自らも全日本レベルで、スポーツ全般が大好きな友だちがいる。
彼が発見したのか、誰かから聞いたのか‥対戦型の球技で、ゲーム前のウォームアップを対戦相手と行うのはテニスだけなんだそうだ。
バドミントンのダブルスの場合、ネットを挿んでパートナー同士が行う。
シングルスの場合は、チームメイトが行う。
チームメイトがいないときは、誰かに依頼するしかないだろう。
きっと卓球もそうなんやろう。

長いことテニスをしていて、知らんかった。

2017年01月05日

srixon 5.0 os

IMG_1024

初めて使える SRIXON( スリクソン )ラケットに出会った話。

ボクが、住友ゴムの子会社・ダンロップ社にお世話になったのは、契約先のYAMAHAがテニス事業から撤退してからやから、20年くらいになるのかな。
まだバリバリ仕事をしていたころで、テニス界の大先輩から声を掛けられて、三顧の礼を持って迎えられたつもりやった。
それ以来、一度も申し入れがないから契約条件は変っていないハズやのに、だんだん扱いが疎かになってきて寂しい思いをしてから久しい。
大幅に活動が縮小したから当然といえば当然やけど、初めは、使っていただくだけで光栄です‥って背中がこそばくなるようなこと言ってたくせに。
それでも数字には表れないが、陰ながら力になっていたし、ゴルフの道具もダンロップ製品を使っている義理堅いのがボク。

日本ダンロップは、ダンロップの色を薄くしてスポーツ用品をSRIXONに方向転換したのはご存知やと思う。
( 最新ニュースでは、住友ゴムがダンロップ社を買収したらしい ?? )
シビレを切らして、ゴルフはダンロップに義理立てするのは止めた。
テニスもダンロップの取扱商品やけど、自費でバボラ製品を使うようになった。
これは、SRIXON にボクに合うラケットがなかったのが大きな理由。
毎年1本づつ提供してもらっているが、打球感も重さもバランスもイマイチで、他の人に勧めても、反応ないモンどーしよーもない。

今度は、SRIXONのCV 5.0os を使ってみた。
これは申し分なかった。 今年はこれを勧めてみよう。
‥と張り切ったが、新モデルやなかった。 2016年のカタログやった。
でも使いやすいラケットには違いない。

2017年01月03日

ジャックと豆の木

IMG_1020

芦屋の打出神社の前に、数年前まで シェモリ という有名なフレンチレストランが20年以上営業していた。
シェモリは、国道2号線沿いに店舗を移して、ますます元気。

そのあと‥名前も忘れたけど‥特徴のないフレンチレストランが入居したが、客の入りはもう一つ‥、やがて荷物をまとめて出て行った。
宮前の店は繁盛するというのに、なんという体たらく。

昨年の暮れから、外観はそのままで、なにやら工事をしていた。
漏れ聞こえるところでは、ダンス教室とかヘアサロンとか喫茶とか‥色んな情報が飛び交っていた。
新しい店は、大晦日ギリギリにオープンしたそうな。
神社の初詣客を期待してのことやろう。

早速行ってみた。
2組の先客があり、喫茶中心の営業らしい。
奥にヘアカットのブースみたいなのがあったが、かなり勇気が要りそう。
で、シッカリとした女性が対応してくれた。
自慢のモカコーヒーを注文。 
なんと手回しのコーヒーミルでガリガリと豆を挽きだした。
わが家にもある手で押さえておかないと暴れる小さなミル。
モカのいい香りがして味も出ていたが、ボクには薄いが、普通の喫茶店なら、点数は高いかも。
年の変るちょっと前から、参拝者が引きも切らずに賑やかだったそうで、いいスタートが切れたと満足げやった。
コーヒーは、通の人の意見も聞いてみたいものだ。

あ、店の名前は ジャックと豆の木
上げ足を取ると、豆は木ではない。 毎年生えかわるから草や。
英語では、beanstalk で、豆の茎。
ついでに、コーヒーだって豆はでなくて、実の中にある種だ。
シャンソンの 枯れ葉 だって、生きているうちに落葉するから落ち葉だ。
英語では Autumn Leaves で秋の葉っぱや。
本題と外れてしまってスミマセン。

2017年01月02日

紅白歌合戦 2016

IMG_1019

年末恒例のNHK紅白歌合戦。

ボクは見てなかった。
なんせ3つの局で、ボクシングと総合格闘技をやってたので…。
ただし、最後だけ見た。
TV視聴者の票が大差で白組が2ポイント、客席も白組が圧倒的で2ポイント。
スマホ投票というのもあったが、結局、イロイロあって、特別審査員の票が8票あって赤組の勝ちとなった。
別にお祭りやからどっちが勝っても、どーってことないが、視聴者はもちろん司会者までキツネにつままれた感じでキョトン。

なんかアメリカ大統領選挙とか国民の意思なんて関係なしに、選挙公約に触れなかった大事なことを国会議員だけで決めてしまう今の政治を連想したのはボクだけやないと思いますが。

2017年01月01日

謹賀新年

IMG_1018


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。b>

2016年12月31日

年末の萬松

IMG_1011

今年もあとわずか。
年の締めくくりの投稿としてふさわしいかどうか…。

ボクのブログにたびたび登場する篠山のうどん屋 萬松
大晦日には、年越し蕎麦ならぬ 年越しうどんの材料一式を買いに行くことになっている。 ついでに、雑煮用の出汁も多めに。
この日は、通常営業はせずに、来場者は材料を予約した人だけ。
その代わり、大きな鍋の煮込みうどんを振舞ってくれる。
今年は絶品の鯖寿司の代わりに、甘い玉子焼きがあった。
うどんのお代わり2杯、玉子焼きは大きなのを3つ頂戴した。

ここの大将は‥本人は気が付いていないようだが‥初めての人はビビってしまうくらいぶっきらぼうなのである。
今日も一人が入ってきた。
「 予約してたマツイですが‥ 」
「 え、マツイ? そんなん聞いてへんで。 」
苗字は呼び捨て、普通やったらひと悶着あってもおかしくない。
結局、別の人が会社名で予約していたことが分かり一件落着。
「 よかったら鍋のウドンを勝手に食べてって。 」
大将はずっとこの調子、マツイさんは終始敬語。
いつもこの調子、店はいつも満員。

帰りしな、トイレに行った。
水のタンクに、貼り紙がしてあった。
精一杯敬語を使っている。 けど文面からは、大将の顔が浮かんでくる。

皆さん、よい新年をお迎えください。

2016年12月30日

餅つき 2016 暮れ

IMG_1010

12月30日は、県道沿いの友人宅で恒例の餅つき。
( たいていの場合、餅つきは恒例である )

友人宅といっても、開店準備中のレストランの前の広大な敷地である。
人数は、数えていないが、いろんなグループから老若男女50名と犬5匹くらいが集合した。
搗いた数はハッキリしている、25臼。
うち7臼が、テニスグループの分。
ボクたちが用意したのは餅米だけで、9時に到着したときには、すべてセット完了していた。
いつもながら、オーナーに感謝。
今年は、好んで火の管理をする人、若い人が多かったので杵を持つ時間も少なくて済んで、その分、犬と遊べた。

一番の楽しみは、搗きたてを大根おろし・きな粉・餡で餅ブレーク。
元UCCの焙煎名人が、特別に淹れてくれたネルドリッブのコーヒー。
それに、ポカポカお天道様が優しく見守っていてくれた。

初参加で、この前タッパーウェアのことを雨具と思い込んでいた恒例独身男性は、何を持ってきたかと思いきや、取り出したのは、ほかほか弁当の容器。
確かに、あれはプラスティックの入れ物や。

後片付けもロクにしないで、餅だけはどっさり持って帰った。
主催者の方々、本当に感謝しております。

2016年12月28日

冬の嵐

IMG_1009

昨夜はすごい寒さと風やった。
あちこち物が飛ぶ音、波板が震える音…怖いくらい。

庭の蝋梅(ろうばい)の葉っぱがほとんど落ちてしまった。
池の表面は、水が見えないほど真っ黄色。
金魚が、お日さんを求めてパクパクしてた。

良いこともあった。
葉っぱの下には、こんなにもたくさんの花がスタンバイしてた。
薫りは…鼻がつまってニオイなし。

それにしてもボクの写真のセンスのないこと。