Dr.関塾中村橋校 公式ブログ

小さな教室から子どもたちの大きな夢を育てます。1対1専門の個別指導塾 Dr.関塾 中村橋校

関塾の一部の教室による限定イベント

Dr.関塾 Word Cup 2024
~中学生英単語選手権~


場所:Dr.関塾 各参加教室
日時:7月6日
参加費:無料


体験授業中の生徒も、この企画に参加できます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


Word Cup(ワードカップ=中学生英単語選手権)
は、複数の関塾教室合同で、共通の英単語テストを行い、その順位を競いあうものです。

各学年での優勝者には、賞状が贈られます。
夏期に向けて、関塾生の英語力底上げのための企画です。
近隣の関塾他教室との対抗戦なども行います。

英単語の暗記は努力で結果が出せます。
英語がそれほど得意でない子にも、優勝のチャンスが!

<出題範囲>
各学年とも…教科書Lesson3まで+英検などの発展単語から
中3…300問 60分
中2…200問 40分
中1…100問 30分
※小学校で学習した単語も含みます。

<結果発表>
・各学年個人順位 【表彰状進呈】
・中学校別団体戦順位
・教室別団体戦順位【表彰状進呈】【トロフィー進呈】

小学生も、希望の方はチャレンジすることができます。

英単語を覚えることに、才能の差はそれほどないはずです。
参加生徒には、努力をして点数をとって、報われるという成功体験を積んで、
自信をつけてほしいと考えております。

WordCup2024_web

ホームページの方でも速報を出させてもらいましたが、今年度は16名の中3生が見事全員、第一志望校に合格しました!(少数精鋭ですが2年ぶりの全勝)

さらに今年は久しぶりに都立自校作成校(トップ校)の戸山・国際も突破!

まさに「小さな教室から子どもたちの大きな夢を叶えた」のが、Dr.関塾 中村橋校です!

毎年のことではありますが、今日に至るまでには紆余曲折、山あり谷ありの一年間ではありましたが…子どもたちの満面の笑みですべてが報われた思いです。



さてさて、教室では間髪入れず新年度を迎え、新中3生の受験対策がすでに始まっています。

今年度は新中3生の在籍数がすでに20名超あり、激務の一年になる予感。。

ともあれ、今年度もどんなドラマが私たちを待ち受けているのでしょうか。

ハラハラドキドキですが、講師一同、気合を入れて取り組んでいきたいと思います!

IMG_8848

受験生(中3生)の親御さんから

「うちの子、受験生としての自覚が全然なくて困ってます。。」

といったご相談をよくお受けします。

ここには、親として我が子には主体性をもって、いち早く受験勉強に取り組んでほしいという強い願いが込められています。

「この子があとあと後悔することがないように…」

親御さんの愛情の表れなのです。



一方、当の本人(子)はというと

「自覚って言われてもなぁ。よくわかんねぇや。」

とのことでw 親の心子知らずの典型ですね。



話は変わりますが、毎年、高校受験を終えた子たちに「高校受験体験記」なるものを書いてもらっています。

後輩に向けた激励のメッセージ、アドバイスをもらうのです。

そこには、ほとんど大半の子が(受験結果に関わらず)

「もっと早く勉強を始めておけばよかった。」

「内申点は超大事だよ。」

「夏休みはたくさん勉強しよう。」

「過去問で試験問題に慣れてください。」

といった、まさにド正論、現役の受験生に送りたい数々の言葉が記されるのです。



別にこの子たちが特別、最初から受験生としての意識が高かったわけではなく

(なんなら、これらの言葉を当初の彼らに聞かせてあげたいくらいw)

春先はぼんやり眼→夏頃に少しずつ目つきが変わって→秋には目の色変わり→冬は血眼で勉強するようになった…のです。

毎年毎年、中3生は大体同じです。



そして、受験が終わり、これまでを振り返ったとき

おそらく彼らは初めて気づくんですね。

「あぁ、僕、わたしがやってきた受験ってのは、こういうことだったのか。」

そして

「あのとき、もっとこうしておけばよかったな。」

「受験のポイントはココだったんだな。」

と。



こうして文字にしてみると、一見これは後悔の言葉ようにも思えますが

(もしかしたら、子どもたちもそのように誤解している可能性さえありますが)

それは違うと思います。

これは一つの「気づき」です。(後悔とは…「分かっていながら失敗すること」です。)

さらにこれを次に生かすことができるならば、それは有意義な「反省」です。



わたしたち親はこれまでの様々な経験を通じて

「こうすればこうなる」

とか

「こうした方がよい」

ということをたくさん知っています。(反省多き人生を歩んできていますね。)

だから、それを子どもにも教えてあげたいというのは親としての人情でしょう。

しかし、わたしたちが実体験に基づいて得たそれらの見識は、実はとっても密度が高く、濃厚で、簡単に言葉だけで伝えられるものではないのかもしれません。

実際、子どもに話してみたところで…

暖簾に腕押し。糠に釘。。

子どもの方も「頭では分かるけど実感(受験でいえば自覚)がともなわない」感じになるのは当然なのかもしれません。



子どものためには、失敗しないように、上手くいくように、具体的な方法論を授けてあげることも必要ですが(…塾での受験対策はまさにそれをやってるわけですが…)

わたしたちが今までやってきたように、失敗したり、成功したり、リアルな経験・体験を積ませてあげることも同じくらい大切だよなぁと思う今日この頃です。

B49DA70F-D497-45C0-9528-0A8C066BC2D5

関塾の一部の教室による限定イベント

Dr.関塾 Word Cup 2023
~中学生英単語選手権~
場所:Dr.関塾 各参加教室
日時:7月1日 参加費:無料

体験授業中の生徒も、この企画に参加できます。 どうぞお気軽にお問い合わせください。

Word Cup(ワードカップ=中学生英単語選手権) は、複数の関塾教室合同で、共通の英単語テストを行い、その順位を競いあうものです。

各学年での優勝者には、賞状が贈られます。
夏期に向けて、関塾生の英語力底上げのための企画です。
近隣の関塾他教室との対抗戦なども行います。
英単語の暗記は努力で結果が出せます。
英語がそれほど得意でない子にも、優勝のチャンスが!

<出題範囲> 各学年とも…教科書Lesson3まで+英検などの発展単語から
中3…300問 60分 中2…200問 40分 中1…100問 30分
※小学校で学習した単語も含みます。

<結果発表>
・各学年個人順位【表彰状進呈】
・中学校別団体戦順位
・教室別団体戦順位【表彰状進呈】【トロフィー進呈】

小学生も、希望の方はチャレンジすることができます。
英単語を覚えることに、才能の差はそれほどないはずです。
参加生徒には、努力をして点数をとって、報われるという成功体験を積んで、 自信をつけてほしいと考えております。


WordCup2023_web

このページのトップヘ