2007年02月03日

スズキの4―12月営業利益は15.3%増、海外販売増で

出典:2月1日19時59分配信 ロイター

スズキ<7269.T>が1日発表した2006年4―12月期連結業績は、営業利益が前年同期比15.3%増の990億円となった。軽自動車に比べて利幅の大きい小型車の販売が海外で増加したほか、輸出の増加も増益に寄与した。
 売上高は、前年同期比14.6%増の2兆2383億円、経常利益は同18.2%増の1058億円、当期利益は同20.1%増の575億円だった。全ての項目で、過去最高を更新した。
 ガソリン高の影響で市場が低迷していたインドネシアの販売減が響いて、二輪車の営業利益は前年比8.8%減の296億円と振るわなかったが、海外で小型車販売が好調だった四輪車は同32.1%増の616億円と伸長した。地域別では、小型車「スイフト」「SX4」などの販売が好調だった欧州事業の営業利益が、同110.0%増の84億円と利益増に貢献した。
 スズキは、軽自動車の生産を減らして輸出用小型車を増産するなど、より利幅の大きい小型車に注力している。小型車の比率が高まってきた効果が、原材料価格の高騰による228億円のマイナス要因を吸収し、さらに営業利益を254億円押し上げた。

-------------------------------------------------------------
さらに増益ですね。



いいいいい