「イタウバ市場」奮闘記 塚田木材株式会社

イタウバの最大の特徴は“素足でも使用可能なハードウッド”です。「ウッドデッキを素足で歩きたい」「耐久性の強い材料を使いたい」 お施主様が望むこれらの要素を叶える新しいハードウッドです。

“ウッドデッキ”の枠組みを超えるデザイン加工

表面特殊仕上げ2
表面特殊仕上げ3
これまでウッドデッキは「15~20年以上の耐久性」「防腐処理不要」など主に“機能面”と“コスト”との比較で選定されてきました
木肌の色合いも重要な要素として選定されてきましたが、天然素材の為、徐々にその色合いも変化していきます
正直、1年経過する頃にはシルバーグレイになり、どの樹種も見た目は同じになってしまいます
そこで今回のデザイン加工です
表面にあえて鋸目をつけたり、いしがき模様を施すなど、デザインを重視したウッドデッキです
デザイン加工により、これまでと違って「おっ!!」と思わせるような印象を与えることができるでしょう
また経年変化で色が変わっても形状は保ち続ける為、その魅力もまた落ちることはありません
「ここを歩いてみたい!!」「こんな場所初めてだ!!」
そのような空間を創るアイテムです

イタウバ人気の理由

DSC09434
最近はイタウバの人気が上がっています
その理由の一つとして「素足にもやさしい」という点だと思います
ハードウッドは基本的に素足はNGです
それは硬質木材の為、ササクレが少しでも生じた時に痛いからです
イタウバの場合は、性質として表面に木の成分がコーティングしている感じなので、ササクレは生じるのですがそれが柔らかいというかふやけているような感じになり、素足でも問題はありません
「家のベランダにウッドデッキを敷いて素足で歩きたい」というのはデッキを作る方の一番のご要望ではないかと思います
ハードウッドでなおかつ素足もOKという、一番人気が集中しやすい要素を兼ね備えているのが人気の要因だと思います
二つ目は「加工性の良さ」です
イタウバは意外とDIYで使う方が多いです
通常ハードウッドは文字通り非常に硬く、プロの大工さんでも大変な作業になります
その中でもイタウバは加工性が良い為、DIYをされる方にも支持されていると思います
ここでイタウバの特殊な性質なのですが、加工性が良いからといって決して耐久年数が短いというわけではないのです
ここは不思議なのですが、屋外耐久年数は実際に15年以上になります
こういった要素からイタウバは他のハードウッドとは少し性質が異なる樹種で、そこがユーザーさんにとって良い点なのだと思います

イタウバルーバー製作中

現在、イタウバのルーバーを製作しています
指定サイズの19×60mmと15×40mmに仕上げている最中です
イタウバは既成サイズはもちろん、こういった特殊サイズに加工することも可能です
既成サイズには無い、特注サイズをご希望の際は一度ご相談をして頂ければと思います
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ