2007年07月30日

ゾディアック

おーなんとオゾマシイ殺し方の連続

アメリカってこわいな。

この映画を見る気になったのは唯一つ

ロバート・ダウニー・Jr

あまりに芝居がうまいために、身を持ち崩した典型みたいな人です。

なぜ、そこまで言うか?

お気に入りだった、「アリーmyラブ」をガタガタにしてくれた張本人だからで。

クスリで捕まり、最終シーズンに出られなくなったと言うとんでもない人。

しかし、演技は確かな人ではあります。

そんな彼の久しぶりの映画です。

実在の記者を演じていますが、自信過剰のため身を滅ぼしていくと言う役柄は正にぴったりです。

寡黙かとおもえば、キレてくれる。彼の「演技論」が頭の中をグルグルと駆け巡っているのでしょう。見ていて楽しくもありました。

ストーリー?何しろ、30年後の今もって解決されていない事件なので、
意味不明なところが満載。

作り話ならスムースに進みそうなところが現実には壁が出てくる。

私生活を棒に振って捜査していた刑事が保身にまわり調査が進まない。

しかし、協力的でなかった地方の刑事が裏でカバーしてくれたのには救われました。

未解決事件と言う日本ではまず取り上げられない題材ですが、重ーく捉えないで見られる方にはおすすめです。



itcir90 at 21:36│Comments(0)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ロバート ボールドウィン 関連最新情報  [ 秋山竜次(ロバート) 画像・動画 最新情報ブログ ]   2007年07月30日 22:44
ナチュラルそれから6年が過ぎ、20歳になったロイ(ロバート・レッドフォード)は、...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔