「イタウバ市場」奮闘記 塚田木材株式会社

イタウバの最大の特徴は“素足でも使用可能なハードウッド”です。「ウッドデッキを素足で歩きたい」「耐久性の強い材料を使いたい」 お施主様が望むこれらの要素を叶える新しいハードウッドです。

2011年02月

ベンチに最適な樹種は?

今日はベンチで使用する材料として、アピトンとイタウバをご検討されている方からお問い合わせを頂きました

屋外で使用する為、耐久性のある樹種で出来る限り安く仕上げたいとのことでした

金額的に安いのはアピトンの方ですが、使用用途からするとアピトンよりイタウバの方がいいと思い、イタウバを推薦しました

アピトンでネックになったのは、ヤニです

ベンチで使用するには都合が悪いし、なによりイタウバはその点も大丈夫ですがササクレも出にくいという点が最大の要因です

木肌も柔らかくベンチとして使用するのは最適だと思います

耐久性のあるハードウッドもいろんな種類があり、それらの性質もいろいろ異なります

塚田木材株式会社 イタウバのホームページはこちら http://itauba.itauba-ichiba.com/

イペとイタウバ よく似た樹種

DSC01850
イペとイタウバは非常によく似た樹種です
ちなみに上がイペ、下がイタウバです
産地も同じ(南米)とあって、イペの代替品としてよく利用されています
耐久面は若干イタウバは劣りますが、それでも屋外で15年以上の耐久性を持ちます
このほかにもウリンとマニルカラなど、色合いのよく似たハードウッドは存在しており、金額面においても違いがあります
イペ・ウリンは一般の方にも知られたメジャーなハードウッドですが、同じ色合いで価格の安いものがあれば代替品もいいと思います
私も使用状況をよく聞いて、いろんな提案をしたいと思っています
ハードウッドもいろんな樹種がありますので一緒に最適な製品を選べればと思います

塚田木材株式会社 イタウバのホームページはこちら http://itauba.itauba-ichiba.com/

今月のツカモクニュースレターは「イタウバ」

DSC01647
塚田木材㈱ではこれまで製品をご購入して頂いた方・お問い合わせを頂いた方を対象に「ツカモクニュースレター」を送付させて頂いています
月に一回発行していますので毎月「何を書こうかな」と頭を悩ませています
項目は、木材・ベニヤの加工品・ハードウッド・古材が主です
今回はハードウッドについてはイタウバをご紹介させて頂こうと思っています
イタウバはその性質の割にまだまだ知名度が低いと思っています
「素足でも使用可能」「長期間使用可能」「ハードウッドの中で価格は安い」「加工性が良い」などウッドデッキ・ベランダを作りたい方の要望はほとんど叶えることが出来るのではないかと思っています
色の好みは別として「ハードウッドで素足OK」というのはこれまでには無い特徴です
これはイタウバに含まれる成分が表面を覆う性質があり、その為表面は柔らかみとササクレが生じにくい現象が起きているからです
プロから初心者まで幅広く使えるこの樹種はぜひ知って頂きたい製品ですね

塚田木材株式会社 イタウバのホームページはこちら http://itauba.itauba-ichiba.com/

ハードウッド施工時の樹液対策

「二階ベランダのウッドデッキにイペを使用しようと思うんだけど、樹液の対策は何かないかな?」

今日お問い合わせを受けました

ハードウッドを設置する場合、必ず樹液の染み出しは生じます

それにより、床下にシミが付くこともあります

これは木の性質の為、仕方ない部分です

基本的に樹液を出なくする方法はありません

ただ、少なくする方法はあります

それは、施工後の木屑の処理を綺麗に行う、です

樹液の染み出しは、木屑(デッキの間、床下など)、ビス穴、木口から出ます

特に多いのが木屑から漏れる樹液です

それらを掃除することでかなり抑えることは出来ます

もともとイタウバは樹液の発生はそれほど多くなく、かつ色も薄い為目立ちません(逆に一番多いのがウリンで樹液の色も濃いです)

掃除をきちんとすることで周囲のシミの付着等をかなり防ぐことが出来ます

あとはデッキの周囲を塗料で塗ってコーティングしてしまう、などの方法です

私としては折角天然素材を使用するのならば、塗装はもったいない気がします

木材を使う場合、その性質には理解して頂いて、納得の上でご利用して頂ければと思います

塚田木材株式会社 イタウバのホームページはこちら http://itauba.itauba-ichiba.com/

イタウバ・ウッドデッキの追加工

dekkikakou
イタウバデッキのご要望で、既成サイズに無い特注品が続いたのでご紹介させて頂きます

まず一番ご要望を多く受けるのが、写真左の滑り止め加工(リブ加工)です
弊社では既製品30×120mmでは滑り止め加工(リブ加工)を実施したモノがありますが、今回はお客様からのご要望で20×105mmのフラットのデッキに、滑り止め加工(リブ加工)を実施しました

次は写真右の製品です
これは20×70mmのイタウバ・ウッドデッキです
すのこに使用する為、お客様からの指定サイズに製品を加工しました
原板は既製品20×105mmです

イタウバもいろんな用途に使用される為、特注サイズのご要望は多くあります
その都度、詳しく打ち合わせを行って、適切な製品に仕上げられるようこれからも頑張っていきたいと思います

塚田木材株式会社 イタウバのホームページはこちら http://itauba.itauba-ichiba.com/

プロフィール

itaubaichiba

塚田木材株式会社「イタウバ市場」担当 塚田智大です
ハードウッドで唯一“素足でも使用可能”という稀有な特徴を持つイタウバを専門的な立場から、より有効により効率的に使用していくことを考案して皆さんに喜んで頂けるように日々奮闘しています

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ