DSC09434
最近はイタウバの人気が上がっています
その理由の一つとして「素足にもやさしい」という点だと思います
ハードウッドは基本的に素足はNGです
それは硬質木材の為、ササクレが少しでも生じた時に痛いからです
イタウバの場合は、性質として表面に木の成分がコーティングしている感じなので、ササクレは生じるのですがそれが柔らかいというかふやけているような感じになり、素足でも問題はありません
「家のベランダにウッドデッキを敷いて素足で歩きたい」というのはデッキを作る方の一番のご要望ではないかと思います
ハードウッドでなおかつ素足もOKという、一番人気が集中しやすい要素を兼ね備えているのが人気の要因だと思います
二つ目は「加工性の良さ」です
イタウバは意外とDIYで使う方が多いです
通常ハードウッドは文字通り非常に硬く、プロの大工さんでも大変な作業になります
その中でもイタウバは加工性が良い為、DIYをされる方にも支持されていると思います
ここでイタウバの特殊な性質なのですが、加工性が良いからといって決して耐久年数が短いというわけではないのです
ここは不思議なのですが、屋外耐久年数は実際に15年以上になります
こういった要素からイタウバは他のハードウッドとは少し性質が異なる樹種で、そこがユーザーさんにとって良い点なのだと思います