いちまいのおさらとわたしの暮らし

食べること・暮らすことを大切にしながら、 無理なく、楽しみながら、子ども達にも伝えられる 持続可能な暮らし・ライフスタイルを実践するKoutaの日記です。

2016年12月

12月21日

今の薪ストーブも2〜3年使ったかな?
角やリングに大分穴も開いてきたので、重量物をのせたり火災も心配なので、新しいのに変えた。
ちなみに古いのは外で使おうかな。

ついでに薪ストーブを囲んでいた煉瓦を片付けて、掃除。
新しく防火材をしいたが、果たしてどれくらいの期間きれいにもつものか。

IMG_0981



IMG_0982

薪ストーブの規格は同じ「特大」ですが、メーカーが異なるため一回り小さくなり、入る薪のサイズは70センチ→60センチに。
たいした違いはないように思いますが、70センチでカットしていた薪が入らないことに。
あと、トップも一回り小さいか? のる鍋が少なくなりそうだ。



ドライフルーツの加工販売始めました
http://blog.livedoor.jp/itimainoosara/archives/68172126.html

12月18日

木とねっこの餅つきを、Kouta家で開催しました。
臼と杵はふみちゃん父作。

杵が大人用2本しかなかったので、その場でありあわせのもの(杉の丸太と折れたクワの柄)で子供用の杵も作って、みんなで餅つきを楽しみました。



IMG_0167
格好いい大人たち

IMG_0306
どんどん手が伸びます〜

IMG_0321
きなこや醤油、大根とか

IMG_0350
不格好だけど、いい

IMG_0357
火の管理も、誰かが見てていてくれる

IMG_0400
働いて(餅つき)、食べて、遊んで

IMG_0407
木材で囲んで土を入れた畑も、子ども達にかかれば遊び道具に

IMG_0425
うつくしいー

IMG_0562
子供用の杵大活躍
大人がやっていたら、子どももやりたい

IMG_0643
一家で

IMG_0723
食べ手ばかりの我が娘

IMG_0755
伝えていきたいもの

IMG_0850
山に囲まれた中での餅つきは気持ちがいい

IMG_0901
いらっしゃいませ〜

IMG_0872
ツリーハウス

IMG_0907
ブランコも大人気




12月23日には、うちの鶏のいのちをいただくかいも開催します
https://www.facebook.com/events/1470993522928884/
興味のある方はぜひ〜

ドライフルーツの加工販売始めました
http://blog.livedoor.jp/itimainoosara/archives/68172126.html

12月20・21日

ここのところ天気がいいので、外で大工仕事をすることにした。
といっても、作るモノは家の中で使うモノだ。

IMG_0932
まずはキッチンのごちゃごちゃしたものを片付け&収納する棚のようなもの

IMG_0933
お盆や土窯をうまく収納できるように1段棚を作った

IMG_0934
シンクの下が汚かったので板をひく

IMG_0935
使う道具は、
・スライドマルノコ(直角に板を切れる。端を直角に切りそろえたり、長さを揃えて安全にカットできる。簡単に精度が出せるので、一番よく使う)
・マルノコ(組み立てた後ちょっとはじをカットしたりなど、スライドマルノコでは切れない部分で)
・インパクトドライバー(板との接合は全てネジで)
・電気かんな(廃材の表面を磨くのに。屋内で使うモノなので、一応見た目を)
・サンダー(反った廃材は電気かんなではうまく磨けないので、木工ヤスリをつけたサンダーで。角を
丸くしたりも)
・ジグソー(板を丸く切ったりするところで)
・ブロワー(完成後、木くずを飛ばすのに)

IMG_0979
プリンター収納

IMG_0978
スキャナやインク交換のために、スライドして出すことが出来る
紙の給紙は上を開くことが出来る


IMG_1078
プリンターは大きさが違うため、給紙も丁度良くずれた
裏に穴を開けて、ケーブルはそこからまとめている

IMG_0980
書類関係をまとめる棚も設置
置く書類のサイズに合わせて作成


設計図はこんな感じ
IMG_0937

IMG_0977
設置する場所や置くものにあわせて作るので、そこの寸法(それ以上大きくなると設置できないという寸法)と、後は機能だけイメージして、後はあるものを使って、作りながらデザインとか考えて作る
磨きと仕上げは適当で、工具は揃っているので1個あたり30〜90分で作れる


ドライフルーツの加工販売始めました
http://blog.livedoor.jp/itimainoosara/archives/68172126.html

12月22日

来年春にオープン予定の食品加工所に向けて、加工品を開発(というほどでもありませんが)しました。

加工品のコンセプトは2つです
・暮らしの延長上にある
   わざわざ仕入れて作るのではなく、作ったりもらったりして暮らしの中で余ったものを活かす
・無理なエネルギーを使わない
   石油や電気を膨大に使う乾燥機を導入するのではなく、地産地消で循環型のエネルギーである薪を使って、加工します。薪もわざわざ燃やすのではなく、煮炊きや暖房をした余った熱を利用して、暮らしの延長上にあるエネルギーを活用します

IMG_1020



現在販売できるものは、

・干し芋 : 実家の北条産。有機肥料使ってます。薪ストーブでふかして、乾燥させました。市販のよりは硬いですが、ちょうど食べやすい位の柔らかさで、むやみに甘くなく、子どものおやつにぴったりです。

IMG_1043


・ドライ富有柿 : 実家の北条産。甘柿の1種である富有柿を干し柿にしました。富有柿は一気に収穫できる上あまり日持ちがしない上、みんなの家にあるので配るのにも向きません。それを皮を剥いて、ヘタと種を除いてスライスにして、薪ストーブで干しました。セミドライ位の柔らかさで、厚さは1センチあるので包丁でさいころカットしてパンやパウンドケーキに入れたり、ウィスキーやお酒のお供にいかがでしょうか。元々甘い富有柿を干しているので、甘みは強いです。

IMG_1032


・ドライリンゴ:青森でリンゴを作っている友人のリンゴを薪ストーブで干しました。3〜5日位かけてじっくり低温で干しているので、酸味を残しながら自然な甘みが残っていて、やみつきになります。市販のものは熱風で強制乾燥しているため色落ちしていませんが、うちのは低温乾燥なので色がいくらか黒・茶色くなっていますが、これが保存食の自然な色味だと思います。

IMG_1040
リンゴの品種は、フジ・ジョナゴールド・シナノなどです

・干し椎茸 : 秋に収穫した原木椎茸を薪ストーブで干しました。115という肉厚で味の濃い品種の椎茸なので出汁もよく出ます。

・キムチ : 白菜と大根を主に、韓国産唐辛子、にんにく、生姜、イカ、すりおろしリンゴをたっぷり加えることで、コクと甘さをバランス良く仕上がっています。12月17日に仕込み始め、現在食べ頃です。無添加の自然な味わいのキムチをぜひご賞味下さい。

IMG_0940


まだラベルやロゴなどもありませんが、キムチ以外は真空処理しております。

値段はそれぞれ350円で、3Pで1000円、6P以上なら常温での送料を無料にいたします。
(送料は通常、メール便にて3個あたり164円)

内容量は、
干し芋:140g
干し柿:80g
干しリンゴ:60g
干し椎茸:25g
キムチ:150g

になります。現在試作段階なので、そのうち重量は変更するかもしれません。
干し芋5Pなど、1つを5P以上ならその品目に限り10%割引いたします。



全て冷凍保存も可能です。

なお、今回「晩酌セット(?)」と銘打って、3個以上の注文にて自家製の猪の生ハム9ヶ月モノを数きれおまけします。熟成した生ハムと、深みを増したドライフルーツはよくありますよ〜

DSC_6237


ご注文は「○を何個」などと書いて、送付先も記入して以下のメールかFBまで
支払い方法はうちまで直接引き取りか、郵便振り込みでお願いします〜


幸田直人
090-7997-3321
kouta.naoto@gmail.com


Koutaの暮らしで産まれた逸品をぜひご賞味下さい(^-^)

12月15日

IMG_0084

いよいよ寒くなり、雪が降り始めました〜






12月23日には、うちの鶏のいのちをいただくかいも開催します
https://www.facebook.com/events/1470993522928884/
興味のある方はぜひ〜

↑このページのトップヘ